奈良・中街道

そして鋭く風を切るうちに百合は徐々にしだれて、楽も舞も実になごやかで優雅であるのに、あたかも手の百合だけが残酷に弄ばれているように見えた。・・・見ているうちに、本多は次第に酔ったようになった。これほど美しい神事は見たことがなかった。
(三島由紀夫著「豊饒の海」より)

百合の祭といわれる三枝祭で有名な率川神社は、近鉄・奈良駅から歩いて数分の街の真ん中にある。
祭が行われるのは毎年6月17日、神社の狭い境内は、笹百合を手に清く楚々とした巫女の舞を見ようと集まる人で溢れる。
今回の街道の起点は率川神社に近い。

 

奈良市

平成19年12月30日(日)

9時45分  三条通りが小西通りと交差する角振町からスタートし、南進する。
すぐの地蔵堂前の「中街道」の案内板が、このあたりには「江戸時代から明治、大正、昭和の初期まで豪商が軒を並べていた」と教えてくれる。今はごく普通の商店、民家が続く。
椿井町に、しっかりとした造りの瓦屋根と漆喰の白壁。この建物は創業四百年余、奈良墨の老舗「古梅園」の本店と工場である。道の向かいにある新しい校舎は、明治6年開校の椿井小学校。
南城戸町、南京終町と真っ直ぐに南下した道が、JR桜井線京終駅西の中街道踏切を渡る。

中街道の全道筋を教えてくれる書物、文献は皆無と思われる。とりわけこの街道は途中で古代の下ツ道に合流するが、その万葉の道は随分西を南下しており、ここ京終町から下ツ道までどのように斜行するのか分からなかった。その窮地を救ってくれたのが奈良大学の土平先生だ。前回の下街道同様、今日も土平先生から頂いた地図を手に歩いている。

住宅、駐車場、工場が混在する南京終町を右に左に折れて進む。
能登川の細い流れを渡ると、筆ぺんの呉竹がある。かつては年賀状を書く際に大変お世話になったが、今は香典を包むときぐらいかな・・・。

百年以上の歴史があっても墨業界ではニューフェイスなのです。店を大きくするには、顧客の開拓だけでなく新製品の開発も必要です。
・・・筆ペン一本やりの時代は過ぎ去りました。融雪剤や自光式標識、道路鋲は、筆ぺんとはなんの関係もなさそうですが、墨のもととなるカーボンで結びつけています。いまふうに言えば「カーボンのつながり」です。
(NHK出版発行「知るを楽しむ・・・長寿企業は日本にあり」より)

JUSCOの脇で交通量の多い旧国道24号に出る。
街道は、この旧国道に纏わりつくようにあったのだが、道路が改修された今、その跡を辿ることはできない。
北之庄町を過ぎたあたりで、旧国道から逸れる街道を見つけたが、すぐに地蔵院川に阻まれる。

 

大和郡山市

街道は上三橋の交差点から斜めに入るが、これは古代の中ツ道の跡でもある。
最初は裏道のように雑然としていたが、やがて田園風景が広がる。
矢田丘陵と青垣の峰々が左右遠くに延びる。

風がうなり、雲が飛んでいる。年末年始の天気は荒れ模様の天気予報だった。
井戸野町のはずれで菩提仙川を渡る。
小さな流れの楢川を渡るあたりから、街道は河川改修のため一旦消える。

櫟枝町で現れて西へ、横田町では和爾下神社を過ぎて南に折れる。
突然 雹が音を立て、人々のあわてる声がする。
西名阪自動車道をくぐり、南六条北方を西へ進む。

国道24号を横切ると八条町。ここで漸く古代の下ツ道と重なり、あとはひたすら南に歩くだけ。
道端に立つ鳥居は、式内郷社菅田神社の一の鳥居。
国道24号バイパスを越える。
裏の佐保川で捕った鰻を出していた老舗の鰻料理店「綿宗」の時代がかった店がある。しかし年末のためか、店は閉まっている。鰻が好物の妻が残念がる。

 

天理市

近鉄天理線・二階堂駅西の踏切を渡る。街道は狭く、両側から家が迫る。

二階堂上ノ庄、同南菅田、同北菅田は、かつて下ノ道(のち中街道)の幅員が42・5メートルであったのを、双方から蚕食し、著しく道幅を狭め自動車が通ると道いっぱいになる。両側の家並みは町名を異にするが「ニカイドウスジ」という象徴的な小字名となっている。
(奈良文化女子短大紀要 第30号 廣吉壽彦他による「下ツ道(中街道)の変遷と現状」より)
今日歩いてきた道で、道幅が家ごとに違うように見えたところが結構あったのも、同じようなことなのだろう。

二階堂の集落を抜けると、街道は嘉幡川の堤上に延びる。堤の右に磯城郡川西町の、左に天理市嘉幡町の家並みが集まっている。
下ツ道に入って地蔵堂や道標が多く、堂内を覗いたり、刻まれた字をなぞったりと忙しい。
布留川北流と大和川の合流点を渡ると、庵治町
町はずれ、センダンの古木の根元に地蔵堂がある。堂内の地蔵は、なんと!戦国時代の天文2年(1533)からここにいるらしい。

 

磯城郡田原本町

西代今里の集落を抜ける。
正月準備の煮しめの匂いが漂ってくる。
弥生時代の唐古、鍵遺跡がすぐ横であることを、マンホールのふたに描かれた楼閣が教えてくれる。
寺川で、堤を300メートルほど下ると、今里浜跡である。川べりの説明板だけが、明治中期までの河港の賑わいを伝えている。

大和川船運の寺川筋の船着場で、・・東には中街道が通っていることから、奈良盆地の物資流通で重要な位置を占めました。
大阪から遡航する際には、塩、雑貨、肥料を、大和から下る際には農作物を運びました。

堤の下の杵築神社の榎の大木に麦藁の蛇(じゃ)がとぐろを巻いている。田植え前に行われる「蛇巻き」祭事の名残だ。

街道に戻り、寺川に架かる安養寺橋を渡ると八尾で、鏡作部の氏神である鏡作神社がある。
田原本に入る。

奈良県の人々は、青垣の山々に囲まれた平野部を「国中(くんなか)」と呼ぶ。
奈良盆地のほぼ中心に位置する田原本は、その国中の「へそ」ともいわれる。

季節はずれの話題だが・・・
大正期後半から昭和中期まで、奈良県は西瓜の一大産地で、田原本はその中心だった。
今、西瓜の生産は他府県に譲ったが、田原本で生み出されて一世を風靡した富研号のDNAは、今も全国シェアの大部分を占める。

田原本には、楽田寺の門前町、教行寺の寺内町、田原本藩の陣屋町、そして寺川の水運と繋がっていた問屋町とさまざまな顔がある。
その積み重ねた歴史の一端を見ようと、街道をはずれて散策した。
釣鐘門を改修中の楽田寺、教行寺跡のある本誓寺と浄照寺、高橋の西詰にある奥地蔵尊、領主平野氏の本貫地である尾張国津島に因んだ津島神社、大峰山・吉野と刻んだいくつかの道標・・・。

田原本を出ると、寺川左岸の道となる。堤には桜が植えられており、春はさぞ綺麗だろう。
二上山が二つの峰をくっきりと見せているが、峰続きの葛城山の頂きは黒い雲に隠れている。
多神社の鳥居がある。このあたりの多氏の氏神で、古事記を編纂した太安萬侶は氏の長者。

 

橿原市

堤の上を一キロほども行くと寺川の流れは左に逸れるが、そのまま真っ直ぐ、こんどは米川沿いをたどる。
前方に、横たわるような耳成山が見える。
さらに1キロほど先の上品寺町で左に折れる米川と別れる。街道はもちろん直進する。
上品寺古池の先に、畝傍山がお椀を伏せたような姿を見せている。

八木の市街に入り、国道24号を横切り、近鉄大阪線の線路を跨ぐ。
ほどなく、細い街道が道幅を広げて四つ辻まで続いている。鎌倉期から近郷のさまざまな品が並んだ「八木市」跡で、四つ辻は札の辻と呼ばれる。

竜之助は西から来て、この札の辻の前に立った。――この札の辻の傍には大きな井戸があって、四方には宿屋が軒を並べている。さしも客を争う宿引も、ナゼか竜之助の姿を見てはあまり呼び留めようともしない。
(中里介山著「大菩薩峠」より)
ここに書かれている井戸が、今は蓋で覆われているが札の辻の東南角に確かにある。

16時50分   八木・札の辻    36353歩

 

平成20年1月2日(水)

7時30分 近鉄八木西口駅に降り立つ。
スタート地点の札の辻に行かないで、街道の西に並行する道をしばらく歩いて、いくつかの見所を辿ることにした。

まずは、5分ほど歩いて飛鳥川にかかる蘇武橋を渡ると今井町である。
「大和の金は今井に七分」といわれ、江戸中期まで南大和地方の商業の中心地として繁栄した町。出格子に虫籠窓、本瓦葺きの屋根に煙出し・・寺内町として栄えた町衆の暮らしぶりを今に伝える町屋が500軒連なる景観は圧巻である。
テレビ東京「出没アド街ック天国」の2007年7月7日放送の「懐かしい風景が残る街」の全国第一位に輝いた究極の懐かしい街が今井町。キンキンと司会をしている浴衣姿の似合うマリリンも大感激である。

まだまだこんなに美しい街が残っているんだという驚きと共に、日本ってとてもきれいな国なんだぁと、もっと日本が好きになりました。
(「大江麻里子の出没!日記」より)

今井町を出て、四条町をかすめて、広い通りに出る。綏靖天皇陵の横に神武天皇陵がある。

平安時代ころまでは、その(神武天皇陵)の場所として四条村の塚山(現綏靖天皇陵)と山本村のミサンザイ(現神武天皇陵)がもっとも有力視されていたという。
江戸時代に入って畝傍山の東北の尾根上にある丸山が本居宣長・蒲生君平らにも支持されて一躍本命視されることになった。
しかし文久3年(1863)本命の丸山ではなく、現在のミサンザイに決定された。ミサンザイに決定される経過については、本命の丸山のそばに被差別部落が存在し、それを移転させるだけの時間的余裕がなかったからであろう、といわれているが
(吉川弘文館発行「街道の日本史 奈良と伊勢街道」より)

入口から御陵までの玉砂利の敷かれた参道を進む。正月だからといって記帳所は置かれていないが、いつもより御陵に近づいて参拝ができる。しかし我々以外人の姿はない。

御陵の前の大久保町の家並みの向こうに、天香具山が覗いている。
畝傍山をはさんで橿原神宮がある。神武天皇の橿原宮跡である。大勢の人の流れに混じって初詣をする。

近鉄橿原神宮駅東出口から、国道169号に出る。これが久しぶりに会う中街道である。
見瀬バス停で国道を逸れて左に行くと大軽町。
街道は右の細い道に入り、街道筋の面影がどことなく残る見瀬の集落を抜けていく。正月らしく大きな葉牡丹が玄関に置かれている家が多い。
岡寺駅あたりで近鉄吉野線とニアミスし、すぐ離れて国道を横切って、みかん畑のある丘の中腹を進む。欽明天皇陵がある。

 

高市郡明日香村

道を下って国道に戻ったところに、みみなほし地蔵の小祠があり、国道を挟んで向かいには岩屋山古墳のこんもりとした森がある。
国道際に「於可寺 はせ いせ」を深く刻んだ道標が立っている。
飛鳥駅前で国道と別れて、細い流れの高取川沿いを進む。

執拗なまでに一直線に南下してきた街道は、このあたりから南西に向きを変える。

 

高市郡高取村

高取川を渡ると、中街道がふたつに分かれる。左に行くのが支線で芦原峠に向かう。
本線はそのまま直進し、近鉄の線路をまたぎ、高取国際高校の下を過ぎる。
佐田の岡辺と呼ぶ丘の裾を越える。道端に束明神古墳への標識がある。草壁皇子の墓とされる古墳だ。
高取中学の裏手を抜けると、視界が広がり、稲の切り株が規則的に並んだ田んぼの先、遠くに見えるのは金剛山だろうか。
田んぼの中の道がひっそりとした森集落に直角に入りこむ。
地図を見ると、このあたり薩摩、兵庫、吉備、土佐という集落があるが、地名の由来はなんだろう。

右手の二つの山塊に挟まれたところを巨勢谷といい、抜けると御所の市街が近い。
巨勢谷の豪族を葬ったらしい古墳がふたつある。
そのうち市尾墓山古墳は田んぼの中にあるが、整備されており、石棺が見えるように工夫されている。
もうひとつの宮塚古墳は街道に接している。
突然みぞれが降り出して周りの景色を濡らす。
近鉄吉野線の線路が畑一枚左に近づく。

 

御所市

戸毛古瀬では曽我川沿いの道となり、次第に両側から山が迫る。
巨勢谷を抜けてきたJR和歌山線が近づいて、吉野口駅で近鉄と接する。
駅前の柳屋で柿の葉ずしを買って、駅の待合室で食べる。
今では東京でも柿の葉ずしを買えるが、もともとは吉野、五条あたりの吉野川筋の夏祭りのご馳走だった。
普段は茶粥を食べることが多かったらしい。

この県の習慣として(戦前までのことだが)真夏に客がくれば、枕を出す。
籐畳の上で、たがいに寝ころんで話し合うのだが、これなども低血圧者が県下にいかに多いかという証拠になるともいえる、
(司馬遼太郎著「街道をゆく 奈良散歩」より)
熱い茶粥を食べるので胃がんになる人が多かったと聞いたことはあるが、低血圧とも関係があるのだろうか。

奉膳の集落からは、五条へ通じる県道120号だ。
薬水を過ぎるとJR沿いの山あいの道となる。
重阪地区では上り坂である。目の前の金剛山の大きな山肌が薄く雪化粧している。

 

五条市

急勾配の坂を上りつめたところにテクノパークならがある。
そこから下って、途中で県道から逸れて畑の中の道に入る。

14時40分   住川町の下街道との合流地点にゴールイン    35124歩

最寄駅のJR北宇智駅のスイッチバックを楽しみにしていたが、昨年春に廃止されていた。
一時間に一本のダイヤであり、次の電車が来るまで駅周辺をぶらつくが、見るものはない。
ただ、駅の横の踏切名を住川街道踏切という。 住川街道とは?  この街道が今も気になっている。(了)


トップへ戻る