日光道中

 

日本橋

平成17年12月23日(金)

6時40分  日本橋から室町の方向に進む。コンビニや物産店などの進出が目を引くなかで老舗が頑張っている。

左側に最近さらに大きくなった三越本店がある。
右側には、元文二年(1737)の創業で明治期にこの通りに出店した「八木長」、嘉永二年(1849)以来同じ場所で商いを続けている「山本海苔店」があり、通りから入ると、紀州出身の初代が元禄元年(1688)に開業したはんぺんの「神茂」、元禄十二年(1699)に伊勢四日市出身の創業者が鰹節を商って一筋に今日に至る「にんべん」がある。

「刃物の木屋」は、木屋漆器店にいた伊勢桑名出身の大番頭が暖簾分けしてもらって寛政四年(1792)に開業した。
そのほか、最近できた日本橋三井タワーの1階角を占める「千疋屋総本店」は、武州越谷・千疋出身の創業者が天保五年(1834)に水菓子の商いを始め、慶応3年(1867)にここへ移ってきた。

 

UFJ銀行を折れて本町通りに入る。

本町三・四丁目は江戸期、薬種問屋が多かったところで、今も、東京薬業会館や武田、万有製薬、三共、三菱ウェルファーマの会社が並ぶ。

昭和通りが道を切断している。
明治期に裏通りの本石町通り(今の江戸通り)を電車が走ると表の本町通りと表裏が逆になって、本町通りはうらぶれた通りになってしまっていたため、遠慮なく道が切られたらしい。
ホームレスが幾人もおやすみの地下道をくぐると、大伝馬一丁目・二丁目になり、中小のビルが建ち並ぶ。

大伝馬一丁目は伊勢商人の木綿問屋が集まり、昭和通りとの角にある「小津商店」は承応2年(1653)創業の伊勢屈指の富商だ。 
二丁目には針・糸・茶・小間物などの種々の問屋が並んでいたという。

人形町通りを渡ると、かつての通旅籠町。例幣使が日光東照宮からの帰りにこの町に宿泊した。

「丸文」は、幕末から明治期に織物問屋として財を成し、のち不動産投資に転じた堀越商店の屋号である。
タキトミの場所に、寛保3年(1743)京の「大丸呉服店」が江戸店を開いた。越後屋・白木屋と肩を並べる代表的な大店だったが、維新不況等により明治43年には撤退を余儀なくされた。

旧吉原が今の人形町2丁目あたりにあり、その大門に通じていた大門通りを隔てて、通旅籠町の隣に通油町があった。

ここは釘鉄銅問屋と小間物問屋が多く、木炭商から打刃物商に転じた「炭屋七左衛門店」の江戸店がユアサ商事に発展する。
またこの町には歌麿の美人画・写楽の役者絵を出版した蔦屋重三郎がいた。

衣料問屋が続く横山町を抜ける。浅草橋交差点に出て、江戸通りを進む。浅草橋を渡って浅草御門跡を過ぎ、総武線のガードをくぐって北上し、蔵前を過ぎる。 

駒形には「駒形どぜう」と、一筋隅田川寄りに鰻蒲焼の「前川」がある。

駒形どぜうは、文化3年(1806)芝から出た大火で店が類焼し、建て直したとき、それまでの「どぢやう」の四文字では縁起が悪いと三文字の「どぜう」にしたという。

駒形橋のたもとにある朱塗りの駒形堂の横の「むぎとろ」が新築中だ。火事を出したらしいが、知らなかった。
並木通りに入ると「藪蕎麦」がある。

電車通りは二叉に分れて、左へ行けば雷門、右へ行けば吾妻橋だが、お目当は雷門前の電車通りにあるそば屋の「並木」である。この「並木」といううちは、全く味もそっけもないうちで、近頃流行の変な江戸趣味に店の中を飾ったりしないからいっそ気分がいい、ここでざるを肴に一杯やるのが相撲がはねたあとの娯しみである。
(高橋義孝著「わたくしの東京地図」より)

 
いくら信心深い人が多くても、並木通りを通ってわざわざ雷門に寄る街道の道筋は本当だろうか。雷門前の浅草文化センターの場所に一里塚があったという話があるが、これも確認できない。
雷門前で折れて江戸通りに戻り、隅田公園沿いの花川戸を進み、言問橋のたもとから吉野通りに入る。
神輿の宮本卯之助商店を過ぎると、あたりに靴関係の会社が目に付く。かつて不渡りを出す会社が多かったので、この通りを倒産通りと呼んだときもあったが、今はどうだろう。
待乳山聖天に上がるが、隅田川を望んだ江戸期の眺めは無く、その代わりに川の上を走る首都高向島線が見える。
 

山谷堀跡を越えて今戸から清川を進む。カラーテレビつき一泊二千五百円のドヤが並ぶ。今日は寒いからか、通りをうろつく人は少ない。 
泪橋に出て、浄閑寺に寄り道。

近鄰のさまは変りたれど寺の門と堂宇との震災に焼けざりしはかさねがさね嬉しきかぎり。余死するの時、後人もし余が墓など建てむと思はば、この浄閑寺の塋域娼妓の墓乱れ倒れたる間を選びて一片の石を建てよ。石の高さ五尺を超ゆべからず、名は荷風散人墓の五字を以って足れリとすべし。
(永井荷風著「断腸亭日乗」より)
本堂の後ろに新吉原総霊塔があり、この下に遊女2万5千人が葬られている。総霊塔の下を覗くと、白い骨壷がぎっしり詰まっている。寺の人に聞くと、明治期に火葬になり、それ以降昭和33年の吉原廃止までの間に死んだ遊女の骨だそうだ。合掌。

 
吉野通りに戻って、南千住駅脇の日比谷線と常磐線の線路を跨ぐ。線路際の小塚原刑場跡の首切り地蔵にお参りして、回向院に立ち寄る。墓域工事中とあるのを無視して境内にはいる。と、墓地が更地になっているではないか! 吉田松陰の墓も、鼠小僧次郎吉の墓も、すべて無い。更地をウロウロしていると寺の人に見つかって、「立入禁止です」と叱られて追い出された。ここから国道4号に出るまでの商店街は「コツ通り商店街」。コツはお骨。

 

千住宿

下谷から延びる国道4号に出たところから既に千住宿の下宿が始まっている。

本陣、脇本陣各一軒、旅籠屋五十五軒を数え、道の左右に旅亭商家軒をならべ旅人絶えることなくもっとも賑へり 享保の頃より毎朝市をたて五穀野菜、あるいは川魚などをひさぐこと盛んなリという有様であった。
(本間清利解説「日光道中分間延絵図 解説篇」より)

隅田川に架かる千住大橋を渡って、橋戸町、河原町、掃部宿を過ぎる。千住小橋があった高札場跡、一里塚跡のあたりが宿場の中心だったらしい。さらに千住1丁目から5丁目と真っ直ぐに宿場が延びていた。今ところどころの町家やら寺やらが、かすかに往時の様子を伝えている。 

宿場を出て、荒川に架かる千住新橋を渡り、すこし遡って善立寺横から北上する。家並みが途切れない。梅田、梅島、島根、六月。六月?ロクガツ?

「六月村」
村名の起りは八幡太郎義家奥州へ発向の時当所をよぎり給しに、野武士等道をさえぎれり、頃は六月炎暑の時なれば、軍勢疲て戦こと能はざりしに、義家相州鶴岡八幡宮に祈誓し、日影を背後となし、戦はれしかば、野武士等日に向ひ面をちらし眼くらみ討たるる者多数にして、義家勝利を得給ひしとて、・・・或は六月は育の字の誤なり、古は育村と唱えしが、後誤りて今の村名となれりとも云、共に覚束なき説なり
(蘆田伊人校訂「新編武蔵風土記稿 足立郡之三)より)

竹の塚、西保木間から大曲で大きく曲る。毛長堀に架けられた水神橋が東京都足立区と埼玉県草加市の境だ。県道49号を進む。

 

草加宿

かつて瀬崎には晒し工場が林立していたらしい。

旧瀬崎村を中心とする近隣の村々は、木綿生地の晒し加工が幕末以来、近年まで盛んであった。広い草原に太い竿を差し、純白に晒した布地を掛けて干すまばゆいばかりの光景がこのあたりの日光道中の風物詩であったのである。
(埼玉県教育委員会発行「日光道中」より)
今は高層マンションが多い地域になっている。
 

街道筋にいくつかお煎餅屋の看板を見かける。

人の話では何十軒というお煎餅屋さんがある由。その中で、私が食べた範囲では、大馬屋という家のお煎餅が一頭地を抜いている。材料もいいし、焼き方も親切だし、醤油もいいし、現在のところ、東京の煎餅も引っくるめて、ここの煎餅が一番うまい。ここの煎餅のおかげで、戦後うまいお煎餅のない寂しさをやっと癒している。
(小島政二郎著「食いしん坊」より)

草加宿は県道を逸れた、高砂、住吉、神明の各町を貫く長い商店街になっており、時折見かける町家以外、かつての面影はほとんど残っていない。道路元標の近くに本陣、脇本陣があったらしいが、商店、民家になっている家並からは、それを突きとめるのは難しい。
むしろ、宿場を出るとすぐ、綾瀬川に沿って1.4キロにわたって続く松並木に、往時を偲ぶことができる。
 

蒲生大橋を渡ると一里塚があり、その先に茶屋が軒をならべていた立場があったという。砂利道供養塔の祠にわらじがいくつもぶら下がっている。
県道に出て、北上する。
 

16時5分   東武伊勢崎線 越谷駅   48177歩 

 トップへ戻る