平成17年6月9日(木)

千葉県野田市

7時  宝珠花橋をスタートし江戸川の堤を歩く。河川敷に埋もれていた街道は、朝日バス親野井停留所付近の通勤途上の車だけでなく大型トラックも多い県道17号に現れる。
柏寺地区に入ると、JAちば県北二川支店の先の道沿いに、若い松の木が植えられている。関宿通多功道見取絵図はこのあたりに松並木を描いているが、今では関宿幼稚園の前に2本残っているだけで、松並木復活の願いを込めて地元が植えたとのこと。
 
江戸川堤の際にある常敬寺に寄り道をする。本堂に隣接する阿弥陀堂の天井に描かれた龍を見たかったのだが、残念ながらお堂は閉まっており見ることが出来ない。この龍は夜な夜な天井から抜け出して江戸川で水遊びをしていたそうだ。
 
新田戸地区の「街道」と呼ぶあたりから関宿城下まで二筋の街道がある。

ひとつは県道をほぼ進むルートで、絵図には台町道として細く描かれている。この道は工業団地入口信号でいったん県道をはずれる。民家の前に移築された関宿城埋門があり、屋根の鬼瓦に藩主久世家の並鷹の羽紋が見える。門の少し先の三叉路に、路分け地蔵と呼ばれる六地蔵と「右ほうしゆ江戸道 左木間が瀬道」と刻んだ二十三夜塔がある。そのあと県道を、西町、台町と進むようだ。

 もうひとつのルートはこれまで歩いてきた関宿通多功道だ。関宿城大手門に通じる道で絵図に太く描かれている。勿論この道を歩き続ける。
「美晴屋」の看板を掲げた商店の脇を入る。2メートルほどの土道だが、直ぐに道幅が広がり舗装路となる。
工業団地を抜け、江戸川の堤に近づいて、内町から元町に入る。
ごく普通の家が続くひっそりした集落で、地蔵堂、吉祥寺、香取神社に足を止める程度だ。鉤の手に曲がると「釜半商店」があり、雲国寺の大きな甍を見ながら堤に上る。
しかし元町は絵図に「関宿元町・西高野入会」と記されて、かつては人家が密集していたところだった。行人河岸と呼ばれる渡船場があり、対岸の中島村(現埼玉県幸手市)と行き来する人が多く、釜半商店は、萬屋の看板で乗客相手に食料や雑貨を商っていたという。
この河岸があったあたりは河川改修工事で今は広い河川敷になっている。

堤を歩き、関宿橋のあたりからは堤の裾の新道を利用して江戸町に向う。
 

関宿江戸町は関宿城下の商人町だった。
関宿橋を渡ってくる県道26号が堤から家並みに曲がりこむところに関宿関所跡の碑が立っている。しかし絵図によると関所は対岸の幸手側にあり、この碑は腑に落ちない。

香取神社の脇に関宿城の大手門があり、神社のあるところに関宿本陣の会田家があったらしい。
次の角を折れて清信寺跡に突き当る。右に火袋のない風変わりな灯籠が立つ八幡神社。左に進んで「関宿落とし」と呼ぶ細い用排水路を渡り、薬師堂を巡ってまた、車で大混雑の県道に合流する。
 

関宿を散策。まずは台町にあるいくつかの寺にお参りする。
昌福寺。藩祖松平康元によって創建された宗英寺。
老中の職を免じられた二十一代藩主久世広周の蟄居生活の場として城内に建築され新御殿と呼んだ建物が実相寺の境内に移築されている。この寺にはポツダム宣言を受諾した鈴木貫太郎首相の墓もある。
大龍寺。福寿院。

台町交差点から左にお屋敷と呼ぶ関宿城内だった地域を進むと、江戸川の堤にぶつかる一画に関宿城址の石碑が立っており、その先に城を復元した関宿城博物館がある。
城の下に鬼門除け稲荷があるが、ここは三軒家地区といい昔は文字通り3軒、今は6軒の家から成る。
街道筋から畑の中を進むと光岳寺がある。家康の異父弟である藩祖が母於大の方の菩提を弔うために建立した寺で、もちろん門にも本堂にも葵のご紋が光っている。
 

そして利根川に向う。

利根川・・関宿・・・あの懐かしい歌が蘇ります。

潮来笠
    (作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 歌 橋幸夫)
旅空夜空で いまさら知った
女の胸の 底の底
ここは関宿 大利根川へ
人にかくして 流す花
だってヨー あの娘川下 潮来笠

  
茨城県猿島郡境町

境大橋で利根川を渡り、境町に入る。
堤からは富士山と利根川と関宿城が一緒に撮影できるので、写真愛好家にとっては絶好の撮影スポットらしい。残念ながら今日は富士山が見えない。
かつて大橋の左手に境河岸があり、出迎えるように左右に河岸問屋兼本陣の青木家と小松原家があったという。しかし河岸沿いの船戸町は、その後の河川改修工事で半分以上が広い河川敷に変わってしまって、境河岸の顔だった両家は跡形も無い。
12時15分 堤を下りてすぐの船町食堂に入って昼食を摂る。
 

吉祥院と境香取神社に行く。

吉祥院は近くの新吉町にある。山門を入ると、本堂の脇の覆い屋の中に子育てからとげぬきまであらゆる願いを叶えてくれる塩地蔵がある。願いが成就したときに塩を奉納するので、地蔵を舐めるとしょっぱい。
さらにお寺に無理を言って本堂にある江戸期の境河岸を描いた絵を見せてもらった。利根川に停泊する沢山の高瀬船の帆柱、問屋の小松原家をはじめ蔵造りの商家、そして往来を行く大勢の人々が細かく描かれ、往時の境河岸の賑わいがよく分かる。

宮本町にある境香取神社には、拝殿手前に工事資材の置き場になってしまった旧絵馬殿がある。この小さな建物に相撲の昭和期前半の板番付が三枚掲げられている。三枚とも字が翳んでいるので関取の名が分かりにくい。昭和9年の番付に、東大関男女川が見え、その横の関脇が後の名横綱の双葉山定兵衛らしいのだが、出身地の豊前と兵衛しか読めない。
 

通りを歩いての率直な印象は、とっくに人と物の流れが無くなったはずの土地にしては、商店が多いなあというものだった。いくつか旅館の看板があるのも河岸が賑ったころの名残りだろう。
岩井街道に曲がる角で、筆屋を営んでいた高木書店の建物が歴史を感じさせる。
船戸町の近江屋、下仲町の天満屋、割烹旅館のすずき、上仲町の箱島化粧品店そして郵便局も、明治・大正・昭和・平成と場所も変わらず営業している。あるいは江戸期から続いている店もあるかもしれない。
勿論空き地や駐車場になっているところもある。
明治期、境の三越と言われた呉服の海老七は駐車場に変わっている。明治43年の大洪水でも流失しなかった当時赤沢酒屋の建物も無くなって、駐車場になっている。 

仲町交差点から古河街道が、赤沢酒店のあった角から下妻街道が延びる。
上町、住吉町、松岡町と北上するに伴い商店もまばらになる。
問屋の小松原家の別邸は旅館山楽に変わっているが、その庭の高々と伸びた木々が沿道の家々の屋根の上に見える。
やがて青々した水田や黄金色の小麦畑が現れる。県道17号と合流する。 

今日中にここから25キロ先の結城まで行く予定だ。途中の交通の便が悪いのだ。なにしろ、街道を走っているバスは無く、途中の諸川町だって最寄り駅である東北線古河駅まで1時間1〜2本のバス便しかない。
日光社参の際の大名が、江戸出立、松戸休、山崎泊、関宿休、結城泊の速さで進んでいることを考えると、頑張ればいけるはず・・・。
さあ、耐久レースさながらに暑さと時間との戦いの始まりだ。

 

茨城県猿島郡三和町

県道は起伏の無い台地を直線になって延びている。
車の行き来は激しいのに、歩道があったり無かったりで、歩きやすいとはいえない。
とうもろこしやキャベツの畑、広い庭のある農家、食堂、パチンコ屋、事業所などが気ままに現れる。
蒸し暑く、空は白っぽく、周りの山は見えない。
 

谷貝町の宿場の本陣である初見家は、谷貝農村集落センター入口信号の先にある二軒の家の間の路地をちょっと入ったところにあった。かつての建物の一部だろうが、それも今は住んでいないようで、庭に沢山のたけのこが突き出ている。
本陣の後ろの林が遍照寺を取り巻く林に続いている。入口の延命地蔵、参道にある初見家の千手観音に誘われるように遍照寺の境内に入る。寺のお話では、初見家はこのあたり一帯の地所を持っておられたが今は東京に住んでいるそうだ。
 

大きな長屋門のあるひいらぎ幼稚園。山田十字路の近くでも長屋門を見かける。
 

道が鉤の手に曲がるところにある油屋商店の脇を入ってしばらくすると木立の中に仲山観音堂がある。ここの十一面観音を信ずれば安産やお乳がでること間違いなし。
この観音堂が属する東漸寺は街道筋にある。境内の大きな菩提樹の下で汗をぬぐう。
このあたりは仁連町の宿場で、本陣の鈴木家は数軒先の四脚門の残るところだ。門を入ると鬼板の下の懸魚と紅梁が見事に彫られた立派な玄関が残っている。しかしここも住んでいないのかひっそりとして、屋敷を取り巻く林が鬱蒼と繁っている。 

諸川小学校周辺にあったという一里塚も並木も全く痕跡はなく、ごく普通の町並みが続くだけだ。
交差点から緩やかに下る。

向隆寺を過ぎて、右へ下妻道が始まるところ、逆に左の奥まったところに諸川町の本陣だった中村家がある。その横の長屋門と蔵がある屋敷は脇本陣の小林家で清酒茂ろ川の醸造元だ。小林家の前が立派な門構えの大橋醤油店。その横の舘野家の当主は三和町町長だ。このあたり旧家の豪壮な屋敷が集まっている。

 

茨城県結城市

西仁連川を渡ると七五三場(しめば)。坂を上った馬頭観音のある角が久保田街道の入口であることを、手書きの案内板が教えてくれる。
鬼怒川筋の河岸から大木(結城市)、諸川、仁連、谷貝を経て境河岸から江戸に通じる道を「境通り」と称し、奥州や下野と物資が行き来した。そのうち七五三場から鬼怒川筋の久保田河岸までを久保田街道と呼んだ。

門構えの立派なゆったりとした農家が多い。
畑のむこう、林のむこうに、頂きが二峰に分かれた筑波山が見える。北南茂呂、江川新宿を過ぎ、林を抜けて、しもふさカントリーの横を過ぎる。
交差点の名を見ると「大戦防」。ユニークな地名だ。
 

武井宿。絵図には泰平寺の前に高札があり近くに問屋が描かれている。どこにも寺らしきものがない。武井公民館の標識下に、地蔵、十九夜塔があり、通りがかったおばあさんに泰平寺の在り処を尋ねる。

泰平寺はなくなって公民館に変わりましたよ。(えっ!)
公民館の前の武井さんが本陣といわれています。
そのようなことは武井さんの亡くなったおばあちゃんがよく知ってたんですが。

戊辰戦争の戦火で武井宿の多くが焼失したといわれている。その戦争で戦死した二人の兵士の墓が泰平寺、いや公民館の裏にあり、墓石には「官軍 館林藩」が刻まれている。問屋の斎藤家の長屋門は飯沼自動車の手前にあるが、庭の広い農家が続いて、いわゆる宿場のイメージは無い。 

結城まであと10キロ。陽が傾き涼しくなって、妻は元気を取り戻しピッチが上る。
県道に帰宅の車が増える。吉田用水に沿った道となる。

18時35分  水戸線結城駅   68205歩


トップへ戻る