平成20年10月30日(木)

7時 京阪電車枚方市駅近くの、万年寺山と呼ぶ高台に上る。
秀吉が建てた御茶屋御殿跡から淀川や枚方の街並みを眺め、意賀美神社にお参りしたあと、拝殿の前を右にいくと、森繁久弥の生家がある。

大阪府下、菊人形で名高い淀川のほとり、枚方市の万年寺山に、私は生まれた。
約三千坪ほどある敷地には、タヌキが住んでいるという五かかえも六かかえもあろうかという大榎があり、誰がシメ縄をかえるのか、いつも真新しいシメ縄が張られ、木の下の祠には、マンジュウや、餅が供えられており、近所のガキ共が盗みにきていた。
(森繁久弥著「さすらいの唄」より)

 

街道は宗左の辻から、京阪電車・枚方市駅前を取り巻くように延びる。
家々の軒下には、市内小・中学校で育てられた大輪の菊が置かれている。街道菊花祭と呼ぶ催しだそうだ。
天野川の土手にぶつかる東見付で、枚方宿は終わる。

江戸期に架かっていた仮土橋はなく、すこし下流のかささぎ橋に迂回して渡る。
そのあと街道は天之川町の住宅街を過ぎ、京阪電車と接したのち、細い流れを渡って古い家並が残る磯島茶屋町を抜けて、磯島で府道に出る。ちょうど通学時間、多くの高校生と行き交う。
しばらく府道を進み、三栗南で府道の左の細い道に入ったのちすぐ府道の右側に出て、古い民家の残る三栗を通って京阪電車の線路を渡る。
黄金野から牧野に移ったところで、片埜神社に寄って、今日一日の安全を祈願する。

(片埜神社は)戦国の争乱で荒廃していたが、大坂のウシトラの方角にあたるところから、大坂城の鬼門除けの社として豊臣秀吉が修築、さらに豊臣秀頼の命で片桐且元が再興した。
(「東海道分間延絵図 解説編」より)

牧野駅脇の踏切を渡ると、線路沿いの道となる。
前方に高い くずはセンターシティが見える。

船橋川を渡り、樋之上で府道に合流し、そのまま進んで淀川の堤防に上がる。
河川敷は くずはゴルフ場。対岸に北摂の低い山が連なる。
堤防に接するように京阪電車の樟葉駅がある。
樟葉駅を過ぎ、堤防を下りる。
街道沿いの集落は
町楠葉の住宅街となっているが、鳥羽伏見の戦いでは大半が焼失したそうだ。
綺麗に整備された道の中ほどに「右八幡宮是よりちか道 二三丁」の道標があり、石清水八幡宮が近いことを教えてくれる。

やがてまた堤防に上がる。対岸は大山崎で、サントリーのチョコレート色の山崎蒸留所が見える。
堤防下に、久親恩寺の森が見え、ほどなく田んぼの先に古刹・久修園院の大伽藍が見える。

府道と別れて堤防を降りる。大阪府から京都府に移っている。
さらに細い道を下ると、江戸期以来の橋本の遊郭跡である。
鳥羽伏見の戦いでは、新撰組・土方歳三がたてこもり、長州軍によって焼き払われた。

京阪電鉄橋本駅以西が全部遊郭の許可地。
歌舞伎で有名な「引窓」の「橋本の里」が今遊郭の在る所だ。
淀川、桂川、宇治川の三川の合流に沿って居るので、風景もよく、夏は涼しく、多数の網船が出漁して、夜間の不夜城、川岸に弦歌のさんざめく辺りは実に別世界の感じがある。
娼妓は四百七十人、芸妓三十人。女は主に中国、四国、九州方面が多い。
(昭和5年発行「全国遊郭案内」より)

意匠を凝らした玄関、窓周り、わづかに残る弁柄色の壁と往時の華やかさを残した家が多いが、今もそのまま住まいとして使われているのが凄い。

淀川堤防下、男山の山裾に細く延びる尻江、科手の集落を進む。
木津川宇治川を御幸橋で渡る。
遠くに比叡山が見え、京都に入ったことを実感する。
文化3年(1806)伊沢蘭軒は江戸から長崎に旅行しているが、6月7日に伏見から船に乗り淀川を下って、このあたりの広々とした風景を記している。

淀の小橋をすぐ。朝霧いまだはれず。水車の処に舟をよせて観たり。行々て右淀の大橋を見、左に桂川の落口を見て宮の渡の辺に到て、霧はれ日光あきらかに八幡の山平潟の民家一覧に入て画がけるがごとし、
(森鴎外著「伊沢蘭軒」より)

御幸橋を渡り終え、橋の袂から農道を直進し、自然堤防上の美豆の集落に駆け上がる。
高い石垣の上の蔵が木津川と共存してきたことを物語る。
淀城下
新町に入る。

江戸期 淀城は、木津川と宇治川の合流する島に築かれ、城下町は新町下津町、池上町の城内3町と納所町、大下津町、水垂町の城外3町からなる。
美豆と淀城の城内3町とは、長さ137間、幅3間、橋脚3本立39組の淀大橋で結ばれていたが、今は埋め立てられて橋は無い。

格子のある家が残る新町下津町、池上町を通り抜ける。目の前に京都競馬場がある。

城内3町と宇治川を隔てた納所町とは長さ71間、橋脚3本立19組の淀小橋で結ばれていたが、今は淀小橋跡の碑が残るだけだ。

納所にある古淀城跡といわれる妙教寺に行く。
偶々、門前に前住職がいた。

この寺の山門の屋根には、「しゃちほこ」と「桃」が載っている。桃が女性を、しゃちほこが男性を表している。普通、お寺にはこのようなものは載っておらず、どこだったか忘れたが、お城で見たことがある。
従って、山門の屋根は、ここが城であったことを伝えている。だから、ここの住所は北堀端ですよ。

お年を訊ねると94歳だという。説明にいまひとつ説得力はないが、長い年月をかけて調査した結論のようだ。寺の横の堀は淀君も見たのかな?

納所から競馬場横の府道を進む。
このあたりは鳥羽・伏見の戦いの激戦地であり、戦士者の墓と供養碑が妙教寺や京都競馬場の駐車場脇に祀られている。
淀堤と呼ばれ三栖まで続いていた松並木はない。京阪電車の千両松踏切を渡ると、宇治川右岸上の道となる。
随分川幅が広い。巨椋池があった辺りだろう。
巨椋池といえば、蓮の花がひらくときに音がするかどうかの話を、中学の国語の教科書だったかで読んだことを思い出した。今回あらためて、この短編を読み返したが、次の一節で終わっている。

あの蓮の花の光景がもう見られなくなってゐるとしたら、実に残念至極のことだと思うが、しかし巨椋池はかなり広いのであるからそんなことはあるまい。
(和辻哲郎による「巨椋池の蓮」より)

残念だが、蓮の花を見るところはもうどこにも残っていない。京都競馬場内の名物の池も巨椋池の名残りらしいから、JRAは、あの池いっぱいに蓮を咲かせてくれないだろうか。

京阪国道と、第二京阪をくぐると、濠川と宇治川の水位を調整する三栖閘門が見える。
新高瀬川を渡ると伏見で、三栖閘門横、伏見港横を北上する。
肥後橋で濠川を渡って東に向い、竹田街道に出て北上する。この先も伏見の中心をジグザグに北上するのだが、京橋を渡ったところで寄り道。
寺田屋に立ち寄り、宇治川派流沿いに南浜通を東に進んで月桂冠大倉記念館に入る。酒蔵を改装した館内で利き酒をする。気持ちよくなって、今日はここでおしまい!

14時20分  京阪電車 丹波橋駅   41124歩
 

トップへ戻る