小山宿

平成18年4月9日(日)

小山市役所の前庭に小山評定跡の石碑を見る。
慶長5年(1600) 7月24日 家康は会津攻めのため小山に到着。その夜石田三成らの伏見城攻撃を聞き、25日諸将を招集して会議を開いた。これが小山評定で、三間四方ばかりの仮御殿で行なわれたという。

一豊を有名にしたのは小山評定における大胆な発言である。
家康方に加担するという福島正則の発言に続き、一豊は掛川城の明け渡しと人質差し出しを申し出て、他の城主たちもこれに同意した。これによって、東海道勢が家康の自由になり、進軍が容易になったわけである。家康は、一豊を呼び、涙を流して一豊の発言に感謝したと記録にある。
・・・関ケ原後、一豊は土佐一国を拝領、国持大名になった。
(江戸東京博物館特別展「山内一豊とその妻」より)



7時20分 上町にある脇本陣からスタート。
一般的に、町の名は京に近い方から上町、中町、下町であるが、日光東照宮の威光で小山宿は日光に近い方から上町、中町、下町である。
小山宿は旅籠の数が日光道中では一番多かった。

旅籠の数は時代によって大きく異なるが、天保14年(1843)の宿村大概帳によると、小山宿74軒、徳次郎宿72軒、草加宿67軒、千住宿55軒が多いほうで、一方少ないのは、中田宿6軒、新田宿11軒、鉢石宿の19軒である。
小山宿が大きかったのは、ここが五街道追分と呼ばれたように、日光道中・壬生通・結城道・佐野道・栃木道が集中する交通の要地だったためだろう。

しかし拡幅された宿通りには、唐破風のついた玄関が見える脇本陣以外に往時を偲ぶものは残っていない。問屋場は常陽銀行に、本陣は中央駐車場ビルに変ったと思われる。
興法寺の参道が満開の桜でピンク色に染まっている。この寺には日光門主が休泊した。このあたりからしばらくの間、街道は歩いている県道256号の西側にあったらしいが、今そこには住宅・工場が立ち並んで街道は残っていないので、そのまま県道を進む。
JR両毛線の第一奥州街道踏切を越え、トラック特装の小平産業の桜が取り囲む工場を過ぎる。

喜沢東交差点が壬生通と分かれる喜沢の追分で、ここで日光道中は県道から分かれて細い道に入る。

まるで裏道のようだが、かつて旅人が大いに行き交ったことは、途中の雑木林の中に一里塚が残っていることでわかる。但し左の塚は丸い形を留めているが、右の塚は住宅に囲まれて殆ど崩れている。

やがてJR宇都宮線の線路にぶつかる。かつて街道はそのまま線路の向うに延びていたが、今は草木が生い茂って道が無く辿れない。しかたなく宇都宮線と並走する新幹線の高架に沿って進む。
やがて街道は菅沼整骨院あたりに、別れる以前と同じ細い道となって現われて民家の間を延び、すぐに羽川小学校近くで国道6号と合流する。小学校前の国道を跨ぐ羽川横断歩道橋は、学童の安全のために昭和37年日本で初めて造られた歩道橋だそうだ。

 

新田宿

JAおやま桑支店あたりから国道沿いに新田宿が延びる。

宿場の名は、ここを芋柄新田あるいは大町新田とも呼んだことによるが、明治6年には羽川宿に名を変えている。その理由は知らない。
宿場のほぼ中央に本陣だった青木家が黒い四脚門だけを残している。

宿場の北口にあたる銅市金属工業の脇を入ると、数体の石仏が立ち並んでおり、傍らの枝垂れ桜に五人塚伐採整地記念と記した札が付いている。
この石仏の前、倉庫のあるところがかつての街道で、通り抜けできませんの表示を無視して砂利道をずんずんと進む。2〜300メートルほどで民家があり一旦途切れるが、5〜600メートル先のスーパーうおとみ小金井店の駐車場裏に再び現われる。

 

小金井宿

住宅の間を真っ直ぐに進むと、やがて小金井一里塚の欅や椚が見えてくる。空に向かって大きく拡げた枝に幾つも宿り木がついている。
慈眼寺は日光社参の際の将軍の御昼休所。江戸期に作られた鐘楼・観音堂のある境内を桜と桃が彩る。
本陣・大越家の門と土蔵造りの民家だけが宿場の面影をかろうじて伝えている。
奥行きのある屋敷が続く。将軍の日光社参の際に宇都宮城主が出迎えた蓮行寺が覗く。

小金井宿のはずれで家が途切れると桑畑が広がり、春霞の中に長く裾を引いた太平山が浮び、目を凝らすと雪を被った男体山が見える。

昼の東北線に乗るときは、いつも私は筑波山を見るのを楽しみにしている。頂上は二つの峰に分れている。その形が、一番美しく眺められるのは、間々田と小山のあいだである。小山を過ぎて小金井までのあいだでは、ニ峰の間が開きすぎて、さっきのキリッとした緊まりが無くなる。
(深田久弥著「日本百名山」より)

その筑波山は、腰を屈めると新幹線の高架橋の下にどうにか見え、深田久弥氏の記述を云々できる眺望が得られない。

道端のエステの広告の微笑む美女に誘われるようにふらふらと国道を逸れて、すぐの土道に踏み入り、パチンコ店PARLOR QUEENの裏手を過ぎる。畑が多く残る、のどかな、心が晴れ晴れとする道である。しかし江戸期の景観はもっと素晴らしかったようだ。天明8年(1788)の幕府巡見使に同行した古川古松軒は次のように記している。

小金井の辺より街道の左右に樹木繁りて、日影はいうに及ばず、雨も洩らぬように見えたり。檜・榎・松・杉の大木蒼々と茂り合いて、間あいだに田畑これあり、よき道なり。
(平凡社東洋文庫「東遊雑記」より)

 

石橋宿

麦畑の中を真っ直ぐに進んできた街道が、雑木林と資材置き場の中に消える。
やむを得ず横の国道に出るのだが、すぐNISSAN RedStageの裏に廻りこむと、消えた街道の延長線上に細い道が延びている。そして日本ニューホランドの裏で雑木林にぶつかる。

その後、この雑木林にあるはずの下石橋一里塚の西塚を探して悪戦苦闘が始まる。林の中に道はなく、最近誰かが足を踏み入れた形跡もない。意を決して林に入るが、背丈以上の笹が密生している藪で、進むのが容易でない。笹を踏み倒し、倒木を跨ぎ、どうにか20メートルほど進んだところに高さ2〜3メートルの凸地があった。よじ登った妻が見えなくなるほど、その凸地も笹や木に覆われているが、上三川町教育委員会から教えて戴いた一里塚の位置に合致し、まぎれもなく一里塚だ。二人でバンザイ!
その塚から数メートルで林を抜けると小さな畑があり、その先に街道の痕跡は全くない。
横を走る国道に出ると、野澤さつきセンターの脇だった。

街道は下石橋北交差点手前の夕顔橋の石仏群前にようやく現われて、国道に合流する。ここから宇都宮まで、街道は国道に重なる。
愛宕神社の先が石橋宿だが、かつての面影を残すものはどこにもない。脇本陣が伊沢写真館、本陣が伊澤茶圃。

(明治5年)3月15日11時30分に小山に着き、15分休憩。ここからは徒歩で小金井には1時15分に到着した。たくさんの飯盛りがいる倉田屋という宿屋で中食をとった。2時25分に徒歩で出発した。杉の美しい並木道が途中から松に変わる。ありふれた風景の中を過ぎる。3時35分石橋に到着。伊沢という宿で休憩する。
(アーネスト・サトウ著庄田元男訳「日本旅行日記」より)

サトウが泊まったのが本陣なのか、脇本陣なのか、それとも別の旅籠なのか、問い合わせた下野市文化課も知らない。ここ石橋町(現下野市)は、ドイツのシュタインブリュッケン(ドイツ語で石橋のこと)と提携をしてグリムの里づくりに熱心だったので、江戸期の宿の名前を知らなくてもやむを得ない。足下の下水の蓋にグリムの里の文字と赤ずきんちゃんの絵が刻まれている。
開雲寺は日光社参の際の将軍の休泊所。山門の左右の白壁に銃眼や矢狭間が残るのは、将軍家光が仮御殿を設けた時代の遺物だが、壁に丸と四角の小さな穴を開けた程度のもの。

鞘堂地蔵堂を過ぎると、パチンコ店イクサムの隣に日光東往還が現われる追分(わかさり)がある。

宇都宮市教育委員会編集「宇都宮の古道」に、かつての日光道中はこの辺りから雀宮宿の近くまで国道の右手を並行していたとの記述がある。但しその旧道の大部分は畑や宅地になっており、辿ることは難しい。

北関東自動車道の高架をくぐり、ミルキーウェイ石橋店で遅い昼食。
茂原正観音道の石標が立つ。更に進むとホームセンターカンセキ雀宮店があり、その隣の高い欅の下の2軒の民家は「立場」の屋号と「馬車屋」の屋号を持つらしい。
その先の雀宮陸上自衛隊は構内の満開の桜の下で駐屯地祭を開催している様子で、参加者の車が溢れている。

 

雀宮宿

本陣跡の石柱が大和田内科胃腸科の前に立ち、その先、仮本陣の芦谷家が黒い門構えや板塀に昔の面影をとどめている。

小山から宇都宮の間は、戊辰戦争で官軍と旧幕府軍が衝突を繰り返し、その後も大規模な一揆や打ちこわしがあったためだろうか、いずれの宿場もかつての賑わいを伝えるものは少ない。

百人一首の「かくとだに えやはいぶきのさしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを」を詠んだ藤原実方とその妻の伝説で知られる雀宮神社がある。御社の右にある空地が、日光社参の将軍が筑波山・加波山の眺望を楽しんだ御休所となったところのようだ。

この辺りから郊外大型店や自動車販売店の展示場が切れ目無く続く。コナカ、コジマ、オートバックス、TSUTAYA、栃木トヨタ、栃木三菱ふそう、栃木日野、アウディ宇都宮、ガリバー・・・。店に出入する車も多い。
激しく行き交う車に気をとられて、台新田の菅原神社を見逃がす。宇都宮藩主の出府や帰城の時、ここで領内各村の代表名主や町年寄が見送り・出迎えをしたという。

一里交差点が接するJR宇都宮線の踏切付近に江曽島の一里塚があったらしい。

 

宇都宮宿

右にカーブする国道4号と西原で分かれて直進し、JR日光線を跨ぐ。不動前で斜め左に進み、東武宇都宮線をくぐる。
宇都宮宿の入口が南新町。旅人の目印になったという大欅が思いっきり空高く枝を伸ばしている。ここから宇都宮城下の西側を進む。熱木不動尊のある熱木町、歌橋町、木賃宿が並んでいた大黒町、蓬莱観音のあった蓬莱町で鉤の手を曲る。酒造屋、油屋・質屋・紺屋・湯屋のあった茂破町、髪結床・傘屋・穀屋・八百屋があった挽路町、清水屋・江戸屋などの女郎屋があった材木町、貫目改所のあった新石町。

17時35分  日光道中と奥州街道が分かれる伝馬町の本陣跡に着く。本陣・上野家の庭にあったというイチョウの大木がレオパレス21の後ろに覗いている。 55866歩  
二荒山神社下の「みんみん」で餃子を食べて乾杯。

トップへ戻る