奈良・上街道

奈良と、その真南にある桜井を結ぶ上街道21キロは、その半ばが古代の上ツ道をなぞっているので、上ツ道と呼ぶことも多い。
今回歩くに際しては、JR東海が平成16年に発行した「やまとみち」75号・76号を参考にした。

 

平成17年11月26日(土)

奈良市

6時40分 猿沢池の西堤から嶋嘉橋を渡る。
橋の下を細く流れる率川の石仏の転がる川床に降り、橋の名前の由来である橋桁に刻まれた「施主嶋屋嘉」の字を確認していると、朝早く散歩中のご婦人が当方をうさんくさそうに橋の上から見下ろしてスカートの裾を押さえる。

橋を渡ると、今御門町。狭い道の両側に旅館、飲み屋が並び、勿論、猿田彦神社も鎮座している。勝南院町・中院町・中新屋町・芝新屋町・元興寺町・井上町と、格子や虫籠窓のある古い町屋が残る家並みの中を進む。軒から身代わり猿を吊り下げた家もある。

二十数年前から始まった町おこしで、このあたりをならまちと呼んでいるが、もともとは奈良時代に栄えた元興寺の旧境内である。
日本最初の寺である飛鳥寺が平城遷都に伴ってこの地に移って元興寺と称したのだが、鎌倉時代以降荒廃し、密集する民家のなかに埋もれて、今は極楽坊や十輪院、そして江戸末期に焼失した五重塔の跡などだけが残る。近くに「飛鳥」小学校があるのはこの寺の生い立ちに由来するのだろう。
 

道は南へほぼまっすぐだが、町ごとに僅かにずれているので板切れを継ぎ足したようでぎこちない直線だ。
称念寺、誕生寺周辺の木辻遊郭の痕跡も見逃すわけにはいかない。
中辻町に現れる高層マンションにびっくりさせられるが、行政は景観に無神経である。
神木を伐るとたたりが怖いと、肘塚町の椚明神は道の半ばまで張り出している。
道端の二基の伊勢燈籠に文政十三年の銘がきざまれているが、その年(1830)の春におかげまいりがあった。この街道は平安貴族の長谷詣でや、江戸時代の庶民の伊勢参宮で大いに賑ったらしい。
能登川の細い流れが奈良の町の南端で、従ってこのあたりを都の果てということで京終と呼ぶ。


右手、畑一枚へだてたところ(この表現は上記「やまとみち」から拝借した)をJR桜井線が走り、遠くに生駒の山々のなだらかな稜線が霞む。
少しばかりの工場と町はずれの家並みを抜けると、左手に春日山・高円山から竜王山・巻向山・三輪山へ連なるいわゆる青垣山。周りに田んぼが増えてくる。
 
溜め池の堤が小高く続く。

この溜め池の斜め奥に聖武天皇の別宮があったそうで、万葉集に「・・伊久里の杜の藤の花・・」と歌われた井栗の森が残る。街道をはずれて左手を並行する国道169号を越えると、その森があり、ほの暗い神さびた森の中に社殿を4つ連ねた穴栗四社大明神が鎮座している。
しかしこの由緒ある森が、うずたかく積まれた建設残土と建設機器置場に挟まれていたのは残念だ。

 
南永井町の家並みが帯解の集落へ続き、道沿いの地蔵院川が西に曲がり地蔵院橋を渡ると安産祈願で知られた帯解寺の前に出る。

帯解とは艶っぽい地名だが、その語源は、一般に語られる無事に生まれて腹帯を解くのでなく、奈良盆地に張り出した小高い帯状の意味でのオビトオゲにあるようだ。

帯解寺の門前から小高いトオゲに上り、柿ノ木茶屋・橘屋・吉野家などの旅籠があった古びた家並みから正木坂を下るところに竜象寺がある。

境内に散る落ち葉を掃いていたご婦人に、小さな本堂を開けてもらった。
お堂の14畳の大きさの天井いっぱいに黒々とした竜が棲んでいる。これを描いた狩野春甫の名もある。
竜が夜になると天井を抜け出して泳いだという広大寺池は、JRの線路の向こうにあったが水を抜いてあり、これでは竜も泳げない。

 

天理市

街道に沿って延びる蔵之庄町の中ほどで菩提仙川を越えると、大和棟の屋敷が残っている。主屋の屋根が段違いになった奈良地方特有のものだが、残念ながら勾配のきつい藁屋根の部分が金属製に変わっていた。
楢町に入ると街道に面して楢神社があり、銅の鳥居をくぐる。正面に八代目市川団十郎が奉納した井筒があり、成田屋の定紋である三升が刻まれている。八代目はその後大阪の旅宿で謎の自殺を遂げている。
 

櫟本町は交通の要衝として大いに賑ったところで、高瀬街道と交わるあたりに旅籠・茶屋があったという。「右ほう里うじ 左はせミち」の道標がある。高瀬川沿いに大振りな屋敷が連なる。
街道をはずれて左手に見える赤い鳥居をくぐり長い参道を進むと、古墳の上に和邇下神社があり、林のなかに柿本寺跡と柿本人麻呂の墓と伝えられる歌塚があった。
 

戻って高瀬川に架かる土橋を渡ると、天理教教祖・中山みきが投獄されていたと伝える明治期の奈良警察署櫟本分署の建物がある。
市場自治会館の横、かつて人馬が行き交った「馬出」と呼ばれるところに古びた町屋が残り、その一軒の前に今も馬繋ぎの横木がある。
名阪国道をくぐると在原寺跡。業平はここから竜田山を越えて河内・高安の女のもとにはるばる通ったのだろうかと妻は首を傾げる。
左に入った袋小路に石上市神社。

 

家並みが切れ目無く続く。
「ようこそお帰り」と大書した天理教徒のための大きな宿泊施設である母屋が次々現れ、次第に天理市街の中心である川原城町に入り、天理教本部へお参りする信者で溢れる天理本通り商店街と交差する。
旅籠でもあった油屋旅館は最近店を閉じたらしい。
手前の路地を入って「すぐ ミわはつせ たふのミ祢いせ道」の道標があるという旧川原城会館に行くと、そこは民家になっていて庭に道標らしきものは転がっているが確認できない。

国道25号を越えると丹波市町。室町時代から丹波庄の市場すなわち丹波市として活況を呈したという。
北流・本流のふたつの布留川に架かる橋を渡り、造り酒屋やかつての町屋を過ぎると突然道が広がる。丹波市の市場跡だ。道に張り出した木造覆屋がそこだけに残る「丸徳」のおばあちゃんにお話を伺う。

昔は近郷から皆ここへ買いに来て賑やかだった。
今の本通り商店街のあたりは藪と呼んで、遊びに行くと小鳥に捕られるから危ないと言ったものです。
うちは紙屋で、雨に濡れると困るから覆い(明治時代につくられた陽屋根)が今もあります。
前の(重厚な町家は二軒とも)呉服屋でした。道の真中の水路は魚屋が鮮魚を洗ったり、馬の飲み水に使っていましたが、2年ほど前に暗渠になりました。

百メートルほどの市場跡の端に、市座神社がある。
 

工場や事業所やアパートを抜けると視界が開けて、左手に色づいた竜王山・巻向山・三輪山の峰が続く。その山裾を巡っているのが山の辺の道。右手遠くに二上山が霞む。福知堂町の八坂権現の少し先の藤棚の下に、文化十一年(1814)春に建てられた「草臥れて 宿かる比や 藤の花」の芭蕉の句碑がある。芭蕉は笈の小文でこの街道を紀行している。
道はここで大きく東に折れて、竜王山に連なる山に向って進み、国道169号を跨ぎ、朝日観音堂からまた南に下って佐保庄町を抜ける。

 
ここから桜井・大神神社参道あたりまで、上街道は古代の上ツ道を正確に辿っており、そこはまた日本最大の前期古墳群である大和古墳群の地域である。国道を越えて兵庫町を過ぎ成願寺町に入るとさっそく馬口山古墳が横たわり、その横の広い長い参道の先に大和神社が鎮座している。第10代崇神天皇という神話から歴史に移る頃の創祀だという。
 
柳本町は織田信長の弟である有楽斎の五男尚長が一万石で立藩した陣屋町で、家老屋敷や陣屋の門に名残りを見つけることが出来る。
竜王山の山裾にある長岳寺からの道が交差するところに、五智堂と呼ぶ、四方の支柱を取り払うと傘の姿になる奇妙な小堂が道脇に突っ立てている。
町屋の家並みが続く街道から少し入ると、三十三面もの三角縁神獣鏡が出土して邪馬台国畿内説を力づけた黒塚古墳がある。

直木孝次郎・甲子園短大教授は「(三角縁神獣鏡が)仮に国産だったとしても、今回の発見は畿内説に有利な材料。当時貴重だった銅を使って何百枚もの鏡を作るには、相当な財力と高度な技術者が必要だ。邪馬台国のほかには考えにくい」と指摘する。
(平成10年1月10日付朝日新聞より)
展示館があり、この前方後円墳にのぼることも出来た。


 

桜井市

JR巻向駅の手前、穴師大明神の鳥居前から街道を逸れ、桜井線を跨ぎ、纏向団地を抜けると、巻向小学校脇に纏向石塚古墳勝山古墳がある。この二基の古墳の周壕から出土した木製品の年代測定の結果が考古学関係者を驚かした。

(板材の原木の年輪年代から)西暦200年を境にして、狭い年代幅で前後した伐採年が推定できた。・・・
現在、中学校や高校の日本史の教科書には、邪馬台国の女王、卑弥呼は弥生時代後期の女王で、248年頃に死んだ、とある。となると、纏向石塚ならびに勝山の墳丘墓二基の周壕内から出土した板材の年輪を見る限り、卑弥呼が女王の時代に100メートルを超えるような墳墓がすでに造られていたことになり、卑弥呼は弥生時代の女王でなく、古墳時代の女王になりかねない。
(吉川弘文館発行「日本の時代史 日本史の環境」より)

 
街道に戻る。  桜井線と巻向駅で交差するが、邪馬台国の跡とも言われる纏向遺跡は、この巻向駅を中心とする東西2キロ 南北1・5キロの広い範囲だそうだ。先ほどの二つの古墳は遺跡の西北の縁に位置する。
 
国道の高架をくぐると、鬱蒼と木々が繁って小山のような箸墓古墳がぐんぐん迫ってくる。大物主神に去られ、箸で陰を撞きて薨りましぬ倭迹迹日百襲姫の墓である。大きな黒い塊になって迫ってくるのは姫の怨念だろうか。卑弥呼の墓との説も有力だ。

上ツ道とみられる盛り土遺構が、桜井市箸墓の水田で見つかった。日本書紀には大海人皇子と大友皇子が皇位を争った壬申の乱(672年)での戦いが、この付近の上ツ道であったとする記述がある。同市教委の福辻淳技師は「今回の遺構付近で戦った可能性はある」と説明する。
(平成17年11月1日付毎日新聞より)
周りの水田に目を凝らしたが、掘り返した跡がよくわからなかった。

 

箸墓古墳と道を隔てた三輪素麺の山本の前から、国津神社の境内を抜け、最古の古墳とされているホケノ山古墳にも足を伸ばした。ホケノ山古墳の直ぐ下には、最近 天理大の学生グループがレーザー探査をしてホケノ山古墳よりも古いかもしれないとの説を発表した堂ノ後古墳が見える。名古屋から来たという若いアマチュア考古学者が二つの古墳に上ったり下ったりカメラをかまえたりしては感嘆の声をあげていた。 

箸墓古墳の後円部の傍らを過ぎ、芝町を抜け、大三輪中学の先でカーブして、ほどなく大神神社の大鳥居を右に見て新参道を横断する。突き当ると明治中期まで大いに賑った三輪の馬場先だ。古い家並みを通り、「左はせいせたふのミね よしの大ミ祢山上」の道標に従って左折し、恵美須神社前を右折すると、「みむろ」の白玉屋旧本店や「三諸杉」の今西酒造などの重厚な商家が並ぶ。
街道はそのまま三輪の町を抜けるが、ここまで来て大神神社を参拝しないわけにいくまい。少し戻って二礼二拍手一拝。もちろん三輪そうめんも食べました。

 
初瀬川に架かる出口橋の手前を左に折れ、JR桜井線の初瀬街道踏切を越え、まっすぐに金屋の集落に入る。ここに日本最古の市であり歌垣でも有名な海石榴市があったというが、三輪山の山裾に今風の民家が建ち並ぶ、ごく普通にしか見えないこの集落とどう繋がるのか途方にくれる。
県道に出て初瀬川の堤沿いを進み、車の激しく行き来する国道165号を越えたところで、伊勢・初瀬街道と合流する。人影もなくひっそりとした慈恩寺の追分である。

16時40分     近鉄大坂線大和朝倉駅    51598歩  (了)


トップへ戻る