登戸道

世田谷・代官屋敷近くで大山道から分岐し、経堂在家、弦巻、岡本、喜多見の旧村々を経て登戸の渡しに達する。約7キロの道程である。
道筋は世田谷区文化財調査委員会編「世田谷の古道」に詳述されているが、現在の世田谷通りと重なる部分が多い。

 
平成20年2月19日(火)

東急世田谷線上町駅から10分ほどの弦巻6丁目の鈴正畳店前がスタート地点。
ここにあった「登戸道」と刻んだ道標が、近くの区立郷土資料館前庭に移っているというので行ってみると、資料館は開館前で見ることができなかった。
8時15分 気を取り直して、畳店前を西に向かって歩き始める。すぐ世田谷通りに重なる。
両側に商店が続く。明治初期までは畑や雑木林だったという。
陽射しはあるが、寒い。すき家で豚汁・塩鮭セットを食べて身体を暖める。

東京農業大の前に広い馬事公苑がある。

「園」は植物のある庭、「苑」は動物のいる庭という意味から、馬事公苑は・・・動物を飼っている囲いのある所という意味で「公苑」と名付けられました。開苑の頃は馬の他に孔雀やほろほろ鳥も苑内で飼われていた・・
(「馬事公苑ホームパージ」より)
焼肉屋に・・・苑という店名が多いが、店に牛を飼っていたのかな? いるのかな?

通勤、通学客を満載した東急バスが間断なく過ぎる。
沿道に商店が途絶え、住宅、社宅、マンションになる。
関東中央病院の一角、世田谷通りの脇に小さく「く」の字の形に旧道が残る。
すぐまた宇山バス停あたりで世田谷通りと別れる。一旦環八に断たれるが、そのまま住宅の中を大きく「く」の字に延びて、NHK放送技術研究所前で世田谷通りに戻る。研究所内の展示を見るが、技術的なことはさっぱりわからず、もっぱら篤姫のパンフレットを集める。

成育医療センターを過ぎ、日大商学部前から世田谷通りと分かれると、畳屋坂が下っている。両側が高い土手になった長い坂の下には畳屋があったという。
坂を下りきると仙川で、石井戸橋を渡る。

東宝スタジオの出入り口がある。
七人の侍やゴジラなどの名作を生み出した東宝砧撮影所だが、昭和6年に写真化学研究所(PCL)として発足した。その頃の研究スタッフに、のちのソニー会長の井深大がいた。

PCL時代に「光るネオン」というのを作った。
パリの万国博覧会に出してみると、驚くなかれ優秀発明品として金賞になったという電報が届いた。そこで金メダルでもくれるのかと思い期待していたのだが、届いたのはただ金箔をした賞状だけで、えらくがっかりした。
(井深大著「創造への旅」より)

世田谷通りに再会。ここは新旧七つの道が交差している。
世田谷通りを横切ると、砧小学校前を切通しがカーブしながら下っている。坂の両側に点在する集落の名をとって野田の坂と呼ばれた急坂があったところで、明治期に掘り下げて今の切通しになったらしい。
カーブの先で世田谷通りに合流すると、坂を往来した人々が喉を潤した清水が、今も民家の庭に流れ出している。

このあたりの明治期の様子を地元の古老が次のように語る。

見わたすかぎりの田と畑、雑木林、すすきの原が続くさびしい所で、キツネや野ウサギも住んでいた。農業は、米作りが主だったが他の作物をまぜて作るようになった。養蚕もさかんだった。・・・
夕がた農産物を大八車に積んでおき、つぎの朝は3時ごろ起きて中心部までひっぱって行った。また、中心部から下肥を積んで運ぶのにもよく利用した道だった。
(「世田谷の古道」より)
たった100年ほど前の風景だが、今は家が建て込み、車が激しく行きかって、想像することさえ難しい。
中心部とは、三軒茶屋、青山あるいは神田だろう。

砧中学校交差点手前で世田谷通りと分かれて左折すると、細い旧道が野川に架かる喜多見大橋に延びている。広い多摩川堤通りに出るが、すぐに逸れて次太夫堀を内田橋で渡る。

喜多見三ケ寺といわれる宝寿院、知行院、慶元寺をたどる。
あたりには畑を潰してたくさんの新しい家が建ち並んでおり、サンゴジュの樹の高い垣根が屋敷を取り巻いていた喜多見の農村景観はもう見られない。
曲がりくねった農道だけが生きている。世田谷通りから離れているので、まわりが静かである。
宝寿院から知行院へ行く途中で筏道と重なる。多摩川を下って六郷、羽田方面に筏を運ぶ筏師達が帰路に利用したのが筏道。
知行院のあたりが旧喜多見村の中心だった。
慶元寺には江戸氏の墓がある。

12世紀始めに大手町付近に城を構え、地名を取って江戸氏と名乗った。
太田道灌の台頭により喜多見に移り、徳川時代には家康に召抱えられたので徳川氏に遠慮して、江戸氏から喜多見氏に改称した。
慶元寺は江戸城内の紅葉山に開基した江戸氏の氏寺で、、天文9年(1540)にここに移ったという。

砧浄水場横から駒井大通りに入り、さらに多摩川の自然堤防跡に作られた猪駒通りを進む。地名表示が世田谷区から狛江市に変わった。

11時30分    多摩川渡船場跡  15373歩

多摩水道橋を歩いて対岸の登戸に渡ると、津久井へ至る道に繋がっている。このあと津久井道を歩く。(了)


トップへ戻る