美濃路

建久元年(1190) 源頼朝は上洛に際して、この街道の一部を通過しており、戦国期には、信長、秀吉などの武将たちが駆け抜けている。
また関ケ原の合戦で勝利をおさめた家康が凱旋した道なので御吉例街道とも呼ばれた。

江戸期は加賀藩、越前藩、彦根藩、小浜藩、明石藩、薩摩藩、紀州藩、肥後藩など北陸、西国の大名行列のほか琉球使節、朝鮮通信使、茶壷道中が通った。

 

平成15年1月31日(金)

6時30分 名鉄 須賀駅をスタート。ようやく空が明るみ出した。

すぐに小さな橋を渡る。かつては「及ケ橋」といい、左右に伸びる足近川の岸は足近輪中の堤で、昨日の夕方見た金毘羅山大権現常夜燈はここにあったのだという。しかし今は全くありふれた風景でしかない。

たばこやの前を左折し、天満社の石柱を右折する。
古い門構えの加藤家は、かつて多くの諸侯が小休所として利用したところらしい。

足近分団消防車庫の前に「従是北六丁」の西方寺への道標がある。西方寺は7世紀創建の古刹。鎗疵の阿弥陀如来の秘仏があるという。この寺に滞在した親鸞は「都へはもう足近き直ぐ道の 国へ土産は南無阿弥陀仏」と、このあたりの足近、直道の地名を織り込んだ歌を詠んだ。

県道1号に突き当たると、その先は土地改良事業によってきれいに区割りされた田んぼで、街道はあとかたもない。仕方ないので、そのまま真っ直ぐ畦道を進む。
羽島市農業協同組合カントリーエレベーターの建物を背にして田んぼから上がり、いちご栽培のビニールハウスの間を入ると、坂井集落の間に右に左とくねる街道がけなげに残っている。

右手に少し歩いて「阿遅加神社」へ行く。足近輪中の堤を背負ったところにある。ここは日本武尊が伊吹山の荒神を倒すために出かけたときに休んだ場所で、武尊の子である稚武彦王がこの神社を建てたと伝えられている。
おみくじをひくと大吉だが、注意書きがある。 
・・・・・気が小さ過ぎる。もっと勇気を出せ。交際上手なれど うつり気を慎め、一生懸命己に与えられたる道をたどれ。・・・・・ 肝に銘じます。

 街道に戻ると、やがて足近輪中の堤に上る。
親鸞聖人御旧跡の碑がある。これも西方寺への道標で「従是東五丁」。横に2体の地蔵。
堤防を歩き続ける。境川が右下を流れている。
真っ白な伊吹山の威容を真正面に見て歩くことを期待していたが、空一面に雲が覆い、今も雪がちらつく天気では、伊吹はもちろん左右の美濃、養老の山々も完全に隠れて見えない。

堤の上に地蔵堂があり、堤に接した墓地にもかならず立派な地蔵堂がある。西濃一帯の村々には「七墓連中」と呼ぶ仲間があった。七墓は、朝に七宮 夕に七墓を巡って、念仏踊りから派生した語り物を唱えて踊り歩く村の青年の娯楽である。
この連中は巡回して得た喜捨で仏堂の建設、道の改修、道標の設置などもしたという。
堤を歩いていて見かける地蔵や地蔵堂は彼らが作ったものかもしれない。


道のところどころは凍結しており、時折通る車にヒヤヒヤする。
西小熊・東小熊の「一里塚跡」に銀杏の大木。

 
よ志のやの看板の右から境川橋を渡り、続いて大江川橋を渡る。境川は通常小熊川と呼ばれ、ここに「小熊川の渡し」があった。川面に、美味そうな鴨が漂っている。

長良大橋に殺到する車が多い県道153号の左手にある神明神社を眺めながら、県道からはずれて長良川堤防下の道を進む。大橋をくぐり更に進むが墨俣渡しの形跡を見ることは出来なかった。

 

墨俣宿(岐阜県安八郡墨俣町)

長良大橋を渡る。対岸の右手に墨俣城が見える。

州の股というその字義のとおり、このあたりは墨俣川の分流が合流してY字形になっている。この川からむこうは、美濃の安八郡であった。墨俣川は美濃、尾張の国境の野を浸しつつ沈々と流れている。後世、濃尾平野の河川が変わってこの墨俣川も小さなものになったが、信長のこの当時は、岸辺に馬を立てて美濃を望めば渺茫として天地に水がひろがり、対岸が遠霞むほどの大河であった。
そのY字形のV画が州になっている。この河中の州に城砦を築こうとあの猿めは手柄顔でいうのである。

                                          (司馬遼太郎作「新史太閤記」より)



犀川橋を渡ると直ぐの戸田家の前庭に「墨俣本陣跡」の碑がある。

左へ行くと「明台寺」、橋杭笑地蔵に会おうと本堂の戸をぐいっと開けると、本尊の左におられた。お化粧をされているのか実に綺麗な、しかも穏やかなお顔である。墓地には南北朝時代に活躍した土岐悪五郎の墓もある。

あたりは寺町といい他に5つの寺がその大きな甍を接している。廣専寺、本正寺、等覚寺、満福寺、光受寺。すべて浄土真宗大谷派である。明台寺だけが京都・永観堂禅林寺を本山とする。なお満福寺の横には墨俣神社がある。

 街道に戻る。脇本陣は安藤家、ついさっき、ここの門が本正寺の門になっているのを見た。
中山道に多く見られた袖卯建の家が増えてきた。

大垣信金墨俣支店の手前に津島神社と秋葉神社の小祠があり、ここに高さ2メートル弱の「琉球使節通行記念燈籠」が立っている。正面に牛頭天王 左側面に常夜燈、そして裏面に「乾隆五十六年辛亥吉日 琉球国儀衞正毛廷柱書」とある。寛政3年(1791) ここを通った琉球使節に、津島神社の燈籠に刻む銘文の揮毫をしてもらったもの。乾隆は中国清朝の年号で、当時の琉球の置かれた立場を示している。神社の前の栄屋フードセンターのご主人から声を掛けられる。

かつて、この神社はそれぞれこの道の真ん中にあったんだ。
車が多くなり、車の通行に支障がでてきたので昭和31年によそに移され、その後ここに祀られた。

いまでもお祭となると、この道いっぱいに人が出るよ。ほら、見てごらん。これがお祭のときの写真だ。

 

小川電気で右折して、やがて八幡神社の前から墨俣輪中の堤に上がっていく。
2階の屋根と同じほどの高さの堤が続く。「谷汲山道 是より六里半」が向かう道は輪中の外からどう行くのだろう。安八町に入る。堤防下に石柱があるので下りると「東結の一里塚」があったことを示している。一里塚の両塚は堤の上にあったらしい。横に馬頭観音。

小雪が舞い、冷たい風が顔を突き刺す。もちろん周りの山は見えない。堤の左下に雪に覆われた真っ白な田んぼが広がる。

県道171号を越えると 歴史の道 鎌倉街道 美濃路 の大きな案内板が立てられており、堤の上の道は整備されている。五穀豊穣を祈った米の宮跡の石柱がある。神社が洪水で流されたのかな。白山神社が背を向けている。この神社は延宝3年(1675)の大洪水のときに祠が流れ着いた由来を持つ。やがて照手姫ゆかりの観音堂があり、堤を下りる。

左へ進む道は揖斐川の堤防に向かう。佐渡の渡しがあったところだが、その痕跡はない。揖斐川は、上流の中山道呂久渡しのあたりでは呂久川と呼ばれ、このあたりでは佐渡川と呼ばれた。
右へ行くと道に並行して「結神社」がある。縁結び、和合円満の神である。妻は次男と長女の良縁を頼んでいた。

 

新揖斐川橋を渡る。橋の上の雪を取り除く作業をしている人達がいる。おかげで歩きやすい。

橋を渡って少し下流に行き、堤防に「東町の常夜燈」を見つける。
堤防を斜めに下りると大垣市東町、左へ右へと道なりに進む。大師寺護摩堂、清酒磯波の宮坂酒造、蛍が飛び交い心が通い合うと校舎に書かれた小野小学校、県道50号と交わる小野交差点。

名阪近鉄バス和合口停留所の先にある「鎌倉街道小野の長橋」は歌の名所として知られたらしい。短い橋の下を流れる水路の岸に桜の木が続く。

左手に新しい大きな建物がいくつも見える。地図で見ると、ソフトピアジャパン、ワークショップ24、市総合体育館、ドリームコア。

道が細くなると今宿地区で、左に緩やかに曲がる。寶光寺の駐車場で左折する。静かな農家の家が続く。クロネコヤマトが忙しそうに走っている。交差点を右折してCOFFEE HOUSE RANZUを左に折れ、すぐの日電精密社員会館を右に曲がる。東中学校の校庭横の道を進むと、やがて東小学校に突き当たって街道は消える。しかたなく小学校の前に出ると、その先の歩道に「三塚の一里塚」の碑が立っている。

 

大垣宿(岐阜県大垣市)

電柱に、これより西へ伝馬町通り とある。その広い通りがクランク状になるところが「名古屋口惣門」。宿泊する大名の標札を青竹にはさんで立てたという。今そこに御門跡の碑がある。左に折れて山貞美術店を右折すると本町商店街、すぐ左折して進むと田中屋煎餅総本家の横に「脇本陣跡」の碑がある。この脇本陣は本町本陣とも呼ばれた。角の食堂で昼食、味噌煮込みうどんで身体が温まる。県道31号を越え、ハウジング金物センター細川金属の店先に「右京道 左江戸道」の道標が復元されている。ここで右折して、岐阜ケアサポートセンターを左折すると、右手の角の宝来屋の前に「問屋場跡」の碑が立ち、店の壁に手作りの宿場案内が所狭しと掲げられている。右に折れる。

かつての大垣宿のメインロードに次のお店が並ぶ。ただし歴史を感じさせるものは残っていない。
観世流謡曲教授 イビリョーキ、アンドー自転車商会、平野茶舗、武田法衣店、そめもの福田屋、鹿野ほねつぎ、表太表具店、文具ワカバヤ、内科眼科西尾医院、志みぬきキクヤ、製菓原料渋谷商店、クスヒコ、栗田酒店、春塾、明治天皇行在所跡の碑 ここに「本陣」があった。喫茶スワン、桑名屋。

県道52号に出て左折して、すぐ右折すると、つちやの柿羊羹本舗のいかにも老舗といった構えの店がある。延寿柿5つお買い上げ。

道幅が広くなり、次を左折して寺内橋で牛屋川を渡ると、整備された小公園になっている。
「左 江戸道 右 京みち」の道標があって、水門川に出る。京口門跡。

戦後、全国の多くの城下町は、都市計画上、内堀を残し外堀を埋めたが、大垣は、内堀を埋め外堀を残すという珍しいケースだ。この外堀・水門川は、今ウォーターフロントとして整備され、市民の憩いの場となっている。いわば、水都・大垣としての歴史の記憶が、都市そのものに残っているといっていいのだろう。

                                          (中部経済連合会発行「中経連」2000年4月号より)


貝殻橋を渡って川の脇にある「奥の細道むすびの地記念館」の前でうろうろしていると、遠藤館長に招き入れられる。
館長の説明は芭蕉への熱い想いが迸るものだった。

芭蕉は奥の細道2600キロを5ヶ月かけて歩きました。
その行程は奥州だけではなく越後、北陸を巡るもので、芭蕉が慕う西行が旅をした奥州では特に有名な句を数多く残しています。

大垣でその長い旅を終え、奥の細道は「蛤のふたみにわかれ行秋ぞ」と詠んで結びます。そして芭蕉は、ここ船町湊から伊勢神宮の式年遷宮の儀式を拝もうと伊勢に向かいます。
芭蕉は4回大垣に来ています。旧友である谷木因がいたことに加え、故郷伊賀上野に近いためでしょう。
今も、奥の細道を踏破されて大垣にゴールインする人が時折おられますよ。

川べりに芭蕉と曽良の像が立ち、蛤のふたみに・・の句を記した蛤塚がある。
また「住吉灯台」が、かつての船運で栄えた姿を今に伝えている。

 

高橋で右折して県道31号を進む。左手に往時の繁栄を偲ばせる重厚な家が多い。
近鉄養老線の踏切を越え、塩田橋の手前を左折して細い道に入る。田中縫製に突き当たって右に曲がっていくと杭瀬川の堤が右に続く。堤の前にいくつか格子のある家がある。
杭瀬川橋といわれた塩田橋を渡る。橋のたもとに、思わず見入ってしまうほど大きく立派な木造の「伊勢両宮の常夜燈」が立っている。右に折れて長源寺を巻くように進む。秋葉神社、法永寺。

みぞれが雨に変わる。あわてて雨合羽を取り出す。県道31号を越えて直進すると、突き当たりに細身の谷汲山常夜燈が立っている。左折して進むと「久徳の一里塚」の南塚があり、塚の上の榎にヤドリギが付いている。

 

やがて街道は太平洋工業の工場に吸い込まれるように途切れる。しかたなく車の往来が激しい県道31号を、ところどころでヒヤヒヤしながら歩く。小川に架かる馬渡橋の名は江戸期の名残り。HOTEL VENUS、HOTEL TWIN-J、太平洋精工、サンメッセ、大垣自動車学校、スギ薬局を過ぎて右に入ると、まぎれもなく街道だ。四つ辻の一角に転がっていた大きな石があった。あとで考えると、あれが谷汲山への道標だったらしい。とすればあの辺は立場だ。左折する。白髭神社。

県道に出て大谷川を渡って右折する。「従是南宮社江近道」。やがて道は左に右にと曲がる。龍松寺、北面延命地蔵尊、慈應寺。左手は、雪に覆われた白い田んぼの向こうに養老の山々が、夕陽の陰となって黒々と横たわる。
国道21号をくぐって左折する。街道は民家、BIG MAX、NOD、岐阜トヨタの下にある。国道を歩く。
垂井町に入る。右手遠くに見えるざっくり削られた山は、中山道赤坂宿近くの石灰岩採石場だろう。

綾戸口交差点で斜め右に入ると、ここからは街道が延びる。等運寺、伊勢両宮常夜燈、光堂寺。民家がごく普通に並んでおり、すぐあるはずの綾戸の一里塚跡が判らない。六車神社。広くもない道を車が激しく行き交う。東海道本線大垣街道踏切を越える。雨が激しくなってきた。

「これより美濃路松並木 ここは垂井町綾戸 熊坂長範物見の松200m」。
かつてこの辺は青野ケ原と呼ばれた原野でこれを突き抜けると中山道垂井宿である。

美濃路に残る唯一の松並木が続く。江戸中期から明治期に植えられたもの。右はユニチカの工場。
松は30本以上あった。雨と道に積もった雪で靴はぐしゃぐしゃ。


16時45分 中山道との追分(岐阜県不破郡垂井町)に着く。 42185歩

 

この追分にあった道標が垂井宿の磯野家にあるらしい。

そこで宿場の真ん中あたりにある豪壮な造りの磯野家の戸を叩く。
しかし既に陽が落ち、まわりは薄暗く、冷たい雨も降っており、しかも突然の申し入れであり、見せてもらえないのでないか、そんな心配を吹き飛ばす笑顔で夫人が迎え入れてくれる。磯野家は、もともと浅井長政の家臣で、その後転身して財をなした豪商だったらしい。今は9代目。

そして、お目当ての道標は内庭にあった。高さ約2メートルだが、二つに折れ、小さいほうは数十センチ積もった雪に埋もれている。大きいほうは、苔だろうか、やや緑色に染まる部分もあって、風雪に耐えた時間の長さを感じさせる。刻まれた「 右みのぢ 」の文字は石柱を飛び出すのではないかと思われるほど力強い。

空襲でふたつに折れて、戦後、あの追分の道端に転がっていて誰一人見向きもしない状態だったそうです。当家の先々代が、こんな貴重なものを放置しておいてはいけないと買い取り、それ以来大切にしているのです。」

貴重なものに会えたことで、些か興奮気味に降り積もった雪の中で転がるようにして写真をとる。厚かましいお願いにもかかわらず快く応じて戴き、ありがとうございました。

満足感を味わいながら東海道本線垂井駅に向かう。

 

東海道宮宿の道端の道標から始まり、中山道垂井宿の旧家にある道標で終わった。
その間に文化や歴史がいっぱい詰まっており、充実した3日間の街道歩きだった。

なお、雪の濃尾平野を縦断する厳しい街道歩きではあったが、昔の旅人の気持ちに少しは近づいたかも知れない。なぜなら、江戸期、季節が良いときは大名行列が多いので、 庶民は行列のあまり通らない季節に旅をした。また農閑期しか旅が出来なかった。したがって、あの中山道の碓氷峠を越える旅人が一番多かった季節は11月から2月の寒い時だったそうだ。 (了)

トップへ戻る