美濃路

江戸から垂井宿まで、中山道は111里、東海道・美濃路のルートは103里で1日の行程の違いがあった。山道の多い中山道に比べて、美濃路は濃尾平野を縦断する平坦な街道であるが、洪水の頻発する輪中地帯を通っており、木曽川、長良川、揖斐川の渡河があることを考えると、どちらが難儀な旅だったのか?

 

平成15年1月30日(木)

6時55分  名古屋市西区枇杷島町の清音寺をスタート。

昨夜来の雪が数センチ積もって銀世界に変わり、今も小雪がちらつき、道も凍っているのでおそるおそる歩く。
犬を連れて朝の散歩をしている婦人と挨拶を交わす。

              冷たい朝ですね。
             今年に入って2度目の雪です。たしか先月3日に同じくらい降りました。

 
名鉄名古屋本線のガードをくぐると庄内川の堤防下に旧枇杷島跡のモニュメントがある。
雪に覆われた堤防に上がる。庄内川に架かる枇杷島橋を渡る。

土手を行く織田の将兵に向かって、
「八幡八幡、勝ちいくさ、華武者祝え」
祝福の言葉と一緒に、摘みためた野の花を投げる日吉ら、遊び仲間の腕白どもの姿が、「新書太閤記」に活写されているが、このときゆったりと彼らのかたわらを流れていたのは庄内川だし、若き日の信長が水馬の調練に、あるいは水泳に、しばしば出かけたのも庄内川であった。

                                                        (杉本苑子著「新書太閤記の旅」より)


旧枇杷島小橋のたもとにあった道標が五差路に立っている。
「東 にしハつし満てん王う きよす宿道 西 飛がしハとうかゐだう なごや道 北 い王久ら道」

大根を背負った男性像もある。このあたりに「下小田井の市」と呼ばれた青物市場があった。この市場は、家康が上洛した際に渡船を勤めた市兵衛と九左衛門が青物問屋を始めた慶長19年(1614)から昭和30年まで、実に342年間 城下町名古屋の台所を担った。

 東海道本線名古屋街道架道橋をくぐる。六軒神社。問屋記念館。民家と商店が混じる家並みが途切れない。ところどころに低い軒の格子窓の家がある。家の前の雪を箒で掃き寄せている。
「屋根神様」を祀ってある家がわずかだが残っている。火難や厄病よけの秋葉・津島・熱田の3社を屋根の上に祀る、この地方独特のものだ。

土器野新田。寛文5年(1665)千本松原にあった刑場がここに移された。「瑞正寺」の境内に供養のための大きな宝塔が立っている。寺の手前の道を右折して緩やかに下る。通りがかった婦人に刑場の場所を尋ねると名鉄本線のガードをくぐった左にある公園ではないかとの答え。その小さな細長い北中野公園に、あるはずの尾張藩刑場址の石碑は見当たらない。でもこのあたりだろう。宝暦13年(1763)には名古屋城の鯱の金のうろこ3枚を盗んだ柿ノ木金助が、ここで獄門に処せられた。

 戻って街道を跨いで真っ直ぐ進むと、突き当たりの木立のなかに「土器野神社」がある。この先の新川橋の西詰めに立っていた道標が境内にある。これはもともと清洲の五条橋の親柱だったものに「左つしま道」と刻み、手摺を通していた穴に灯明を入れ障子をはめていたという。

その新川橋を渡る。細い道が延びる。
このあたりはもう、清洲城下の外町である須賀口。電柱に、ここはお茶屋 の地名表示がある。「酒は酒屋に よい茶は茶屋に 女郎は清洲の須賀口に」という唄があったそうで須賀口は遊女の町として栄えたらしい。

名鉄須ケ口駅への交差点の手前の山内家のガレージの先の裏庭に「「今川塚」が覗く。寒いのに家から出てきてくれた奥さんの説明は熱が入る。町役場発行の小冊子も頂く。

清洲城外のこの地を卜し義元の首実検をした跡と古来言い伝えられている。然し乍ら、当時の戦況から察すれば義元の首実検をした場所はここでなく、桶狭間の戦場で毛利秀高が敵将今川義元を討ち取り、無上至高の功名として直ちに見参に入れているから、敢えてこの地まで持参して首実検したと思われず、清洲凱旋後、義元の首級を領民人民に示す為に、この地で梟首した遺跡ではないかと思われる。

                                          (新川町役場総務課発行「今川塚」より)


西堀江の地名表示がある。江戸期、西掘江は蕗の産地として知られていたそうだ。
名鉄津島線の踏切を越えると用水路跡に一里塚橋が架かり、傍らに須ケ口の「一里塚之跡」の石碑がある。用水路を改修したときに掘り出した道標が、その先の正覚寺の前に立てられている。

 

清洲宿(愛知県西春日井郡清洲町)

三輪医院を左折し清洲丸之内郵便局を過ぎて広い県道127号に出る。
右折して巡礼橋東交差点を過ぎ、名鉄本線のガードをくぐる。右斜めに進む県道と分かれて直進する街道は道幅が狭くなる。
長者橋東交差点。格子のある家。清酒鬼ころしの清洲桜醸造。雪でスリップした車同士が衝突して、救急車が赤いランプを点滅させている。雪がちらつく。
五条橋を渡る。たもとにある「清洲古城址」の石碑の向こうに清洲城が見える。

              「今生のおもいでに、わが殿が敦盛の舞を拝見つかまつりとうございまする」
             声に応じ信長は扇子を手に立った。
             城中に招かれていた宮福太夫の謡にあわせ、彼は悠々と舞う。

                            人生五十年下天のうちをくらぶれば
                            夢まぼろしの如くなり
                           ひとたび生を享けて滅せぬ者のあるべきか

                                                        (津本陽作「下天は夢か」より)


街道は百メートルほど進むと左に「清涼寺」があり、山門の前が「札の辻」で竹田酒店あたりに「高札場」があったようだ。寺の前で直角に折れる。松屋ラジオ店、ライオンズマンション清洲のあたりが「脇本陣」、道をはさんで横の竹田家のところに脇本陣の櫛田家が兼ねた「問屋場」、その隣のキヨス林医院が「本陣」、問屋場の前の櫛田家が「脇本陣」である。
なお本陣、問屋場の裏手に秀吉が田地1町歩を寄進した「上畠神明社」がある。

なお清洲宿は清洲越で廃絶となったが、元和2年(1616)、ここから少し北の桑名町に再び置かれた。しかし寛文8年(1668)に火災で全焼してしまい、それを機にここ神明町に移った。

 
東海道新幹線美濃街道架道橋をくぐる。左に折れる。東名阪自動車道をくぐり右へ進む。一場南で左へ右へと折れる。このあたりは、元和から寛文の約50年間、さっき歩いていた神明町に移るまで、清洲宿の中心だった。

左手に南無観世音菩薩の幟が見えたので折れるとやはり「総見院」。織田信長公由緒地の大きな石碑が門前に立っている。清洲城主織田信雄が父信長の菩提を弔うために建てた桑名・安国寺を清洲に移し、安土・総見寺にならってその名にしたが、清洲越で移転した。その後名古屋総見寺の和尚の隠居寺としてかつての地に建てられたもの。

 鉄塔の下の北市場美濃路公園を過ぎ、すぐ右手の民家の間の細い道に入り、コンクリートの小さな「役所橋」を渡ると、「清洲代官所跡」がある。代官所はにんじん畑に変わっていた。

左手の道に入る。六角堂公民館の斜め前、武田家の二階建ての建物のあるところが「浅野又右衛門長勝宅跡」。
又右衛門は、秀吉の妻であるねねの養父である。

「精が出るのう。手伝うて進ぜよう」
と言って、藤吉郎が庭に入ってきたとき、ねねは困ったと思った。お気づかいくださいますな、とはっきりと断ったのだが、藤吉郎はねねの隣にしゃがみこみ、
「急ぐ用ではない。わしも、もともと百姓の小倅、畠のことはようわかっておる。なれたものよ」と言葉通り、器用な手つきで草をむしり始めた。

                                          (橋田壽賀子作「おんな太閤記」より)

「六角堂」で有名な長光寺、その本堂の左後ろに、ここの水を信長が愛飲して「臥松水」と名づけた井戸がある。井戸を覗き込むと、今も底に水を湛えていた。

 車の往来が激しい県道136号に突き当たって左折するとすぐに、岐阜街道(御鮨街道として昨年10月に歩いた)との分岐点である「四ツ家追分」に出る。四ツ家うどんが有名な茶屋があったというが、今飲食店は見当たらない。
すぐの東海道本線大垣街道踏切の手前に四ツ家の一里塚があったらしいが、民家と空き地があるだけで全く痕跡が無い。

真っ直ぐな道を進む。田んぼが現れる。
グランドパレスの先の井之口団地に沿って右に入り、オートプラザラビットの前の広い道を進む。このあたりから「七曲縄手」か。
左右の事業所の向こうに田んぼが広がる。かつては見渡す限り水田で、奥田の千町田面(せんまちたのも)と呼ばれたという。
 

日下部村から稲葉宿へは三十五町余りであるが、その間、家居もまばらに存在するのみで、田の中を松並木が長く続く道である。
こうした光景は、つい二十年前ごろまで変わらなかった。当時夏の夜道を自転車で走ると、空に松のこずえが黒々とおいかぶさり、遠くの里の灯が点滅してみえたりして、おそろしい思いにかられたことが思い出される。西方に木曽川を越して美濃の山並がみえ、その中腹あたりに灯がみえた。「養老の灯」と教えられていた。またこのあたりは狐が出て人をばかし、ばかされた人は、方向感覚を失い、行けども行けども同じ所を廻るとも伝えられた。

              (昭和52年発行児玉幸多監修「美濃路見取絵図 第1巻 解説篇」より)


本多金属の前で右に入ると、「長束正家邸跡」と刻まれた大きな自然石が小松菜畑の中にある。ここは長束地区で、正家は秀吉の五奉行のひとりである。

 焼肉さかい稲沢店を右折する。左手に団地が続く。途切れると立派な稲沢市民会館が現れる。左にヤマダ電機が見える交差点で左折する。

「国府宮第一鳥居」が立っており、右手1キロ先にある尾張大国霊神社の方向に献灯が続く。
名鉄本線の踏切を越える。
田んぼが広がる。
高御堂中央保育園を過ぎて右斜めに入る。曙橋で大江用水を渡る。

 

稲葉宿(稲沢市小沢・稲葉)

民家の車置き場に立っている木製の案内板が「稲葉一里塚跡」を示している。
道が狭くなって格子のある家が増える。
小沢3丁目西交差点を越えて突き当たりの愛知県尾張農林水産事務所一宮支所農業改良普及課という長い名前の持ち主が入っている建物の脇に「本陣跡」の碑がある。しかし立派な建物全部を支所のひとつの課が占めているとは、やはり役所だなと思わざるを得ない。

左に折れる。「東町問屋場跡」の大きな碑が格子のある家の軒に建っている。ここは問屋場が三つもあったが、これは真ん中に位置したもの。

本陣、脇本陣、問屋場等の建物はいずれも無いが格子のある家が多く、宿場の面影が残っている。

 稲葉口を右折する。静かな農家の家並みとなる。酒井会計事務所を左折する。
県道65号で美濃路は消える。右斜め前に見える稲沢中島広域事務組合水道事業所に向かい、その正面から延びる道に街道を見つける。一宮市に入る。畑が増える。青空だが雪がちらつく。

県道136号に出て左折する。家が途切れない。光堂川を昔は光堂橋という土橋、今は高木橋というコンクリートの橋で渡る。櫛田酒店の前の雪が積もった空き地に高木の「一里塚址」の碑が立っている。

 

萩原宿愛知県一宮市萩原町萩原)

道が右へ左へ曲がりくねる。この串作地区のカギ型の曲がり道は、清洲城主織田信雄が考えた清洲から美濃へ通じる道普請の計画によるものらしい。
近くからリズミカルな織機の音が聞こえる。カッシャカッシャ、カッシャカッシャ。
国道155号を渡る。小さな小さな秋葉神社の祠があって、その前になぜか半鐘が吊ってある。叩いてから名鉄の踏切を越える。萩原商店街が延びる。ややくたびれた感じの商店が多い。
今度は小さな秋葉神社、その横のミウラ家の門になぜか時計が括り付けられており、針は2時50分を指している。

「正瑞寺」、蓮如上人が泊まって教化されて天台宗から浄土真宗に変わった。この寺の前から右折する。
Jewelry Salon UKAI の前に「萩原宿問屋場跡」の碑が立っている。その先の水谷家の前に街灯と並んで「本陣跡」を示す細い石碑が立っている。
美濃路は明治24年の濃尾大地震でその宿場の建物のほとんどが倒壊した。この萩原宿の家並みもその後の建築である。

 
イワタ電機を左折する。日光川を萩原橋で渡る。この川はかつて古川と呼ぶ木曽川の分流で川幅が広く渡し場があったが、その後の改修工事で細い流れとなり、板橋が架けられたという。

尾西市に入る。
右手の数本の桜が植わった一画に「孝子佐吾平遭難遺跡」の石碑と祠がある。これには次の話が伝わっている。

天保のころ(1830〜44)、明石藩主が参勤交代の途中で、暴れだした行列の馬を鎮めようとした佐吾平が、行列を横切ったとして無礼討ちにされた。尾張藩は自領の権威のためにも許しがたいと明石藩に抗議し、その後尾張藩領内を通るときは夜間に葬式の装いをして、数年後日中の通行が認められたときも夜の装いをして通行したという。

名神高速道路をくぐる。
左右の家からカッシャカッシャと織機の音が聞こえる。この地域一帯は天明のころ(1781)から綿織が家内工業として広まり、尾張木綿、美濃縞という尾張を代表する産物となって現代の尾西織物につながった。カッシャカッシャ、カッシャカッシャ。雪が舞う。

 「富田の一里塚」である。左右に塚があり、その上に葉を落として裸になった大きな榎の枝が広がる。

「左駒塚道 舟渡五丁」の大きな道標がある。尾張藩には家康から派遣された大名級の家臣がいた。3万5千石の成瀬、3万石の竹越、そしてそれぞれ1万石の渡辺、志水、石河(いしこ)の5家老である。この石河家老の屋敷が木曽川対岸の現在の羽島市竹鼻町駒塚にあり、この駒塚道が名古屋城への参勤路であった。

 

起(おこし)宿(愛知県尾西市起)

左手の家の間から木曽川の高い堤防がのぞいている。
尾西市歴史民俗資料館に飛び込み、応接いただいた神田学芸員から懇切な説明を受ける。
驚いたことに、この街道を歩くにあたって参考にした「美濃路見取絵図」の解説をされている林英夫氏は、資料館の横にある脇本陣のご出身だそうだ。また我々の今日の宿泊についてもいろいろと心配して頂いた。多謝。
 
この宿場は木曽川の渡船場を控えていることから、大名をはじめたくさんの旅人の通行・休泊でにぎわったようで、かつてを偲ぶものが多く見られ、加えて宿場内の道は昔どおりの道筋、道幅であり、その道の両側の家並みは宿場の面影を大いに残している。
本陣・問屋場跡、船橋跡、宮河戸跡、大明神社の大銀杏、ただしこの大木の脇にあった福島正則駒つなぎの木は痕跡もない。起渡船場跡、大きな金刀比羅社常夜燈、格子のある家、お囲堤。

 濃尾大橋で木曽川を渡る。左手遠くに養老の山の連なりが墨絵のようにかすんでいる。夕日が川面を赤く染めている。

林英夫氏はこの起宿の前を流れる木曽川への熱い想いを次のように記しておられる。

このあたり美濃側の堤防から望む木曽川は、渺茫として尾・濃の間を緩やかに流れている。いまは濃尾大橋が架かり、絶え間なく車が金属性の音をたてて走っている。この橋が出来た昭和31年までは、起の船橋河戸から駒塚村に渡る「ポンポン蒸気」と里の人がよんだ船一艘が往来の客を運んでいた。さらに、この濃尾大橋より一キロ半あまり川下には、名神高速道路と新幹線が並列して、この川を横切っている。かつて、川面に「ポンポン」とのどかな音を響かせながら往来していた船の姿も、遠い昔の思い出のなかにしか記憶されなくなった。しかし、川は絶え間ない流れをいまも続けている。

                            (林英夫解説「美濃路見取絵図 第2巻 解説篇」より)

 まだ雪が残る大橋をおっかなびっくりで渡り終えると「起渡船場石灯台」がある。堤防を上流に金刀比羅神社の竹藪まで歩く。堤防を下る。岩田橋、民家の前の道標、右折。地蔵堂、ローソン、正木小学校内に不破一色の「一里塚跡」の碑、法啓寺、金毘羅山大権現常夜燈の向こうにショッピングセンターカネスエのネオンが光る。

 

17時45分  名鉄竹鼻線 須賀駅  45187歩

東海道新幹線の岐阜羽島駅前にあるサンホテル岐阜羽島に泊まる。

トップへ戻る