平成17年10月7日(金)

7時  横浜市営地下鉄の仲町台駅近くの東芝テック前から現中原街道を歩き始める。

旧街道は、名主だった関家の屋敷の背後を上がったのち、港北ファミールハイツや洗足学園の中に消え、すこし先の大塚原で現れる。 

横浜市歴史博物館の企画展「都筑の村々」によると、高度経済成長の頃まで、このあたりは小山が連綿と続く丘陵地で、谷戸に細く続く水田、丘陵と山麓まで開墾した畑とそれに続く山林、丘陵に寄り添うように道が延びるといったものだった。
現在の都筑区にあたる地域は江戸期には旗本領と増上寺領が多く、文化文政年間(170〜200年前)は956軒、およそ4000〜5000人が居住していた。平成17年3月末の都筑区の人口は17万人。
 

大塚原から旧街道が合流して緩やかに上がる。畑が残る東方原から広い道となって真っ直ぐに下り、星谷からまた上がって、開戸からは滝ケ谷戸へ突っ込むように下る。
拡幅・整備されてまるで新しく出来た道のようだが、道の際の所々に立つ庚申塔や石仏が古い街道であることを伝えている。
 

山王前、弁天前を過ぎて、県道と交差する。ここは江戸期、「佐江戸の辻」と呼ばれ馬次場もあったところだが、今は住宅街の四辻で往時の賑わいが嘘のようだ。

「佐江戸村」
江戸日本橋までは七里の行程にて、神奈川宿へは二里をへだつ、家数七十九軒、・・・村内一條の道あり、相州中原への往還なり、道幅三間ほど、中山村より村内へかかること十一町ばかりにして、池辺村に達す。当村は其道にありて馬次場なり、大棚、川井と三ケ村組合にて其役を勤む、故に他の役はなしと云、
(「新編武蔵風土記稿 都筑郡之五」より)

丘陵の縁を廻るように地蔵尊前から右に折れる。

 

横浜市緑区

鶴見川に架かる落合橋を渡る。橋の上に会社や学校に向う人と車が溢れる。
横浜線の線路をまたぐ。

横浜市教育委員会編集の「横浜の古道」に「横浜線を渡る手前に旧道が湾曲して再び現街道と合する箇所がある。」との記述があるが、数十メートルにも満たない湾曲した道を指すのだろうか。

宮下交差点近くの長泉寺の御朱印地に杉山神社が祀られている。

杉山神社は、横浜市内に50社あるが延喜式所載のそれが何処なのか特定できないという。
「その根源に遡れば、社名の示す如く杉の巨木の繁茂した状態を神聖視して崇敬の対象とした自然崇拝から発生したもの(臨川書店発刊「神道大辞典」より)」であることは肯けるが、なぜ横浜に集中しているのだろう。

長坂へ続く坂が始まる。

 

横浜市旭区

明治15年の地形図をもとに推定すると、道の起伏は今よりもずっと急でけわしく、長浜の下渕・大池・小池の交差点での道路面は田んぼの面に近く、坂の頂上は現在よりも数メートル以上も高い位置にあった。・・・坂は今の川崎製作所にかけて一気に上るため、手ぶら以外では通れず、左に大きく蛇行する迂回路をとっていた。
(「旭区郷土史」による)
但し、今 田んぼは無いし、川崎製作所も見当たらない。

今日はアップダウンが多い。それも急坂でなく、丘陵の大きなうねりに乗っかったものだが、間断なく続くので結構足に響く。 

ズーラシア入口と横浜旭陵高校前の間に、細い旧道が小さな半円形で残っている。
八王子旧道と交差する「都岡の辻」に出る。

「旭区郷土史」は「都岡の辻は、明治時代になると、郡役所・郵便局・小学校などが建ちにぎわった。」と述べ、更に「丸屋」「川田屋」といったはたごがあったことも記しているが、それがいつの時代かはっきりしない。

相鉄・都岡辻バス停前に指差観音と呼ばれる道標がある。「かな川ミち」「此方江戸ミち」とそれぞれの方向を差す指が刻まれている。

都筑郡役所があったことを示す碑がその先の民家の塀際に建っている。

帷子川に架かる小さな御殿橋は江戸入城を始め鷹狩の際に家康が利用した。橋を渡ってすぐのマクドナルド付近に、家康の休憩した川井御殿があったという。 

保土ヶ谷バイパスの手前の消防団倉庫の後ろに、庚申塔がある。

鋭い眼光を放ち鬼を踏みつけている青面金剛が刻まれたこの庚申塔について旭区役所区民相談室発行「あさひ区内散見」が次の話を伝えている。
江戸時代、中原街道を歩いていた一匹のタヌキが、この青面金剛を恐れて、遠回りをしました。そして僧に化け、一夜の宿を桜井さんに頼みました。桜井さんはかわいそうな旅の僧だと思って気持ちよく迎え入れたそうで、その手厚いもてなしにすっかり感激したタヌキはお礼に掛け軸に絵を書いていきました とさ。
しかしこのあたりには桜井さんが多く住んでおり、掛け軸を大切に持っているのが、どの桜井さんかまでは、この小冊子には書かれていない。

 
保土ヶ谷バイパスをくぐってすぐの細い階段を上がると、今は通る人の無い道となるが、そのまま進むと舗装された道となり、旧道らしく、くねっていく。材木店の前に一里塚跡。イボや腫れ物がとれる岩舟地蔵。市民の森。聖マリアンヌ医大西部病院入口で現街道に戻る。

 

横浜市瀬谷区

相鉄線をくぐる。
二ツ上橋の交差点に歌碑や供養塔が集められている。

「二つ橋」は120余年前も現在も区政の中心地であることは変わらない。
また中原街道が中央を走るため、鷹狩りの逸話、御殿屋敷を葺く萱の供出地から千駄野という字名など、徳川将軍にまつわる話が多い。・・・家康の日光への納骨もこの街道である。忠臣蔵の大石内蔵助も中原街道を通り江戸に潜入したという話もある。
(横浜・瀬谷地図くらぶ発行「地図で辿る瀬谷の移り変わり」より)

厚木街道を横切る。戦時中の兵器工場跡に南台ハイツの建物が並ぶ。海軍道路から延びた環状4号を渡る。

「瀬谷村」
中原道 村の南辺を東西に貫けリ、幅三間、西方高座郡上和田村に達す、当村人馬の継立をなす。東方は武州都筑郡佐江戸村迄二里、西方は高座郡用田村迄二里半を継送る。
(「新編相模風土記稿 鎌倉郡巻之三十四」より)

継立の問屋は、二ツ上橋の交差点から1.5キロほど先の宗川寺の手前辺りにあったと伝えられている。商業施設を建てるために整地されているところだろうか。

 

大和市

境川を渡ると新道、大坂の切通しを上がると新道添、小田急江ノ島線を渡ると新道下と、新道の付く地名が続く。

中原街道を「中原街道新道」「中原新道」「新道」と呼んでいる土地が幾つかある。江戸期以前に中原街道とほぼ同じような道があったのだろうが、直線状に延びる街道ルートのあり方と合わせて、中原街道が江戸時代初頭に新たに設定されたものであることはほぼ間違いのないところであろう。

小田急桜ヶ丘駅前の食堂で昼食。引地川に架かる新道下大橋を渡り、自衛隊宿舎横を通って厚木基地の有刺鉄線の柵に沿って直進する。

 

綾瀬市

昭和16年から18年にかけて飛行場など海軍諸施設用地の買収が始まった。

「土地はもともと天皇陛下のものであり、国家非常時の場合は天皇陛下に返して欲しい」との話があり、地図を掲げて赤い線で囲んだ土地を海軍が使用するから移転するようにと、集められた人々に告げられ、・・・黒い表紙の綴りを持った軍人がそばに立ち、名前を確認し、その綴りに判子をとられる・・・という海軍の一方的な説明と機械的な対応で、地主側は単に命じられるまま承諾の判を押した。
(「綾瀬市史」より)

厚木航空隊の敷地は大和村・渋谷村・綾瀬村の土地を買収したものであるにもかかわらず、数里離れた地名である厚木の名を冠に付けているのは変であり、不便不都合だとの地元の抗議に対して、海軍は「種々研究ノ結果」であるから変更できないと返答した。
(「綾瀬市史」より)
それから2年後の昭和20年8月30日午後2時5分、本土進駐連合軍第一陣を率いてマッカーサーがここに降り立ったことで、厚木飛行場の名は人々に語り継がれることになった。
 

代官2丁目から本蓼川の交差点まで、街道は飛行場の中に消え、基地沿いを歩く我々の頭上を掠めて艦載機が轟音とともに次々に着陸する。

戦後、米軍基地となり滑走路の延長工事が行なわれて街道周辺が飛行場の中に取り込まれたもので、昭和41年改測地図で、この近辺にあった新道・稲荷山の地名が消え、街道も消えている。

 
綾瀬大橋入口から下って、本蓼川から廻り坂を、文字通り半円を廻るように上がる。上空では自衛隊の練習機がぐるぐる廻り続けている。
深谷、吉岡を過ぎる。吉岡は家光の乳母・春日局の化粧料3000石の所領だった。

 

藤沢市

見えるはずの丹沢の山々も稜線が雲に隠れ、富士山はまったく見えない。
女坂を下る。東海道新幹線をくぐる。上り坂の途中で脇に逸れて寿昌寺で休憩。
厚木道、柏尾通り大山道と交差する「用田の辻」は継立場として賑ったところ、今は車が交差点に殺到している。

寒川神社の御用田があったので、用田と呼んだといわれているがよくわからない。
一説に、昔、角田氏の勢力があったところに伊豆より伊東氏が来て、その勢力に負けて、クをとり用田としたとある。
(藤沢市教育委員会発行「藤沢市史資料第32集」より)

しかしさすがに資料も、後者の角の字からクを取るのは後世のこじつけだろうと言っている。

用田を含めこのあたりは「御所見」という典雅な地名を持つ。平安期、坂東平氏がこの地に居を構え、垂木御所と呼ばれたその住まいが見えた御所見塚に由来があるという。

 

寒川町

事業所、倉庫、民家が続く街道をひたすら歩く。

家康が追手を逃れて隠れていたという橋は、大蔵と小谷との間にあり、今いっても分かります。・・・前に下駄屋さんがあったその後に堀があって、そうとう深い堀で清水が流れていました。その堀に私が十七・八の頃にはのろん棒二本の橋がかかっていました。家康はその堀の橋の下に身を隠して丸一日いたといわれています。
(寒川郷土研究会発行「さむ川その昔を語る」より)

なぜ家康が隠れていたのだろう、その場所はどこだろうと考えながら歩いていると、ありふれた沿道風景の単調さがいくらか紛れる。 

15時50分   相模線寒川駅   47318歩 

トップへ戻る