平成17年6月18日(土)

茨城県結城市

7時25分  結城駅近くの立町をスタート。
城下町の面影を残す寺が多い。
朱塗の三門が目を惹く孝顕寺の寺名は、結城家十五代政朝の法名孝顕による。
称名寺は、親鸞の高弟が建立した結城家初代朝光(1180年代)の菩提寺。修復中の本堂の前の薬医門は、朝光の御霊屋の門だったというから古い。
小山道に寄り道すると、追分道標石燈籠の台石に「向水戸海道、右小山 左さかい」が刻んである。
その先に森厳な境内の弘経寺。結城家十八代秀康が早逝した息女の菩提を弔って建立された寺。墓地におばけ地蔵が立っている。
 

清酒武勇の保坂酒造から結城町の中心である浦町、大町を進む道は、城下町の名残りを留めてカタカナの「コ」の字を長く伸ばしたような形だ。
結城地方の総鎮守とも言える健田須賀神社は意外に小さい。宝物の木彫狛犬は大切に保管してあるので見ることができない。神職の一人が、本殿脇にある石造の狛犬は良質の石で出来ているので今なら10百万円はすると、掃除の手を休めて教えてくれた。 

土蔵造りの商家があり、その中には今も商いをしているところがある。
結城紬問屋の奥順の建物は明治19年に造られたもので、結城紬染織資料館として、内部を公開している。開店前の準備をしていた店の方に伺う。

問屋は12軒あります。問屋の数は昔とそんなに変わっていませんが、本場結城紬の販売は、最盛期の年間3万反から今は6千反に落ちています。なにしろ1百万円からの商品ですから。

穀町から鍛治町へ進むと、商店が減る。
門前の夏つばきの白い花に誘われて結城山安穏寺に入る。
この寺を禅宗に改宗した源翁禅師は、九匹の狐が化けた那須野ケ原の殺生石を砕いたことで知られ、石を砕く槌をゲンノウと言うようになったエピソードを持つ。しかしゲンノウという言葉も昨今は死語か。

 

宿場を出るあたりが神明町。
関宿通多功道見取絵図によると、道が左に回りこんで真っ直ぐ神明神社に突き当るあたりに一里塚があるはず。しかしなかなか分からず、神社近くの落花生を扱っている水川商店で尋ねると、店の裏手、遠井さんの庭にあるとの返事があり、店の人と一緒に店の横の狭い路地に入り込む。それは建物に囲まれた、少し盛り上がった土地に草木が生い茂る一画で、草むらの中の小さな石祠が、ここが一里塚であることを、けなげに伝えているように思った。

 

神明神社の前から、四季の杜と名付けた新しい住宅街に入っていく。「行き止まりのため通り抜け出来ません」の注意書きがあったのに・・・・・・。

結局元に戻って、水量豊かな吉田用水沿いの道を進む。
田園風景となり、黄色い花をつけたかぼちゃや、まだ実の小さな干瓢が地面を這っている。
結城を守るため、敵の直進を阻んだり、挟み撃ちにすることを目的に造られた喰違土手が残っているはずだが、道の両側のところどころに見える雑木林の中にあるのだろうが、どれなのかよく分からない。

 

栃木県小山市

街道である県道146号の両側は、絵図に描かれたと同じ雑木林が続き、そして大きな工場がいくつもある。
かつては追いはぎも出たであろう道をひたすら歩く。

やがて北飯田、東山田と進むに連れて畑が増える。

 

栃木県河内郡南河内町

花田、絹板、下坪山と田園地帯を進む。
仁良川地区に入る。ここに秋田・佐竹藩は下野領を治める陣屋を造った。
その陣屋跡が何処にあるのか? 大きな長屋門の前の畑で農作業中のお婆さんに尋ねた。

知ってますよ。ここから見える3軒の住まいの向こうにあったんです。プレス工業とやらの寮になっています。
この前の長屋門の家も、陣屋のお役人の子孫のものですが、都会がいいと言って家を売りに出しています。惜しいことです。
そのほかに見るもの?この先の公民館のところのカワネさんの庭に、佐竹稲荷がありますよ。そう川根さんとこ。

白い塀の中の陣屋跡に見るべきものは無い。でも陣屋の役人が大勢住んでいたのか、この集落には大きな長屋門をはじめ立派な門構えの家が多い。
仁良川下公民館のまわりは宝篋印塔や石仏や薬師堂があり、じっくり見たらそれだけでも面白そうだ。
川根家の裏の薄暗い竹薮のなかに佐竹稲荷が祀られている。小祠だが、まわりは整頓されており、家の人々がこの稲荷を大切にしているのが分かる。
 

大名も休憩した満福寺。絵図に記載されたとおりの阿弥陀堂が、山門をくぐった正面にある。
境内に入ってきた二人連れの中年男性もまた、この街道を歩いているのだという。この些かマイナーな街道を辿る同好の士がいたとはうれしい。
鎮守の森である愛宕神社の参道口から、道は鉤の手状に左に折れて右に折れる。このあたりに秋田藩の足軽屋敷があったというが、それが畑のところか、家のあるところか、わからない。
 

国道4号をくぐり県道を斜めに越えてかつての薬師寺村へ入っていく。
木戸があったので木町と呼ばれた通りから始まる。鷹の餌となる小鳥を捕らえる餌差が4軒あったという。雀か雲雀がさえずっているが、どの家にも鳥かごは見当たらない。
そのあと、鉤の手を折れて、真っ直ぐに下町、中町、上町と過ぎ、上町で右手に折れて横町に入る。そして横町の鉤の手から薬師寺八幡宮への参道に至る。 

薬師寺村では毎月1と6の日には野菜などの市が立ち、春と秋には下野を代表する馬市が行なわれた。

仙台、南部、最上などの奥州から馬主が馬を曳いて集まり、買主は関東一円から集まった。
嘉永2年(1849)9月には、318疋の馬が取引され、うち227疋が売買された。1疋あたり9両余で取引され、全体で二千両近いお金が動いた。慶応元年(1865)には577疋もの馬が集まっている。
これらの馬は村内の4軒の馬問屋を通して市に出され競にかけられた。

馬問屋はいずれも上町にあり、扇屋の野口家、白川屋の荒川家、大文字屋の大門家は今も街道筋にお住まいだ。奥州屋の跡は駐車場になっている。(この馬問屋の現状は下野薬師寺歴史館の解説員土屋さんの協力により知ることが出来た。親切な女性だ。) 

通りの両側に百軒ほどの町屋を数えたというが、今は農家が続き、人影はない。しかし立派な門構えや大きな屋敷にかつての賑わいの跡がある。
 
中町にある龍興寺を入ると、本堂横の枝を広げた大きなシラカシの下に道教塚がある。道教はあの弓削道鏡で、宝亀元年(770)この地に追放されているが、地元の調査ではこの塚の被葬者は道鏡ではないらしい。 

八幡宮沿いに進み、畑を跨いで、県道に合流する。下野薬師寺跡を散策。
家がまばらになると色とりどりの畑が展開する。とうもろこしの葉がゆらゆらと揺れる。牛蒡がわさわさと葉を増やしている。麦の穂は黄金が透き通ったような色をしている。蔓を伸ばし始めた大和芋。このあたりの特産の干瓢が白い花をつけている。

 

栃木県河内郡上三川町

多功宿は下多功の集落から始まり、本町・天神町と続き、長さは一里十二町余(5.3キロ)と長い。長屋門のある家が2軒あるが、名主だろうか。
本町に入っても静かな農村であり、街道を車で行き過ぎる人々が、ここに宿場があったことに気付くことはまず無いだろう。
本陣問屋は宝光院の先の立派な門構えの谷中家だ。奥さんが庭の木を剪定している。

あの門は3回造り替えました。
昔は敷地も広くて、あんな門が3つあったんです。でも先代の爺さんが売ってしまって。
庭の木もいいものは全部売ったんです。

 
谷中家の直ぐ先を右に行くと見性寺。多功家の累代の墓の五輪塔が並ぶ。
JR石橋駅に近い天神町は道も広くなって市街化している。
 

宇都宮貨物ターミナルに沿った街道は、JR東北線の線路に斜めに突き進んで、JRを直角にくぐる第一中道ガードで消失する。しかしそこから定規で線を延ばしたところ、東北線の線路際の鞘堂側の畑から農道として現れる。前方を北関東自動車道の高架が横切る。
パチンコ屋のイクサムの駐車場の脇から国道4号に合流する十数メートル手前が旧日光街道との追分(わかさり)。このあたり旧日光街道は残っていない。
15時45分   追分に到着。
昼食をとるようなお店がなかったので結城から歩き詰めだ。早速近くのファミレスに入る。そのあと国道を約1時間歩いて最寄駅に着いた。

17時15分    東北線 雀宮駅   55358歩  

かつては人・物が往来し賑わった街道であり、その名残りをあちこちで見ることが出来た。関宿通多功道見取絵図が伝える風景が、これからも残ればいいなと思う。(了)


トップへ戻る