見沼代用水

今回は街道ではなく、見沼代用水沿いの道を歩く。

見沼代用水は、行田市の利根川で取水され 埼玉県を縦断して、途中東と西に分かれる。
東に分かれた用水は東縁と呼ばれ、東京都足立区に至り、西に分かれた用水は西縁と呼ばれ、さいたま市南浦和に至る。
総延長は90キロに及ぶ。




見沼代用水東縁

平成21年10月11日(日)

東京都足立区

日暮里・舎人ライナーの舎人駅から10分程の古千谷橋、ここが見沼代用水東縁の南端で、今日の出発地点だ。7時10分。

なお、歩く方向とは逆に、東武伊勢崎線竹ノ塚駅に向かってまっすぐ15分も歩くと東海道五十三次で有名な安藤広重の墓がある東岳寺がある。このあたり、関東大震災のあと浅草から移って来た寺が多い。

用水は見沼代親水公園として北へ1キロほど整備されている。
用水の横まで住宅が迫っており、朝の散歩をする人も多い。
尾久橋通りを渡っても公園が続く。

アメンボウが水面を縫って細やかな漣が光り、病んだ鯉が蒲の根元にのたうつ。因幡の白ウサギの火傷を治した赤茶けた穂にすがるように。

公園が終り、御神領堀親水緑道が分かれ、毛長川を渡る。


埼玉県川口市

周りが一旦、工場に変わるが、すぐに又住宅地の中を流れる。
用水際の桜並木の間に、近所の人が植えたピラカンサが赤い実を付け、ピンクのコスモス、薄紫のサフランなどが咲いている。
首都高速川口線をくぐる。
用水際に色とりどりのバラを植えられて、辰井公園まで続く。
公園の先は白い花を付けたタマスダレが続き、妻がバラに付けられた名札を丹念に読んでいる。

マルコポーロ、オクラホマ、パスカリ、ミリオンローズ、テキーラ、クイーンエリザベス


鳩ヶ谷市

川口市との市境を流れる川を辿ると毛長川、川口市と足立区を分けていた川の上流だ。

用水際の道は桜、楓、百日紅などを植えて整備され、見沼遊歩道と名付けられている。
坂下町の吹上橋で日光御成道と交差する。

用水が出来てまもなくの享保年間、今から280年ほど前から鳩ヶ谷で藍染が行われ、用水の水で藍染を洗う藍染業者が明治期には8軒あった。
しかし今は一軒も無く、平成期初めまで操業していた橋近くの紺善こと川村洗工場も庭の広い民家に変貌している。

岩槻街道をくぐると用水が蛇行する。


川口市

又、川口市に入る。

鳩ヶ谷市は川口市に取り囲まれているのだ。
なにしろ市の面積は蕨市に次いで日本で二番目に小さいのだから。

浦寺橋の袂に緑のヘルシーロードの標識がある。

ここから見沼代用水の北端である行田市の利根大堰までの用水沿いの道を、埼玉県は緑のヘルシーロードと名付けて、ジョギング・サイクリングロードとして整備している。
ウォーキングロードではない、ということは用水縁を全部歩くなんて考える人は、まずいないようだ。

グリーンセンター横を過ぎ、台地の裾を回りこむ形で用水が流れる。
周りに木々が増え、木陰が水の色を一層黒くする。
今日は体育の日で運動会をしている学校が多い。先生のけたたましい声がスピーカーを通してあたりに響く。

東京外環自動車道をくぐる。
用水の片側の台地への斜面に濃い葉叢の林が続く。木曽呂の森として守られているようだ。
この台地にぶつかって風の道が出来ているのか、強烈な風が吹き、並木の桜の葉を吹き飛ばしている。


さいたま市緑区

山口の稲荷神社を過ぎる。
見沼通船堀
に来た。ここは散策する人が多い。

東縁と西に分かれた西縁と芝川をつなぐ長さ1キロの運河で、水位の高低差を調整して舟を通すためパナマ運河のような閘門がある。
船頭たちが祀っていた水神社や、通船業務を差配していた鈴木家も見学。

東縁に戻って又北へと歩を伸ばす。
武蔵野線を越え、川口自然公園を過ぎる。
開放感のある見沼の風景が広がる。

見沼は、中央を流れる芝川の周りの低地で、その両側は台地となっていて、斜面林と呼ばれる林で囲まれている。
見沼代用水東縁は、文字通り東の台地べりを流れている。

このあたり 期待していた黄金色の見沼たんぼはほとんどなく、西側に広がるのは畑や雑草地だ。
園芸植物園の温室が現れ、道の反対側は大崎公園で、沢山の家族連れが芝生に寝転んでいる。
新見沼大橋をくぐる。

「開かずの門」があるのは国昌寺。日光御成道を歩いた際に立ち寄った寺だ。
丘ひとつ向うの右を将軍が日光社参に利用した街道が走っているのだ。

伝説を紹介した案内板がところどころにある。
「見沼の蓮」見沼で蓮を作ってはいけない。氷川女体神社の祭神が、戦のときに蓮の茎で目をついたため。
「雨ふり朝顔」見沼に身を投じた娘が打ち上げられた時に咲いていた朝顔。そのとき娘の涙雨が降っていた。

数人が大きなカメラを用水際の林に向けている。聞くとキビタキを狙っているのだという。
このあたりは緑のトラスト運動による保全第一号地で、緑濃い斜面林が続く。
総持院前で、地元の主婦が農作物を売っている。ジュースも百円と安い。
林を透して鷺神社の社殿が見える。ちょうど南部領辻の獅子舞が奉納されており、龍が天を舞うような地を這うような賑やかなお囃子が聞える。
水量豊かな用水の上を、キンモクセイの甘い香りが漂う。

大きな池もある見沼自然公園の芝生の広場には、用水を開削した井沢弥惣兵衛為永の銅像が立っている。

新田開発を奨励した将軍吉宗は、紀州で治水・用水の実績のあった井沢を起用。
井沢は、見沼を干拓して新田開発し、見沼に代わる新たな水を利根川に求めた。だから見沼代用水と呼ばれた。
井沢の墓は千代田区・四谷駅近くの心法寺にある。

用水の東にあるさぎ山記念公園は江戸時代から鷺の繁殖地と知られていたところだが、今は全くいない


さいたま市見沼区

締切橋を過ぎると加田屋新田で、田んぼが沢山残っており、期待通りの景観が続く。
稲刈りまっ最中の田んぼもある。
大戦前まであった桜並木を復活させようと平成になって植えた、いわゆる平成桜が用水脇の道に大きく枝を伸ばしている。
弁天橋近くの小さいが、赤いお堂で目立つ見沼弁財天は、井沢が用水の潤沢と平安を祈念して勧請したものだという。

七里総合公園から野球に興じる少年の元気な声が聞える。
東武野田線に突き当たる。用水は線路の下をくぐる。 先を歩いていた妻が、大きく×の合図をしている。
あれっ? 道は行き止まり!

15時55分    東武野田線七里駅   43198歩


平成21年10月24日(日)

7時15分  東武野田線の線路の向うにも用水沿いに道があった。
しかも、住宅地の中を縫って気ままに流れている用水に、懸命に寄り添っている。
芝浦工大のキャンパスが名前とはマッチしない、こんなにも東京から離れた林の中にある。


上尾市

瓦葺に入る。カワラブキ?地名である。

「瓦」は河原であり綾瀬川、原市沼川の河原を指している。
「葺」は「フケ」が転化したもので、フケには深田、低湿地という意味がある。
(「上尾市史」より)

宇都宮線を渡ると田んぼが広がる。
ほどなく、左手から西縁が流れてきてひとつになり、見沼代用水が東西に分かれる瓦葺分水口に着いた。
8時15分    5292歩   

トップへ戻る