平成16年3月21日(日)

7時  船橋・本町通りを進む。

船橋宿は海神村、九日市村、五日市村からなるが、このあたりは江戸後期に最も繁華だった九日市村で、文化15年(1818)には旅籠が25軒もあった。千葉銀行の前に明治天皇船橋行在所の碑がある。明治6年習志野で行なわれた近衛隊演習をご覧になったとき、ここにあった桜屋に泊まったという。

 中央図書館の横を左に入るのが山口横丁。
その横丁を勤労市民センターで右折すると街道の北側に並行して細い道が延びる。御殿通りで、通りの名は家康、秀忠が房総へ狩に行った際に立ち寄った御殿がこのあたりにあったことに由来し、御殿の中心と思われるところに小さな東照宮が鎮座している。日本で一番小さな東照宮らしい?

通りの先には鳥居も社殿も赤い御蔵稲荷神社と郷蔵跡の案内がある。 

街道の右手に寺町があり、その一画に「えんが地蔵」がある。
成田詣での男どもが、船橋宿の旅籠に泊まるのを「行きにしべえか帰りにしべえか」と思案したことから、ここの飯盛女は「八兵衛」と呼ばれた。その八兵衛が月に一度お参りを許されたのがこの地蔵。今も霊験あらたかなようで、今日も朝早くからお参りする人の供えた線香の煙が辺りにたちこめる。

 
海老川橋に船橋地名発祥の地と表示されており、この川の渡しに架かっていた橋が、船を繋げたものだったという。
橋の欄干に、船のへさきの凝った彫刻が取り付けられている。

橋を渡ると、かつての五日市村。船橋大神宮の鳥居が正面に見える。中世末この大神宮周辺に市が立ち発展してきたらしく、江戸前期から中期はここが繁栄の中心だったという。

 
大神宮にぶつかって道は左右に分かれるが、かつてここにあった道標を兼ねた廻国塔が大神宮横の東光寺にある。高さ1メートル数十センチで、苔むしているが「右かつさ道 左ハさくら道」と刻まれているのが読める。
大神宮の境内は清清しい。境内の小山に明治期に造られた和洋折衷形式の燈明台があって、ここが海に近いことを教えてくれる。

成田街道は大神宮の左横を上って北総の台地へ向う。大和田宿までは三里九丁の長い道程だ。
西福寺の裏の墓地に鎌倉期の大きな五輪塔と宝篋印塔がある。東船橋地区を抜ける。
角に庚申塔が3基ある中野木交差点を超えて前原地区に入る。

 
「左成田山道」と刻んだ大きな道標がある。
明治12年に成田山信徒達が造ったものだが、右側面に「成田山 従是房総街道」とある。そのまま真っ直ぐ進むのが、ここで房総街道といっている東金御成街道で、家康が鷹狩のために造ったほぼ一直線の道である。

成田街道は左に入るが、ここから佐倉までの道筋は、現成田街道の国道296号線とほとんど重なる。
すぐに「札場の庚申」と呼ばれる石造物が並んでいる。不動明王が乗った道標には「右なりた道」とある。街道は右と刻まれているがどこに置かれていたのだろうか? 総武線を跨ぎ、新京成線を越える。
道入庵の境内に、この辺りの前原新田を開墾したのが攝津多田郡の天野四郎兵衛と説明する地蔵がある。

二宮出張所近くにある小さな馬頭観音が滝台新田との境を示す。

阿弥陀堂。林家長屋門。かつて立場のあったところは、コーヒー店サンタモニカの前の商店らしいが、閉じており確認できない。

薬円台地区に入る。享保7年(1722)幕府によって薬草園が作られたが、すぐ廃止されて薬円台新田となった。
前原新田、滝台新田、薬円台新田と呼ばれたこのあたりに、今田畑は見当たらず、商店、民家があふれ、街道は車が切れ目なく続く。

船橋市郷土資料館で一休み。
資料館横の公園に「明治天皇駐蹕之処」の碑が移されている。明治6年の演習の際、明治天皇はこのあたり一帯を習志野原と命名した。
自衛隊習志野駐屯地。実籾街道が右に分かれる。長く続く演習場に沿って進む。
幕府は房総の地に小金牧、佐倉牧、峯岡牧と呼ぶ広大な馬の放牧場を置いた。この辺りは小金牧のひとつ下野牧と呼ばれるところで、数百頭の馬が放し飼いにされていた。演習場を過ぎたところに馬が逃げ出すのを防ぐ野馬除土手という土塁があったという。牧を横切る道には木戸が設けられたが、ここは新木戸と呼ばれているところ。

 
八千代市

大和田新田に入るとすぐ「成田山 是より七・」の道標が電柱の陰にある。
行き来する車が多い。カラオケ、ゲームセンター、新車販売店、焼肉店などの原色豊かな看板が続く。八千代工業団地の会社案内板の下に「おたきさん道」の道標が立っているが、これは新京成線沿いの滝不動を指す。子安様の石塔群。
 
市役所入口交差点を越えると、大和田村と萱田村から成る大和田宿が始まる。

大和田宿は成田街道のほぼ中間に位置し、成田詣での人達は、行程を三泊四日で往復し、その一宿場として中食や宿泊などで賑いをみせた。「八千代市の歴史」によると、文久三年には家並は約1kmつづき旅籠屋は近江や、中村や、若竹や、東や、枡や、などの大きな宿があった様であるが、現存する資料が乏しいので判然としないが、・・・
(千葉県教育委員会発行「千葉県歴史の道調査報告書 成田街道」より)

宿場らしく家の敷地は奥行きが長い。商店が増える。
長妙寺の本堂横に「妙栄信女」の戒名を刻んだ八百屋お七の墓がある。八百屋夫婦に子供がなく、ここ大和田から妻の姪を貰い育てた、その娘がお七だという。

三叉路の角の大澤家は問屋兼名主で「お頭」と呼ばれたらしい。いかにも房総特有の寄棟の家が道沿いにいくつかある。
「可やた道 いつな大権現」の道標。このあたりに旅籠屋の東屋、あるいはその先の薬師寺の斜め前に枡屋があったのだが、民家が並ぶだけでその所在が精確に分からない。

宮坂を下る。
 
小さな大和橋を渡る。橋の下を流れる新川は印旛沼の水を花見川から江戸湾に導くもの。江戸期に享保、天明そして天保改革を推し進めた水野忠邦もこの開削を試みるが失敗した。

新川と花見川の中間を掘る花見観音下付近は、海抜六百尺くらいの丘陵地帯になっているので、両方の川をつなぐにはそれだけ深く掘らねばならない。まるで深井戸を横に延々と長く掘るようなものだ。・・・
実は、もう、(鳥居)耀蔵もこの印旛沼普請には興味を失っていたのである。水野忠邦の運命が上昇期にあるときは、彼も忠邦に協力してなんとかこれを完成させたい情熱に駆り立てられたが、その忠邦は彼の眼から見ても明らかに下り坂にさしかかっている。
(松本清張作「天保図録」より)

この試みが実現したのはようやく昭和40年代で、川のすぐ上流に水資源機構大和田機場が見える。
国道16号をくぐる。長屋門。八坂神社の隅に庚申塔が追いやられて、刻まれた文字も読めない。
右手に京成線勝田台駅。

 

佐倉市

市川団十郎の銘が入った道標を探していると、中古車買取店の入口をふさぐように林立している宣伝の幟の陰に、それがあるのを妻が見つけた。
   正面は「成田山道 是より北エ半町」 
   右側面に「天はちち地はかかさまの清水かな 七代目団十郎敬白」
初代団十郎は子供に恵まれなかったが、成田山に祈願したところ、後の二代目を授かった。
以降歴代の団十郎の成田山に対する厚い信仰が続く。

二代目団十郎の病気全快・享保二十(1735)年二代目団十郎は、初代創始の荒事をひきつぎ、十七歳で二代目を名乗って舞台に立った。父が舞台で非業の死をとげたため、其角も「ぬり顔の父さながらの雉子の声」と励ましている。享保二十年、団十郎は四月から半年病気で芝居の舞台を休んだ。このとき成田の不動明王を念じたところたちまち癒った。よって以後、屋号を「成田屋」と称したという。
(平凡社発行「かわら版・新聞 江戸明治三百事件」より) 

天保13年(1842)、奢侈禁止令に触れて江戸追放を命じられた七代目の面倒を見たのも成田山である。
市川新之助が、今年5月に十一代目市川海老蔵を襲名するが、4月に成田山で襲名奉告とお練行列を行なう。いずれ十三代目団十郎を継ぐだろうが、十二代目同様おおらかで、明るい芸風に期待したい。
 
ここには林家という茶屋があり、加賀清水と呼ばれる清水を旅人に振舞っていた。中古車買取店の入っている建物の脇を入ると小公園があり、今も水が染み出す池があり、親子連れが網で泥水を探っていた。

 
坂を下りそして上る。京成ユーカリが丘駅前。外壁が色鮮やかな幾つもの高層マンションが立ち、新交通ユーカリが丘線が頭上を走る。

 手繰橋を渡ると、街道は国道と別れて左に入り、弥右衛門坂と呼ばれる急坂を上っていく。家並みの中を進むと 「右成田みち」「西さくば道」と刻まれた道標が立つT字路にぶつかる。勿論右に進む。このあたりは大名宿と呼ばれているらしいが、近くに臼井城があったことに関係している。臼井城は12世紀千葉氏一族の臼井氏によって築かれ、家康が江戸に入府する頃まであった。

新坂を下る。下りきって右奥に進むと浄光寺跡があり、雷電為右衛門親子の墓がある。この廃寺の後ろあたりに元巨人軍の長島茂雄氏の生家があるらしい。

 国道296号に出るとすぐに臼井宿である。

上宿・中宿に旅籠や商家が多く賑わっていたという。・・・旅籠屋は、太田屋、大津屋、、鈴菜屋、阪本屋、藤木屋、菊屋、桜屋、伊豆屋、小桜屋などで、菊屋では朝から晩まで三味の音が聞かれ、一番大きな太田屋では、毎日五人の男によって米を搗き、旅人の中食や宿泊に備えていたといわれ、宿場の繁昌ぶりをうかがうことができる。
(千葉県教育委員会発行「千葉県歴史の道調査報告書 成田街道」より)

右折する中宿の角に明治天皇臼井行在所の碑があり、明治14年三里塚種畜場に来た時昼食を摂ったことが書かれている以外、ここに宿場の賑わいがあったことを示すものはない。商店が散在するという国道のごく普通の風景である。京成線を越える。台地の裾を進む。印旛沼の水面がきらりと光る。

 
八丁坂を上る。左手に「南無妙法蓮華経」と大書された石塔がある。ここは佐倉藩の刑場跡で、天保14年(1843)に最初の藩医らが藩最初の腑分けしたところ。
江原に出て、街道は台地の上を真っ直ぐに延びる。影が長くなり少し寒くなってきた。

 台地から下りて鹿島橋を渡るが、旧道はそこより少し右で渡っていた。
その岸辺からの細い土の道は新道を横切り、三十三間堀跡に沿って左に曲がり、国道を横切る。右折して国道に出て佐倉城の堀沿いを進む。右にお堀、左は田町片町。国立歴史民俗博物館。
堀に沿った道が国道と分かれて右に入り、やがて長くて急な海隣寺坂を上る。上り詰めて海隣寺町から並木町に移る。このあたり一帯は武家屋敷だったという。
札の辻で左に折れて新町に入る。

木村屋の奥さんが嘆く。

かつては「佐倉新町 江戸まさり」と言われたほど賑やかな通りだったようです。
しかしJRの佐倉駅からも京成からも離れており、しかも馬の背のような高台にあるので、最近は人が遠のいています。

 
18時   京成線佐倉駅   50116歩

トップへ戻る