平成18年3月4日(土)

水戸街道は石岡まではJR常磐線と並行していたが、石岡〜水戸間の7里22町(約30キロ)の道筋はJRと随分離れており、2回に分けて歩くとバスを頼ることになっていささか厄介なので一気に歩く。

7時25分  石岡の青柳鉄店の交差点から県道を進み、JR常磐線の跨線橋を渡る。
道の両側に石岡の一里塚の東西の塚が残っている。しかし天に向かって伸びていると説明されている塚の上の榎は無残な切株の姿に変っている。
かつてこの辺りに続いていた杉並木は見当たらず、杉並の地名や並木東のバス停名にのみ残っている。
杉に代わる街路樹は、剪定された枝だけの姿で判りにくいがトウカエデだろうか。まだ春は名のみの寒さで芽吹く気配は無い。今朝石岡に来る途中、電車から見た田畑は霜で真っ白だった。
関東鉄道バス石岡車庫の先で、県道から逸れて、農家が続くひっそりとした行里川集落を抜けていく。

 

竹原宿

先ほど別れた県道をこんどは横切り、田畑の中に流れる園部川の郡橋を渡ると、道はくねりながらゆったりと上がって下がる。道端の道標に刻まれた文字を読むのに四苦八苦。再び上がって竹原神社を過ぎると竹原宿で、ここは竹原上郷村だったところだ。

江戸末期になり往来する旅人がふえてくると、旅籠・木賃宿・旅籠を兼ねた妓楼も何軒か置かれて賑ったといわれている。
・・・さらに商品経済がさかんになってくると、農間渡世といって商売をしていた宿場の農民は専業の商売人となっていった。今に残る一里塚、会所、油屋、問屋、つる屋、海老沢屋、さかな屋、玉里屋、小川屋、萬屋、丸屋、寿屋、かさ屋、梅屋といったこれらの家の屋号は、その時代を偲ばせる名残りでもある。
(「美野里町史」より)

今 宿場を感じさせる家並みは無いが、目の前の家々や商店をかつての姿に嵌めていくのも楽しい。旅籠だった伊勢屋、萬屋、丸屋はいずれも普通の民家に建て変えられている。竹原坂上バス停前のマートいのうえが問屋で、お新屋、こうやがあったのは衣料店のおおえだのところだろう・・・

宿通りは、真中でほぼ直角に曲って、まがりめ といわれた家から国道6号に出る。

・・・ヘアーサロンハセガワに旅籠の足袋屋があり、その横の煙草屋に小川屋があった。セブンイレブン跡はあらたまや。立派な門構えの木村接骨院は元庄屋だが、表札に書かれた木村外記太郎平はご先祖様の名前だろうか。

竹原上郷村に続く、今は竹原下郷という竹原新田村も宿場として栄えた。

「美野里町史」に教えてもらった話をひとつ。
すなわち、江戸期の半ば頃まで竹原上郷村・(南の)竹原中郷村・竹原新田村を合わせて高原村とも呼ばれていた。今も吉川弘文館発行の歴史手帳の近世の宿駅一覧には、府中―高原―片倉と江戸期の宿場名で記されている。
この宿駅一覧には我孫子は安彦、取手は鳥手、若柴は赤柴、そしてこの先の小幡は小畑と記されている。

宿場を出て竹原下郷・中野谷・大曲を進む。今は民家、事業所が切れ目なく続き、車の行き来が激しい国道だが、明治期は、道の両側に樹齢200年以上の大樹となった松並木や楢や櫟の雑木林が広がり、ほとんど人家も無く淋しくおそろしいところだったらしい。

 

堅倉宿

桜並木が延びる国道と堅倉三差路で分かれ、明治乳業茨城工場を過ぎるあたりから堅倉宿が始まる。
ファミリーマートいずみの御主人が自動販売機に煙草を詰めている。

私で5代目です。親父の代から今の商売を始めました。昔は鍛治屋をやっていたので、それが屋号でした。今は屋号で呼ぶことも無くなりましたね。

この宿場は鉤形の曲がり角が2ケ所ある。最初に折れて延びる通りが宿場の中心だ。問屋・名主は苗字・帯刀を許され、士分の家が多い。その門構えの立派な屋敷が並ぶ。
直進すると国道に出るが、その直前でもう一度折れる。四つ角の「かと家」に旅籠の名残りを見ることができる。

宿場を出て巴川に架かる巴橋を渡る。
この巴川と竹原を流れていた園部川はいずれも細い流れだが、江戸期は年貢米等物資輸送の水上交通路として盛んに利用されていた。
小岩戸の集落を抜け、国道6号を横切って西郷地に入る。路沿いに家が途切れない。

それもそのはずで、かつての立場であり、天保9年(1838)には石船神社あたりを中心に居酒屋が5軒、小間物屋が2軒あった。

 

小幡宿

このあたりより街道はますます東北の方へ向ひければ かの俳諧の元祖を後に見て竹原片倉はどうして過ぎたか知らず早くも小幡に着きにける  この辺の街道は松縄手にあらずして路の両側に桜の木を植う 木のたち皆のびのびとして高さ十間余もあり 
(正岡子規著「水戸紀行」より)
俳諧の元祖は筑波山を指しており、日本武尊が「新治筑波を過ぎて幾夜か寝つる」と歌ったことによる。

小幡地区に入っても桜並木は見当たらないが、旧道桜並木と名付けたバス停はある。
水戸藩の館だった法円寺、その先に奥行きが100メートル以上もある農家の屋敷が続く。江戸期は旅籠だったのだろうが、そのよすがは無い。

道が下って界田橋を渡る。橋の下を流れる寛政川がさらさらと春の音をたてている。
こんどは緩やかに上って国道に合流すると、光圀が千貫の価値があると愛賞した千貫桜に因む桜並木が茨城県畜産センターに通じている。
光圀といえば、水戸黄門の諸国漫遊だが・・・。

光圀が実際に歩いたことがあるのは、水戸領内と鎌倉、熱海ぐらいなものである。
この漫遊記の原型は、化政時代にできている。当時好評を博していた十返舎一九の「東海道中膝栗毛」にあやかったものであろう。
明治時代後半に大坂の講談師により、助さん、格さんがお供につけられるようになった。それぞれ、光圀時代に「大日本史」編纂で活躍した学者、佐々介三郎、安積覚の名をもじって付けられている。
(茨城県高等学校教育研究会歴史部編集「史料でみる茨城の歴史」より)

花見にはまだ早いが、桜の木の下でコンビニで買った弁当を食べる。

しばらく国道を進み、涸沼川に架かる高橋を渡り、国道から分かれて小鶴の商店街に入る。古くから開けたところらしく、宿場でもないのに多くの商店が並ぶ。旅館中多屋は涸沼のはぜ釣り客のためだけに営業しているのではあるまい。

 

長岡宿

長岡橋で涸沼前川を渡り、国道を横切って、坂を上がって行くと長岡宿だ。
藤屋で名物のみそまんじゅうを買い、そこのおばあさんから、この宿場の見どころは楠公社と脇本陣の木村家だと教わる。
水戸の浪士が桜田門外に大老井伊直弼を討つ前、決意の証として髪の毛を切り、その髪の毛が埋められているところが楠公社。

暗殺という政治行為は、史上前進的な結局を生んだことは絶無といっていいが、この変だけは、例外といえる。明治維新を肯定するとすれば、それはこの桜田門外からはじまる。斬られた井伊直弼は、その最も重大な歴史的役割を、斬られたことによって果たした。三百年幕軍の最精鋭といわれた彦根藩は、十数人の浪士に斬りこまれて惨敗したことによって、倒幕の推進者を躍動させ、そのエネルギーが維新の招来を早めたといえる。この事件のどの死者にも、歴史は犬死をさせていない。
(司馬遼太郎作「幕末」より)

しかし歴史上意義深いこの小祠の所在を示す町の案内板が不親切で、ウロウロすることになり、JA水戸茨城支店にいた若者の聞いても知らないと言う。JAの横に建ち並ぶ長岡住宅の岡の上にあったにもかかわらずだ。

もうひとつの木村家は屋根を葺き替えており、残念ながら見学できない。

藤屋のおばあさんは言わなかったが、実は見どころがもうひとつあった。
桜田門外の変の3ヶ月前、水戸藩に下された勅諚の返納を迫る幕府に対し、それを阻止しようと尊王攘夷の士・民数百人がこの長岡宿に集まった。世に言う長岡屯集である。このとき拠点になったのが旅籠の中夷屋で、それが総合衣料センターみくらや。店に入ると奥さんが店番をしていた。

店内の3本の柱に気勢を挙げた藩士の勇み刀の跡があります。うち刀跡の深い1本だけを見えるようにして残りの2本には覆いをしています。
水戸一高の生徒さんや、歴史に興味のある方がこの刀跡をよく見に来られます。

この旅籠の当時の主人富蔵は、長岡屯集の後も国事に奔走したという。

水戸藩士の宿泊が長引いたので宿飯料金が60両余になってしまい、金策に走ったが半分も払えなかった。
しかし富蔵は尊攘激派と心を同じくし、宿泊させるさいに「どんなことがあってもお世話します」と約束していた。だが、富蔵はともかく、家族は、「これでは先々とても暮らしていけない。」と大嘆息であったという。
(「茨城町史 通史編」より)

今歩いているところは茨城町。町の花は桜、町の木は梅、町の鳥はウグイス。この三つが下水の蓋に描かれている。桜はまだ早いとして、梅の花も見当たらないし、ウグイスの鳴き声も聞こえない。今年の記録的な寒さのせいだろうか?

 

水戸

国道に合流し、北関東自動車道の茨城東インターチェンジを越えて、水戸市に入る。

水戸は三十五万石御三家徳川氏の城下町である。近世の人口は三万といわれ、関東では江戸に次ぐ大都市であった。その割には経済力がなかった。水戸といえば光圀以来、質素倹約の地というイメージが強い。
(吉川弘文館発行「街道の日本史 常陸と水戸街道」より)

東野町で県道に入り、吉沢町、元吉田町を直進する。途中 吉田一里塚に上る。一里塚三叉路を直進し、同心町から台町に出て、吉田神社の前に下り、廻り込んで藤柄町を進むと備前堀に突き当る。 
備前堀に架かる銷魂橋のたもとに立つ江戸街道起点(水戸では江戸に向かう街道なので江戸街道と呼んでいた。)の石碑に到着。  16時5分   47586歩 

水戸街道が御三家の水戸藩のためにあったのはいうまでもないが、奥州街道の混雑などを避けるため利用する大名が増え、文政5年(1822)通行した大名は23家にのぼり、その数は東海道、奥州街道、中山道に次ぎ第4位だったという。それだけに宿場ならびに周辺の村の百姓の負担は大変だった。またこの街道は幕末 水戸藩と幕府とが激突する舞台の一部にもなり、たくさんの話を残している。興味の尽きない街道である。

水戸駅に表示された本日の偕楽園の梅の開花状況は二分咲きだった。(了)


トップへ戻る