中原街道

 

東京都港区

平成17年9月22日(木)

6時 虎ノ門交差点からみずほ銀行ビル右脇を進み、虎ノ門金刀比羅宮横を過ぎて、虎ノ門薬局を左折する。

中原街道は、江戸城と中原御殿をほぼ直線で結ぶ街道で、起点は当初、桜田御門だったが、江戸城が拡がるに伴い虎御門になった。虎御門は、明治維新で「御」の字が取れて虎ノ門となり、明治6年には撤去された。

虎ノ門交差点から桜田通りのあたりには、丸亀藩京極家上屋敷、人吉藩相良家上屋敷などがあったので、街道はこれらの屋敷の塀沿いに折れ曲がる。

金刀比羅宮は京極家の屋敷内にあったが、毎月10日町民に開放されており、派手好みの江戸っ子が寄進した銅鳥居が残る。 

虎の門一丁目交差点から桜田通りに出る。

ポニーキャニオンの脇を入ると日本消防会館がある。ここは、赤穂浪士が主君の無念を晴らしたのち出頭した大目付・仙石伯耆守の屋敷跡で、会館ビル内に義士洗足の井戸が作られている。

江戸の土地は70%が武家地、14%が寺社地だった。今は大小のビジネスビルが建つこのあたりも旗本・御家人の屋敷が連なっていた。
神谷町と飯倉町も道沿いにこそ町屋が続くが、その裏は広大な大名屋敷や寺が占めていた。広い通りから左手に一歩入った愛宕権現裏には、今は寺域を削られた天徳寺はじめ沢山の寺が、あたりの開発を知らぬげにひっそりと身を潜めている。 

東京タワーを背に土器坂を下り、新掘川に架かる赤羽橋を渡ると道幅が広くなる。

三田地域に並ぶ久留米藩有馬家上屋敷、伊予松山藩松平家中屋敷、島原藩松平家下屋敷の広い敷地は、それぞれ三田国際ビル・三田高、イタリア大使館、慶応大学等に変わっている。

他方、芝地域の鹿児島藩島津家中屋敷、徳島藩蜂須賀家中屋敷、三河挙母藩内藤家上屋敷の敷地は、細かい街区に仕切られて中小のビルが林立している。 

桜田通りが慶応大・正門前の方向に折れる、その次の交差点を右に入り、聖坂を上る。

交差点のあたり、三田図書館の周辺はかつての三田三角、三田同朋町、芝横新町で、江戸有数の岡場所だったという。

中原街道の左手、江戸湾沿いに東海道が並行して延びており、豊後森藩久留島家上屋敷や亀山藩松平家下屋敷は、両街道に接していた。今、そこには三田中学やマンションが立つ。

女生徒の登校の列が吸い込まれる普連土学園は功連寺の跡。亀塚公園一帯には上野沼田藩土岐家下屋敷があった。
 

伊皿子交差点の先、鬱蒼とした森のなかに高松宮邸がある。

高松宮邸、都営高輪アパート、高松中学にまたがってあったのが、熊本藩細川家下屋敷で、赤穂浪士が切腹したことで知られている。明治維新以降は、海軍病院、高輪御殿と呼ばれた明治天皇の第六・第七皇女のお住まい、そして東宮御所にもなった。東宮御所時代の表門は、日比谷にあった鳥取藩池田家上屋敷の門を移したもので、今は上野の国立博物館にある。 


二本榎の通りは戦災を免れているので古い家並みが残っているか、あるいは先日亡くなった朝吹登水子さんが立ち寄ったような洒落たお店があることを期待したが、間口の狭い商店が残るものの、建て替えが進み、ありきたりの通りになっている。

私は、家庭教師の青島先生と一緒に鎌倉の別荘で夏を過ごすために出発した。
黒い海水着を、二本榎の商店街にある「つるや」という小さな洋装店で作らせた。兄の友達の慶応ボーイが、いつか「女のひとの海水着は黒がいちばんすてきだね」と言っているのを耳にはさんだからである。
(朝吹登水子著「私の東京物語」より)

望楼が残る消防署のある交差点からの二本榎通りの右側は、武蔵川越藩松平家下屋敷と久留米藩有馬家中屋敷の広大な敷地だったが、それを伝えるものは無く、マンション、民家、商店に変わっている。 
衆議院高輪議員宿舎前から桜田通りに出て、相生坂を下る。

桜田通りに出たあたりを白金猿町といい、「江戸を去る」が地名の起源との説がある。中原街道は猿町街道ともいわれていた。


東京都品川区

坂の途中に本立寺が、そしてJR五反田駅が見えるほどかなり下ったところに、ビルの中にすっぽり納まった雉子神社がある。

本立寺境内を掃除していた寺の若い人に、大久保彦左衛門の墓の所在を聞いたが知らないと言い、金語楼のなら知っていると言う。

鍼医者・藤枝梅安の家が「この雉子の宮の鳥居前の小川をへだてた南側にある。わら屋根の、ちょっと風雅な構えの小さな家で、こんもりとした木立にかこまれていた。」と池波正太郎は書くが、宝塔寺や清泉女子大の木立しか見えない。 

五反田駅に差しかかる直前で、妻の達ての希望で池田山の正田邸跡に行く。「ねむの木の庭」と名付けた跡地には、プリンセスミチコを含め80種類もの草花が植えられている。勿論あのモダンな建物は無いが、妻は祝賀の提灯行列に二階の窓から応える美智子さまの姿を思い出していた。

 

五反田駅を抜けて、目黒川に架かる大崎橋を渡り、大崎広小路を過ぎて、中原口から旧道に入る。

地図を見ると星薬科大の後ろ、品川区小山2丁目14〜18に、三角形をした地域がある。ここに、虎ノ門に上屋敷があった京極家の敷地面積8400坪の広大な下屋敷があり、周りの農民がつくった野菜や薪をここから上屋敷に運んでいたという。
戸越屋敷と呼ばれたこの屋敷内にあった稲荷神社を後地の商店が並ぶなかに探し当てた。虎ノ門金比羅宮とは比べ物にならない小さな祠だが、今も周りの人々には大切にされているようだ。


東京都大田区

 武蔵小山商店街の先端が覗く平塚橋交差点から現中原街道に合流。昭和大学病院前から、旗ケ岡商店街に旧道が残るが、すぐ現街道に戻る。さいかち坂を上る。東急大井町線をくぐり、環七を越え、洗足坂を下る。

・・・洗足という字が私どもの目に触れたのは、池上線の洗足池駅をつくったときが始めてです。私どもは奇異な感じを持ったんですよ。何であんな文字を使うのかと。
・・・これはあくまで千束の池で、自然にたまった池の水を利用して低地に稲をつくり、その稲の束を税金として千束納めたか、取れる総量が千束か、そのために千束という地名が生まれている。
(大田区史編纂室発行「史誌第40号―座談会・地域の変遷を語る」より)
 

洗足池を過ぎて、道は大きく上がり、下り、また上がる。雨がぱらつき、蒸し暑い。東急池上線雪谷大塚駅前のバーミアンで昼食。

環八の田園調布陸橋をくぐると、現街道と分かれて斜めに延びる旧道を進む。かつて沼部の大坂といわれ、今は切通しになった桜坂を下り、東急多摩川線沼部駅脇を過ぎて、多摩川に出る。
道は多摩川の堤防で切れているが、大正期までは河岸まで続いており、堤防を下りると「丸子の渡し跡」の案内が立っている。
少し上流に架けられた丸子橋を渡る。。
 

川崎市中原区

橋を渡ると、少し下流に川崎側の渡し場からの道が残る。

大正9年、多摩川に堤防を築くため、川原にあった青木根と松原の2つの集落は移転する。

築堤のために松原集落の大半は移動したが、そのはずれだったために移転せずにすんだのが、玉屋料理店であった。玉屋は草ぶきの平屋で、土間に酒樽や醤油樽がおかれ、それに腰掛けて、にしんの煮物などで一杯飲む人を相手にしていた。
・・・この建物は、昭和二十年を過ぎる頃、多摩川の対岸に練習場を持つ読売巨人軍の寮になった。長島や王選手の姿が良くみられた。
(川崎市立中原図書館発行「川崎関係資料集 第七集」より)

玉屋の跡は空地になっており、近々マンションが建ちそうだ。

左に綱島街道が分かれ、東急東横線のガードをくぐる。

大正の終わりごろまでのこの道は、はばが今の半分ほどで、両わきは水田だけでひとつの建物もありませんでした。やっと五百メートルほど先に、小杉村の石橋呉服店が見え、そこからボツボツ家屋敷が続くぐらいでした。(川崎市立稲田図書館発行「中原街道」による。この本には川崎市内の中原街道沿いの移り変わりが詳しく書かれている。)
川原にあった青木根と松原の集落から移転した人々もこのあたりに住んだ。しかし当時掲げたちょうちん屋、いかけ屋、かご屋、おけ屋などの看板があるはずもなく、普通の民家が続く。

 小杉陣屋町に入ると、門構えの立派な原家があり、長屋門の安藤家がある。石橋醤油店がある。

原家は江戸期から手広く肥料商をやり、石橋を方方に架けたことから石橋という屋号で呼ばれ、原家の親戚も石橋の屋号を好んで使ったという。 

中原街道には五街道に置かれたような宿場は設置されなかったが、それに代わるものとして、継立場が小杉・佐江戸・瀬谷・用田村の4ヶ所に設置されていた。小杉の継立場はこのあたりか。 

石橋醤油店の先から西明寺付近までの広い敷地に小杉御殿があった。

「小杉御殿蹟」 
村の中程にあり、此御殿は昔将軍家此処へ御鷹狩の頃、又は相州中原の御殿へ渡らせたまふ時、御中やどりの為に慶長の頃此所に仮の御殿出来しなり、その後寛永17年新に御造立有て・・・明暦元年に至りて、その御殿の造営をわかちて、品川の東海寺に賜はりしかば、其頃よりは渡らせたまうこともまれまれになりしにや・・・
(蘆田伊人校訂「新編武蔵風土記稿 橘樹郡之七」より)

今、御殿跡に祀られた御主殿稲荷、御蔵稲荷は建て込む民家の間に埋もれている。

西明寺の門前で道は鉤の手に曲がる。
小杉十字路を過ぎ、二ケ領用水に架かる神地橋を渡る。
 
久し振りの街道歩きで些か疲れたので、南武線武蔵中原駅下のすかいらーくで一服。 


川崎市高津区

千年交差点から旧道を上がる。

「坂の改修が行なわれる前は、とても急な坂でした。東京からこやしを手車や、牛車で引いてきたのですが、蟻山坂を登りおりするのはとてもたいへんでした。私がこどものころ、父が人ぷん引きに行くときは、朝早くちょうちんを持って、蟻山坂を越えるのを手伝いました。また、帰りは、ちょうちんを持って千年十字路まで迎えに行き、後ろおしをしたものです。」と野川の吉浜市太郎(明治33年生まれ)は話してくれました。
(川崎市立稲田図書館発行「中原街道」より)

中原街道は台地と谷を通るため坂道が多く、野菜の出荷と肥ひきの為に東京と往復した近郊農家の人達は、途中にある幾つもの急な坂に大変難儀をしたようだ。

野川から右に第三京浜を見て「くぬぎ坂」を進む。


横浜市都筑区

「道中坂」で第三京浜をくぐり、向坂から「のちめ不動」に通じる細い道となる。

横浜市営バス堀の内停留所の前にかつて煙草屋を営んでいたらしいお宅がある。昭和初期ここに、さしもの屋のマドンナがいた。

南山田の中原街道面に「さしもの屋」と呼ぶ店があり、ここの主人は鯉のぼり、提灯、幟旗などに勘亭流の文字で字を書いたり襖に浮世絵などを描くことを業としていた。
店には3人の娘さんがいたが、どの娘もベッピンで「美人三姉妹」で通っていた。中でも次女・冬子さんは青年たちから「マドンナ」と呼ばれ、引く手あまたの美女だった。彼女は鶴見・花月園の少女歌劇団のスターとして舞台に立ちながら美容業界誌「黒髪」の専属モデルになったり、その活躍ぶりは当時の新聞「都新聞」に取り上げられたこともあった。
(とうよこ沿線編集室発行「わが町の昔と今・都筑区と城郷編」より)

 
早渕川に架かる勝田橋を渡ってしばらく進むと、旧道が右に分かれて上がって行く。杉山神社を過ぎて坂を上りきると、前に港北ニュータウンの茶色いマンション群が立ちふさがって、街道が消える。

やむを得ず坂下に戻って、新道を進む。道際に、東日本で現存する最古の民家である関家の屋敷がある。 

17時25分   横浜市営地下鉄 仲町台駅    53364歩   


トップへ戻る