平成17年10月11日(火)

8時45分   相模線寒川駅北口横の中原街道をスタート。
相模線用田踏切を渡ってしばらく歩くと、景観寺前で藤沢からの田村通り大山道と重なる。この四つ角から一之宮の宿場が始まっていたようだ。

「一之宮村」
宮山村に鎮座す寒川神社を一宮と称す、・・・大山道 中原道の二条あり、村西にて合して一路となれり、共に田村に達す、当村継場あり、
梶原景時城跡  村の西方大山道の傍にあり、
相模川  渡船場あり、田村の渡と云ふ、
(「新編相模風土記稿 高座郡巻之四」より)

大正初期には、景観寺の前に富田屋と高砂屋、寺の並びに富士屋という宿屋があった。富田屋は、中流以上の客を相手にし、泊まりきれない客は景観寺に泊めてもらったという。これらの宿屋と、傘屋、米屋、銅工屋、産婆、豆腐屋、肥料店、鳶、大工、足袋製造・・・など軒を並べていた店は殆ど民家になっている。
天満宮周辺に、鎌倉期 梶原景時の館があり、景観寺の釣鐘堂のあたりに見張り台があって、お米が獲れる頃、匪賊が来ないか見張っていた。
(寒川郷土研究会発行「さむ川その昔を語る」より抜粋)

 

やがて道は大きく右に曲がる。目九尻川に架かる河原橋を渡ると視野が大きく開け、相模川に接する外河原を強い風を受けながら進む。 

相模川に架かる神川橋の手前から戻って、長い参道を歩いて寒川神社にお参りをする。
寒川神社の隣にある興全寺に行く。

本堂の前に、とんがらし地蔵と高座豚の墓がある。
とんがらし地蔵に赤い唐辛子の数珠が掛かっている。いぼとりの願が叶うと、お礼に自分の年の数だけ唐辛子を数珠にしてかけることになっているそうだ。

「ペンドレーバグルボーイ二世号之墓」と刻まれた高座豚の墓は、昭和15年老衰のため死んだ種豚の功績をたたえて建てられたもの。
昭和7年、高座郡農会は農村不況の立て直し策のひとつとして養豚を奨励し、イギリスから一頭の種豚を輸入しました。ペンドレーバグルボーイ二世号というこの豚は、昭和9年から(市内の)大蔵の農家に預けられ、昭和15年までに600頭以上に種付けをしたといいます。この子孫たちは各種の品評会で優秀な成績を収め、「高座豚」の名で全国に知られるようになりました。
(「広報さむかわbT49」より)
養豚がこの地域で盛んに行なわれたことが、のちの鎌倉ハムの誕生に繋がる。

 

街道に戻って神川橋を渡る。

 

平塚市

相模川の土手に田村の渡場跡の碑が立つ。ここは大山・箱根・富士を望む景勝の地だそうだが、残念ながら空一杯に雲が覆っている。この碑の後ろの市営住宅は、一之宮の梶原景時と対峙する三浦義村の館があったところ。
 
「田村の辻」といわれた旧田村十字路から南に下がる。
家康ゆかりの駒返橋、鹿見堂バス停脇にゑの木処一里塚跡。しかしこの先、街道は耕地整理・区画整理で殆ど消滅しており、僅かに残る街道の断片を辿っていく。東真土の庚申塔に出会う小道。真土神社の北側から大きく曲がって南に向う細い道。マンションの前の小さな一里塚公園。中原2丁目24の電柱脇の一里塚跡。

 
やがて周りは御殿町となり、中原宿高札場跡の案内がある民家の角を曲がると、真っ直ぐな道は中原御殿に通じる大手道。中原御殿は突き当りの中原小学校にあった。

13時20分   中原御殿    24108歩
    

家康は記録に残るだけでも16回、中原御殿を訪れている。
往時はこの大野原が一面の芝原をなしていたので、大覇業を完成した家康が好みそうな、大陸でも想わせる大自然であった。加えて、雲雀野と称せられる程の、今昔変わらぬ雲雀の名所であり・・・。
家康はよくこの地を通った。そうして鷹狩をした。またよく茶を飲んだ。つまり、家康は単に旅次に宿泊する旅館として使用したばかりでなく、質からいっては一種の「別荘」の如くに使用したのであった。
(平塚市教育委員会発行「大野誌」より)

ところで、中原街道は首都圏のドライバーに馴染みのある道であるが、家康が平塚に造った中原御殿との関係を知る人はそんなに多くない。中原街道は戦後の高度成長期から現在に至るまで開発・発展を続ける地域の流通を支える幹線道路のひとつとなったので、人々は江戸時代初期まで振り返ってこの道を語るなんてそんな暢気なことをしている暇が無かったのかもしれない。
現中原街道は、寒川から平塚には行かないでそのまま南下を続けJR茅ヶ崎駅前で終わる。

 

平塚市史資料叢書「中原街道抄」は、中原街道の終点は「当初中原御殿であったが、のちに東海道の整備に伴い大磯の化粧坂一里塚に変わっていく。」という。そこで小学校の左に廻り込み、大久保公園横を過ぎ、五霊社のタブの大木を仰ぎ、柳町の辻で旧東海道に合流する。

 

大磯町

花水川を渡り、高麗山を横に見て進むうちに、やがて化粧坂を上がる。

14時30分  化粧坂一里塚  31288歩 

虎ノ門から続く中原街道の道程は虎御前の伝承が残るこの化粧坂の一里塚で終わりを告げる。
街道の始まりの虎ノ門の「虎」、終点の虎御前の「虎」は、なにか虎に掛けて因縁めいたものを感じさせる。
(平塚市史資料叢書「中原街道抄」より)

現代、虎といえば阪神タイガース、ふうてんの寅さん、タイガーウッズ、そして五黄の寅??・・・妻である。  (了)

 トップへ戻る