平成16年6月14日(月)

前回、小田原から熱海まで歩いたが、そのうち湯河原から熱海・伊豆山神社までは、街道と無縁の国道135号を一気に突っ走った。今回はこの区間を旧道にこだわって歩き直した。
 

8時  湯河原・千歳川を渡り、東海バス郷清水停留所近くのホテルアリアの手前の細い道を上がっていく。ここから伊豆山神社まで相模湾に接した蜜柑山の中を縫う道が続く。
今日は梅雨の中休みだろう、快晴で、きらきら光る海に初島が浮かび、歩いている我々の近くから遠くの山の斜面まで艶やかさを増した蜜柑の葉が覆っている。舗装された山道を、蜜柑農家の人々が運転する軽トラックが時折追い越していき、低い蜜柑の木の陰に作業をしている人の姿が見える。 

炭焼小屋が二つあり、その脇に根府川見取絵図に記された水呑場があった。
弘法水が湧き出たというが今は水も枯れて、黒い小さな穴だけが生い茂った露草に埋もれるように残っている。

道端の小さな石の道標に「右やまみち」と刻まれている。左は、うみ道か?はま道か?左下に国道が見える。その先は熱海ビーチライン、そして相模湾だ。 

道端に立てられた木切れに「かまくらみち とほにて伊豆山え至る」と書かれている。このあともこの道しるべがところどころにあり、随分助けられた。
「かまくらみち」とあるが、いざ鎌倉の際の道というよりも鎌倉の将軍自身が通った道ではないだろうか。鎌倉期、源頼朝以下の歴代将軍は、二所詣でと称して箱根神社と伊豆山神社に毎年参拝することを恒例としたし、北条政子と頼朝は伊豆山神社で忍び逢ったというから、このあたりは源家と縁が深い。
なお山道を歩いているときに言葉を交わした人は、この道を下田街道と呼んでおり、三島では熱海街道と呼ぶらしい。 

道が上がる。見取絵図にスベリ坂とある辺りだろうか。
やがて地図に記された道がなくなり、それとともに土道に変わる。2〜3メートルの道幅で山の中を進んでいる。
見取絵図にある大休場らしきところに来た。道の脇に積まれた石垣の上にはお茶屋でもあったのだろうか?
竹薮や、木々が茂って陽が殆ど射し込まないところもある。道が消えるのかと不安になるが、しっかり現れてホッとする。

大名茶屋の看板を掲げたお店が現れるが、営業しているのだろうか。左下の国道に大名ケ丘のバス停が見える。 
草道に落ち葉が敷き詰められ次第に細くなって、国道を真下に見下ろすところに出た。さらに進むと、当然のように蜜柑山の斜面に道が延びている。 

大洞台は志賀直哉が七年間住んだ別荘があったところだがどこだろう?山荘がいくつかあるが、あたりに人影が無く尋ねる人もいないので、熱海シーサイドカツラというマンションの裏あたりにあったのだろうと、勝手に決める。 

稲村の少しごみごみしたところから、道が細くなり、草道に変わる。
道に沿った蜜柑畑で作業している中年男性がいた。黄色く色づいた蜜柑が気になるので伺うと、

これはニューサンマー、黄金柑、甘夏。
           ニューサンマー、黄金柑は今が食べ頃ですよ。

もいで戴いた小振りの黄金柑は上品な甘さでおいしかった。
ところが、その先は次第に夏草が道を覆い、道筋がわからなくなった。背丈ほどの草をかき分けて右に行ったり左に行ったり。・・・ここを越えられないと・・・相当手前まで戻って・・・国道に出て歩くしかないが・・・困った・・・。

少し戻って、すがる思いで先ほどの男性に尋ねる。

草が伸びたのでわかりにくいでしょう。
道の整備を熱海市にお願いしていると聞いているが、なかなか進まない。道案内してあげよう。

地獄に仏!!ようやく茂みを抜け出た。その先は、殆ど人が歩かないのだろう、足が沈むほど落ち葉が重なって、しかし木々の間にくぼみが続いているのでなんとなく道らしいとはわかる。辺りは雑木が生い茂って暗く、不気味なほどだ。道を阻む倒木も多くまたいだり、くぐったりして進む。

礼拝峠とか礼拝堂と書かれた木切れが立っている。熱海に向った旅人がこのあたりで始めて伊豆山神社を拝することが出来たらしい。見取絵図に休場と書かれたところで、茶屋もあったようだが、今、往時を偲ぶものは無く、荒れたままになった山に過ぎない。 

ここから急な山の斜面を下る道は、草に阻まれて手探りで、しかも崖上のところもあり、進むのに難渋した。しかし少しずつ道らしくなり幅も広がって、鳴沢に出て、東海バス伊豆山老人ホーム前でバス道に出る。下るとまもなく、伊豆山神社に着いた。

 

伊豆山神社から石段を下って海岸まで行くと走湯がある。江戸期熱海に湯治に来た大名も庶民も見物して帰ったという。湯が湧き出ている横穴に入ると、まるでサウナのようで汗が噴き出す。
ここから国道を歩いて、熱海市街に行く。お宮の松あたりにあったホテルがいくつも取り壊されている。しかし地元の人に聞くと、グループの客が結構多くて、まずまずの景気らしい。
江戸期の本町、今の銀座町周辺に点在する源泉いわゆる熱海七湯を廻る。清左衛門の湯、小沢の湯などは今なお熱い蒸気が噴出している。
湯前神社から上宿町の宮坂を上り、東海道線のガードをくぐると来宮神社に出た。 

13時 伊東線来宮駅   23758歩

 

平成16年6月17日(木)

今日は熱海・来宮から箱根の山なみを越えて終点の三島まで歩く。
8時10分 来宮神社の右脇の楠坂を上る。
神社左脇のバス道は熱海市商工会議所で貰った大正期の地図には記されておらず、勿論江戸期の道ではない。
神社の境内に沿って進むと、第一小学校に突き当たるが、委細かまわず校庭を横切る。バス道に出て連月荘の脇の階段状の細い道を上がり、またバス道に出て上り続ける。
このあたりは熱海市西山町。屋敷然とした家が多く、前栽で剪定する小気味よい鋏の音が聞こえる。

その時分、阪神間の食料事情は日増しに困難になっていましたが、熱海と軽井沢は特別な別荘地として比較的物が豊富でしたから、食ひしんばうの磊吉は毎日のやうに初を促して、別荘に鍵を掛けて西山の坂道を街へ下りて行き、何か彼にか食ひ物を漁りました。・・・
「熱海には何でもございますね」と初も感心しながら、至るところの店先に立ち止って買物籠をひろげ、やたらに物を買ひ込みました。
(谷崎潤一郎作「台所太平記」より)

ホテル西山下でバス道から逸れて階段を上って、ホテルの前を進むと中山商店にぶつかる。このよろず屋のすぐ下の薄暗い小さな一画が明水神社で、いくつかの石造物がある。その中に「ひがねみち みしま・・」あるいは「従熱海十町 日金まで四十町」と刻んだ道標がある。日金山は現在十国峠と呼ばれているが、日金地蔵といわれて信仰を集めていた東光寺がある。 
商店左横の細い細い階段を上り、やがて道が三つに分かれるところに出るが、その一番左を上っていくと家の周りに緑が一層増えて、快長院に着く。下に熱海の町並みが小さく見え、随分高く上ってきたのが分かる。

街道はそのまま真っ直ぐに上って、西熱海ゴルフ場を突っ切っていたようだ。ここで往時の道を辿るのは断念して、これまで以上に急傾斜の道を上がって西熱海別荘地内を抜け、ゴルフ場の縁に沿った道幅の広い県道を進む。
天気予報は晴だったが空は曇っており、上るにつれて空気は湿気を帯びて、周りの山々も霞んでいる。 

西熱海ゴルフ場を抜けた街道はひっそりとどこかの山の斜面を這いのぼっている筈だ。
特養ホーム姫の沢荘の前で草を刈っている人がいる。

街道? 知らないな。けものみちだろう。今年は蛇が多い。止したほうがいいよ。

道が四方から合流する笹尻から、箱根峠方向に進む。
日本の都市公園百選 姫の沢公園。この公園の前に伸び伸びとした字で「右 あたみみち 左伊豆御宮道」と書かれた道標がある。

旧根府川通は姫ノ沢の道標から山道が続く。途中では山腹の縁を利用した道になっており、現在の熱海街道と離れていて、地元の人もその道筋を知る人が少なくなった。
その旧道と伊豆スカイラインが交差した地点のすぐ西が「峠」である。しかし伊豆スカイラインを通すにあたり、旧道を遮断してしまったために、現在ではこの旧道を通ることはできない。現在、地元の人々はこの旧道の「峠」を軽井沢峠、新しい熱海街道の峠を熱海峠というように使い分けている。
(渡辺和敏解説「根府川通見取絵図・解説編」より) 

この軽井沢峠への山道が分からない。二万五千分の一の地図にも破線がない。しかたないので、あたみ梅ラインと名付けられた県道をくねくね折れて上っていく。この先にある熱海峠は軽井沢峠よりも北に位置する。
霧が深くなり、木も草もその葉に露を浮かせている。流れる霧のなかにホタルブクロの白い花が妖しく灯り、アジサイがコバルトブルーの花を一層輝かしている。 

11時 熱海峠 
ここからは函南町。三島までの17キロ、県道11号の下りが始まる。この道はまず北西に向かい、その後西南に向きを転じている。一方見取絵図によると軽井沢峠からの街道は西にまっすぐ下っており、県道と街道は軽井沢集落で合流する。
人影のない、時折車が通る二車線の県道をだらだらと下る。
木々の間を縫う道は、終りがないのではないかと思うほど下り続ける。東海道の箱根峠から三島への道もそうだった。
 

軽井沢集落に着いて根府川通に再会した。
そこには函南町文化財愛護の会が平成9年に作った旧熱海街道根府川通り起点の表示があり、近くには念仏供養塔などの石造物がある。竹薮に沿って上がっている土の道が
軽井沢峠に通じているのだ。

君流人として豆州に坐したまふの比、吾において芳契ありといへども、北條殿、時宜を怖れて、ひそかに引き籠めらる。しかれどもなほ君に和順して、暗夜に迷ひ、深雨を凌ぎ、君が所に至る。・・・
その愁を論ずれば、今の静が心のごとし
(「吾妻鏡」より)

これは、静御前の舞に怒った頼朝をなだめたときの政子の言葉で、山木判官兼隆に嫁がされそうになった政子が伊豆山神社にいた頼朝のもとに逃げ走ったことを言っているが、政子が暗夜に迷ひ、深雨を凌いで、君が所に至ったのは、この軽井沢峠越えの道である。

軽井沢の地名は、頼朝が沢水を軽き水と褒めたことによるという説や、沢の名によるという説があるらしい。その沢は集落の西のはずれを流れている。
泉竜寺に移された駒形堂には、貴人が乗った馬を彫った石が祀られている。
伊豆山神社から勧請した雷電神社。
双体道祖神のある公民館のあたりは高札場跡か。
明治25年秋、この地に泊まり、軽井沢峠を越えて熱海に向った正岡子規の歌碑がある。

唐きびの  からでたく湯や  山の宿    子規

県道を外れて旧道らしき山道に入る。多分間違いなかっただろうが、しかし山に深く入り込んでいく様子に不安を感じて引き返してまた県道を歩く。見取絵図は軽井沢集落のあと、旧跡の記載もなく道だけが長く描かれている。 

やがて見取絵図に弥陀堂が記された鬢(びん)の沢集落に来た。弥陀堂は法伝寺と名を変えている。
この小さな集落の前後から周りの景色に畑が増える。家もすこし増える。しかし下がり続ける道の単調さを紛らすほどでは無い。
 

地図を見ると、病院や研究所が点在する五本松のあたりの道の下には丹那トンネルがあるらしいが、のぞみが疾走する轟音が聞こえるはずもなく、自分が歩いている下をそんなものが通っているらしいと思い込むしかない。
歩いている道は、箱根の山の幾筋もの長い山裾のひとつにあり、左右は落ち込んで川であり、田畑である。
前方は伊豆のごつごつした山なみが墨絵のように延びている。
 

熱海からのもう1本の県道、何故か歩いてきた県道と同じ11号だが、この車の往き来が激しい県道に合流してからもやはり下り続ける。 

家が増えて、平井の集落に入る。軽井沢と東海道三島宿へ、ともに一里半の距離にあるので荷物の継立ても行なわれたらしい。
天地神社の目廻り13.5メートルの大楠から元気を貰ってもうひと歩きだ。下りがようやく終わったらしい。

岐れ道を右折。家と車が溢れる街中の様相だ。八ツ溝用水の横に函南町役場。

15時20分 大場で下田街道と合流した。ここから三島を目指してほぼ一直線の道を手無地蔵、間眠神社、言成地蔵にも手を合わして、ひたすら歩く。下田街道を歩いたときに見えた富士山の姿が今日はない。

 

16時15分  東海道三島宿の三島神社  45369歩   
                 三島名物のうなぎを食べようと水泉園に入った。



トップへ戻る