美濃路

東海道の宮宿から分かれて名古屋・清洲・稲葉・萩原・起(おこし)・墨俣・大垣の7宿を経て中山道垂井宿に至る、14里24町、約58.7キロの街道である。
この東海道と中山道をつなぐ街道を、道中奉行は中山道の脇往還として支配下に置いていた。

 
今回2泊3日で歩いた。

平成15年1月29日(水)

東海道宮宿(名古屋市熱田区伝馬1丁目)

宮宿の伝馬町を進むと、ほうろく地蔵に突き当たる。ここのT字路が東海道と美濃路・佐屋路の分岐点である。
南角の川本宅前に寛政2年(1790)建立の「北 さやつしま みのじ道 南 京いせ七里の渡し道」の道標がある。
また北角にあった宝暦8年(1758)の道標は、道路工事や戦災で破損しているが繋ぎ合わされてT字路の少し東よりの村瀬宅の門前にある。

 8時30分 スタート。地蔵堂に隣接する愛知県警察自動車警ら隊の建物の塀のあたりに高札場があったと思われる。その先の広い国道1号線を、左横にある熱田神宮南歩道橋で越えて、神宮南門に向かう。宿場の人に時を知らせた蔵福寺の鐘は、左手にあるその寺の社務所裏になぜかシートに覆われて置かれたままである。

 熱田神宮南門を入ってすぐ左手に上知我麻神社がある。
この神社は「源太夫社」ともいい、日本武尊の妃である宮簀媛の父を祀る。江戸期は先ほどの地蔵堂と警ら隊があった分岐点に祀られており、旅人はこの神社に道中の安全を祈った。巫女の小川嬢が一心に社殿の拭き掃除をしている。雪がちらつき、手が凍えるように寒い。名古屋駅で見た7時半の気温は0.4度だった。

参道を進むと瓦を積み重ねた「信長塀」がある。永禄3年(1560)、織田信長が桶狭間に出陣の折戦勝を祈願し、これが遂げられたので、そのお礼として奉納された築地である。
本宮にお参りしたのち西門から伏見通りに出る。この門の東から京を遥拝して天皇の長寿を祈念したことから鎮皇門と呼ばれた。

 熱田神宮に沿って道幅の広い国道19号線、いわゆる伏見通りの左側の歩道を進む。

「誓願寺」、門前に右大将頼朝公誕生旧地と刻んだ石柱が立っている。源義朝の正室となった熱田大宮司藤原氏の娘がここにあった実家で頼朝を生んだそうだ。境内の埋まってしまった井戸が産湯の井戸なのか。ここに寺を建てたのは信長の父信秀で、北の政所や淀君の深い帰依を受けたという。

旗屋町交差点の次の道を左折すると「竜珠寺」、創建した加藤隼人正の妻は前田利家の姉らしい。
「法持寺」は空海の創建と伝えられるが、昭和30年から30年間三保ケ関部屋の宿舎だったそうで、北の湖が横綱になった時の喜びの言葉が石碑になっている。裏手は「白鳥御陵」、伊勢・野褒野で亡くなり白鳥になってこの地に降り来たった日本武尊の陵墓といわれる。

 旗屋町歩道橋手前にある石柱に「熱田神宮第二神門址」と刻まれている。二の鳥居があった、このあたりには、彩色の草花を描いた宮団扇を売る店や、熱田詣の土産である藤団子を売る店が並んでいたそうだ。
左手の熱田公園のうっそうとした木立は「断夫山古墳」、宮簀媛の墓と伝えられている。しかしこの古墳も、先ほどの白鳥御陵も、5〜6世紀この地方の豪族であった尾張氏の墓というのが本当らしい。

 「青大悲寺」の街道に面した鉄地蔵に老夫人が一心に祈っている。この寺は旗屋町出身の女性が神がかりして始めた如来教の本山である。経典は教祖の生の声を文字にしたもので名古屋弁そのままだそうだ。尾張藩士にも信奉者が多くいたらしい。境内に入ると尼寺らしくきれいに手入れされて静謐な空気が漂っていた。

 西高蔵交差点で右に少し入ると「高座結御子(たかくらむすびみこ)神社」。
子供の無事な成育と虫封じとを祈って15才まで神様に預ける子預け信仰で知られている。

くる人みんな、その年に生まれた赤ん坊をでゃあたり、おぶって神社へござるわなも。
ござるは4月3日だわ。時には幼稚園へ通ってる子もつうてきとるし、尋常科の子も親につうてきりことがあるわなも。

                              (社務所に置かれた案内より)

境内の貝塚は、馬の骨が発見され、弥生時代に馬がいたことを確定したという貴重なものである。

 伏見通りに戻る。新尾頭交差点の手前に「熱田神宮第一神門址」の石碑が立っている。一の鳥居があったところ。先ほどの第二神門の時もそうだが、車道に向かって立てられている。車を運転しながら文字が読めるはずがないし、勿論歩行者からはなんの石碑かわからない。誰の為に立っている石碑なのかな?

右に入ると、大イチョウの下に「金山神社」、案内板はここが尾張鍛冶発祥の地であると教えてくれる。
 右手は金山駅で、Hotel Grand Courtがそびえる。
金山新橋南交差点は、左へ延びる佐屋路との分岐点。道標に次のように刻まれている。
「東 右 なごや 木曽海道 南 左 さや海道 津しま道 西 右 宮海道 左 なごや道」。

佐屋路は、七里の渡しを嫌った旅人が利用した街道で、岩塚、万場、神守を経て佐屋から木曽川を3里下って桑名で東海道に合流した。

 JRと名鉄の線路を跨ぐ。

「古渡一里塚」は、大正4年頃までは東塚の榎の枯株が残っていたというが、今は位置さえも定かでない。伝昌寺のまえのFamily Mart のあたりだろうか。一里塚の傍らにあった川口屋の飴は名物だったようだ。

通りは、Mobil、UFJ金山支店古渡出張所、ICCOコーポラズ、角久、チュウオウ、千代田、大久保歯科、牧建築事務所、イズミ商事と続くが、この辺に「古渡立場」があった。左に入ると古渡稲荷神社がある。
古渡町交差点を右へ行くと東本願寺別院。大きな山門を入るとすぐ左に、織田信長の父信秀が築城した「古渡城」があった。信長は天文15年(1546)この城で元服したというが、細い木々が植わっているだけの現状からは城があったことさえ想像するのは難しい。

 街道は伏見通りから分かれて、右斜めの本町通りに入ると、大木戸が設けられていたという橘町である。
「栄国寺」は仏具卸長坂忠義商店を右折し、すぐの仏具の菱田を左折したところにある。このあたりは千本松原と呼ぶ切支丹2百余人が処刑された刑場で、刑場を移したあとにこの寺が建てられた。境内の奥まった薄暗いところに、切支丹処刑者の供養碑千人塚があった。

なお将軍吉宗の倹約政治に反対した尾張藩主宗春は富士見ガ原遊郭を開いたが、その大いに繁盛した遊郭があった富士見町は寺の後ろの方角である。

 門前町。名古屋の人は結納の際にもご先祖さまへの線香を添えるほど、先祖を大切にし信仰が厚いことで知られているが、それが納得できるほどたくさんの仏壇・仏具屋が並んでいる。西本願寺別院。大須交差点の左に行基が開いたと伝えられる「七寺」。大須の繁華街に入る。商店が並ぶ東仁王門通り、新天地通りへ進むと、吊り下げられたたくさんの提灯がいかにも繁華街の寺らしく華やかな「万松寺」。
信長が父信秀の葬儀を営んだ寺で、当時は札の辻近くの桜天神のあたりにあった。

信長御焼香の御出で。其の時の信長公御仕立、長つかの大刀、わきざしを三五なわにてまかせられ、髪はちゃせんに巻き立て、袴もめし候はで、仏前へ御出でありて、抹香をくはつと御つかみ候て、仏前へ投げ懸け、御帰り。
                                         (「信長公記」より)


万松寺の脇を街道に戻る途中に「総見寺」。
仁王門通りから「大須観音」、寒いためか参拝者は少ない。昔はこの境内や橘町裏などで芝居興行が行われて、大須は今と同様盛り場だった。大須ういろで、ういろと ないろを買う。

万松寺の坊さんに聞いても、大須ういろの店員に聞いても、みそかつの美味い店は「矢場とん」だという。矢場町交差点近くのその店は意外なほど小さいが客が絶えない。鉄板とんかつに掛かった味噌だれは、まろやかな味だった。

若宮大通りに面して信長の傅役だった平手政秀を祀る「政秀寺」。名古屋総鎮守で尾張徳川家の氏神だった「若宮八幡宮」

 

名古屋宿(名古屋市中区錦2丁目)

江戸期の初めまで尾張の中心は清洲であった。 藩主は家康の第九子である義直。
しかし五条川に面した清洲は城郭の適地ではないと、徳川家康は名古屋への移転を決めて、慶長15年(1610)築城工事を始め同19年に完成した。築城工事と並行して、今歩いている5間幅の本町通りを中心に城下を碁盤割にして、清洲から武士、町人、寺社、さらには町名までもそっくり移した。これを「清洲越」という。さきほど見た総見寺も政秀寺も、そのとき清洲から移ってきた。

 若宮大通本町から街道に戻ると、通りはオフィス街へと変わっていく。
広小路本町交差点。手前右側のツクモ栄店に牢屋が、左側の名鉄観光に柳薬師が、そして交差点を渡って右のUFJ銀行に庚申堂があった。
伝馬町通本町交差点が「札の辻」と言われ、他の宿場では問屋と言われる「伝馬会所」があり、高札場があった。

この名古屋宿には、本陣、脇本陣はなく、諸大名の休泊もなく、旅籠も宿内になかった。美濃路についての参考書はいずれも、「宿村大概帳という古書に 宿方とは不申、名古屋町と申候と書かれていること」を紹介している。宮宿と清洲宿のほぼ中間で名古屋城下を通る関係で、偶々宿場の役割を果たしていただけで、厳密に言うと、「ここは名古屋宿ではない、名古屋町というのが正しい」らしい。

 札の辻の斜め左裏の、錦パークビルと宮崎錦ビルの谷間に「桜天神」。
さきほど行った万松寺の鎮守として建てられ、桜の大木があったというが、今は申し訳程度の細い桜の木があるだけ。昼夜12時に時を打った鐘のミニチュアがある。ビル風が強い。小雪が舞う。

 札の辻を左折して伝馬町通りを進む。前方にJRセントラルタワーズがそびえる。
長者町の問屋街。日銀前歩道橋で国道19号を越える。
堀川に架かる「伝馬橋」。「堀川」は名古屋城建設の資材を運ぶために、福島正則を普請奉行として、開削された水路である。橋の手前に木戸があったという。

橋を渡って右折する。左手の名古屋駅から延びる道幅の広い桜通りを越えると、細い道に変わり、那古野地区に入る。低い二階の軒、格子のある窓のある家がいくつかある。清洲越町人だった「川伊藤家」の大きな屋敷と土蔵が往時の繁栄を物語っている。一本左の「四間道」には古い家並みが更に多くある。名古屋駅から歩いて15分程度のところに、こんなにも昔の面影を残す一画があるとは驚きだ。

右を流れる堀川には中橋、五条橋が架かっている。「五条橋」は、清洲越の際に移してきたもので、当時の橋の擬宝珠は今名古屋城内にあるらしい。
大名を含め旅人は先ほどの伝馬橋を利用したが、朝鮮通信使はこの五条橋を通った。

このあたりから美濃路が始まるという説がある。

「宮の渡し」から名古屋城下までを名古屋街道とよんでいる。この街道を北上し、伝馬通りから左折し堀川に架かる伝馬橋を渡って右折、堀川岸舟入町を越すと、京町筋から五条橋を渡った道に併さる。名古屋街道からこの伝馬町、京町筋両分岐点以西が美濃路で、熱田宿からみちは続くが正式な美濃路はここからはじまる。
(愛知県教育委員会発行「愛知県歴史の道調査報告書W」より)

一般的にはこんなに厳密に考えておらず、美濃路は東海道宮宿から始まるとしている。

 道が広くなる。景雲橋西。右手に愛知県・名古屋市の行政機関の大きな建物が見える。
インテリア商社のサンゲツの手前を左折して細い道を進む。
そのまま幅下公園に入り、右手のナルダン大正琴教室の看板の方向に公園を出る。
細い道は東海マツダ城西店とその駐車場の間に出て、幅下歩道橋で、国道22号を渡る。

歩道橋の上から右斜め前に金の鯱が輝く名古屋城の天守閣が見える。城は慶長19年(1614)に出来たが、鯱に使った金は大判1940枚(1枚が10両)、小判が17975両といわれる。

 城西スイミングを右折して、静かな道を行く。
T字路を左折する。沖勘介薬局のすぐ先の月ぎめ有料駐車場の角に、「江川一里塚跡」の表示がある。
小公園の前には「樽屋町大木戸」があったことの表示。名古屋凧を今も作る凧茂本店。店内をのぞくと、極めてシンプルな四角形の凧が掛かっていた。

「白山神社」、榎権現といわれたが、今ある榎は何代目か。信長が桶狭間に攻めたとき、この社に奉幣し、戦勝後太刀を寄進したという。神社の西を流れていた川に架かっていた権現橋の高欄が神社の石垣に流用されている。
ここに「立場」があったが、神社の前の喫茶軽食白山はその名残りではあるまい。

真っ直ぐな狭い道に民家が続く。
国道22号を越える。
細い惣兵衛川を渡ったところに、諸侯通行の際に尾張藩が接待した茶屋があったらしいが、普通の民家が続く風景では確認できない。

「清音寺」、治承3年、平清盛に流された藤原師長の寵愛した村娘が、都に帰る師長との別れを悲しんでここで池に身を投じた。その娘を弔うために建てられたのがこの寺で、娘が師長から形見にもらった白菊の琵琶に因んでこの地を枇杷島という。妻はこの娘に同情しきりである。

 しんしんと冷えてきた。

16時45分  名鉄 東枇杷島駅  33173歩

名古屋駅前に戻り、グランドホテルに泊まる。

トップへ戻る