久留里道

上総久留里藩主の参勤交代路として利用された、五井から久留里までの「殿様道」を歩く。
なお、久留里藩黒田家の江戸上屋敷は下谷広小路、今でいうと湯島三組坂を下りた外神田6丁目にあった。
中屋敷は椿山荘になっている。

 

平成24年9月26日(水)
6時05分  内房線JR五井駅下車。

房総往還から久留里道が分かれるのは、五井下宿にある保健所入口バス停付近のはずだが、くねくねと曲がっていたそのあたりは区画整理工事中で様変わりして、バス停もなく、目印の「具流里ミち」を刻んだ庚申塔も見当たらない。

従って、庚申塔があったと思われる大宮神社の裏手右を久留里道の起点と考えた。
神社脇の細い道を入り、保健所から名を変えた健康福祉センターの前までまっすぐ。センターのすぐ先を左折し、JR内房線の踏切を越える。
新しい住宅地を右に左に折れたあとは、小湊鉄道と市原バイパスの間の村上新田の水田の中のまっすぐな道となる。

その先は市原バイパスと館山自動車道の市原ICの新設が、道筋を大きく破壊しており、旧道を忠実にたどるのは無理。
「くるりまで六里半」の道標も見当たらない。

市原ICの手前に、廿五里新田を抜ける旧道が残っている。
高い槇の生垣の奥に大ぶりな屋敷があり、梨畑が多い。

廿五里の集落にある寺・神社に源頼朝の崇敬厚く、しばしば頼朝の使者がこの地を訪れ、その距離が鎌倉から丁度廿五里であったので、それにちなんで「廿五里」と称した
(「千葉県歴史の道調査報告書 久留里道」より)
廿五里は「ついへいじ」と読む難読地名。

養老川に出て、廿五里橋を渡る。
但し、街道のかつての渡し場は、廿五里橋から少し上流に見える堰堤付近だったらしい。
渡し場だったと思われるところからの細い道が堤防を下りて、梨畑の間を長くまっすぐ延びている。
広い梨畑を抜けると、今度は水田の中をまっすぐ延びている。
右に熊野神社のこんもりした杜が見える。細い今津川を渡るとすぐ県道139号にぶつかる。
左に折れると、大膳工務店の敷地の隅に町田の馬頭観音がある。

235年前の安永6年に造られたもので高さ1mほど。
「右 あねさき道 左 くるり道」と刻まれている。
工務店の主人に伺うと、家の前の水田の中の道を、今も「殿様道」と呼んでいると。そしてその景色は昔と変わらないと。

柳原交差点を右折する。
すぐの空き地に高沼の道標が、後ろに踏ん反りかえって立っている。上部に地蔵坐像が刻まれて、「南久留里道 西江戸道」とある。
東海中学を過ぎる。刈り取りの終わった水田が広がり、そのずーと先に五井の工場群の赤と白のまだらの煙突が十本以上見える。
今富坂と呼ぶ上り坂に差し掛かったところに、今富村の名主だった千葉家がある。その前が今富宿の問屋場兼本陣だったところ。

坂を上りきったところが、微妙なくい違いをつくる十字路。信号がないので、坂を上ってきた車がスピードを落とすことなく十字路を曲がって、坂を下って行く。危ない、危ない。
右に正光院、境内に入ると4世紀ごろに造ったという大きな前方後円墳が壁のように横たわっている。

街道は十字路を左に下りていく。
自販機だけのコンビニすずきの脇を入ると円満寺がある。境内にある宝篋印塔には「天文十六年今月今日」と刻まれており、古くて珍しいものだそうだ。
建築資材を扱う事業所の左脇を入って、浅間山坂を上がって行くのが久留里道。しかし、途中 荒れたり、消滅したりしているところがあり、進むことができない。そして街道が再び現れるのは、立野の手前らしい。従って、そのまま進む。

これまで歩いてきた県道139号が県道13号に合流する宮原交差点に出る。
左手のひっそり集落の中に明照院がある。山門の左右にたくさんの石造物が置かれている。

この寺の裏手の墓地あたりに、十六世紀前半、古河公方一族が居住したので、「宮原御所」跡と考えられているところ。
館を守るための土塁が寺の境内を囲っている。

街道に戻ると、すぐに神代交差点。
近くにある神代(かじろ)神社へ行く。古い格式のある神社らしいが、無花果畑にひっついた、朱い鳥居だけが目立つちっぽけな神社だった。

県道13号と分かれて右折すると、立野通りと名付けた道が伸びやかに南下している。
神代、引田の集落を過ぎたあとは、右手に竹林、左に水田がひろがり、その先に低い山が延びている。そんな単調な風景に取り囲まれての長い時間が続く。その単調さを打ち破る爆音が聞こえてくる。新東京サーキットだ。コースを10台ほどのゴーカートがミズスマシのように走り回っている。

やがて、左右に横たわる丘陵を、道がぶった切るようにまっすぐにどんどん上がって行く。
上がりきったところが立野で、ようやくコンビニに出会う。この先にもコンビニがあると思えないので、腹ごしらえのオムスビを買う。

立野の十字路をそのまま進んで、やがて姉ケ崎カントリー倶楽部に沿った細い道に入る。

立野に源頼朝の休憩所と称する所あり。昔頼朝市原郡を通過する途次、休憩して之より姉崎字立野区切替某氏の宅に宿泊せりといふ。
(「市原郡誌」より)
頼朝は御礼に、切替氏に裏山から見える範囲を与えた。その時貰った土地が姉ケ崎ゴルフ場になっているらしい?と今朝、町田であった工務店の主人が言っていた。

県道300号に出ると、今度は八幡カントリークラブ沿いだ。芝生の緑が美しい。
ゴルフ場を過ぎると、市原市から袖ヶ浦市川原井御領に移る。サトイモ、落花生、人参などの大きな畑が広がる。
次に左折する目印は、「ミなミ 方 くるりみち」と刻まれた供養塔である。しかし高さ30cm程度のものだし、畑が続き、しかも道端には夏草が茂っており、見つけられるか不安いっぱいだ。おまけに曇っていた空から、雨粒が落ちてきた。

まだ供養塔が見つからない。

39ゴルフレンジ直進100mの看板があるところで農作業をしている男性に尋ねると、なんとすぐ先に、探していた供養塔があるとの答え。よかった!!
確かにあるにはあったが、半分以上土に埋まっており、字も読めない。これでは見逃したに違いない。

左折して、畑の中の細い道を進む。周りは小松菜だらけ。
雨も止んで、台地に広がる畑をのんびり見ながら歩いていると、三差路に出て、そこから道は一気に下る。
馬之坂の長い下り坂だ。しかも切通しで両側から木々が覆い被さって薄暗いうえ、さっきの雨で滑りやすい。
ようやく馬の坂を抜け、前に水田が現れて、小さな流れにぶつかる。この流れに沿った道を右折すると県道143号に出た。

県道を横切り、馬頭観音や地蔵などが鎮座している、その脇の細い道を上がって行く。杉や竹が生い茂る薄暗い山道が結構長い。
いくつもの石塔物がある不動尊を過ぎるとすぐ、林を抜けて目がくらむほど明るい川原井台地に出た。
明治の頃には草競馬が行われたこともあるというが、今は落花生やサトイモの畑が広がり、畑を掘り起こすトラクターの音が響く。畑の向こうにキバナコスモスが咲いて、その先に東京ドイツ村の観覧車が見える。

やがて、東京ドイツ村の赤い屋根の建物や青い芝生を下に望む、敷地に沿った道となり、その土道が草に覆われだす。次を曲がるのか?まだ直進するのか?どうする?そうだ!スマホだ!予想通り、この小さな機器が現在位置を示してくれて、危機を脱することができた!

東京ドイツ村を離れて左に下ると、道は細くなり、草が生い茂り、両側から覆う木々は多くなって陽射しを遮っている。
舗装道路に出るが、それも束の間すぐにまた山道に入る。今度はかなり長い。そして暗い。
最近、房総の山にはヤマヒルが多いと聞いていたので、不安がよぎる。
ようやく広い舗装道路に出た。街道はこの舗装道路を横切ってさらに山道を行くのだが、いずれ途絶えるそうだから、ショートカットの道を選ぶ。そこで舗装道路をどんどん下る。山を抜けると、水田が現れて、高谷の集落に入るところに来た。

右折して延命寺に行く。

戊辰戦争時、この寺に請西藩ら幕府軍が寄宿して、官軍との戦闘の際にできた弾痕が仁王門にあるというが、今見ると、釘跡と見分けがつかない。なお、久留里藩はいち早く官軍に付いている。

延命寺からまっすぐに延びる道が、現久留里街道に合流する。

江戸期、五井から久留里に通じる道には、西往還・中往還・東往還の3ルートがあった。
今回歩いているのは中往還で、久留里までの距離が最も短く、従って参勤交代に利用され、殿様道と呼ばれている。
現久留里街道は西往還に沿った道と思われる。

袖ヶ浦市から木更津市に入る。大善院、真里谷の諏訪神社の境内にある石造物を眺めるが、どれが道標かよくわからない。
12時35分    JR久留里線 馬来田駅   38990歩


トップへ戻る