根府川通

小田原から相模湾に沿って南下し、根府川・湯河原から熱海に入り、それより西に向って函南を経て三島神社に至る。熱海への湯治の道でもあったので、熱海道、熱海入湯道などとも呼ばれていたという。

根府川通見取絵図を見ながら歩いた。

 

平成16年5月14日(金)

8時 東海道小田原宿の西のはずれに近い箱根登山バスの早川口が、今回のスタート地点である。
       ここは又、豆相人車鉄道の小田原駅でもあった。

明治29年、人間が客車を押すという世界的にも珍しい鉄道が営業を始めた。
豆相人車鉄道と呼ばれ、駕籠で約6時間かかっていた小田原・熱海間25.6キロを約4時間で走った。
ルートはほぼ現在の国道135号線である。1車両に客は平均6人、それを2〜3人の車夫が押した。急な上り坂になると、客も降りて一緒に押した。
明治41年には軽便鉄道に転身し、大正12年の関東大震災で幕を閉じた。

芥川龍之介の「トロッコ」は「小田原熱海間に、軽便鉄道敷設の工事が始まったのは、良平の八つの年だった。」で始まる。

(豆相人車鉄道地域活性協議会発行の小冊子「豆相人車鉄道 歴史街道物語」から抜粋)

 
電柱の陰に、御厩小路であったことを示す石柱が立っている。左手に延びる幅の広い西海子小路は武家屋敷が集まっていたところで、谷崎潤一郎も住んだことがあったらしい。

西湘バイパスの早川インターの高架をくぐり、早川橋を渡る。
箱根・芦ノ湖に源を発する早川が橋のすぐ先で相模湾に流れ込んでいる。
港の入口の赤・白の灯台が小田原提灯を模した形をしている早川漁港がある。
魚市場をあわただしく人と車が行交う。

海岸を走る国道135号と東海道線との間に、周りの喧騒を知らぬげにひっそりと集落が延び、街道はその中を旧道らしく緩やかにくねっている。
木地師の信仰が厚いという紀伊神社が右手の東海道線をくぐったところにある。

 

国道に出る。
右側は東海道線に接している。
左側の海岸に沿ったバイパスの高い橋脚の間から、靄がかかったような相模湾に数隻の漁船が漂っているのが見える。
石橋の集落を過ぎて、国道と別れて、山道を上っていく。
道は東海道線に切られており、佐奈田トンネルの上に出る。このあたりは頼朝が挙兵した石橋山古戦場

うっすらと、視界は朝を見せはじめた。
だが、頼朝が眸に求めている敵影は、こう空が明けて来ても、まったく見出しえなかった。
ただ山また山の重なりである。そして眼の前の谷ふところと、遠い白雲の帯でしかない。
「時政、なんぞうごきが見えるか」
「いや、とんと・・・・・・?」
(吉川英治作「新・平家物語」より)

頼朝勢300騎と平家方の大庭勢3000騎が戦ったというが、少し上っただけでも息切れのするこんな傾斜地でどんな戦いがなされたのだろうか?
戦いで討ち死にした武将を祀った佐奈田霊社まで上る。
石段を下ると、ねじり畑文三塚という遺跡がある。


山の斜面には白い花を一杯つけた蜜柑畑が広がり、甘酸っぱい香りが漂う。
蜜柑畑の中の細い道がやがて切り立った崖に出ると、前に相模湾が広がる。
曇っているので遠くの島々までは見えないが、なにもかもがすっ飛んでいくような開放的な眺望である。真下の東海道線の電車や国道を走る車が小さく見える。

 

雄大な景色が続く崖上の道を下って、東海道線の根の上踏切を渡ると、米神の集落である。漁村らしく建て込んだ家々の間の狭い道を下ると、米神漁港に面して八幡神社がある。波打ち際に転がる巨岩に激しく波がぶつかる。突堤で十人ほどの釣り人が糸を垂れている。人気のある釣り場だそうだ。

米神漁港」
決して長い堤防ではないが、潮通しが良く海底の地形が適度に複雑なため、多彩な魚が生息する。ウキ釣りでクロダイ、メジナのほかサビキ釣りでアジやイワシ、メバルが釣れる。夏にはソーダガツオ、イナダ、メジマグロまで回遊してくる。
(成美堂出版「堤防釣り場ガイド」による)


 
集落を抜けて、豆相人車鉄道が走っていた道に出る。この鉄道跡を辿っているという中年男性数人とすれ違う。

自動車は、もうとっくに小田原を離れていた。暮れかかる太平洋の波が、白く砕けている高い崖の上を軽便鉄道の線路に添うて、疾駆しているのであった。
道は、かなり狭かった。右手には、青葉の層々と茂った山が、往来を圧するように迫っていた。左は、急な傾斜を作って、すぐ真下には、海が見えていた。崖がやや滑らかな勾配になっている所は蜜柑畑になっていた。しらじらと咲いている蜜柑の花から湧く、高い匂いが、自動車の疾駆するままに、車上の人の面を打った。

「日暮れまでに、熱海に着くといいですな。」と、信一郎はしばらくしてから、沈黙を破った。
(菊池寛作「真珠夫人」より)

 

片浦選果場の手前を右に入る。通学路の標識がある。
まぎや坂と呼ぶ急な上り坂がいきなり始まる。東海道線を跨ぎ、蜜柑畑を上っていく。通学路・・・? 
山に入っていく。牧谷川を渡ると、うっそうとした杉林の中の細い山道になって、この道だろうかと不安にもなる。
海が見え、蜜柑畑が現れ、そして又鬱蒼とした森の中を上る。

白い建物が見えた・・・片浦中学校の横に出た。 

左下に東海道線の根府川駅の屋根が見え、寺山神社の裏から国道に出ると、伊豆箱根バスの関所跡入口停留所がある。道を横切りそのまま下って、白糸川の根府川橋まで行くが、関所跡が見つからない。バス停まで戻る。バス待ちの老人はよく知っていた。

関東大震災の際に山津波があり、白糸川沿いの家や駅舎が巻き込まれ、列車が海中へ墜落して乗客300人が亡くなった。そのときに根府川関所も埋没してしまったなあ。
また新幹線工事で川床が移動したので川床が関所跡だね。
岩泉寺に下りるのではなく、ちょっと先の民家の横を左に下りると、新幹線の高架橋の下にあるよ。

教えられたとおりに行くと、箱根に次ぐ関所だったという根府川関所は、その跡であることを示す案内板だけがあった。後ろを白糸川が激しく音をたてて流れている。
すこし川下に行くと、山津波のために本尊が地下に埋もれた釈迦堂がある。
 

根府川橋に戻って、竹の上坂と呼ばれる急坂を上っていく。息を切らす我々を事も無げに高校生が漫画を読みながら抜いていく。
ようやく国道に出る。
柿の木茶屋バス停。名前の由来は知らない。
江の浦地区を進む。道幅が広く、行き来する車も絶えない。
天正庵跡。秀吉が小田原攻めの際、利休に命じてここで茶会を開いて武将を慰労したという。
「左小田原ミち」と刻んだ道標が某宗教施設の前に張りついている。嘉永七年の年号が読める。

小山王、八貫山、赤沢と続くバス停の周辺に人家がかたまっている。
道際の斜面にある赤沢観音から下を見ると真鶴道路を走る車も東海道線の電車も豆粒だ。
 
このあたりから真鶴までの道筋について見取絵図・解説編は次のように記述している。

赤沢観音堂を過ぎるとほぼ一キロ程で岩村(現真鶴町)となり、更に南に進むと幅六〜八尺の分れ道が東南に延び、根府川通は直角のように西へ上り、またすぐに左折して南に向う。ここは長坂といわれる急坂で、この先の右側には石丁場道がある。
(神崎彰利解説「根府川通見取絵図・解説編」より)

石名坂バス停から左の細い道に入る。つま先上がりの急坂である。・・・でも長くない。
(帰宅してもう一度よく調べると、根府川通は、すこし先の東海道線長坂山トンネルを越えたあたりで西に入り、そのあと真鶴駅裏へと下っていた。従って、ここから真鶴駅周辺までの我々が歩いている道は、根府川通ではない。)

上がりきったところに民家が表れる。そこから道は蜜柑の香が漂う中をトントントンと下る。
右手奥の山に小松石の石切場が見え、採石する音があたりに響く。小松石は良質な安山岩。硬く碑石に適しており、鎌倉期から採石されている。江戸城の築城、修築にはもっぱらこの石が使われたという。
前方に緑滴る真鶴半島が横たわり、相模湾に初島が浮び、さらに伊豆半島が低く伸びている素晴らしい眺めだ。
右が崖になっている長い坂を下るとやがて車が通る道に合流し、さらに下るとホテルシルクロードの脇に出る。
 

長坂橋からは、岩村へ延びるいわ道、さらにその先は真鶴往還といわれる一直線に下る道を進む。民家が続くなかに滝門寺の大きい茅葺屋根の本堂がある。真鶴新道の高架がのしかかる岩海岸に、石橋山の合戦に敗れ房州に逃れた源頼朝船出の浜の碑があり、頼朝が危機を脱したことを祝って付き添っていた武将が舞い謡ったと伝えられる謡坂を上がる。石工の稗。真鶴町役場。真鶴駅前で金目鯛の干物を購入。

 

真鶴駅裏から根府川通に戻る。細い流れに架かる洗頭橋を渡る。絵図には先祖板橋とある。
東海道線の川堀陸橋をくぐる。白い大きな校舎の東台福浦小学校を過ぎる。

柏坂を上る。この坂の上に柏屋という茶屋があったらしいが、今は民家や空き地しかなく往時の様子は分からない。
左に分かれる道の入口に「狭く・急坂・急カーブ」の標識がある。この道は民家の間を下りていくが、標識どおりで、S字形の急坂は真っ逆さまに落ちていく。「小田原みち」「やまみち」の道標がある。
坂を下りきったところに国道に面した小道地蔵堂があり、その向こうは相模湾である。

 

海岸に沿う国道を進む。サーフィンボードを抱えた若者が前後を歩いている。
新崎川に架かる吉浜橋を渡る。右手は湯河原駅。

絵図に西川土橋と記された現在の千歳橋の下を流れているのが千歳川だ。
門川、藤木川とも呼ばれた千歳川が相模と伊豆の国境で、この北が相模国小田原藩領、南が伊豆国加茂郡伊豆山領となっていた。


 街道はこの先、郷清水のあたりから国道135号の右手にあるはずの山道を辿り、大名ケ丘あたりで国道に戻るようだ。しかし戦後の土地開発で地形が変わっているところも多く、街道を精確に辿ることは難しいと思われる。雨もパラついているので、街道のこの部分を歩くのは後日とした。

激しく疾駆する車が行き交う国道135号を一気に進み、伊豆山神社、MOA美術館を経由して熱海駅まで歩いた。

江戸時代、(伊豆地方の温泉のうち)大名・旗本ら武家の湯治で一番にぎわったのが熱海温泉であった。天正18年(1590)9月、秀吉の小田原攻めに同行していた千利休・古田織部も入湯している。徳川家康も慶長2年と同9年と二度、湯治のため熱海を訪れている。慶長9年3月のときには、江戸から京都に上る途中、義直・頼宣の二人の子どもを連れて七日間湯治している。
(仲田正之編「街道の日本史 伊豆と黒潮の道」より)

18時25分   東海道線熱海駅   54931歩


トップへ戻る