日光東往還

千葉県野田市をはじめ流山市・柏市などでは古くから「日光街道・日光東往還・東日光街道・日光東道中」など、いずれも「日光」の名称をつけて呼ばれていた。・・・しかし、この街道の詳しいことは分からず、どのような宿場があったのか、またどんな人々が通行した道なのかなどは忘れ去られていた。まして江戸幕府が、この街道に関宿通多功道という名称をつけ、重要な街道として取り扱っていたことなどはごく一部の専門家を除いて全く知られていなかった。
(児玉幸多監修「関宿通多功道見取絵図 解説篇」より)

水戸街道の小金・柏間で分岐し、野田・関宿を経て利根川を渡り、結城・多功を通って日光街道の雀宮宿に達するもので、将軍の日光社参のときに随行する大名の一部が利用した。
この十宿、距離が二十里三十四町の街道を、上記見取絵図解説篇を読みながら歩く。

 

 

平成17年6月6日(月)

千葉県柏市

6時15分 JR南柏駅から歩いて10分ほどの新木戸バス停近くで水戸街道と分かれ、第一流山街道道路橋で常磐線を跨ぐ。

 
房総には古くから牧が設けられ、下総には佐倉牧と小金牧があった。
その小金牧の中を日光東往還は延びていたので、野馬の逃亡を防ぐために牧の周囲に堀を掘ってその土を積み上げた野馬土手や牧に係わる地名が街道沿いのあちこちに残る。スタート地点の新木戸もそのひとつだ。


明治期になって失業対策、窮民救済のため、佐倉牧と小金牧の開墾が行なわれ、開墾地はその順に初富(鎌ケ谷市)・二和・三咲(以上船橋市)・豊四季(柏市)・五香六実(松戸市)・七栄(富里市)・八街(八街市)・九美上(佐原市)・十倉(富里市)・十余一(白井市)・十余ニ(柏市)・十余三(成田市)の地名が付けられた。
今歩いているところは豊四季で、開墾の歴史を語る碑が神社の境内や民家の庭先に立っている。



国道6号線の旧日光街道入口交差点を渡ると、まわりの家々を覆うように木々の繁った野馬土手が道の両側に延びている。
開墾に従事した内海家の庭を覗くと、豊四季村開拓の祖の大きな顕彰碑が立ち、稲荷神社の境内には、豊四季開拓百年記念碑と公爵岩倉報恩碑が立つ。百年記念碑は、開拓の苦労を縷々述べ、「四季豊かに稔れと念じつつ、一鍬、一鍬と開拓の努力は、連綿百年の星霜を経て、現代の繁栄を招来した」と結んでいる。報恩碑は豊四季村にあった岩倉家所有の土地を譲り受けたことに開拓民がお礼を述べているもの。

「鳥込」バス停がある。絵図に「取込土手」とあるように、鳥込は取込であり、野馬を捕らえるときに追い込むことを示す。
創立時の校名が捕込簡易小学校だった柏第二小学校は、野馬を取(捕)り込んだ場所で、取り囲んでいた野馬土手の一部が東門に突き当るようなかたちで残っている。

 
開墾した畑に今は住宅が建ち並んで、真っ直ぐな街道の両側は住宅・事業所・商店が途切れることなく続く。
通勤・通学する人々が足早に向うのは東武野田線豊四季駅だ。
流山と柏・布施を結んだ道と交差する。この道は布施道、成田道などといわれ、右に行くと東武線の線路際に鬱蒼とした社叢の駒木の諏訪神社があるので、諏訪道とも呼ばれたそうだ。
左に行くと、永寿稲荷神社の境内に開拓記念碑と木釘記念碑がある。開拓農家が副業として作った木釘が特産品になったらしい。 

 

千葉県流山市

街道はスリーエフで直角に曲がり、すぐにまた折れる。地元でクランクと呼ぶこのあたり、絵図には野馬土手が描かれているが、つくばエクスプレスの流山おおたかの森駅に近く、8月開業を目指して駅前整備が広い範囲に行なわれており、かつての様子を偲ぶのは難しく、土手もわからない。
工事用ダンプを避け、駅をくぐると、街道が現れる。あちこちに大鷹が生息していそうな森が見える。
 

ここで寄り道をする。
街道の右手を並走する東武線の線路を越え、林を抜けると、ひとかたまりの家があり、その奥まったところにお目当ての「オランダ観音」があった。
この観音には、馬匹改良のためにオランダから輸入されたがこの地に馴染めず殺された馬を哀れんで村人が建てた悲話が残る。

小さな観音の背の文字を読もうとするが、祠の中が狭くて読めない。千葉県教育委員会発行の「歴史の道調査報告書 日光東往還」によると、「延宝四辰年おんはなしあそはされをらんだあしけ駒この所ひやうし」と刻まれているそうだ。
 

商店が増えて、初石駅近くのデニーズで朝食。
真っ直ぐの道が突然左に右にと鍵形に曲がり、江戸川台駅のあたりでは区画整理によって街道は一旦消える。再び現れると相変わらずまっすぐに延びている。
慈眼院は門前に由来を刻んだ石があるが、石田三成の家来を弔って建てられたようだ。
浄信寺の高い木立が心地よい日影を作ってくれる。境内に地蔵や如意輪観音が並んでいる。
この街道の道端や寺社の境内には、他の街道では見られないほど数多くの道祖神・庚申塔・地蔵などの石造物があり、街道沿いの人々の厚い信仰心を物語っている

県道5号線を越え、屋敷の長い塀が延びる先に続く八坂神社の飾り気の無いたたずまいや立ち並ぶ馬頭観音や、そして鍵形に曲がる道は、絵図に描かれた東深井村あたりそのままだ。 

車の行き来が激しい県道と合流。すばる書店の前の歩道に「左 の田 きの崎道」を刻んだ庚申塔が立っているが、気に留める人はいない。
駒形神社には、東北征伐の途中に源義家が立ち寄った言い伝えが残る。
運河駅に来ると若者の姿が多いのは、近くに東京理科大があるためらしく、電車が着くたびに利根運河を渡ってキャンパスに消えていく。
江戸川と利根川を結ぶために明治期に掘られ、今はもう使われなくなった利根運河は整備され水辺公園に生まれ変わった。運河の設計・工事を担当したオランダ人技師ムルデルの記念碑のまわりで、数人のお年寄りが世間話に花を咲かせている。

 

千葉県野田市

広い道が山崎貝塚町をようやく抜けると、この街道の最初の宿場である山崎宿である。
野田聖華幼稚園付近のカーブが山崎宿入口の鍵の手の名残りらしい。
絵図に愛宕と記された地蔵菩薩は、家の塀に組み込まれている。
名主だった吉岡家の前に、絵図に記された秋葉夜燈を伝える木製の常夜燈が立つ。
宿泊した大名の本陣にもなった福寿院。
しかし、駐車場になっているところも多く、宿場の景観はない。
梅郷駅入口で県道と分かれて、ほぼ直進する。
宿場の入口にあったのと同じ地蔵菩薩がアパートの塀際に立っている。
鏡円寺を過ぎて、東武線の線路に寄り添ったのち線路を渡る。山崎宿はここで終わる。

 
街道は国道16号と並行するように真っ直ぐに延びる。
菅原神社の裏は薄暗いほど松林が広がっていたというが、今は住宅が建ち並んでいる。その住宅のなかの神北公園という小公園に、家康が会津の上杉氏討伐の帰りに捕虜の首を埋めたと伝えられる丸い塚がある。ただし野田市教育委員会によると家康はこの街道を通っていないので、中世から近世にかけての供養や信仰のための塚らしい。
 絵図に「字埋ミ石橋」という小橋が記されているは、東武スパリゾートの横の、磨耗した、しかし供養の字が読める小さな石碑があるところらしい。ここには野田に買物に行く途中の娘さんが狼に食い殺されたところだとか、転ぶと片袖をちぎって傍らの馬頭観音に上げないといけないとか、気味の悪い言い伝えが残っている。 

もりの遊園地の大観覧車が沿道の家々の屋根の上に覗く。
中根交差点の位置に、絵図は「今上村河岸江道法一里」と書いてあるだけで、醤油造りで栄えていた野田町のことには全く触れていない。交差点から程遠くないところにキッコーマン本社・工場がある。
国道と街道の間に中央の杜と名付けられた手付かずの林が続く。かつてこのあたりの街道には松並木があったらしい。野田市役所の入口付近に野馬土手が残る。市役所内の8F食堂で昼食。暑さで靄って筑波山も日光連山も富士山も見えない
 

並行していた国道に近づき、合流するかと思うといったん離れ、しかしやがて国道を渡る。
千葉カントリークラブ野田コースの正門を入る。馬頭観音が残り、まぎれもなく街道の道筋だが、クラブハウスに突き当るので、仕方なく建物を避けて、クラブハウス背後の林の中の道に出る。国道に戻るまでの数百メートルは、両側に樹木が生い茂って、水捌けが悪く、不気味なほど静かで暗い。これがかつての街道の姿かもしれない。
 
国道を斜めに渡る。蕃昌新田。まっすぐに、まっすぐに延びる県道17号を進む。車が疾走する。舟形、吉春、谷津と集落が続き、家は途切れない。 

川間駅へ向う交差点にある西岸寺は呑龍上人らが再建した。
街道二番目の宿場である中里宿に入る。山崎宿より大きく街道沿いに100軒近くの家があったというが、今のごく普通の家並みからその賑わいを想像するのは難しい。本陣と言われた名主の染谷家もなかなか見つからない。
国道をくぐると満蔵寺があり、境内の庚申塔に刻まれた「右せきやどみち」を見て、妻も疲れた身体にもう一鞭。 

トステム野田工場内に消えた街道が、県道の一本左に、県道の喧騒が嘘のような静かな、緑豊かな道になって現れる。二股に分かれる中央の塚の上に二基の庚申塔がある。そのひとつに「北はほうしゆ花・せきやど」と刻んである。右に進む街道は千葉カントリークラブ川間コースの塀の中に入り込んで通ることができないが、やがて県道に現れる。
 

木間ケ瀬、新宿を過ぎて東宝珠花(ひがしほうしゅばな)に至る。ここにあった関宿町役場は野田市との合併で、いちいのホールに生まれ変わって、その5階にあの坂田三吉と争った関根名人の記念館がある。

小春       わてほんまに、どんな苦労でもしますよってな。

三吉       お前もえらい亭主持って、ほんまに可哀想やなあ。

小春       水臭いこと云いなはんな。わてはちょっとも可哀想やおまへんで。・・・
  あんたがそれで仕合せやったら、わても同ンなじように仕合せだす。

(北条秀司作「王将」より)

間違った、間違った。場面を間違えた。

三吉       将棋は勝ち負けやないか。たとえ横すっぱ撲っても勝たないかんのやツ。

玉江       将棋ちゅうもんは勝てばええちゅうだけのもんやない。
  たとえ負けても立派なさし方をするのが将棋や。
  お父つあんが今日みたいな将棋さしてる間は、とても関根はんには勝てんわ。
  勝負に勝てても将棋には勝てへん。
  関根はんは矢張り天下の名人や。

(同じく「王将」より)             

ホールの横に関根名人の生家があり、共同墓地に入ると将棋の駒の形をした記念碑の傍に覇王院殿棋道大成大居士と刻んだ墓がある。墓地の前の、名人が子どもの頃よく遊んだ日枝神社の狛犬の台座には「奉納十三世関根名人」と刻まれている。 

県道に分かれて神社の前を入ると江戸川の堤にぶつかる。
芝生を敷き詰めたような河川敷になっているところに、かつて河岸があり、多くの高瀬船が停泊して帆柱が林立していた。宝珠花の地名は「帆の干場の鼻」に由来するという。
絵図に「江戸川常水巾三十八間」と記されているが、広い河川敷の先に水面がわずかに光っている。堤の上を吹き渡る風が爽やかだ。川下にグライダー滑空場が見える。

16時50分   朝日バス停・関宿中央ターミナル   51633歩     

トップへ戻る