奈良・下街道

江戸時代、奈良盆地の南北をつないだ街道のうち、上街道は古代の上ツ道をなぞり、中街道は中ツ道ではなく下ツ道の跡を辿る。さらにその西側を通っているのが下街道で、郡山を起点に、筒井のあたりから南西へ斜めに下り、額田部・小柳・高田へと南下し、御所を通って風の森峠を越え、五條へと通じる。

しかし下街道についての資料は少ない。今回 この街道を歩くことができたのは、その道筋を国土地理院発行の2万5千分の一の地図に書き込んでくださった奈良大学地理学教室土平講師のお蔭である。お礼を申し上げたい。

 

平成18年11月15日(火)

大和郡山市

近鉄郡山駅から数分のところにある洞泉寺町の遊郭跡を尋ねる。
江戸初期からここに遊郭があり、幕末には6軒、昭和初期には17軒が見世を張っていたという。今も、細い路地の両側に三階建てを含む木造の数棟がある。前面には細い格子がはめ込まれ、艶かしいハート形の下地窓が見えるのもうれしい。昔の姿そのままの大廈高楼が残っているのは奇跡ではないか。近くの岡町もまた有名な花街で、洞泉町よりも密集して建物が残っている。
柳沢家15万石の城下町にも新しい高層マンションが建ち、かつてのたたずまいを失いつつある中で、これら傾城町だけは時が止まっている。それにしても朝一番から遊郭の話で妻は呆れ顔。

7時  スタートは城下町の外濠にあたる柳町5丁目
車一台の道幅の道が、ところどころに低い軒先を残す家々の間を縫って南に延びている。
天井町に来て家が途切れると、東は高円山から龍王山へ連なる山なみ、そして西は生駒・二上・葛城の山々が見え、奈良「盆地」の中を歩いていることが実感できる。
大和路線本庄踏切を越えると、金魚池がある。郡山は金魚の町でもある。今年8月行なわれた第1回金魚検定の問題によると、郡山市の面積のうち43分1が金魚池である。

一旦広くなった道がまた狭くなると筒井町。戦国時代の武将・筒井順慶の本拠地である。

「洞ヶ峠を決め込んだ」順慶だが、幼い頃父が病死した。その父は臨終にあたって、喪を秘し、木阿弥という奈良に住む盲目の琴の師匠を身代わりに立てさせた。顔色・声色とも似ており、誰一人疑うものはいなかった。
一周忌を迎えて父の死を公表したとき木阿弥の使命は終わり、「もとの木阿弥」に戻った。

筒井駅へ右折するところで逆に左へ家々の路地を抜けると、「筒井順慶城趾」の石標が畑の隅に立つ。と書いたが、実はこの石標がなかなか見つからず、通りかかったお年寄りに尋ねてようやくたどりついたもの。二つの諺を残した武将の城跡は、家々に取り囲まれた蓮池や畑になっている。

筒井駅を過ぎると、右手を並行していた近鉄の線路が、左手に移る。
西名阪自動車道をくぐり、昭和町、額田部北町・寺町に入ると、これまで真っ直ぐに南下してきた道はくねくねと曲がりながら南西に向きを変えて集落を抜けていく。

額田部は「額田嫁にやっても荷はやるな」というように、大和川岸の低湿地帯である。
ヌカタは「沼ケ田」か。ヌカはヌカルミのヌカであろう。
(池田末則著「大和古代地名辞典」より)
額田王と結びつくものはなさそうだ。

村の鎮守らしき推古神社の傍らから少し右に入ると、聖徳太子ゆかりの額安寺がある。寺号の額安は、推古天皇が額を傷つけられた際ここに平癒祈願したことに由来するという。とすると、先ほどの推古神社も見かけによらず只者ではない。
この寺で剃髪をした忍性の墓があるというので寺の裏手に廻る。ゆるやかな鎌倉坂の途中の一画に8基の五輪塔が並び、なかで一番大きなのがそれらしい。
ところで、鎌倉坂の道は天平宝字5年(761)頃に描かれた額田寺伽藍並条里図に載っている。なんと奈良時代から続く道なのだ!!

額安寺から窪田の集落の曲がりくねった道を進んで、二重の堀で囲まれた中家の屋敷に立ち寄る。中家は筒井順慶と縁戚関係にあった土豪だという。御婦人の団体がガヤガヤと屋敷内を見学中なので当方はすぐに退散。
このあたりは河川改修のため街道は失われている。大和川の堤防に上がり、前方にゆったりと横たわっている二上山と葛城の山々を見ながら進み、馬場尻橋で大和川を渡る。

磯城郡川西町

すぐ寺川に架かる吐田橋を渡る。田んぼの中の一本道だったはずだが、大日本印刷の工場が田んぼをつぶしたので、左手の島の山古墳の大きな森の見える田園風景が狭まっている。

川西町、その南に隣接する三宅町、さらにその南の田原本町の一部を含めた地域は、奈良盆地の底ともいえるほど低湿地帯で各河川が合流する、言い換えれば交通の要衝で、大和政権の屯倉が置かれた土地だという。島の山古墳の被葬者はその屯倉を管理した重要人物らしい。

唐院の集落に一直線に入り、集落の真中で直角に曲って西に向かう。飛鳥川に架かる唐院橋のたもとに立つ地蔵の台石に「右 なら 郡山 左 法隆寺 大坂道」と刻まれている。但し昔あった位置とは違うようだ。
当初はここで寄り道をして、保田の集落の六県神社と富貴寺まで足を伸ばす予定だった。しかし午後から雨が降る天気予報が気になって、寄り道をせずに先を急ぐ。

磯城郡三宅町

曽我川と飛鳥川に挟まれた小柳の集落を抜け、曽我川を越えて、今度は葛城川の堤防を南下する。二上山が迫ってきた。

北葛城郡広陵町

近鉄田原本線の踏切を越したところで右に折れて枯木橋で葛城川を渡り、一旦西に向かう。
そのまま数百メートルほど真っ直ぐに行ったところにある集落が大野。この大野から大坂に出て古物商を営んだ植村宗八の長男が植村宗一。

植村宗一の植の字を二字にして直木とし、年令の三十一を用いて直木三十一をペンネームとして毎年一を加えて、三十二、三十三、三十四と名を替えて三十五で打切った。〔直木賞に名を残す作家直木三十五の誕生である。〕
直木は、大野のタニシが好物だった。しばしば大野に帰省したが、時には東京から飛行機で大坂に帰ったこともあった。
(「広陵町史)より)

街道は箸尾駅から真っ直ぐ延びてくる道に合流するように左折して南下する。
教行寺の大きな甍がゆったりと空を切っている。

箸尾御坊といわれる教行寺は隣の田原本の町並みの骨格を造った真宗寺院だが、田原本の支配権をめぐって領主と争って江戸初期に箸尾に退転してきた。

このあたりも土地が低く水害に悩まされたらしく、「水つき一番、日やけ一番、嫁入するなら箸尾やるな。」という言葉があるが、この寺の前から一直線の道の両側には、そんな言葉が信じられないほどの賑やかな商店街が昭和40年代まではあったようだ。今は食料品店、時計屋、自転車屋、化粧品店などがポツンポツンと残るだけだが・・・。
近くのお年寄りが集う食料品店でパンを買い、教行寺の石段に腰を掛けてパクパク。

古寺の集落から右に入って寄り道。斉音寺の集落を抜け讃岐神社に着く。このあたりが竹取物語の舞台らしい。今も竹藪が多い。

「いまは昔 竹取の翁といふもの有けり 野山にまじりて竹を取りつつ よろづの事に使ひけり 名をば さかきの造となむいひける」
翁の名はサカキではなくサヌキであり、散吉郷(現広陵町三吉)と呼ばれるこのあたりを中心とした物語というのが学界の通説らしい。地図を見ると周辺には古墳が集積しているが、その中にかぐや姫に言い寄った色好みの貴公子の墓もあるのだろうか?

街道に戻り、環濠集落の南郷を突き抜ける。
予報と違って一向に雨が降らず、きつい陽射しが容赦なく顔に突き刺さり、妻が悲鳴を上げる。

大和高田市

昭和7年までは、高田川が町を東と西に分けており、川の西側を川西、東を川東と呼んで、農業を中心とする川東の本郷と商業を中心とする川西の寺内町が、政治経済的に競い合っていたともいう。
(JR東海発行「やまとみち」より)

 JRの高田街道踏切を越えて本郷地区に入る。
悲しいまでに寂れた商店街をはずれ、JR和歌山線の踏切を越えて線路伝いに右折。片塩小学校の校門を過ぎ、校舎の横に廻り込むと、少し明けた空間に樹高二十メートルの榎の巨木がそびえ、傍らに高田城址の大きな石板碑が立っている。城は筒井順慶に破却された。

隣接する常光寺の境内へ、ここは高田城の城主だった當麻氏の氏寺である。
地蔵堂の横に、西鶴の「好色五人女」に出てくる「八百屋お七」のモデルになったという「志ち」の小さな墓標がある。八百屋お七は江戸・本郷追分にある大店のひとり娘のはずだが・・・

寺に伝わる大数珠の親玉には「享保十年十月十四日志ち菩提」と彫ってあったという。また享保年間の過去帳には死刑囚三人を供養したことが知るされ、その中に志ちの名があったともいう。しかしどちらも昭和三十八年の火事で焼失し、大数珠の写真だけが残っているそうだ。
(「やまとみち」より)

伊勢参りで賑った横大路を進むと長谷本寺の前に、「すく大坂 さかい道」の道標がある。「すく」は真っすぐのことだという。この手前の左角に辻甚という屋号の料理旅館がモダンな装いで建っている。この宿は、この辺りで獲れた木綿ワタや菜種油を取引した商人たちの宴会に大いに利用されたらしい。
なお専立寺を中心とする寺内町は街道の右手で、幾筋もの商店街がかつての繁栄を物語り、古い屋根瓦で葺かれた家が並ぶ。家の前に昔懐かしい赤いポストがあって、それがピタッと収まっている光景がある。

15時35分  近鉄南大阪線 高田市駅  44768歩
・・・雨が降り出したのは17時過ぎ。この日の最高気温21度。

 

平成18年11月16日(水)

7時  近鉄・高田市駅前を出発。
すぐ磯野南町に逸れ、甘田川に架かる磯野橋を渡る。
磯野は静御前終焉の地といわれている。すなわち生母磯野禅尼の住む故郷を慕ってこの地を訪れ、ここで一生を終わったらしい。
春日町の住宅の中をくねる細い道から、やがて車の行き来が激しい広い国道に出る。

葛城市

右手に柿本の集落がある辺りで、右に曲がる国道から別れてそのまま直進する。
小象が伏せたような形の畝傍山が左手に浮んでいる。
左手1キロに根成柿の集落がある。作家 宇野浩二は根成柿の集落の料理屋で仲居頭のようなことをしていた母のもとに身を寄せていた。

中庭のむかうは隣家の土塀と屋根にくぎられて、晴れた日はその上に蒲団をかぶせたやうな恰好で葛城山の姿が迫ってゐた。その美しい葛城山は彼の心をしづめた。
(宇野浩二作「枯野の夢」より)

その葛城山のすこし色づいた山肌が右手間近に近づいてきた。山の息吹が聞えそうなほど近い。
このあたりは4,5世紀頃、葛城川流域に勢力をふるった葛城族が治めた葛城国のほぼ中央部で、今歩いている忍海は葛城族が新羅から連れ帰った捕虜を住まわせたところ。
ほぼ一杯に通勤・通学客を乗せた2両編成の電車が走る音で、右手をJR和歌山線が並走していることに気がついた。

(はじかみ)という珍しい名前の集落に入る。
重そうな瓦と白壁、黒光りする格子戸のある屋敷に染美堂の看板が掲げてあり、玄関先で掃除をしていた奥さんが、屋敷のなかのギャラリーを案内してくれた。

近世このあたりで大和絣が盛んに作られ、その卸問屋をしていたそうだ。当時使われていた墨流し染の技法を、御主人が復活させ、さらに発展させたらしい。今や国内はもとより、外国で好評だという。ギャラリーには、流れるような曲線模様の色とりどりの華やかスカーフやネクタイが並んでいる。
我々が五條まで行くのを知って、奥さんは「五條には八木・今井町に負けないほど江戸時代の建物が残っていて、見事なものよ。頑張って。」と元気をくれる。

御所市

JR御所駅から東に、江戸初期の街並みがそのままの旧御所町がある。そこでは碁盤の目のように整然と家並みが軒を連ねる。意匠豊かな虫籠窓と袖壁、白い壁と漆喰、飴色の格子。観光化せず、このままそっとしておきたい景観だ。

橋の上から、戯れているアヒルを眺めながら鴨口橋を渡る。やがて参道の奥にこんもりとした社叢に覆われた鴨都波神社がある。この神社は葛城古道を南に辿ったところにある高鴨神社とともに、京都の上・下賀茂神社の本家にあたるという。
国道に合流し、葛城川と並行して進む。
右手に、黒い金剛山がせり出してきた。とともに金剛おろしと言うのだろうか、冷たい風が一層強くなってきた。

の集落に宮山古墳の森がうずくまる。
この墳丘の裾にある八幡神社の前でボランティアガイドの杉村さんが声を掛けてくれた。

ここは昔秋津村と言ったところで、大和の枕言葉のあきつしまの発祥の地です。
この古墳は、その規模の大きさから葛城族の有力者の墓と思われます。
竪穴式の石室と石棺に使われている石は、遠く兵庫県の加古川付近から運ばれた竜山石です。
早い時期に盗掘に遭って、石棺が覗く穴はその際に開けられたものです。昭和25年 私が小学生の頃に見た石棺の内部は、鮮やかな朱色が全面に塗られていました。
この古墳に引っ付いている神社名が八幡というのは解せないのです。もっと古いものだと思うのですが・・・

杉村さんは親切な人だ。一緒に古墳に上がって説明をしてくれたうえ、近隣の地図を取りに家に戻り、バイクで私達を追っかけてくれた。バイクにちょこんと愛犬を載せて。小学校の登下校の安全監視員もしているという。

一旦国道に戻るが、また国道から離れて小殿の集落を抜けていく。
梅の老樹の横に式内大葛木御歳神社と刻む古い石標が立つ。

近づくと御神体である御歳山に抱かれて神さびた社殿がある。江戸期に春日大社の本殿を移築したもの。社格は葛城随一。穀物を司る神で、お守札はイナゴ退治に効くらしい。

葛城川を遡る。山道を進む。
船路の集落に入り、山裾の船宿寺に上る。境内を埋めるツツジが自慢らしいが、寺の若奥様の演奏も聴いてみたい。大阪音大出のピアニストなのだ!
風の森峠で国道に合流し、あとは一目散に五條に駆け下る。

五條市

途中、住川町で、奈良盆地の真中を南下してきた中街道と合流し、今井町で国道と別れて真っ直ぐに街の中心に向かう。
14時10分  ゴールの五條代官所跡の市役所に到着。  37142歩

市役所の前の植え込みに代官所跡の碑があり、幕末 尊王攘夷の天誅組が代官を殺し代官所を焼き払い、しかし朝敵となり、全滅に至った経緯が書かれ、「天誅組の変は明治維新のさきがけとなるものであり、五條が明治維新発祥の地と言われるゆえんである」と結んでいる。 

昼食も摂らずに、というか街道筋に食堂がなかったので休憩もせず、予想外に早く五條に着いた。帰りの電車は一時間に一本しかないことでもあり、遅い昼食を摂り、ゆっくりと五條を見物することにした。

五條はながく地方の行政の府であったために商人や職人がここにあつまり、しかも土地が狭小で、当時から町並みや街衢が混雑していた気味があった。その昔の混雑が、いまは苔むし、かつは煤けているという不思議な味わいなのである。
(司馬遼太郎著「街道をゆく 十津川街道」より)

不思議な味わいを堪能しようと市役所から斜めの道を引き返し、国道を渡って南に行くと新町筋の入口がある。
そこへ行く途中の右手に栗山邸がある。母屋の大屋根の曲線がゆったりとして素晴らしい。慶長12年(1607)の棟札があり、日本最古の民家といわれる。
そのすこし南を西に曲れば旧伊勢街道・新町筋である。西端まで約1キロ余り、格子戸の家の続く中に、白や黒の漆喰で固めた土蔵造りの二階家も混じり、昔の宿場町の面影を色濃く残している。
「大阪の食い倒れ、京の着倒れ、奈良の建て倒れ」という言葉があるそうだ。今回歩いてみて「奈良の建て倒れ」が嘘でないことがわかった。それほど街道沿いの家々は、白壁の塀を廻らし土蔵を持つ豪壮な屋敷構えが多かった。

16時10分  JR和歌山線 五条駅  43922歩

下街道は奈良の観光コースではないので、注目されることは少ないかもしれない。
しかし江戸期あるいは明治期まで人や物が盛んに行き来した街道であることを、地元の人さえも忘れているのは些か残念だ。(了)

 トップへ戻る