平成17年11月10日(木)

我孫子宿

6時30分  森精機ハイテックの工場角から常磐線を跨ぐ歩道橋を上り降りして、国道356号への道を進む。
八坂神社で、我孫子駅前からの公園坂通りに折れて手賀沼公園に寄り道。
大正から昭和初期、この手賀沼湖畔に多くの文化人が住んだ。

そのうちのひとりである中勘助の仮寓は、公園際の通りから少し入った高嶋邸だった。色付いたケヤキの大木が屋敷を覆っている。

朝早かったが、奥さんからお話が伺えた。

「中さんが下宿していた当時の家は、昭和33年の台風で壊れました。門は当時のままです。
中さんは背の高い方で、大変几帳面だったと聞いております。
その頃は周りに家が無く、沼がよく見えたでしょうね。」
そのころの秋から冬への手賀沼を中勘助は次のように描写している。

葦が枯れた。楊も枯れた。落葉樹はみな葉を落しつくして寒さうな裸になった。さうして風が日に日に冷くなつてゆく。太陽が沈んで藻刈り舟があちこちの岸に黒く帰つたのち西の空が地平線にそうて淡く黄ばんで沼が鯖のはだのような色に光る。これは今頃から冬へかけての晴れた日のならひである。
(中勘助著「沼のほとり」より)

 

昇ったばかりの陽光がまぶしい。湖畔を東に行けば山階鳥類研究所がある。しかし見学は毎月第4金曜日に限られているので今日は無理、後日の楽しみにする。 


街道に戻るが、道の拡幅が行なわれており、またそれを機に建て替えが行なわれているので、宿場の風情を伝えるものが少ない。

往時の旅籠「松島屋」は割烹旅館角松となり、問屋場は寿交番となっている。傍らに「従是子神」の道標がある。
本陣小熊郷右衛門邸は賃貸マンションに変わっている。脇本陣の小熊甚左衛門家だけが萱葺きの屋根を残して威儀を正している。

 車が激しく行き交う国道をしばらく行くと、成田街道と分岐する三差路の道の真中に成田山とか成田道と刻んだ道標やら庚申塔やらが、ぞんざいに集められている。左折して、成田線浜街道踏切を越える。住宅の並ぶ中を延びてきた街道は、JR松戸車両センターにぶつかって一旦消え、柴崎の畑の中に再び現れる。

柴崎神社前から農家の広い屋敷が続く集落の中を進むと国道6号に出る。国道を渡ると、突然目の前一杯に刈り取りの終わった田んぼが広がり、遠くに筑波山が浮ぶ雄大な景色で、しばし見とれる。その田んぼへ降りていくが、道がすぐ途切れるので、今度は国道の右を並行する道を進む。
往時のたたずまいが残る青山の集落が、利根川へ真っ直ぐに延びている。しかし堤に上がると青山の渡しの痕跡は無く見当たらず、河川敷にゴルフ練習場が広がっている。

 

取手宿

利根川に架かる大利根橋を渡ると取手宿で、家並みは川と共に下っていく方向に延びる。
取手宿といえば、ごぞんじ「一本刀土俵入り」の舞台。

(品川で)出前持をしているときに、今もあるかどうか知らないが、沢岡楼という遊女屋に越後生れの遊女がいて、本名は確かおたかさん、源氏名は忘れた。この人が新コ(長谷川伸の愛称)に身の上を聞き、その若さでこんな所にいて末はどうなると意見され、銭と菓子とをもらいました。これが新コが後に作った「一本刀土俵入り」という芝居の本の序幕になっています。
(長谷川伸著「自伝随筆・新コ半代記」より)

勿論今は、棟の低い茶屋旅籠があるわけでなく、二階の三尺障子を開けて酌とり女のお蔦がほろりと酔った顔を出すはずも無いが、往時を伝えている建物は田中酒造と染野家本陣などポツポツと数軒ある程度だ。その本陣も週の後半しか公開されていないので、破風の付いた茅葺の母屋は表門の隙間から覗くしかない。

 
県道と分かれて裏道となった街道が台宿の交差点に出たところで、寄り道して本願寺へ足を伸ばす。

この寺は本多作左衛門の菩提寺である。「一筆啓上 火の用心 お仙なかすな 馬肥やせ」の短い手紙を書いて名を残した御仁である。冗長な文を書き続ける小生は大いに反省! 墓はここからさらに歩いてつま先上がりに上った丘の桜の下にあった。

 

街道に戻り、吉田から左手の坂道を下り、農家が続く集落を抜ける。

取手〜藤代間は低地にあり、雨が降ると通行が不可能となった。そのため本通りの他に廻り道が3本も用意されていた。中通り・椚木通り・大廻りといい、一番西側の大廻りは本通りの2倍以上の距離があった。今回は本通りを進んでいる。 

一面に広がる田んぼの中を進む。
相野谷川にかかる土橋のたもとの道標は、「江戸 十里 水戸 十八里」。江戸江・水戸江の「江」の字を傷と勘違いしてセメントを塗りこめてしまったのではないか。
西浦川にかかる釜神橋は、川に直角に道に少し斜めに、架けられているので「あさって橋」ともいうそうだ。
 

この藤代までのほぼ直線の長い道のりが終わるところで、常磐線旧陸前浜街道踏切を越える。

地元の人に道を尋ねると、「ここが陸前浜街道です。」の答えが返ってくる。地元の教育委員会も、道端に立てた案内に「水戸街道とも呼ばれた旧陸前浜街道・・・」と記している。
街道筋の人々には明治5年に付けられた陸前浜街道が定着しており、誰も水戸街道なんて言わない。

 

藤代宿

国道6号の谷中本田交差点を渡ると藤代宿。

相馬神社・高蔵寺で道が折れるとすぐ河原崎という名の硝子店と書店がある。硝子店のご主人の数代前が、書店の場所で「銚子屋」という旅籠を営んでいた。明治22年の春一高生の正岡子規は友人と水戸まで歩いている途中、この銚子屋に泊まった。

藤代の中程なる銚子屋へ一宿す 此駅には旅店二軒あるのみといへば其淋しさも思ひ見るべし 湯にはいり足をのばしたる心持よかりしが夜に入りては伸ばしたる足寒くて自らちゞまりぬ むさくるしき膳のさまながら昼飯にくらべてはうまかりき食終るや床をしかせてこれで寒さを忘れたれど枕の堅きには閉口せり
(正岡子規著「水戸紀行」より)

藤代公民館が旧本陣跡。本陣の玄関前にあったといわれる松と百日紅が建物の横にあり、幹の太さが過ぎた年月の長さを感じさせる。

藤代宿の通りは、車が時折通る、人通りの殆ど無い、街灯に付けた商店名だけが目立つ商店街になっており、そういえば店の脇に廻り道が現れるヨシヤの奥さんも「新しい国道が出来て以来、シャッターを下ろす店が増えて寂しくなった。」とこぼしていた。 

道が、駅入口で折れるあたりから宮和田地区になる。宮和田も宿場で、藤代・宮和田両宿をまとめて藤代宿と称していた。宮和田宿は小貝川の渡し場まで一直線だ。

多くの家は農業を中心に生計をたてていたが、住民の生活を支えていた商家があった。綿屋、畳屋、足袋屋、鍋屋、機屋、箪笥屋、酒屋、醤油屋、豆腐屋、煎餅屋などがあり、・・・山林のないこの地方では、湯屋(銭湯)があって燃料の節約と住民の社交場になっていたようである。
(「藤代町史 通史編」より)
今も商店は点在するが、業種が違う。

 

文巻橋を渡る。橋のたもとで営業している新富食堂の前身は、かつて渡し場近くで旅人が一服した新富屋だ。
堤から小通観世音・十一面観音の前に下りる。常磐線竜ヶ崎街道踏切を越え、牛久沼に通ずる谷田川に架かる往還橋を渡って、住宅の中を抜けると佐貫駅入口で県道に合流する。馴柴小入口の道標「左水戸・・」に従って折れ、関東鉄道踏切を渡って、馴柴小学校の隅にある「水戸十六里」の道標を見て左折する。 

 

若柴宿

田んぼの中の道が緩やかな大坂を上り切ると若柴宿だ。

明治19年の大火で殆ど焼失したので家並みはそれ以降のものだが、真っ直ぐな道の両側に広い屋敷が続く。
とりわけ下町に連なる家々の門構えの大きさと屋敷を取り巻く塀の長さには、田園調布も芦屋も真っ青だ。
薬医門のある鴻巣家は水戸藩に苗字帯刀を許された旅籠「山形屋」か。仲町の野口家が名主だった。

若柴宿は馬の背にある。馬の背から足袋屋坂とか鍛治屋坂と名付けた坂を転げ落ちたところに「ねがらの道」と名付けた小道がある。坂の途中に這い出した大木の根っこをねがらと呼ぶそうだが、木が倒れないのが不思議なほどむき出しになっている。
 

上町から横町へ曲がる角で、長い参道を進むと金竜寺がある。裏に新田義貞一族の墓が並ぶ。ここから牛久沼までは手が届く距離だが、木が茂っているせいか水面は見えない。
宿場のはずれの星宮神社を過ぎ、畑を抜け、丘を越える。道を挟んで畑の一画が小高いのは成井の一里塚。田んぼを過ぎ、林を抜けて、国道6号に合流する。

 

牛久宿

国道から分かれて「く」の字を描いて延びている道の両側の静かな家並みが牛久宿だ。

奥行きの長い短冊状の屋敷が続くので宿場だったことが分かる。ただ、幕末に火災があったので建物に往時の面影を見つけることは難しい。
郵便局は旅籠の河内屋跡。本陣はJAに変わっている。明治天皇行在所跡の石柱が玄関に立つ飯島家は、旅籠の麻屋のあったところだ。

 
国道に合流してほどなく、牛久駅の見えるあたりは田宮町(旧河内郡田宮村)。
アンパンで有名な銀座木村屋の創業者である木村安兵衛は文化14年(1817)田宮村で生まれた。

明治天皇が隅田川畔の旧水戸藩徳川昭武邸(旧下屋敷)に行幸して、桜の花を見ることになった。その際、木村屋のあんぱんを食することになった。「明治天皇へのあんぱん献上」は木村屋にとって慶事なので、安兵衛は「あんぱん」の表面に塩漬けにした桜の花びらを飾って献上することにした。これは桜が日本国の花であることと、左近の桜にちなんでのことで、桜の花びらは天皇家ゆかりの吉野山の山桜を採取してくることにした。
明治8年4月4日の正午少し前、明治天皇が徳川邸に行幸し、昼の宴であんぱんを食した。
(平成17年5月1日発行「広報うしく第904号」より抜粋)

 
国道を進む。日が沈んだ。中根の一里塚が道の両側に黒く盛り上がっている。車のライトが輝きを増してきた。 

17時15分  常磐線荒川沖駅  61392歩

さあ 牛久に戻ってシャトーカミヤのデンキブランで乾杯だ!

トップへ戻る