宇都宮宿

平成18年4月28日(金)

7時15分  日光道中と奥州道中の分岐点である伝馬町の本陣跡から、本郷町に入る。
かつて質屋、穀物屋、紺屋などが並んでいた通りは駐車場が目立つが、それでもよく見ると大谷石で造られた蔵などがあちらこちらに残っている。

ここは石の多いところで、町人の倉の屋根までことごとく石を重ねてある。下野の中でも格別気風の荒々しいところだから万事につけて人におくれをとることを嫌うという片意地な悪習慣がある。けれども文雅の人など遊びに来るときっと面白いことがある。
(平凡社東洋文庫「西遊草 清河八郎旅中記」より)

細い道に通勤の車がひしめいているが、強引に割り込む運転振りを見ていると、悪習慣は今も続いているようだ。まだ面白いことはない。

新田町との境にあった一里塚は跡形も無い。日限地蔵の宝勝寺、栃の巨木がある延命院、戊辰戦争で官軍の宿舎となり会津藩が火をつけた桂林寺を見学。宿場を抜けると、かつては松並木だったらしいが、今は商店や民家だけが続き、やがて道が拡がって松原3丁目交差点からは国道119号に重なる。

自転車通学の高校生が頻りに行き交う。
国立栃木病院がある。ここは日露戦争後の明治41年に設置された陸軍第十四師団の師団司令部があったところで、正門を入ってすぐに、司令部の庭にあった児の手柏の古木がある。
歩兵第五十九聯隊、六十六聯隊、宝木練兵場などがあった辺りは、県の施設や住宅が建て込んでおり、輜重兵第十四聯隊跡には船田恵副院長の作新学院の高校がある。

(NHKアナウンサーだった下重暁子は) 職業軍人だった父のもとで、宇都宮市の十四師団の官舎で生まれた。近くに老木の桜並木があって、生まれたばかりの暁子をふところに入れて、父がよく桜の下を散歩した、という話を聞かされて育った。
たしかこの辺です・・・・と土地の人に教わったところは、殺風景な大通りになっていた。よく探すと、一隅に小さな石碑があり、「昔、ここに桜並木ありき」と刻んであった。
(朝日新聞社発行「新人国記」より)

先ほどの松原の交差点で左から合流した国道が、殺風景な大通りと云われた桜通りだ。

宇都宮環状道路を渡ると、山桜、杉、檜、ツツジ、楓などの緑のトンネルが始まる。昭和26年と30年に植樹されたもので、今市の杉並木までの16キロにわたって続く見事なものだ。
街道だった部分は現在、車道になっているが、両側の土手は並木が植えられてのんびり散策が楽しめる遊歩道に整備されている。

道の両側に土手を築き、道を掘り下げているのは、宇都宮を過ぎた日光道中の特徴と思われ、それは杉並木街道も同様である。
(「日光道中分間延絵図第5巻解説篇」より)

山桜はもう殆ど葉桜だが、それでもまだ花が残っているのもあり、時折白い花びらが肩に振りかかる。楓の新緑が鮮やかだ。
並行している宇都宮北道路の高架が右手の家々の間に覗く。
関東バス文星大学前停留所の少し手前に上戸祭の一里塚。

並木が一旦途切れて、野沢地区に入り、細い流れの釜川に架かる弁天橋を渡る。
光明寺の前に、将軍家光が日光参詣した際に休んだお茶屋場があったらしいが、痕跡はない。
東にくねくねと200メートルほど入った亀田家の前庭に静桜があった。

奥州に落ち延びた義経のもとに向かう静御前の桜の杖が枝を茂らせ、今の桜は11代目だという。花ばかり目立つ染井吉野と違って気品さえ感じさせる桜で、旗ザクラという珍しい品種らしい。根元から7〜8本の幹が分かれ、先端に淡いピンク色の花が咲いている様子は、開いた扇に霞が漂っているようだ。

左手の宝木地区はもともと西原と称する一面の原野だった。

寛文年間(1600年後半)に新田開発が企てられ西原十ケ新田と総称されたが、水が乏しく雑穀中心だった。
ようやく嘉永年間(1800年代後半)になって、二宮尊徳の設計による石那田堰、徳次郎用水の完成を機に、宝木用水の開削がされて水田ができるようになった。

宇都宮北道路と交差する。
快い並木の遊歩道を歩き続ける。山吹、大根草、ズオウ、ツツジ、芝桜、菜の花がカラフルな風景を造っている。ところどころに楚々とした白い花をつけた二輪草がある。
東北自動車道と交差する直前に高谷林の一里塚。 

 

徳次郎宿

山が近づく。澹治にして笑ふがごとくだ。

日光の諸山手にとるばかり見渡さる。写真す。これより山いと近うなりて、徳次郎にいたりてハ左右皆山なり。此山たかゝらねど垣のごとく打まハりて続く、終日光山につらなるなるべし。駅いと粛々として古寺のごとし
(日本図書センター発行「渡辺崋山集第一巻 全楽堂日録」より)

すべて大谷石で建てられた金田家が下徳次郎宿の仮本陣。
すぐ先のENEOSの横を入って真っ直ぐに進むと、雑木林がある。ここが、金田家が御殿山(みじょうやま)と呼ぶ中世の徳次郎城跡で、林の中に幅数メートルの堀跡が残っていた。

徳次郎交差点のあたりが中徳次郎宿だが、本陣、脇本陣がどの家を指すのか地元の人に聞いてもわからない。
造り酒屋はバーミヤンに変貌し、その前の旅籠も新しく建て替えられている。大谷石の石塀を巡らした家が多い。屋根を徳次郎石で葺いた石蔵も見る。交差点の手前に「神社 入口道 約5丁 田中道」と刻んだ半ば朽ちた道標がある。

この道標に従って街道から逸れて道なりに西へ進み、あざやいぼで困っている人が願を掛けるとすぐ治る痣地蔵の前を過ぎて、やがて日光宇都宮道路にぶつかる寸前で畑の畦道に入り込んで城野家の裏に回りこむと、奈良時代に建立されたという小さな神明宮がある。
鳥居脇の小さな守り神の2頭の狛犬にお願いして軽く持ち上がれば願い事がかなうという。妻は重かったと残念がっていたが、欲張ってあれもこれもとお願いしたせいだろう。

 街道に戻る。智賀都神社の鳥居脇に、1本は天を受け、1本は天に向かっているという枝ぶりの2本の大欅がある。
境内一杯に二輪草が咲いている。

上徳次郎バス停の前に上徳次郎宿の本陣と脇本陣が向き合っている、といっても建て替えられた家からは往時を偲ぶのはとても無理。
日光社参の将軍が休憩などに使った安養院は、バス停手前の上町公民館に向かって少し上がり日光宇都宮道路の上川架橋橋を渡ったところにあった。しかし自動車道の建設の際に境内を削られて廃寺となっており、墓地の一画にかつての住職の墓が数基残っているだけだ。

船生街道入口に、江戸から30里の六本木の一里塚と如意輪観音。

日光宇都宮道路と田川に挟まれた狭いところを進み、猪倉街道入口信号の手前で街道から外れて、田川から取水する石那田堰を見る。傍らに二宮金次郎像と河川の改修に伴う堰の移築記念碑が立っている。

かつて田川は随分蛇行していたが、昭和期の土地整理により真っ直ぐになった。
二宮尊徳の指導により築いた堰は、今の堰より下流で、木を組んだのがあったらしい。

堰から近い見目(けんもく)家に「従是西日光山御領」の傍示杭がある。ご当主の百司氏は田植機の調子を見ている最中だったが、快く我々を案内してくれた。傍示杭は屋敷の裏の樹齢400年という大欅の根元にあった。

この傍示杭は、もともと街道沿いの徳次郎と石那田の境にあったもの。
戊辰戦争の際、会津を攻める官軍がこの傍示杭の日光山御領の文字を見て、このあたりは徳川家と関係が深いと考えるかもしれない。そうなるとこの辺りの人はひどいめに遭わされると、当時名主だった4代前の当主が家に隠したそうだ。

りんごの白い花が咲き始めている。あちこちの田んぼに水を入れており、カエルの鳴き声が湧いている。
街道に戻って、田川を渡る。春霞の中に遠く稜線だけが見えているは榛名山らしい。
八坂神社のお仮殿。遊歩道が続く。御本尊が見当たらない金勢様。
「うらない仏」がある。台座にある3個の丸い石のいずれかを手にして軽く感じれば願いが叶うと伝えられている。今回の願いはささやかなものだったのか、妻は軽かったという。
上小池の一里塚。宇都宮市から日光市今市に移る。

 

大沢宿

山口の集落を過ぎて間もなく車道と分かれると、松平正綱の並木寄進碑が立ち、杉の巨樹が続く日光までの16キロの杉並木が始まる。
この車も人も殆ど通らない薄暗い杉並木を一旦抜けると、大沢宿だ。この宿場の特徴は、総戸数43軒中41軒が旅籠屋でほとんどが旅籠屋稼業だった。しかし今の家並みに宿場だったことを伝えるものは残っていない。
JAかみつが大沢支店の前にかつて松屋という名の旅籠があった。この先にあった御殿の御殿番をしていた安西家の分家が営んでいた。

大沢で昼食をとる。われわれは、十七歳の美少年の給仕を受ける。彼は敏捷になるために、着物を帯の間にからげている。まるで絹の下着を着け忘れた十六世紀のフィレンツェの貴公子のようである。われわれがいる部屋は、日光に赴く帝に使用されたのだ。宿帳の記載によってそれがわかる。
(明治9年に日光に遊んだ仏人実業家のギメ著青木啓輔訳「東京日光散策」より)

再び杉並木に入る。水無までは路肩を歩く。身体をかすめて車が駆け抜ける。例幣使街道を歩いたときの恐怖がよみがえる。
御殿工場入口バス停から横に入ると、日光への道中に立ち寄った将軍の休泊施設だった御殿の跡がある。
ところで日光道中ならではの重要な通行者として、将軍以外に日光東照宮の門跡である日光門主と例幣使がいた。

日光門主は江戸上野寛永寺も兼掌したため、両者間を年に三度往来し、計六度通行した。道中の各宿場では宿役人が礼装で送迎にたつなど格別の配慮がはらわれ、その休泊にも、本陣が用いられた。
又例幣使は、帰路 例幣使街道を利用せず、日光道中を通って江戸に入るのが通例であった。例幣使は所領や扶持の少ない公卿であるだけに、財政が苦しい家が多く、交通費の節約をはかるため、宿泊は旅籠を使用し、その他は“木の下弁当”と称し神社や茶屋で休んで弁当をつかった。

水無一里塚が杉並木に紛れている。
水無と森友の二つの集落に杉並木の切れ間があるが、それもいっときであり、大きな杉の回廊が延々と続く。
七本桜の一里塚は、塚の上の杉の根元が大きな空洞になって、並木ホテルと呼ばれるという。
ようやく杉並木を抜けて、今市の追分地蔵に着く。 17時55分  55197歩

平成14年3月 例幣使街道で中山道・倉賀野宿からこの追分に出て、更に東照宮まで歩いた。従って今回の日光道中の旅はここで終える。
日光道中は多くの人々が日光参詣に利用した街道だけに見どころが多かった。東北地方への幹線道路であり車の往き来が激しいことを覚悟していたが、思ったほどで無く、杉並木街道でも殆ど車を気にせずに歩くことができた。(了)


トップへ戻る