京街道

古代から中世にかけて、大坂と京都を結ぶ道は、陸上交通では西国街道か、東高野街道の2コースであった。
ところが、近世初頭、大坂城を築いて大坂を豊臣政権の都とした秀吉は、軍事的な必要から大坂と京都伏見を最短距離で結ぶ道路を淀川筋につけた。この淀川左岸堤防上の道路を京街道という。

  

平成20年10月29日(水)

7時5分  大阪高麗橋の東詰を北に向い、すぐ土佐堀通に入って東に向う。
今月開業した京阪電車・中ノ島線開業の幟が道沿いに掲げられ、その新線が本線
と分岐するのが天満橋駅
駅の後ろの大川(旧淀川)にでてみると、今年3月に整備、開港された水上バスの発着場があり、八軒家浜の標識が立っている

森の石松が本町橋の名物押寿司を持って三十石船に乗り込んだのは、ここにあった八軒家の船着場であり、脱藩した坂本竜馬が上がり込んだのは、ここの船宿京屋治郎作方である。

大阪歯大病院横から、日経ビルの背後を通って大阪城公園に出る。
公園は砲兵工廠跡でもある。
公園入口に砲兵工廠と刻んだ石碑が立ち、旧化学分析所のレンガ造りの建物が残る。

戦後、米軍の爆撃を受けて鉄骨の残骸が積み重なった砲兵工廠跡に、アパッチ族と呼ぶ屑鉄泥棒があらわれた。
SF作家小松左京によれば、瓦礫の山が片付けられたのちも、アパッチ族の行き残りは鉄を食べる人種に変貌し、やがて日本人との戦争に突入した。

「うまそうな戦車やなア」とだれかが嘆声を発した。
「よう肥えとるわ」「どうや、あのけつのあたりの肉のつきぐあい。よだれがでるわ」
・・・
「ほーれ、はよこい、はよこい」とだれかが、スククラップの陰に身をひそめながら言った。
「戦車はよこい。かぶったるぞ」
(小松左京著「日本アパッチ族」より)

寝屋川(古大和川跡)に架かる京橋を渡る。
ビルの谷間から大阪城を見て、土佐堀通から京阪電車の線路沿いの細い道に入る。
植え込みの中に「のだばし址碑」が立っている。前にあるパン屋・サンロイヤル熊野のご主人に、かつての様子を尋ねる。

昭和になって埋め立てられたが、家の裏を鯰江川が流れており、家の前には京阪・野田橋駅があった。
すぐそこの洗車場は東西線
大阪城北詰駅にとってかわられた片町線の片町駅跡で、駅横を鯰江川が流れ、寝屋川に注いでいた。

通勤客を掻き分けて京阪・JR京橋駅前を斜めに進む。
京街道と書かれた環状線のガードをくぐり、国道1号線を渡り、新京橋・京橋中央の商店街に入る。
「ハヨ入ッテ食ベナハレ」「今買ワナイト損スルデ」と言っているような雰囲気を持つお店が続く。
商店街の中ほどに
大阪市の建てた「京かいどう」の案内碑がある。

・・・江戸時代になって、大坂が天下の台所として栄えるにつれ、参勤交代の大名や商人、旅人などで大いににぎわった・・・

このあとも、大阪市が立てた道しるべや路面の「つたい石」が道筋を教えてくれる。
店がまばらになり、やがて無くなって住宅地の中の道となる。
野江四で城北筋から都島通の裏道のような道に入り、すぐ都島通に出る。建設中のおおさか東線をくぐる前後で国道筋商店街を過ぎ、高殿の五右衛門で都島通の裏に入る。くねくねと曲る道に、七曲りといわれた面影が残る。

関目で都島通と別れて、国道と京阪電車に挟まれた地域を進む。
森小路京かい道商店街に続く千林商店街に寄り道。長い、長い、商店街は日本一安いともいわれ、スーパー・ダイエー発祥の地としても有名だ。

三十五歳のとき、初めて小売りに挑んだ。家賃、集客力から判断して大阪の京阪電鉄千林駅前の商店街に店を出すことを決めた。駅の真ん前だが、家賃の安い、「何をやってもうまくいかない」いわくつきの場所だった。
「ダイエー」は大阪の大と祖父の名前の「栄」をあわせた「大栄」を、当時としては珍しいカタカナ書きしたものである。
(中内功著「流通革命は終わらない」より)

ここ千林から京阪電車で駅一つ先の滝井に、エロ事師のスブやんの家がある。
まだスブやんに会ったことはないが、商店街を行き交う人の中にいたに違いない。

みんな女房もっとる、そやけどその女房では果しえん夢、せつない願いを胸に秘めて、もっとちがう女、これが女という女をもとめはんのや、実際にはそんあ女、この世にはいてえへん。いてえへんが、いてるような錯覚を与えたるのが、わいらの義務ちゅうもんや。
(野坂昭如著「エロ事師たち」より)

街道に戻り、今市で国道に合流する。道沿いにあった今市パンダ集会所てなんだ?

守口市に入る。
三洋電機本社脇のSANYO MUSEUMで休憩。

最近の新聞報道によると、経営不振の三洋電機をPANASONICが買収する話が持ち上がっている。
また、PANASONIC、三洋電機とその下請企業からの税収が高度成長期の三分の一に落ち込んだ
守口市は、財政危機にあえいでいるらしい。
久しぶりに会ったサンヨー夫人の木暮美千代さんの笑顔だけが救いだ。

MUSEUM横で国道と別れる。
街道は文禄堤に上がる。すでに守口宿である。
堤道なので道の両側の家の後ろは落ち込んでいる。道は綺麗に整備され、虫籠窓、格子、うだつのある町家が残る。こんもり高くなった一筋の古道が延々と続き、
守口市駅前の繁華街を横切っているのには驚く。
堤道の下に桜通商店街。作家司馬遼太郎は若い頃このあたりに住んでいたことがある。

司馬が前妻のM子と離婚したのは昭和24年、司馬が26歳の時のこと。M子は当時、阪大の医局に薬剤師として勤務しており、見合い結婚だった。
二人は、
守口市の父親の経営する薬局兼自宅で、両親と同居する形で新婚生活をスタート。ところが、司馬の父親はM子のことが気に入らなかったとみえ、執拗な「嫁いびり」を始めたらしいのだ。
(「噂の真相 別冊日本のタブー」より)

「右なら のざきみち」の小さな道標が生駒聖天、野崎観音への参詣路を教えている。
八島で文禄堤を降り、V字に折れると竜田通。駐輪場になっている本陣跡を過ぎ、大銀杏のある難宗寺を直角に折れる。

竜田通は寺横にあった問屋場を突き抜けており、この道を進むと、社名を変えたばかりのPANASONIC本社に至る。
一画に松下幸之助歴史館があり、館内に創業者の生涯と事業発展の歴史が展示されている。
松下記念病院はここから20分ほどのところにある。病院名はPANASONIC記念病院に変わらないらしい。バイオリニスト五嶋みどりは、この病院で生まれた。

街道に戻り、盛泉寺の大伽藍を眺め、浜町で国道を横切ると守口宿の北端である。
八雲の住宅地を進み、阪神高速・守口線をくぐり、浄水場横から淀川の高い堤防に上がる。

堤防を歩いて、淀川を遡る。広い河川敷は公園に整備されている。
対岸の
摂津市鳥飼と結ぶ鳥飼大橋をくぐると、堤防沿いに寝屋川バイパスが接して延びる。
佐太天満宮の鳥居とこんもりとした社叢が堤防下に見える。「東海道分間延絵図解説編」によると、淀川を上り下りする船は、ここにさしかかると舟の上から神社を拝んだという。往時の例に倣う。

守口市から寝屋川市に移る。
鳥飼仁和寺大橋をくぐる。
太間、点野地区の境あたりにイチョウの大木があり、3人がかりで木をゆすって銀杏をとっている。
傍に淀川から農業用水・生活用水を取水した茨田樋の石碑がある。

左岸にある田畑は川そのものよりずっと低いところにあるので、田畑を保護するために高い堤防が築かれている。水田は、暗渠を通して水を入れることができるようになっている。その暗渠は18フィートの深さで堤防を貫通し水田に流れ込む。
(シーボルト著「江戸参府紀行」より)

もちろん、今は家が建て込み、水田は見つからない。
淀川新橋をくぐる。対岸は
高槻市である。
堤防下にしがみつくかのようにいくつかの旧家があるが、かつての街道に沿ったものか。
枚方市の出口(地名である)に入ってようやく高い堤防から降りる。
堤防上の道を約8キロ歩いたことになる。

旧道らしく緩やかに曲る道が出口、伊加賀を抜ける。
明治期 枚方遊郭のあった桜町を過ぎ、西見付から枚方宿に入る。
船宿だった鍵屋の資料館があり、二階からは船ならぬ車の行き来が激しい鍵屋浦が見える。

ここにはたくさんの旅館や料理屋があり、わずかな銭で茶や酒を飲み、またいろいろな暖かい食べ物を食べることができるし、どの店にも、めかした若い女中がいる。
(ケンペル著「江戸参府旅行日記」より)

16時25分    京阪電車 枚方市駅   49565歩


トップへ戻る