越ヶ谷宿

平成18年1月27日(金)

6時45分 東武伊勢崎線越谷駅の駅前を直進して街道に出る。
越ヶ谷宿は、越ヶ谷町と大沢橋を渡ったところに延びる大沢町から成る。

はじめ大沢と越ヶ谷は、隔日交代で伝馬業務をつとめ、おのおの独立した機構をもってこれにあたったが、のち両町の伝馬機能が合体され、両町を一括して越ヶ谷宿と総称されるようになった。
ただ大沢は、商業機能を備えた越ヶ谷とは趣を異にし、純粋な宿場機能を備え、しかも旅籠屋や茶屋のほとんどが(南の)下宿や中宿に集中していた。
(「越谷市史第一巻」より)

従って越ヶ谷町を歩くと、中町に塗師屋、鍛治忠、あるいは本町の古着質・糸繭商富田屋があった辺りに蔵造りの商家が残っている。
一方、享和2年(1802)飯盛旅籠が22軒あった大沢町は、明治35年に発行された「埼玉県営業便覧」によると、当時でもまだ、芸者屋7軒、料理・飲食店14軒、旅館5軒が営業をしており、江戸期の情緒が漂っていたようだが、今は小さな商店や民家が続いているだけで、華やかな往時があったことを窺わせるものは全くない。
本陣だった大松屋福井家も、アウトドアのOIKAWAやパン屋のきどころの後ろにある屋敷は広いものの、通りから少し入った小さな門はうっかり見逃すほどだ。一時本陣をつとめた照光院もひっそりとしている。
 

寄り道して天嶽寺と久伊豆神社に詣でる。それらは元荒川を隔てて、家康・秀忠が狩りの為に泊まった御殿があったという御殿町の対岸にあった。

天嶽寺は (幕府から)一町一寺の特権を付与された寺院で、越ヶ谷町の住民になるには、たとえ日蓮宗でも真言宗でもすべて浄土宗に改宗し、天嶽寺の檀家にならねばならぬ掟になっていた。
(本間清利解説「日光道中分間延絵図 第1巻解説篇」より)
久伊豆神社の狛犬の足が縛られている。悪所通いを足止めする願いをかけているそうだ。


宿場を出て、北越谷駅前の高層マンションの下を過ぎる。通勤・通学の人々が駅に駆け込む。
東武線の高架をくぐると、宮内庁埼玉鴨場がある。

鴨の飛来が少なくなった東京浜離宮の代替として明治37年元荒川縁の田畑山林十町歩余が買収され、皇室用の遊猟場として建設されたものである。

元宮内庁記者の稲生雅亮氏によれば「・・・主に各国の駐日大使夫妻を招き、皇族方が接待役となって鴨の放鳥や網を使った鴨猟、さらに鴨料理をふるまう晩餐会などが催されます。これは各国外交団の間で評判がよく、皇室の友好親善行事としては園遊会と並ぶ重要なものの一つです」というのだが、
「これに近年皇太子ご夫妻がおいでになったことがないのです」とは宮内庁関係者。
(週刊新潮2006.2.2号「追い詰められた皇太子殿下」より)
妻が門の中を覗き込もうとするが、全く見えない。

 

道は右に左に緩いカーブを描いている。家は途切れない。道筋の電柱の標示を見ると、大字名は大林、大里、大袋。もともとは村の名前で、地図を見ると、この辺りは他に、大吉村、大松村、大竹村、大泊村、大枝村、大畑村、大場村と「大」の付く村名が多かったことに気がつく。但しその理由は知らない。 

やがて下間久里地区。「佐保姫や 空恥かしき 下まくり」
そして上間久里地区。「上まくり はかまばかりや つくづくし」

ここには鰻の蒲焼で有名な八軒茶屋と称する立場があった。しかし今 鰻屋は見当たらず、マンションや駐車場が目に付く。秋田の佐竹氏は江戸との往返に必ず茶屋の一軒である上原家に立ち寄って鰻を食したそうだが、同家の門脇の背の高い松はそのときのことを覚えているだろうか。

 
国道4号に合流する。新方川に架かる戸井橋を渡って春日部市に入る。道は東武線に並行している。
備後北交差点の手前、仙場タンス店の看板の下の塀際に備後一里塚跡の石碑が立っている。 塀の内の家は「一里塚屋」と呼ばれていたそうだ。

 

粕壁宿

国道から分かれて粕壁宿に入る。
宿場一帯の住所表示は春日部市東粕壁であり春日部市粕壁だ。昭和19年に粕壁町から春日部町に変更したのだが、チグハグなのは粕壁の名に対する愛着だろうか。

私たちはよく人の往来する街道に沿って粕壁まで水田の間を一日中旅をした。粕壁はかなりの大きさの町ではあるが、みじめな様子をしている。その大通りも、東京の最も貧弱な街路に似ている。私たちは大きな宿屋でその晩を泊まることにした。
(イザベラ・バード著「日本奥地紀行」より)

明治11年(1936)6月から9月にかけての約3ケ月間、東京から北海道まで旅行した英国女性が、みじめな様子と言った粕壁宿はどんな状況だったのだろう?
今、目にする宿通りは「かすかべ大通り」と名付けた広い道になって、両側にはロビンソン百貨店の大型店や新しい商店などが並んで、往時の宿場の様子を窺い知ることができない。
そこで宿場の入口近くの郷土資料館に飛び込んで尋ねたところ、応接してくれた館員は資料をあれこれ持出して親切に教えてくれた。感謝!

旧街道の道幅は今の車道程度で、歩道分が広げられた。
粕壁宿は天保14年(1843)の記録では旅籠屋の数が45軒あり、数では日光道中で7番目だが、他宿と比較して大きな旅籠が多かった。
本陣は3度変わっており、最初の関根名主家はパン屋のポンテザールの辺り、その次の見川名主家は丸八酒店の前の赤い雑居ビルのところにあった。見川氏は日光門主の宿泊の際に随員の夜具や柳行李が盗まれたり、火災をおこしたり、大名宿泊のときにも盗難事件が起きるなど災難が続き、ついに本陣を小沢家に譲った。
最後の小沢本陣は群馬銀行、ヘアーサロンシャンソンの辺りにあった。

中宿と呼ばれた仲町や上宿と称した上町まで来ると、古いたたずまいを残した、店と主屋と蔵が長く連なる、奥行きの深い町家をいくつも見ることができる。田村本店、田村荒物店、丸八酒店、山田半六商店など。永嶋庄兵衛商店の屋根に載っかった鐘馗さんが頼もしい。
なお田村本店の前に道標が立っており、「西南いワつき」「北日光」「東江戸」 「右之方陸羽みち」と刻んであるようだが・・・

これは道路の拡幅工事の際に移転されたもので、当初は寺町入口の高札場付近に置かれたものと考えられるが、それにしても「東江戸」の表現は疑問で、「南江戸」の誤りかと思われる。
(埼玉県教育委員会発行「歴史の道調査報告書 日光道中」より)

 
直進すると寺町通り、街道は右折する。古利根川に架した大橋を今は新町橋と呼ぶ。橋上から、粕壁宿の発展に寄与した古利根川の舟運に活躍した上喜蔵河岸のあたりを見ながら橋を渡る。
橋を渡って小渕地区に入る。小さな畑の縁に小渕一里塚跡の石碑が立っている。すぐ先に関宿往還との追分があり、「左日光道」と刻んだ道標と自然石の道標が並んでいる。国道4号に合流し、国道16号と交差する。

 
杉戸町に入り、北緯36度線を越え、堤根地区に入ると、旧道は国道から分かれて車もいなくなる。九品寺の境内に立つ庚申塔は「右江戸」「左日光」と刻んだ道標でもある。この寺の前の奥まったところに建物がある高野家は立場だった。国道に合流してまた分かれて杉戸の中心街に向う。

 

杉戸宿

国道から分かれて随分歩いて、ようやく宿場の面影が残るところに来た。
商店が並ぶ本陣跡地前交差点の中央三井信託の前に明治天皇御小休所跡の石碑がある。さらにその先に本陣だった長瀬家があり、背の高い松の下に当時の門が残っていた。脇本陣は2軒あり、本陣と道を隔てた斜め向かいと本陣の並びだという。
天保年間、木賃宿を中心に旅籠が46軒。比較的規模の小さな宿場だったが、土蔵造りの家が残っていたりして、往時の賑わいをしのぶことができる。
 

宿場を出て、モダンパスタで遅い昼食。
いったん国道に合流し、しばらくして分かれ、やがて東武日光線を跨いで、冬枯れの田んぼの中を進む。土地改良で一直線になった街道は、スーパーのベルクの前で、左から延びてきた日光御成道と合流する。
また東武線を跨いで、やがて旧4号に合流する。道に並ぶ電柱に巻かれた赤いテープが、昭和22年の利根川の決壊の際にこの辺りが1メートルほど水に浸かったことを示している。でも周りの家の土台が特別高いわけでもなく、このテープの意味に首を傾げる。

 

幸手宿

志手沼に架かる志手橋を渡ると幸手宿で、右馬之助町、久喜町、仲町、荒宿からなっていた。 

日光道中分間延絵図は志手橋のたもとの神明神社の前に高札場を描いている。
神明神社の田螺不動にお参り。 眼病に霊験があらたかな不動尊で、田螺のような丈夫な眼になるようにとのことから田螺不動と呼ばれるらしい。
明治大帝行在所跡にあったであろう中村家は、右馬之助町開拓の旧家で、元名主だ。
道を鋏んで行在所跡の前は、関東大震災前まで上庄の屋号で醤油醸造業を営んでいた岸本家。妻入り一部蔵造りの母屋の端正な姿が道に面している。
旅館朝萬は、建て替えられていた。江戸期は朝萬のほか七萬、新萬、角萬の萬屋一家と呼ばれる旅籠があったが、ここだけが残っている。

久喜町に入ると、戦前まで味噌屋の屋号で米穀商だった平井家や、白木綿を東京に出荷し大正期から薬局を始めた角田屋の関家などが間口の狭い、奥行きの深い町家を残している。
うなぎ蒲焼の義語家の店前に、ここに本陣の知久家があったことを記した案内板が立っている。

 
聖福寺の門前を過ぎ、幸手一里塚跡でカーブすると、すぐに追分で、そのまま進むと権現堂河岸へ、日光道中は左へ進む。桜の花びらと「ふるさとのみち日光街道」と書かれた道路表示がポツンポツンと続く。国道に合流する。
やがて右手に黒々とした桜並木の影だけが長く続く権現堂堤が近づく。有名な怪異談の殺しの場面が展開する土手だ。

伴蔵がおみねに好きな衣類を買ってやるからというので、幸手へまいり、呉服屋で丹物を買い、ここの料理屋でも一杯やって両人連れ立ち、もう帰ろうと幸手を出て土手へさしかかると、伴蔵が土手の下へ降りに掛るから、
みね「旦那、どこへ行くの。」
(三遊亭円朝作「怪談牡丹燈籠」より)

行幸橋を渡る。往時の街道は行幸橋よりも30メートル上に架けられた橋を渡ってそのまま直進して、行幸堤よりも一段低いところを通っていた。
国道に並行してあるいは国道下を急ぐ。小右衛門の一里塚を横目で見ながら先へ進む。
17時 陽が沈んだ。
暮れなずむ中、東北新幹線の高架橋をくぐり、妖艶な空気が漂う栗橋大一劇場から国道と分かれて、人家の間を進む。


17時40分   東武日光線栗橋駅   60346歩

 トップへ戻る