平成16年3月27日(土)

今日は、うららかな春の日差しに誘われて、次男と長女も同行する4人旅である。

京成佐倉駅に着いて、まず街道筋から外れている佐倉高校に向う。10分ほどで校門をくぐる。
佐倉藩の藩校である佐倉学問所の流れを汲み、明治43年に旧藩主堀田正倫の私財42千円(今のお金で?)で造られたドーム屋根のある木造洋風建築の校舎が保存されている。校章の「桜」が建物に付いている。
校内にある地域交流施設には昭和29年度卒業生である元巨人軍の長島茂雄氏の写真などが展示されているそうだが、開館までにはまだ時間があり見学できなかった。

 
9時20分   佐倉市新町の市立美術館前を出発。美術館は旧川崎銀行の煉瓦造の店舗を利用している。

嘉永元年の絵図によると、横町を過ぎて左折し、上町、上二番町、仲町をまっすぐ進み、つき当り右折して肴町、再び直角に左折して間の町とつづいている。この間右側に九十四軒、左側に86軒の町屋が軒をつらね旅籠は九軒を数えることが出来るが、米屋、和泉屋、幸手屋等が並んでいた上二番町が中心であったようだ。
(千葉県教育委員会発行「千葉県歴史の道調査報告書 成田街道」より抜粋)

このあたりが宿場の中心だったが、それらしき商家が残っているわけでもない。

 
そば処房州屋の店前に、マラソンの高橋尚子さんのスナップ写真が飾られている。自転車で近くのスーパーへ買い物に来た時のもので、あの笑顔のQちゃんが写っている。そういえば、アテネオリンピックに行けなくなったQちゃんを励ますメッセージを書いた紙が駅周辺のあちこちの商店の入口に貼ってあった。

残念・でも世界記録はどこでも出せる
がんばれQちゃん 高橋尚子(佐倉アスリートクラブ)
応援しています  栄町商栄会

佐倉新町おはやし館に入る。館内の係のおばさんともQちゃんの話が弾む。

京成佐倉駅の向こうに尚子コース、裕子コースと名付けたジョギングロードがあります。
小出監督は麻賀多神社の祭りにも参加するし、人気ありますよ。

 

左に入ると藩主ゆかりの寺が並ぶ。
宗円寺の本堂の裏に順天堂創始者佐藤泰然の墓がある。佐藤泰然は藩主堀田正睦の招きに応じて佐倉に来て順天堂を創設経営した。
甚大寺は藩主堀田家の菩提寺で、椰の大木の下に、大老になった正俊、老中になった正睦、最後の藩主正倫の墓がある。 

鍵の手に曲がると、街灯に蘭学通り商店街の表示があり、いかにも順天堂へ通じる道らしい。
順天堂へ行く前に土井酒店から右に入り、ゆうゆうの里のまだ二、三分咲きの桜並木を通って、明治期に建てられた堀田正倫の別邸を覗く。ボランティアの北澤さんの詳しい説明を受けながら1時間弱に亘って屋敷内を見学したが、部屋のあちこちに大工達の匠の技が隠されている話は面白かった。
 

弥勒坂を下り、久保町の坂を上ると本町になって、佐倉順天堂記念館がある。

順天堂の場所は・・・城下の家屋密集地からわずかに離れた本町という土地がそれで、道路の両側に農業を兼ねた小商人の家がまばらにならび、集落の裏側には田畑がひろがっていて、夜は狐の啼き声がするというさびしい所だった。
(司馬遼太郎作「胡蝶の夢」より)

今も周りには この小説に書かれた様子とあまり変わらないのどかさが漂っている。
順天堂は蘭医の佐藤泰然が開いた医院兼蘭学塾で、明治期の医学界を支えた人材を多数輩出した。
館内に展示されている大工道具のような当時の手術器具は見ただけでも、切られたり・抜かれたり・えぐられたりした痛みを感じた。

泰然を佐倉に招いた藩主正睦は、天保の改革で学問とくに洋学の振興を図った。また米国総領事ハリスと日米修好通商条約の交渉をし、安政5年(1858)井伊直弼が大老になったとき、直弼と意見が合わず老中を辞めている。 

街道が真っ直ぐに延びる。昌柏寺。道端に2体の地蔵があるところで、右に入る。大堀と呼ばれている谷、といっても少しも谷らしくない緩やかな窪地を越える。

 

印旛郡酒々井町

本佐倉地区。妙胤寺の本殿の外壁は珍しいなまこ壁。この寺に加藤清正の像があるというが、清正とどのような縁があったのだろう?
ちばグリーンバス猿楽場停留所。このあたりは中世、本佐倉城下で、寺社も多かったので猿楽師がいたらしい。

山道」バス停。左に折れて竹薮に覆われた道を下ると、やがてのどかな田園風景が現れ、その向こうに低い小山が伸びる。この小山に、千葉氏の本城である本佐倉城があった。千葉氏は関東で一、二を争う名家だったが、天正18年(1590)秀吉に屈した。 

正岡子規は鬱病を紛らわすため明治24年3月に房総を旅行し、佐倉周辺で次の句を詠んでいる。

揚雲雀下に菜畑麦畑   子規

地図を見ると、街道から離れた位置にひばり公園の表示がある。この句と関係ないと思うが・・・?

 

東に向っていた街道が北に向きを変えるあたりから酒々井宿である。
八坂神社付近から勝蔵院のあたりに二階建ての旅籠や茶店が並び繁盛していたようである。今そこには大振りな旧家がいくつもある。

幕府の牧場のひとつ佐倉牧では毎年7月末から8月頃、放牧している馬を捕まえる、いわゆる捕馬がおこなわれた。乗馬、役馬、農耕馬に適したものを選び、大部分を農民に払い下げるもので、牧場長である牧士頭の屋敷に馬の払い下げを行う野馬会所があり、野馬役所の代官が江戸から来て勝蔵院を宿舎とした。
この江戸にいる代官が出張してくる酒々井が、佐倉道の終点である。
 

だらだらと台地を下っていく坂が、下り松と呼ぶ坂だろうか。
街道の傍らにある小さな高台に上る。印旛沼を埋め立てできた田畑が下に広がる伸びやかな眺望が得られえた。明治天皇はここで4度も休まれたらしい。そのころは広い沼がキラキラ輝き、今よりももっと素晴らしい眺めだっただろう。 

街道が旧道らしいカーブを描いて延びている。
明治期に立てた「二王ミち」「此方酒々井停車場道 此方成田宗吾道」の道標がある。 

印旛沼を目前に横たえた中川からは岩名の仁王様に廻る仁王みちがあって大佐倉、飯田、岩名から田町にでて成田街道に入ったという。ここは水運の便もあるので中川からトけ崎あたりに旅籠や茶店がたちならんでいた。
(「千葉県歴史の道調査報告書 成田街道」より)

ここ中川には河岸があり、印旛沼を経て利根川から江戸、銚子との間を行き来し、米、炭、木材、干鰯などを運んでいた。かつてのそんな活動を、街道そばの家並みから想い描くことはできない。しかし成田佐原道・佐倉千葉道・宗吾安喰道・七栄三里道と刻んだ道標がいくつも立っていることから、馬や駕籠や人力車に載った人や物資が、あちこちから集まりあちこちに向ったことがわかる。 

国道を横切って大崎自治会館の前から、竹薮の中を曲がりながら緩やかに上っていくと、国道とニアミスするところに伊篠の松並木があったことを示す案内がある。300年近く前の享保年間に代官小宮山杢之進が植えたので、俗に杢之進並木と呼ばれて街道の名物だった松並木があったところだが、御多分に洩れず松食虫にやられて全滅している。
国道に並行する松並木があった旧道の脇に、護摩を焚く木の苗を植えて成田山に寄進した記念の碑が数基立っている。

国道に合流しJRに並行する。NISSAN、出光、MITSUBISHI、JOMO.

 

成田市

国道51号の緩やかな坂を上りきると、右へ国道409号が分かれていく。街道は、その少し先の下り際で右の細い道を下り、国道51号を地下道でくぐって、交差点の先は国道の左側の竹やぶにわずかに残る坂を上る。 

並木坂上で右折して寄り道。杉木立の中に「成田山旧跡 不動塚」がある。
平安期、平将門が反乱を起こした時、成田山開山の僧が京都神護寺に安置されていた不動明王を奉持して、この地で将門を調伏した。その後永禄9年(1566)に不動尊を今の新勝寺の地に移した。従ってこの場所は成田山草創の地である。
それにしてはなおざりにされている様子で、車の行き来が激しい道に面した小さなこの一角を、新勝寺に参拝する年間1000万人のうち幾人が訪れるのだろう。

余談だが、江戸期、将門を祀る神田明神の氏子は、将門を殺した成田山を参詣しなかったと聞く。今もそうだろうか。 

一本松の碑。かつては、伊篠から続く並木の一本がそびえていたらしい。ここから成田山まで2.5キロ。

 

17時10分  成田山新勝寺   35311歩

成田街道は、変化に富んだ風景があり、名所・旧跡があり、江戸の住民が手軽な旅を楽しむには最適の道だったようだ。今は、その道筋のほとんどが国道で、周りは都市化が進んだが、江戸の住民が楽しんだ成田街道の魅力は、意外にもそれほど無くなっていない。(了)

トップへ戻る