見沼代用水西縁


平成21年10月24日(日)

上尾市

8時20分  瓦葺分水口から見沼代用水西縁を南下する。

この分岐点は東縁の地盤が低いため、西縁の流量が少なく、
このため東西両用水でしばしば紛争があったという。
東縁を流れる水と西縁を流れる水のどちらが幸せなのか? 妻が考え込んでいる。

どんよりとした空を写した用水は16号線バイパスをくぐり、尾山台団地のマンションの横を流れ、民家の間をまっすぐに進んだのち、東大宮親水公園の下にもぐる。親水公園とは名ばかりで水は涸れている。そして分水口から続いた緑のヘルシーロードが早々と終わる。


さいたま市大宮区

JR東大宮操作場をくぐる用水を見て、長い陸橋を跨ぐ。
東大宮自動車学校の先で、宇都宮線の線路を用水はくぐるが、道は途切れる。
うろうろした挙句、土呂駅寄りの陸橋に大きく迂回する。

用水沿いに戻ると、整備された見沼緑道が始まる。
家庭菜園が広がり、広い市民の森がある。周りのメタセコイアはまだ色づいていない。
風車のある見晴公園が続く。

これらの公園の西側は住宅に占められているが、
その中に母屋と見紛うほど大きな長屋門を構える屋敷がいくつかある。
そのうちのひとつ、小島家は逃走中の高野長英を長屋門に匿ったという。

東武野田線を越える道がないので、大宮公園駅寄りに迂回する。
用水を離れて遠く迂回するのは、今日はもうこれで3回目で、ウンザリだ。

大宮球場が見えると、大きい大宮第二・第三公園が始まる。
第二公園の入口近くに、大きな自然石の「蛍の碑」がある。

碑には、見沼畔が江戸期から江戸近郊の蛍の名所として著名であったことと、
明治26年宮中の蛍献上が始まり、それは大宮の初夏を飾る行事となったことが刻まれている。
大宮公園に遊んだ漱石、鴎外も、天然記念物だった見沼源氏蛍を見たかもしれない。

周りに家が建て込み、堀の内橋で桜並木が途切れる。高層マンション下のマミーマートで昼弁当を買い、ベンチに座って食べる。

自治医大医療センターが現れ、その白い大きな建物を、西側の大日堂の大きいシイノキと天沼神社のケヤキが見下している。
雑草が生い茂る休耕地が拡がる。


さいたま市浦和区

遠くに、さいたま新都心の高層ビルを望む。
浦和レッズの練習場がある。先般の天皇杯では地方のクラブチームに負けていたが、サポーターが選手に黄色い声を投げかけている。
用水は色とりどりの落葉を載せて流れを速め、カルガモが、つがいになって追っかけている。
用水を農業用水として管理・整備・活用している見沼代用水土地改良区が、用水の金網に楽しいメッセージを掲げている。

農業用水は
お米や野菜を育てるお母さんです、お姉さんです
故郷の緑を守るお父さん、お兄さんです
小魚君・カエル君・ゲンゴロー君・ホタル君・シジミ君・タニシ君
トンボ君も入るかな 
まだまだ沢山の仲間達の楽しい学校です


さいたま市緑区

用水は、台地を避けて折れ曲がって流れる。
浦和西高のあたりから斜面林が延び、桜並木が始まる。

古社・氷川女体神社前の赤い橋が見えてきた。

神社の前に芝生の広い見沼氷川公園がある。
唱歌「案山子」の作者は女体神社の神主家出身で、公園に碑がある。

山田の中の一本足の案山子
天気のよいのに蓑笠着けて
朝から晩までただ立ちどおし
歩けないのか山田の案山子
(文部省唱歌)

田んぼは殆んど見えず、畑が広がる。その畑にはサトイモが多い。茎の赤いのはズイキで、土の中にはヤツガシラがあるそうだ。
桜並木がどこまでも続く。来年の花見はここで決まり。

芝川と東縁が近づき、見沼通船堀に来たところで、空模様が怪しくなり、切り上げる。

15時10分  JR武蔵野線東浦和駅   37310歩




平成22年4月30日(金)

川口市

9時55分  見沼通船堀公園の西端から、用水際の整備された見沼遊歩道を進む。
遊歩道沿いの並木の桜はもちろん葉桜になっているが、その葉が艶々と光る。
春の光をいっぱい浴びて色とりどりの花が咲き乱れる住宅地の中を、用水はゆっくりと流れている。

県道を2回渡って、外環をくぐる。南下してきた用水は、ここで西に向きを変えるので、すぐまた外環をくぐる。
小谷場の商店街では一旦暗渠にもぐり、現れると老人ホーム建設現場横から京浜東北線の操車場の線路下に潜る。
当方は潜るわけにいかないので、少し北にある陸橋まで迂回。
但し今日歩く距離は7キロ程度なので、まったくあわてない。ついでにラーメン屋でのんびりと昼食。


さいたま市南区

京浜東北線をくぐったところで、用水縁は六辻水辺公園となって2キロ以上続く。
当初の役目が終わった用水は今市民の憩いの場として生まれ変わっている。
途中、旧中山道を横切る。
そして見沼代用水西縁は笹目川に落ちて終わる。

13時25分   15845歩  

笹目川の横に立つ高架上を東北新幹線が疾走しており、その先、さいたま新都心の高層ビルが近い。


トップへ戻る