平成17年12月13日(火)

荒川沖宿

午前7時6分  常磐線荒川沖駅に到着。

「荒川沖」は広々とした川のたもとの長閑なところと勝手に想像していたが、広い駅前広場に面して建つ高層マンションや商店、住宅の様子は近郊都市の駅前と変わらない。なんと、駅の近くに明治から大正期にかけて約千名の女工が働く製糸工場があったという。
それにしても荒川沖とは奇妙な地名だが、この集落は本村である荒川本郷から遠くに見えるところから荒川の沖といわれ、そして荒川は東京湾の注ぐ荒川ではなく霞ヶ浦に注ぐ乙戸川のことらしい。

駅からの道が街道に突き当るところにある川村家が名主兼問屋だろう。大政奉還後、徳川慶喜は江戸城から水戸に移るが、その途中同家で昼食を摂った。

慶喜公は粗末な駕籠に乗り、約三百の旗本に護衛されながら、身をはばかるようにして、寂然と川村家の離れ書院に入られたのである。・・・
慶喜公の昼食には、川村家の娘たつが男装で給仕をつとめた。この時慶喜公は畳にゴザを敷かせ、その上に座して、ひたすら恭順を誓う傷わしい姿であったという。
(本堂清著「土浦町内ものがたり」より)

遊女屋から流れる三味の音や酒盛りの戯れ唄がそこかしこに聞こえたという宿通りは、旅籠だった佐野屋などに往時の面影をわずかに残している。広い屋敷が続くが、旅籠の鶴屋はどの鶴町家だろうか、松屋は松屋製作所かな、すると二六屋はその横の家かなあと推理しながら歩いていく。

宿場を抜けると、松並木が続いていたという街道は車が激しく行きかう国道6号になり、松林と葦原が広がっていたところには大型店が並ぶ。東京インテリア・ホームセンタージョイフル本田・ジョイフルアスレティッククラブ・・・・・。

 

中村宿

中村南で国道に分かれ、中村郵便局の前後のいくつかの商店と遊戯場の裏手とホテルを過ぎて、原の前で国道を斜めに横断する。道がS字にくねり、いくつもの石仏のある墓地を過ぎて中村宿に入る。

中村は「中」が村名であり、・・・水戸街道が開通したとき、中村西根村から街道筋に移住せしめられてできた集落で(永山正著「土浦町内誌」より)
本陣(川村茂右衛門)があり、問屋は名主(川村伝右衛門)と伊勢屋で、扇屋・柏屋・大松屋・市村屋などの旅籠があった。ほかに唐傘屋・粉屋・こうじ屋・たたみ屋などの店がならんでいた。(「土浦市史民俗編」より)

今は静かなたたずまいの集落で、棟丈の高い立派な家がいくつもある。往時の様子を窺わせるものは無い。
通りがかった人に本陣を教えてもらうと、東小学校の手前3軒目の家だという。ブロック塀で囲まれたその家は、宝暦8年(1758)の「土浦道中絵図」に描かれたのと同じ広い庭があり、そこには何も植えてなく、庭の奥の平屋建ての家の傍らに名も知らぬ大きな古木と天を衝く杉の木があった。
小学校脇の坂を下り、通勤の車でごった返す国道354号を横切り、花室川を渡り、坂を上がり、土浦バイパスを跨いで、国道354号に合流する。

すき屋で朝食。ここから中高津にかけてチェーンレストランが目白押しだ。華屋与兵衛・火門拉麺・やきにく宝島・ガスト・チャイナ厨房雪村・イタリア料理カプリチョーザ・マクド・サイゼリア・ニンニクげんこつラーメン花月・シャトレーゼ工場直売店・すしおんど元気寿司・・・。

「土浦市史」によると、江戸期この高津地域には、たなぜん・萬年屋・横田屋・飯田屋・明治屋・天ぷら屋などの茶店や馬車の休み場・飲食店があり、煮しめなどを売っていたそうだから昔も今も変わらない。

国立病院入口で国道に分かれて坂を下る。

 

土浦宿

江戸期の土浦の町を街道は「銭亀橋を渡って大町に入り、簀子橋を渡って田宿町に入るところで卍崩しに曲り、中城に入るところでまた曲る。中城を通り抜けて桜橋を渡ると本町だが、本町から仲町に左に直角に曲って田町、横町と曲がりくねって真鍋に抜けていた。」
今と道筋は変わらないが、町名は大手町だとか中央とかありふれたものに変わっている。 

そして「大町に鎌倉屋・松坂屋、田宿に東屋、本町に松庄、仲町に山田屋、田町に伊勢長などの旅籠があった」そうだが、旅籠の所在を知る資料が手許に無いので、残念ながら今を辿ることはできない。

 
筑波山を望みながら、桜川に架かる銭亀橋を渡ると土浦の城下だが、桜川の度々の氾濫に大きな被害を受けてきた。この明治43年の洪水では土浦町全体が浸水し、水位は床上2〜3尺に及んだという。

明治43年だったか45年だったかの大水ん時は大した騒ぎでしたよ。桜川が増水して、ゴーゴー渦巻いて流れてる、そんで銭亀橋がながれっちまうてんで、各家庭から四斗樽を集めて、橋の上さ並べて、そん中さ川の水を入れてね、樽の重みで橋が流されねえように重しをしたわけだ。
橋桁が持ち上んねえようにって、百本だか百五十だか、とにかくありったけの四斗樽を大町に集めて、消防団が一生懸命水を入れて、橋を守ろうとしたわけです。
(佐賀純一編「ふるさと文庫 商人と街ぐらし」より)
 

大町の家々は、ほとんどが新しく建て直されているが、江戸期同様に斜交いに並んでいる。民家の軒下に一里塚の井戸がある。
田宿町の入り口に東光寺があり、境内に乃木希典大将の母寿子の霊堂があると聞いていたので、本堂の後ろのさして広く無い墓地を探したがわからない。あきらめかけたときに住職が外出先から帰ってこられた。住職は土浦一高の教諭をされていたので、その説明は授業を聞くようで分かりやすい。

母・寿子は土浦藩士長谷川金太夫の娘だった。土浦藩主の娘が長州藩主に輿入れし、その際附いていった付き人の女中が寿子。評判の娘だった寿子が見込まれて、長州藩乃木家に嫁ぐに至った。
乃木大将がもてはやされた昭和13年に、三代前の住職が、瑠璃光殿の隣に霊堂を建て、台北にある寿子の御遺骨を分骨して安置した。 掲げた額の明徳亀鑑の書は林銑十郎大将によるもの。
長谷川家の墓は墓地の真中にひっそりとあった。

 
田宿町の土浦大手町郵便局の前、クリーニング店・酒屋・ヘアーサロンが並ぶ辺り一帯に国分勘兵衛が興した醤油醸造の大国屋があった。

しかし明治13年 廃藩置県により藩の御用を失い莫大な御用金がコゲつき、醤油醸造の意義なしと食料品問屋に変身したのが 国分鰍ナ、現在本社は東京・日本橋1−1−1にある。

 
中城町は土浦宿の代表的な町人町で、老舗らしい佇まいの吾妻庵総本店・漆喰塗りの重厚な矢口酒店が目に付く。裏手に海軍士官が遊んだ霞月楼がある。
呉服屋の大徳が商家展示館の「土浦まちかど蔵」に変身している。館内に、蓮のお茶があり、れんこんめんがあり、れんこんサブレーがあり、二階では第2回ハスのある風景コンテスト入賞作品展が催されている。

土浦市は茨城県南部にある町で、近世は水戸街道の宿場町、霞ヶ浦水運の港町として栄えた。また戦争中は、隣接の阿見町に霞ヶ浦海軍航空隊が設置された関係で、軍都としてもにぎわった。戦後も開発が進み、工業都市としても発展している。だが、なんといっても土浦といえば蓮根、蓮根といえば土浦なのだ。
(塩田丸男著「ニッポンの食遺産」より)

 

川口川を埋め立てた亀城通りの桜橋交差点を渡ると本町。商工会議所の場所に本陣の大塚家があった。もう一軒の本陣である山口家は、さきほどの大徳の裏手にあったというので探したが、その場所はよくわからなかった。

仲町田町横町に、かつての面影は何処にも無く、商店、事業所、民家が混在している、ごく普通の通りにすぎない。田町は川を通じて霞ヶ浦に繋がっていたので船頭相手の料亭がいくつもあったという。通りの商店主に、丸新の屋号の入った瓦を載せた料亭の丸新楼はどれでしょうと尋ねたら、とっくの昔に建て替えたよと笑われた。北門跡を過ぎる。土浦城跡を見逃した!

新川橋を渡ると旧真鍋村で、真鍋宿通りが真っ直ぐに延び、四辻から緩やかに上がる。坂に面して2階に千本格子のある家が3軒並んで、カメラを向けたくなる風景だ。

 

霞ヶ浦はどこにも見えず ハテ困ったと思ひゐる内 土浦を出て一町ばかり行くと左側に絶壁になりたる処ありて石級あり・・・この断崖に立ちて南の方を見れば果たして広き湖あり
(正岡子規著「水戸紀行」より)

我々もまだ霞ヶ浦に会っていないので、子規同様、愛宕神社のある高台に上る。竹が茂って容易に上れないので、隣の真延寺の石段を利用してたどりつく。しかし肝心の湖は土浦市街の立ち並ぶビルが邪魔をして見えない。寺の人の話では、昔は湖上に浮ぶ帆掛け舟も見えたという。土浦市文化財愛護の会が立てた案内板に子規の句が記されている。「霞みながら春雨ふるや湖の上」
 

街道に戻る。真鍋台に上がりきって国道125号に合流する。土浦一高に入り込んで、旧土浦中学校本館を見る。校内を走る生徒の若さがまばゆい。
上州屋前で国道と分かれると、日立電線の工場前から松並木が約1キロにわたって残っている。そして坂を下る直前、道の左右にお椀を伏せた形の板谷の一里塚が残っている。

 

中貫宿

眺望が開けて、レンコン畑の向こう、国道6号を車が忙しく走り、その先に筑波山の二つの峰が見える。国道を跨いで、鉤の手に入ると中貫宿だ。道の両側の家は、どれもこれも大きな寄棟の屋根を載せて、寺の本堂と見紛うほどどっしりとしている。

本陣があり、問屋と旅籠を兼ねていた吉田屋や高島屋・しんや・叶屋などの旅籠と、酒やこわ飯などを売る休み場があった。
(「土浦市史」より)

富島商店の奥さんの話しでは「吉田屋は中貫郵便局の前の角の家。しんやは安穏寺の手前の生垣の低いおうち。叶屋は鹿島八坂神社の路地から二軒目。高島屋は知らない。」
本陣の本橋家の門を入ると、母屋の前の納屋で御主人がJAの直売所に卸す椎茸を選別している。

母屋の屋根は14年前に唐破風も含めて銅板で覆った。それまでは会津若松から1週間ほど来てもらって茅を葺き替えた。両隣の門構えの立派な家は普通の家だよ。高島屋なんて聞いたことがないな。

国道に合流してCOCOSで昼食。

 

稲吉宿

国道が緩やかに下り始めるトヨタカローラ・物流センターの前あたりで稲吉宿への旧道が分かれる。

宝永7年(1710)の宿の長さ4丁、家数90.問屋場・本陣・脇本陣。旅籠がおかれ、安政年間(1854〜61)の旅籠17軒。
(松戸市立博物館発行「企画展 水戸道中」より。なお今回の街道歩きはこの図録に掲載された「水戸道ルート図」を辿っている)

本陣の門をくぐると、妻は庭に面した広い縁側に腰をかけて休憩。
1軒おいて隣の旅籠の皆川屋は、仕舞い込んだ行灯風の看板を出して戸を開ければすぐにも営業できそうだ。
大谷石の塀に囲まれた広い屋敷が続く。人影疎らな、車の行き来も少ない、静かな集落だ。

宿場を出ると道は下り、天の川を渡り、坂を上り、千代田庁舎脇を通り、雑木林の中を下り、上土田の集落に上がる。このあたりは栗、梨などの出荷が盛んらしい。庭先に「冷蔵栗500円」とある。下土田で国道6号に再会するが、新治小入口で又国道と分かれて、市川の集落を抜けて下る。

 

府中宿

両岸に米倉といわれた水田地帯が広がる恋瀬川を渡る。まっすぐに国道355号に進んだ後、旧幸町の坂道に分かれて、鉤の手を折れて、守木町、中町の通りに出る。

江戸末期に建てられた丁子屋の先に、昭和4年の大火の直後に建てられた商店が趣向を凝らして並び、まるで映画のセットのようだ。福島屋砂糖店・久松商店・十七屋商店・すがや化粧品店・晃玉人形店・きそば東京庵・森戸文四郎商店。

ピノキオトーイの場所に、かつて子規が泊まった旅館万屋があった。

万屋は石岡中の第一等の旅店也 さまで美しくはあらねどもてなしも厚き故 藤代にくらぶれば数段上と覚えたり 足を伸ばしたりかがめたりしながら枕の底へいたづら書なとす
(「水戸紀行」より)

本陣の矢口家は、パンとケーキの店ヴィオレの後ろにある。

府中本陣は他の本陣と異なり、水戸さま専用の宿舎で、矢口家は府中松平藩でありながら、水戸藩にも属していたらしい。
水戸中納言さまをはじめ、御奥方も、しばしば御宿泊あったらしく、公式の場合はその都度、ご機嫌伺いに参上することを例とされていたが、御奥方の場合は、俗に言うお忍には、その儀に及ばずであった。
(今泉義文著「今岡の今昔」より)

 
16時40分    常磐線石岡駅   46567

トップへ戻る