日光御廻道

日光道中の幸手・栗橋間は利根川の分水である権現堂川の堤防を道筋としているほか、多くの河川が近接しているため洪水が起こる可能性が強く、そのための迂回路として設けられたのがこの御廻道である。

有元修一解説「日光御廻道見取絵図 解説篇」を大いに参考にして歩く。

 

平成18年2月12日(日) 8時30分  幸手宿の北端に近い妙観横町を西に入る。ローソンの駐車場脇の日光道中との分岐点に、幸宮神社への標識はあるものの、御廻道が始まることを知らせるものは見当たらない。
家々が軒を接する細い道を進んで、横町の名の由来である妙観院を覗き、北に向きを変えると、幸手宿の総鎮守だった雷電神社が鎮座している。田んぼの中に落ちた金色の雷神がご神体だという。

県道に合流する。県道は真っ直ぐに北西に延びる。

幸手宿を出ると日光道中は栗橋宿までほぼ北進するが、御廻道は一旦北西に向かい、その後北東に向きを転じる。即ち日光道中は三角形の一辺を、御廻道はその二辺を進む。

東武日光線の踏切を越える。車とすれ違うたびに巻き起こる冷たい風を全身に受ける。道の両側に並ぶ家も商店も埃っぽい。

門の前に銀杏が高くそびえる宝性院という寺の隅に馬頭観音が立っている。道標にもなっており、「東 ごんげんどうみち 北 新井ふなとみち」と刻まれている。我々が今歩いている街道を新井ふなと道と云ったことがわかるが、新井はこの先の村名で、ふなとは栗橋の渡し場だろうか?
道の右側に北側用水が現れて、その後並行する。
やがて県道は西に曲るが、街道はそのまま用水ベリを進んで、東中学の裏手を廻って用水と分かれる。

周りに広がる畑は土がむき出しになっているのが多い。強い風が土を巻き上げるのか青空の下の部分はやや茶色っぽく、周りの山は全く見えない。吹く風は冷たい。ほころびかけた梅の花も、風に揺れてすぼめている。
旧八甫村に入り、村の鎮守の鷲宮神社の横を通り、北側用水を小さな橋で渡る。この橋を絵図は宮脇土橋と記しているが、今は宮裏橋という。

正面の左右に中川、かつての嶋川の川除堤が高く横たわる。下流で合流する権現堂川が増水すると逆流するので築かれた堤防だという。

寛保2年(1742)8月の大雨は、利根川、荒川の堤防を決壊させ、関東平野は江戸市中も含めて大洪水となり大きな被害をもたらした。決壊した堤防の修復には主に西国の諸大名があたった・・
(「日光御廻道見取絵図 解説篇」より)
但し、正面の堤防に西国大名が関わったかどうかは知らない。

宮裏橋から北に向っていたが、堤防の手前で西に折れて直進する。庚申塔に納豆が供えてある。それも藁で包んだ素朴なものだ。
JR宇都宮線八甫踏切を渡る。八甫上農民センターで南に曲がり、光厳寺の門前を過ぎる。寺の裏手の高い川除堤跡にも墓が並ぶ。北側用水に再会して、用水縁を西へ進む。

絵図を見ると、用水はこのあと道の下をくぐって右側の流れに変わって道から離れているが、今用水は道にぴったり寄り添って流れている。
なお描かれた道は右の神明池と左の宝泉寺池の間に延びているが、神明池は大きな駐車場のあるパチンコ屋になったと思われ、道の反対側の宝泉寺池は干上がっているようだ。

このあたりから道は北東に向うが、佐間の定福寺付近までの道筋は絵図の通りではなく断片的にしか確認できない。
川口分水工に来て、北側用水が利根川から取水している葛西用水から分かれた用水路であることがわかる。ここからは葛西用水沿いを進む。
葛西用水に架かる小橋、絵図にある中瀬土橋を渡って、国道125号に出る。この辺りが新井新田。中川に架かる古門樋橋、今は平成新橋を渡る。
橋を渡るとすぐに、国道を離れてゴルフ練習場の脇に入る。その先、ラブホテルの横、畑の中を右に左に折れ、宝聚寺の後ろを進む。

定福寺付近で県道に出て、しばらく県道を歩く。
佐間東交差点で県道に分かれて左に入る。

今日歩いてきた地域の殆どは江戸期、旗本の知行地だったが、栗橋市に入って、この佐間地区の旧佐間村と隣の松永地区の旧松永村は一橋家領、栗橋宿に隣接する旧伊坂村は幕府領だった。

東武日光線とJR宇都宮線第一加須街道踏切を越える。

栗橋ゆかりの静御前に因んだ「しずか館」と、初夏利根川にジャンプする魚の名を付けた「ハクレン館」の2つの生涯学習のためのいきいき活動センターが続く。これらは少子化の流れのため廃校になった小学校跡だ。そういえば、風が吹き荒れるなかで遊ぶ子どもの姿も見かけなかった。「子どもは風の子」も死語のようだ。
栗橋宿中町で日光街道に合流する。周りには、寝具のにしむら、洋品店のニューほりこし、柿沼薬局などがある。 
12時20分   21777歩 

この街道は僅か3里の道程なので、宿場は勿論、立場も無かった。結局この街道を将軍が通ったことも無かったという。この街道をどれほどの人が歩いたのだろうか?(了)


トップへ戻る