水戸街道

成田街道と分かれる新宿(にいじゅく)をスタート地点として約110キロ先の水戸に向う。

 

平成17年11月3日(木)

新宿

7時45分   新宿のはずれのそば屋の壁すれすれに立つ「左 水戸街道」と刻んだ道標の前を出発。しかし、そば屋が江戸期は街道だった位置に建ち、道標も移されているため、一旦「右」に歩いて現水戸街道である国道6号に出たのち「左」に入って、今は暗渠になった上下之割用水に沿って北に進む。

上下之割(かみしものわり)用水は東葛西領50余町村の灌漑用水として整備され、上之割とは現在の水元・金町・新宿・高砂・奥戸など葛西区域、下之割とはそれより南の江戸川区域の地域をさします。
(葛飾区教育委員会発行「かつしかの道」より)
 

道が大きく東に曲がり、一本松の根方、茶店があったところに六地蔵などの石仏が整備されている。柴又に通じる帝釈道が右に分かれる。JR貨物新金線浜街道踏切を越えて、民家や商店の密集する中を真っ直ぐに金町へと向う。
京成金町線を跨ぎ、国道と合流し、金町広小路からは都道となってJR常磐線第一浜街道ガードをくぐる。すぐに都道と分かれて葛西神社、光増寺前へ進む。

JRの踏切とガードの名称が水戸街道ではなく浜街道であるのは意外だが、中世以降、江戸から水戸を経て太平洋岸を北上する道を浜街道と呼び、江戸期は水戸道中が一般化したが、明治5年の宿駅の廃止とともに陸前浜街道と改称され、大正9年から国道6号線となって現在に至っているという街道の名前が辿った経緯が分かると納得できる。 

あけっぱなしの不動と呼ばれていた観蔵寺と、はしか・疱瘡・安産の霊験ありとして信仰を集めた半田稲荷に寄り道する。半田稲荷の神泉の石柵に市川団十郎、尾上菊五郎、守田勘弥の名を見つける。 

街道に戻り、江戸川の堤に上がる。河川敷でゴルファーがプレーを楽しんでいる。
金町松戸関所跡は、堤の上を歩きまわって、ようやく葛飾橋の上流にある東金町ポンプ場の脇にその石碑を探し当てた。堤下に見える鬱蒼と繁った屋敷林は関所役人のひとり、矢島家らしい。

 

 

松戸宿

江戸川に架かる葛飾橋を渡り、堤を遡る。
関所跡の対岸あたり、「是より御料松戸宿」碑から下横町に入り、角町から宿場の中心である宮前町に進む。

江戸末期から明治期にかけてたびたび火災があり、また昨今建て替えが進み、明治・大正期の建物でも、やまだ屋・福岡種苗店・松戸米穀・かつびしやなど数えるほどしか残っていない。

松戸郵便局に問屋・脇本陣、宮前町交差点の手前左側に旅籠の海老屋、その後ろに本陣があったという。海老屋は住販店に、本陣はアパートにかわっている。
交差点を渡ると明治期以前は御嶽権現と称した松戸神社。七五三のお参りで境内はごった返している。
 


ここから街道を逸れて戸定邸に行く。

NHKの大河ドラマで「徳川慶喜」が放映されたが、これを見ていた母が、突然「あら、戸定のお屋敷だわ」といいだしたのである。慶喜の弟で水戸藩最後の藩主、徳川昭武の別邸として建てられた戸定邸が映し出されたときである。
・・・母の若かった昭和の初め頃、ちょっとした農家では行儀見習いと嫁入りの箔つけのために娘を華族などの奉公に出したようである。
(吉川弘文館発行本郷bQ1・小泉和子著「昭和の御殿奉公」より)
戸定が丘に建てられた端正な書院作りの大邸宅を、ボランティアの説明でゆっくりと見学した。

 

街道に戻り、江戸期は水戸橋と言った春雨橋を渡ると本町だが、松戸駅が右手に見えるあたりはもう宿場のはずれで、松ノ木通りの先は大根本村だった。
平潟に寄り道。

平潟は江戸期 飯盛女のいる旅籠が軒を並べ、明治以降は遊郭があった。
それは樋古根川が江戸川に注ぐところで、来てみると、かつての建物は跡形も無く、マンションの立ち並ぶ通りに変わっている。柳並木は百年楼のあった前に一本だけが残り、高く大きく葉を繁らせている。福田屋は学生向けマンションに、蓬莱屋と喜楽家は日大校舎に変わっている。
若松楼と鶴蓬莱の跡に建つマンションの間を入ると、水神社・来迎寺がひっそりと身を潜めており、この一画だけは時の流れが停まったかのようだ。

 

妻に促されて街道に戻り、県道を進む。竹ケ花で常磐線を跨ぎ、上本郷で国道と合流して、常磐線と並行して直進する。 
中根立体入口から旧道に入り、長津川に架かる馬橋を渡ると、萬満寺の豪壮な山門へ向って一直線だ。

母親がおまへ御ぞんじの通りネ。疱瘡が重うございましたから、どうかと存ましたが、顔にはわざっと五粒ばかり。手足に漸々算るばかりでございました。・・・馬橋の萬満寺の仁王さまの草鞋をお借り申て、丁ど三年になりましたが其御利生でございますのさ。
(式亭三馬著「浮世風呂」より)
疱瘡が根絶された今は、無病息災になれる仁王の股くぐりが人気らしい。

 

万満寺前から江戸見坂を上り、国道と合流する。蘇羽鷹神社で分かれて大坂を下り、やがて緩やかになって街道らしく左右にくねる。松戸市教育委員会が「街道の風情が残っている」と推薦している区間である。

 

小金宿

常行院の裏手にある和尚坂を上り、上りきって国道を横切り小金宿に入る。

小金宿の中心部は一月寺と東漸寺の間のようで、松戸市史は「小金町の問屋は街道の東側にあって、はす向いが日暮玄番の水戸殿旅館である。本陣はこの直ぐ先隣りにある。脇本陣は中ノ橋石橋を渡った右側にあり、向いの左側は東漸寺である。」と記すが、道の両側に並ぶ家の屋敷はいずれも広く、静かな住宅地になっており、すぐには特定できない。

飴六の永妻家、旅籠玉屋の鈴木家、明治天皇の行在所になった旅籠京屋の梅沢家、東漸寺、隣がマツモト家。

小金はドラッグチェ−ン・マツモトキヨシ発祥の地だ。
常磐線の松戸から我孫子にかけて薬局の無い唯一の駅だったという理由で北小金駅前に、昭和7年 松本薬鋪が開店した。その1号店が北小金駅前ビルの前にあるマツモトキヨシ小金店だ。看板に22号店とあるのはマツモトキヨシ氏のアイデアのひとつだろう。
街道は八坂神社があった駅前ビル前で右折して、小金きよしケ丘を進むが、この小金きよしケ丘と近くの小金清志町の地名は、マツモトキヨシ氏が区画整理等に尽力したことに由来するようだ!?

東平賀の横宿坂を下り、国道を渡って、西ノ下坂を上り、北ノ下坂を下り、行人坂を上りきるあたりに庚申塚バス停。起伏が多い。 

常磐線南柏駅を左に見て、日光東往還との分岐点である新木戸を過ぎ、柏駅周辺の繁華街をかすめ、旧水戸街道入口で国道16号を横切る。
常磐線を跨線橋で越え、呼塚橋で国道6号と合流するが、直ぐに分かれて北柏の台地を進む。我孫子市街入口で国道6号を渡ると、街道は国道356号となるが、森精機ハイテック工場に接するところで常磐線が立ちふさがる。

17時    常磐線我孫子駅    50312歩


トップへ戻る