成田街道

日光道中千住宿から分岐し、新宿(にいじゅく)から小岩・市川関所、船橋宿を経て佐倉に達する佐倉道は、成田参詣が盛んになると成田街道と呼ばれるようになった。

 

平成16年3月15日(月)

東京都足立区

千住宿のあった北千住駅前に延びる「宿場町通り」を北へ歩くと、重厚な構えの横山家がある。江戸期に描かれた「織畑家千住宿並図」を見ると、その場所には「漉返紙屋・松屋佐助」とある。並びの「髪結・桜床吉兵ヱ」は、名前が桜から梅に変わって今は「うめばち美容・理容室」になり、その先の4丁目の角の「塩肴荒物店・坂田屋七兵ヱ」は、普通の民家に変わっている。

成田街道の起点はこの4丁目と5丁目の間の細い道である。 7時30分。
常磐線のガードをくぐり、東武線のガードをくぐる手前に清亮寺がある。境内に、明治5年斬罪に処せられ腑分けされた11名の墓があるというので探すがなかなか見つからない。住職に教わってようやく、イチョウの大木の根元にある、その小さな石にめぐり合う。彫られた戒名を見ると11人のうち8人に刃が付けられている。冷刃信士、受刃信士、得刃信士、散刃信士・・・・。

 

葛飾区

江戸期は、古川に架かる弥五郎橋という小さな板橋を渡ると小菅村だった。
しかし今は、大正12年に開削した川幅の広い荒川が流れており、小菅地区に行くのは容易ではない。

荒川を現日光街道の千住新橋で渡る。土手に沿って走る首都高速道路が頭の上にある。

土手を下りると、街道は真っ直ぐ東へ延びている。一方通行のうら寂れた西小菅商盛会の通りだが、すこし前までは違ったらしい。

江戸時代には小菅御殿がおかれ、明治2年からは小菅県庁の所在地として繁華なところでした。
明治から大正にかけて小菅の町には個性がありました。町の中を貫く水戸、佐倉道の西脇にはさまざまな商店や職人が軒をならべていたものです。・・・このころの葛飾は、ほとんどが田や畑ばかりの農村でしたから、小菅のように商店が多い場所は異質な存在でした。
(葛飾区教育委員会発行「かつしかの道」より)

 
小菅村の10万坪の土地が寛永元年(1624)に関東郡代伊奈氏の屋敷となり、将軍の鷹狩りの際の休息所にあてられ、元文元年(1736)には頻繁に狩をした吉宗の命により小菅御殿が造られた。
今その場所に、東京拘置所がある。正門脇のレンガ塀の向こうに、御殿にあった灯籠が置かれているが、円柱に火袋と日月形をくりぬいた、ちょっと珍しい形をしている。
拘置所の建物は最近12階建てに建て替えられて、白く輝くマンションのようで現代の御殿だ。
 
土手を下り歩き始めてすぐ左に折れる幅の広い道は、小菅御殿の正門に通じていた通りで松並木があったという。今松の木は一本もないが、松原通りという。この通りが拘置所の官舎に突き当たる手前に、水戸佐倉道分間延絵図にも描かれている小菅稲荷大明神の小祠がある。
すぐ近くにある西小菅小学校は銭座跡だ。万延元年(1860)に貨幣の吹替があり、このため御殿の一角に小菅銭座が設けられ一文銭を鋳造したことが、校門の脇に書かれている。 

街道の両側のしもた屋のすき間に薬局、燃料店、煙草屋、洋品店、生花店、八百屋、自転車屋などの商店がひっそりと店を開いている。左手に入ると半僧坊がある。半僧坊大権現と染め抜いた赤い幟が立っているのでようやく民家ではないと分かる程度のお寺だが、江戸期はうせ物探しや虫封じのために訪れる人で大変賑わったらしい。 

綾瀬川を水戸橋で渡る。
川の名は川筋がはっきりしない「あやし川」に由来するらしい。今は日本一汚い川で有名だ。橋の名は、橋のたもとにいた妖怪を退治した水戸黄門が付けたという。

高速道路が頭上で交差する。

 
小菅神社街道の左右は民家とアパートが多い。左手の鵜乃森橋の下に整備された細い流れの古隅田川。
家光が境内の蓮を愛でて寺の名を変えさせた蓮昌寺。今境内に蓮は見当たらず、本堂の前に紅い木瓜の花が咲いていた。この寺に雨宿りした吉宗が、住職から近くの寺子屋で百姓の子供達が将軍も読めない難しい本を勉強していることを聞いてびっくり。その寺子屋をしていた宮城家が街道から少し入ったところにある。庭に若奥さんがいた。

昔寺子屋をしていたのは聞いたことがあります。
葵の紋の盃があるかって? その話は知りませんね。

 
堀切8丁目から西亀有2・3丁目は、利根川の付替えで広い河原が残ったので、砂地が原と呼ばれ、その後砂っぱら、そして砂原と呼ばれた。ここで街道は大きく湾曲しているので大曲と呼ばれているらしい。
一旦JR常磐線の高架に近づくがすぐに離れて並行する。

道が広くなって真っ直ぐに延び、曳舟川親水公園をまたぐ。
今年葛飾区が立てた「旧水戸街道 亀有上宿」の石柱がある。すぐ先のエネスタ上宿の前に「一里塚」跡の石柱が立っている。日本橋から3里である。このあたりは亀有駅に近いので商店も人通りも多い。街灯に付けた上宿商店会、亀有本通商店会のピンク色の小さな旗が揺れる。環七通りを越える。

 

中川橋。橋の下に渡船場時代の石畳が残っていると聞いていたが、河岸は工事の真っ最中で、クレーンの間から岸辺をいくら覗いても、それらしきものはない。

中川橋が出来たのは明治17年(1884)で、賃取橋として新宿(にいじゅく)側に橋番が置かれました。人は1銭、馬は2銭として、新宿町と亀有村で7対3に分配しました。この収入は、町の財政を相当豊かにしていました。常磐線の開通計画にともない、新宿に駅が出来ることになりましたが、町では橋銭が取れなくなるとして駅設置に反対しました。
(葛飾区教育委員会発行「かつしかの道」より)

橋を渡って新宿(にいじゅく)に入るとすぐ、道の両側に旅籠屋の中川屋と藤屋が向かい合っていたのだが、何れの場所にも民家が並んでおり、かつての様子は窺えない。右に鍵の手に曲がる。ファーマシー新宿までが上宿、そこから突き当たりの山王保育園のあたりまでが中宿で、左に直角に曲がって下宿になる。車の行き来も少ない静かな通りだ。

宿場の通りを、手元にある昭和初期の新宿の町並みを描いた地図を見ながら歩くが、殆どといっていいほど符合しない。道の両側は空き地もあり商店そのものが数えるほどしかない。江戸期に問屋場があったという町役場も弘立倉庫の事務所がある辺りのようだがはっきりしない。もっとも小さな宿場の割に数の多い寺は江戸期と変わらないだろう。立増寺、宝蓮寺、西念寺、浄心寺、いずれも街道から参道が延びる。
日枝神社の祭礼の賑わいも戦前までのようだ。

 

そば処あづまやの横に石橋供養塔があり、正面に「左水戸街道 右なりたちば寺道」右側面に「成田山さくらみち」と刻まれている。ここが水戸街道との分岐点。右へ進み、現水戸街道を渡る。車一台がようやく通れる道幅になり、旧道らしく右に左にくねくね曲がる。

亀田橋派出所の先を左に入る。石造物が並んでいる。庚申供養仏の光背に「左やわたみち」とあり、三猿を浮彫りした道標は磨耗しているが「さくら海道」がなんとか読める。
上下之割用水跡を跨ぎ、新小岩と金町を結ぶ新金貨物線高砂踏切を越える。高砂地区。崇福寺と江戸の筝曲家である山田検校の大きな墓のある源照寺の前の道は金町浄水場からの水道管が埋まった水道道。 

右手の方向に京成高砂駅前の賑わいが見える。京成金町線踏切。佐倉道を校名にした「桜道中学校」。ゆったりとした家並みが続く鎌倉地区を進む。

「鎌倉新田」
昔相州鎌倉郡より、源右衛門といへるもの来たりて開発せしゆへ此名ありと云、・・・当村にも佐倉往還かゝる、曲金村より入て上小岩村へ達せり、
(蘆田伊人校訂「新編武蔵風土記稿 葛飾郡之七」より)

「さくらみち」「旧佐倉街道」の表示があちこちにある。並木の桜のつぼみが膨らんでいる。北総線をくぐり、柴又街道を越える。

 

江戸川区

「親水さくら街道」と名付けた道になり、農業用だった水路が整備されて道路の左脇を静かに流れる。
道は江戸川の土手に上っていく。広い河川敷と対岸の国府台に延びる森から突き出た和洋女子大の高い校舎を見ながら下流に向って土手をしばらく歩く。天祖神社の前あたりから土手を降りる。真光院の閻魔王坐像は遊女高尾が寄進したというので興味があったが、本堂が閉まっているので拝めない。残念。左手の家の後ろに江戸川の高い土手が覗く。車も少ない静かな道だ。京成線江戸川駅の手前のリルマック糀屋の店前に道標が立っている。正面に「是よりあさくさくわん世おん道二り六丁」と刻まれているそうだ。側面の「左にいしく道 いわつきぢおんじ迄七・」は読める。

 京成江戸川駅を越える。北野神社の先に角屋旅館があり、その横に「御番所町跡」の案内板が立っている。

佐倉道と元佐倉道が合流したところで、南北に走る岩槻道にも接する交通の要衝でした。小岩市川の渡しが定船場となり、御番所(関所)が置かれたことから御番所町と称したと思われます。現在も残る角屋旅館のほか筑前屋、清水屋などの旅籠屋を兼ねた小料理屋をはじめ、井熊鮨、あめ屋、豆腐屋、ぬか屋、掛茶屋などが並んでいたと伝えられています。

今日北千住から歩いてきた佐倉道は日本橋からだと三角形の二辺を通る道筋。一辺の小松川、小岩を通ってくる道が元佐倉道。従って、距離の短い元佐倉道を通る人のほうが多く、佐倉藩の参勤交代さえも幕府が設定した佐倉道より元佐倉道を通るようになったという。

旅館の斜め前の民家の前に道標がある。「右せんじゅ岩附志おんじ道 左リ江戸本所ミち」「左リいち川ミち」

土手のほうに行くが、渡しも関所もその跡は全くない。但し岸辺に立っていた常灯明が、すぐ近くの寶林寺の境内に移されている。その基部に献灯した千住総講中の世話人の名がぎっしり刻まれていた。なお商店は大衆割烹と中華料理店があるのみ。

江戸川に架かる市川橋を渡る。

 

千葉県市川市

土手を下りたところに市川関所跡の碑がある。
市川広小路で現千葉街道と合流し、これから船橋まではこの国道14号線を歩く。

広小路の右手に観音寺があり、脇の庚申堂を覗くと、左側面に「これより行とくみち」と刻まれた庚申塔があった。

 
市川駅前を過ぎたあたりのバス停の名に三本松とある。
歌手のさだまさしは学生時代市川に住んでいたらしい。

雅彦は市川駅の一つ手前の京成バスの三本松のバス停まで来ると、コンクリートの丸い塊を土台にして立っているバス停の標識を指差した。
「なんだよ。どうすんの、これ」小張がまた素っ頓狂な声を出す。
「運べ」雅彦が平然と言う。・・・
「お前が力仕事をしたいと言うから考えてやったんだぜ、いいか。これを転がして次の市川真間まで行く。そしてそこのバス停を転がして新田一丁目まで行く。どうだ最後は国分操車場まで行くか」
(さだまさし作「精霊流し」より)

道端に突き出た庚申塔は正面に「青面金剛」と力強く刻まれているが、側面は「十六丁、中山一り、市川新田、江戸両こく三り十丁」と西に傾いた陽のせいもあり前後の文字が読めない。胡録神社前に三猿だけが分かる磨耗した庚申塔がある。
左手は、塀から背の高い黒松が幾本も覗く大きな屋敷が多い。市川は企業の社長やお妾さんが住み、多くの文化人が愛し、昭和40年代は田園調布、芦屋に次いで所得の高い土地だった。

京成線菅野駅に入る道の入口に弘法大師坐像の道標があり、「左寿可野道」とある。 

八幡宿は、宿場の記録が殆ど無いのでくわしいことはよく分からない。江戸から一泊目がこの先の船橋宿であり、通過するだけの人が多かったようだ。
千本公孫樹の葛飾八幡宮。竹薮を削られる八幡不知森。
東昌寺のあたりが宿場の中心だったらしい。
左から木下街道が合流する。分岐点にある古い蔵が目立つ屋敷は中村邸。画家の東山魁夷を後援し、馬主としても有名だ。

 

船橋市

左に折れて法華経寺の参道を進むと総門。さらに参道を上っていくと山門がある。その門のすぐ左に、参道の賑やかさとは無縁のように静まり返った塔頭の智泉院がある。。11代家斉の側室、お美代の方はこの寺の僧の子らしい。お美代の方が産んだ溶姫は前田家に嫁ぎ、そのとき本郷の赤門が造られた。なお家斉が法華宗を信仰したこともあり大奥の女中がこぞって智泉院参詣に訪れたという。寺の僧と淫楽を恣にした女中もおり、やがて寺社奉行の摘発、処分を受ける事件になった。 

西船橋地区に入ると左手の方向に有馬記念の中山競馬場。1965年の有馬記念を寺山修司が語る。

シンザンが史上初の五冠馬になれるかどうか、ということが話題の中心だった。四コーナーを曲がるところで、(ミハルカスが)シンザンとぴったり並んで二人三脚のようにしたまま大外へぐんぐんふくれて行った。一種の無理心中で、二頭は四コーナーから直線へ向わずに、観客スタンドへ突っ込んで行った。満場騒然でしたね。ぼくの席からは二頭とも見えなくなった。芝生の上で消えてしまったという印象で、ハクズイコウやブルタカチホがゴールへ向って直線いっぱいになだれこんで行った。ところが、シンザンがスタンドのラチにぶっつかる直線で一度止まって体勢を立て直し、ミハルカスを振り切って一頭矢のようにゴールへ突っ込んで行った脚にはびっくりした。・・・ぼくは最後までシンザンの負ける馬券ばかり買って、あの馬にはやられっ放しだった。
(寺山修司・虫明亜呂無著「対談競馬論」より)

景勝の地であったという勝間田池を埋めた勝間田公園。元気に子供が遊んでいる。武蔵野線の高架をくぐる。山野浅間神社は小山の上にあるので、前に海が見え富士山が望めたというが、今は建物しか見えない。
海神交番前から旧道は左手に入っていく。赤門の大覚院があり、門前の廻国塔に「五千人供養塔 四十四ケ年間施宿」と刻まれている。

総武線の地下道をくぐると、行徳街道が右から合流する。その行徳街道を50メートルほど行くと、海神念仏堂がある。時代劇にでも出てきそうな一画で、入口の観音堂前の道標にはゆったりと大きな字で「右いち川みち 左行とくみち」と書いてあった。これは本来さきほどの街道の合流点にあったもの。

 
右手は昭和30年代まで賑わった新地。
街道沿いに散在していた江戸期以来の遊郭が、昭和3年、街道からいくらか引っ込んだこの場所に集められた。
今この地域には、営業しているのかどうかもはっきりしない小さな飲み屋が散在する。若松劇場の脇を入ると、かつての妓楼の建物が1軒だけ残っている。荒れるにまかせているようだが、総二階建ての大きな建物で、凝ったつくりの二階の手すりや、窓ごとに模様の違う桟にかつての華やかさを偲ぶことが出来る。
 
日枝神社。西向地蔵堂のあるところは古い時代のお仕置場だったらしい。

 
18時10分   総武線船橋駅    46252歩

トップへ戻る