日光道中壬生通

日光道中の小山・喜沢から分かれて、やや西方に北上し、飯塚、壬生を経て楡木からは例幣使街道と同じ道を通って、今市で日光道中と合流する。日光道中に比べると約5キロ短かいのでよく利用されたという。喜沢から楡木までを壬生通、楡木から今市までは例幣使街道と呼ぶことも多い。
明治以降は日光西街道と呼ばれている。

 

平成18年3月10日(金)

7時45分  喜沢の追分、現在の小山市喜沢東交差点から県道18号を北上する。
この日光道中との分岐点に昭和初期まで旅人が休む立場があったらしい。四つ角にある食事処蛸屋茶寮が現代版立場と言えなくも無い。
通勤途中の車が激しく小山市内に殺到している。
小山ゴルフクラブを突き刺す形で道が延びる。
喜沢の一里塚は道の両側のゴルフ場内にある。西側の塚の近くには古墳もある。


字名が三拝川岸になる。
道沿いの篠原商店に飛び込んで奥さんに尋ねる。

田波家? このあたりの家は田波ばっかり。
問屋の田波さんは、家の横の牛道を西に入って行って、一番奥の家よ。

細い道を、牛が河岸から荷物をひいたので牛道と云い、その奥に河岸問屋の田波家がある。立派な門構えがかつての殷賑を伝えている。
家の裏手の竹藪の先に廻りこむと、姿川と思川が合流する岸に出た。ここから三拝の地名の由来になったとも伝えられている、北に日光山、東南に筑波山、西南に富士山が見えるのだが、今日は雲っているので何れの山も拝めない。
竹藪からウグイスの初音が聞こえる。ケキョケキョ ホーホケキョ。


姿川に架けられた半田橋を渡る。街道は姿川と思川に挟まれた狭いところを北上していたのだが、橋から暫くは、かつての道が麦畑の中に消えている。雲雀のさえずりがにぎやかな畑に入り込み、麦踏みをしながら進む。
妙典寺の辺りで街道に戻るとそこはもう飯塚宿だ。
とはいえ、宿場だったことを際立たせる建物は無く、南本陣の鈴木家も北本陣の谷田貝家も、平凡な家並みに紛れている。天保14年(1843年)には旅籠屋が11軒あったが、今は食料品店と食堂、ラーメン屋、そば屋の4軒があるのみだ。

台林寺を過ぎて飯塚宿を抜けると、左右に麦畑が広がる。
飯塚の一里塚
が道の両側に丸く小さく残っている。
畑の中に白いビニールハウスが多くなる。ハウスの中はトマトらしい。



昭文社発行の地図を見ると、小山市から国分寺町に移ってすぐのところに紫式部の墓と表示されている。このあたりだろうと見当を付けて、ホテルニューエンペラーの脇を入り、天平の丘公園に行き、国分寺町発掘調査事務所の看板の掛かった事務所にいた若者に尋ねる。

国分寺町は今年の一月の合併で下野市になりました。(いささか昂揚した口調だが、お聞きしたいのはそれではなくて・・) 紫式部の墓は防人街道を進んで、それが終わる辺りにあります。(防人街道??  近くに環境庁と栃木県が立てた案内板は次のように説明している。「下野国の多くの人々が防人の任についた。松の木立が防人を見送る家族のようだという防人の歌に因んで、下野国分尼寺跡と紫式部の墓をつなぐ松林の中の細い道を防人街道と名づけた。」)

松やくぬぎの林が尽きる辺りに、紫色部の墓といわれる五輪塔があった。
街道に戻る途中、調査事務所の前を通ると、先ほどの若者が声を掛けてきた。

見つかりましたか? でも、紫式部の墓と伝えられていますが本当は違います。五輪塔は鎌倉時代のもので、最初からあの場所にあったのではなく、近くの川べりから運んできたものです。「村の先」の紫ですが、あのあたりの地名が紫なので、紫式部の墓と呼ばれるようになったのです。


花見ケ岡交差点にイチゴの直売店がある。

この辺りのビニールハウスではみんなとちおとめを作っています。
イチゴは寒い時には甘さを溜めながら大きくなるのです。
お彼岸を過ぎて暖かくなるとすぐに大きくなるので、甘さはいまひとつです。

御主人の説明どおりだとすると、いまごろのいちごが一番おいしいことになる。早速1パック買って、食べながら歩く。


黒川に架かる御成橋を渡って壬生町に入る。
当地はもともと上の原と呼ばれていたが、寛正3年(1462)壬生氏が京より下って館を構えてのち、壬生という地名になった。
西側の塚が残る壬生の一里が壬生宿の入口だ。
壬生宿は表町と中心部の通町から成る。蘭学通りと名付けられた通町は、高い建物が無く、それにも増して電柱が無いので、空幅の広い、気持ちのよい道になっている。
この通りに脇本陣の松本内科と、本陣の広壮な屋敷の松本家があり、手作りお惣菜パオは脇本陣跡だ。
石崎家の長屋門の右部分が夢浪漫と名付けて俳句を投稿することができる場所になっている。本日のお題は花と風。・・・突然云われても句ができません。

ところで、近ごろ食べることが少なくなった干瓢だが、その殆どは栃木県で作られている。
広重の東海道五十三次・水口の絵にあるように干瓢は近江の特産品だったが、正徳2年(1712)水口から壬生に入封した鳥居忠英は、殖産興業策として近江よりユウガオの種子を取り寄せ、村々で栽培させることに成功し、下野名産壬生干瓢の土台を築いた。
役場入口交差点を右に入ってすぐの干瓢問屋の山清を訪ねる。奥さんが出てこられた。
干瓢を買いたいと言うと、

干瓢の煮たのがあるから食べてみて!

この一言で座り込んで、お茶とお茶うけになった干瓢を戴くことになる。肉厚でおいしい。
妻と干瓢の料理法について話が弾む。

干瓢をおいしく食べる戻し方は最初お湯でさっと洗い、少しの塩をふりかけて、よくもんで柔らかくすることです。そして塩を流して水気を切ります。

しかし壬生の町に干瓢料理を食べさせる店がない。だから昼食に入った蕎麦屋の都庵で、メニューになかった酢漬けの干瓢を出してくれたのには感激。野菜に干瓢を入れて揚げたユウガオの天ぷらと呼ぶ逸品を作ることもあるそうだが、今日はない。

役場と反対側に壬生城跡があった。
日光社参の際に将軍が泊まった城だが、明治5年に廃城となり、今は城跡に公民館、図書館と歴史民俗資料館がある。資料館に入ると、発行した資料の殆どは品切れで、そのうえ我々への応対よりも自分の昼食を優先する館員がいたのには驚いた。
大師町で直角に折れる。壬生寺を過ぎて宿場を出る、街道は西北に延びている国道352号となる。



左右に畑が広がる。北関東自動車道をくぐる。
牛若丸を平泉の藤原秀衡のもとに送り届けた金売り吉次の墓がある。この墓を奥の細道を歩いていた芭蕉も見た。

ミブヨリ半道バカリ行テ 吉次ガ塚 右ノ方廿間バカリ畠中ニ有 
(萩原恭男校注「曽良旅日記」より)

稲葉の一里塚は西側の塚が原形を留め、東側はふくらみが残る。


JAしもつけの左から円宗寺への長い路が延びる。 この寺は日光門主の避寒の寺だった。本堂の後ろの欅は樹齢600年。太い幹が三本に分かれ枝が天に向かって延びる様子は恐ろしいほど猛々しい。
和尚が境内を抜けて親抱きの松へ行く近道を教えてくれた。
寺の竹林を廻り込むと、その松は200メートルほど先の畑の中に見えた。亡くなった母娘を哀れんで村人が植えた二本の松が、抱くようになって成長したという。南北朝時代の話でその大木は新しい細い松に変わっている。



字名が七ツ石になる。
義経が母衣を掛けて休んだといわれる母衣懸けの松は増山酒店の脇を西に5分ほど行った小倉家にあるらしい。声をかけると御夫妻が出てこられた。

母衣懸けの松は、それは立派な松で、この家の屋根の上に見えるほど大きかった。
でも残念ですが20年ほど前に松食い虫にやられて枯れてしまいました。
その松があったところは、家の後ろの畑のビニールハウスに囲まれたところで、今は細い松が植わっています。

紫式部の墓、金売り吉次の墓、親抱きの松そしてこの松といずれもその言い伝えは随分古い。昔から大いに人が行き来した証左だろうか。


鹿沼市に入る。赤坂一里塚の東の塚が道に殆どを削られながらも残っている。江戸から25番目の一里塚だという。
今日歩いた街道には一里塚が喜沢から飯塚、壬生、稲葉、そして赤塚と連続して全て残っていた。土地開発が進む過程で壊された話が多いだけに喜ばしい。今後も大切に護って欲しい。
杉並木が断続的に残っている。
東北自動車道をくぐると、左手に日光例幣使街道が近づいてきた。

17時10分   日光例幣使街道と合流する楡木の追分交差点に着いた。例幣使街道を歩いた平成14年3月以来4年ぶりの楡木宿だ。  47230歩   (了)


トップへ戻る