栗橋宿

平成18年2月5日(日)

JR栗橋駅前に静御前の墓所があった。義経を追ってきた静御前が途中で義経の死を知り、京に戻る途中この地で没したという。「静女之墳」に手を合わしながらも、この話がすっきり頭に入らない。
それは、この話が想定外だったことは勿論だが、加えて今年の冬は殊の外寒く今朝もすべてが凍り付いているような厳しい寒さで頭が強張っているためだろう。

この地区を管轄している久喜消防署によると、
久喜市の気温は朝6時 マイナス5.9度  7時は更に下がって マイナス6.2度
利根川に近い栗橋町はこれより寒いかもしれないと。

 
7時30分 街道の栗橋宿を、といってもただ寂しげな商店が続く通りを歩き始める。
その通りが尽きて利根川の堤防に突き当る直前、右に本陣の池田家、左に脇本陣の小林家がある。築造200年以上という脇本陣の建物に人影は無く朽ちかけており、鬼瓦の虎の字で小林家の虎屋だったことが知れる。

 
利根川橋の100メートル上流に「房川の渡し」があり、対岸の中田宿と行き来していた。

古くは渡良瀬川(太田川筋)の河岸に位置した元栗橋に渡し場があり、ここに法華坊の寺院があったので「坊前の渡し」と称されたが、のち房川の字をあてて「房川の渡し」と称した。
後、慶長年間、新栗橋の地が開発され、赤堀川(利根川)の開削にともない日光街道も新栗橋につけかえられたので、渡船場も関所はこの地に移された。
(埼玉県教育委員会発行「埼玉県市町村誌第十八巻」より)
なお元栗橋は茨城県五霞村の権現堂川べりに位置する。

明治以降の利根川堤防の改修工事で、問屋場、栗橋関所は堤防の下に、渡し場は草地になっているが、関所に勤務した番士の役宅は今も昔どおりにある。

国土交通省利根川上流河川事務所を背にして、川からの風を防ぐ高いイグネに囲まれて、番士だった4家の広い屋敷が並んでいる。建物は建て替えられている。4家のうち加藤、足立、島田の3家は今もお住まいの様子だが、残りの富田家は明治2年の関所の廃止とともに東京に移られたと、足立家の前に立つ案内板が教えてくれる。

 
利根川橋を渡る。前方に二つの峰を持つ筑波山がゆったりと漂い、後ろを振り返ると栗橋の町の上に真っ白な端然とした大きな富士山がある。橋の上からの贅沢な眺めだ。

 

中田宿

利根川を渡り、斜めに堤防下へ下る。
中田宿は栗橋宿と同じ房川の渡し場の宿場であり、栗橋宿と合宿で一つの宿場として扱われていた。上町、仲町、下町、船戸町からなり、享保12年(1727)家数136軒のうち旅籠屋は28軒の規模だったが、その宿場の地は今無い。

明治から昭和にかけての度重なる改修により利根川の河川敷は広げられ、江戸時代の河川敷幅にくらべ二倍近くとなっている。この拡幅された部分のほとんどが中田側であったため、旧中田宿の地域はほぼ全域にわたって移転を余儀なくされた。
(有元修一解説「日光道中分間延絵図 第2巻解説篇」より)

移転しても遊郭だけはしぶとく生き延びた。

河岸の渡場では赤い雲が静かに川に映って居た。向ふ岸の土手では糸経を着て紺の脚胖を白い埃にまみらせた旅商人らしい男が大きな荷物を背負って、さも疲れたやうな風をして歩いて行った。其処からは利根渡良瀬の二つの大きな河が合流するさまが手に取るやうに見える。栗橋の鉄橋の向ふに中田の遊郭の屋根もそれと見える。かれは暫し立留つて、別れて来た女のことを思った。
(田山花袋著「田舎教師」より)

花袋は栗橋の河岸問屋菊田屋に滞在して中田遊郭のことを取材したという。
今、遊郭跡は民家の間に埋もれており判りにくいが、利根川堤交差点の先を入ると、福寿楼があった辺りの艶っぽい外壁や中俵屋の格子窓などから、通りをはさんで4軒ずつ8軒の妓楼があったことがわかる。

光了寺を過ぎてJR宇都宮線日光街道踏切を越えて北上する。

江戸をたちて栗橋にいたる間皆稲田麦圃のミにて、此駅に至り大河あり、めざまし。中田より松原に入、けしき一変す。
(日本図書センター発行「渡辺崋山集第一巻 全楽堂日録」より)

中田宿から茶屋新田を経て古河宿の入口に至る一里余りに、かつては中田の松原と呼ばれる美しい松並木があった。今それを復元しようとしてか、民家、工場が続く道の一部に若い松が植えられている。

 

古河宿

古河二高の校庭の隅に一里塚が見える。

古河は風の町である。
関東平野のほぼ真中にあるこの町を、西の方、赤城、榛名から吹きおろして来る風は、壮絶に走りぬける。なにしろ、さえぎるもののない、だだっ広い平野である。
・・・女学校に入ってからは、約半里の道を風に吹かれて往復した。特に帰りは向い風である。大きな息づかいを見せて、まともに吹きつけて来ると、息もできない、眼もあいていられない。
(永井路子著「私のふるさと古河」より)

この高校を卒業した作家が歩いていた道を、今我々も歩いている。同じように突き刺すほどの冷たい風に向かって。しかもこの風は時々乾ききった土を巻き上げるのだ。
 
古河宿は、原町を過ぎ、台町から一丁目、二丁目、曲(かね)の手で折れて横町へ続く。
途中、古河城御茶屋口門跡から、古河藩家老で蘭学者の鷹見泉石の旧居、長谷寺、藩主だった土井家の墓所のある正定寺を見る。行き止まりの道に江戸期の城下町が、あちこちに覗く古いたたずまいの家や蔵に明治・大正期の繁栄の跡が残っている。
二丁目の若野屋の前に高札場跡、ジョイパティオが本陣跡。
寒いからだろうか、広い通りを歩く人は殆どいない。
街道が左折する曲の手付近にあるはずの脇本陣の太田屋が見つからない。曲の手入口にある東京ドラッグに飛び込んで御主人に尋ねた。

ここはかつて右に筑波道、左に日光道が分かれる三叉路でした。曲の手の中ほどに当時の常夜燈が立っていますから是非見てください。第14師団のあった宇都宮への道を真っ直ぐ通す必要があったのでしょう、尊勝院の細い参道が広げられて四つ角になったのです。従って前のレディスショップの店の形も細くなりました。
脇本陣の太田屋はそのレディスショップの隣にありましたが、最近神宮寺の境内になってしまいました。明治天皇が東北に行かれる途中食事をされたり、太田蜀山人も泊まった由緒ある旅館だったのですがねえ。

幕末、この脇本陣の主人は目明しの親分でもあった。沢山の手下がいて情報を集めていたらしい。

問 下総の古河の太田屋源六という旅亭がありましたが、あれの探索が善く届きましたね。
答 水戸の騒ぎも、しまいには何にもならなくなって、・・・・
問 あの時分には、太田屋源六、石橋の喜十郎、あれらは能く紛失物などを調べてくれましよ。
(岩波文庫「旧事諮問録」より)

曲の手を折れると横町で、よこまち柳通りと名付けた道の両側には、遊郭の色香が残る飲食店が並ぶ。 

県道261号に合流する。
1キロほど歩いて寄り道。野木明神の鳥居の手前を折れて旧下野煉瓦製造会社のホフマン窯を見に行く。

明治の文明開化の赤レンガを大量に造ったのがホフマン窯で、一本の高い煙突の周りをドーナツ状になった窯が並んでいる構造らしい。砂塵の舞う畑の中を15分ほど進むと、会社が経営している乗馬クラブの敷地にある高い黒い窯の煙突が見えてきた。・・・が、会社は倒産したらしく、クラブが閉鎖されており、窯に近づけない。高さ31メートル周囲100メートルの16角形の漏斗を逆さまにしたような特徴ある姿は塀越しに眺めるしかなかった。

 

野木宿

国道4号に合流すると、野木宿だ。古河藩が管理した中田宿、古河宿、野木宿を古河三宿という。
野木宿は天保14年(1843)には家数126軒、本陣、脇本陣とも熊倉家だ。本陣の案内板が、その熊倉家の前にある。脇本陣の熊倉家は少し先にあるが、いずれも横に並ぶ家と変わりない。というか、国道4号の宿通り自体に宿場の面影が全く残っていない。思川浄化センターへの交差点角にある一里塚跡も、民家の塀際に表示があるだけだ。
左前方にまだら模様に白くなった男体山が見えた。右に筑波山。

友沼地区に入って、とうふ屋を探す。野澤とうふ屋を・・・。しかし・・・人の姿を見ない・・・魚屋や八百屋さえない・・・と、あきらめかけた時、法音寺の先、八幡神社の前に「とうふ屋」の看板があるではないか。二階建ての白いビルのシャッターは閉じられているが、外壁に野澤食品とある。まぎれもなく野澤とうふ屋だ。ここが「名物とろゝ汁」で有名な「とろ屋」跡で、当時のとろろ茶碗などが残っているという。

友沼には河岸があり、・・・人の出入も多くにぎわっていた。こういう地には必ず旅館があった。その旅館の一つが、とろ屋である。とろ屋では雨が降ると旅人に菅笠を提供した。菅笠には、「友沼のとろ屋」と書かれていて、これが宣伝にもなっていた。芭蕉も(奥州行脚の時には)ここでとろろ汁を食べたとも伝えられている。
(大西政男著「野木町の歴史」より)

 

間々田宿

JR間々田駅入口付近の地名は乙女である。北国街道を歩いたとき、小諸宿の近くに同じく乙女と呼ぶ地名があり、大遠見が転訛したということだったが、こちらの乙女の由来は何だろう?

思川沿いの乙女河岸は、家康が会津攻めの際に兵糧、武具を陸揚げしたことで知られており、又日光東照宮の修理資材の大半はこの河岸から陸揚げされた。

 
江戸から十八里、日光へ十八里の日光道中の丁度中間にあたり、間の榎と呼ばれ、逢の榎とも呼ばれた一里塚跡の碑が、東京まで71キロの道路標示を過ぎた民家の陰に隠れるように立っている。
 
間々田交差点を過ぎたところ、問屋場跡があり、その先に本陣の青木家がある。
間々田から千駄塚のあたり、街道は国道の左手の住宅の中を通っており辿れない、・・・のを承知で街道の痕跡を求めて住宅の間の道に入り込むと、・・・日光道中がまだ無かった6世紀頃築造の千駄塚古墳に出くわした。

国道に戻り、安房神社に詣でて、本日無事に歩けたことを感謝。

17時   JR宇都宮線小山駅    47933歩

トップへ戻る