九里半街道

美濃三湊(舟附、栗笠、烏江)から牧田村宿を経て、関ケ原宿で中山道に合流し、今須、柏原、醒井、番場の各宿を通って近江の朝妻湊に至る街道である。九里半の行程なので九里半街道と呼ばれる。琵琶湖畔の近江今津から小浜湾に抜ける街道を九里半街道と呼ぶが、これに倣ったものかもしれない。

東西間の物資輸送に大きな役割を果たした道で、京・大坂から木綿、畳表が、加賀・越前からは油、干魚、昆布が、上州・信州から麻、梨が、尾張・美濃からは紙、切干がこの街道を行き来した。

 

途中の関ケ原宿から番場宿までは中山道と同じ街道で既に歩いているので、船附湊から関ケ原宿までの4里を歩いた。なお今回は妻に加え、どういう風の吹き回しか娘も同行したので3人旅である。

 平成14年10月12日(土)

船附湊(岐阜県養老郡養老町)

船附(ふなつけ)は、養老山系に源を発する牧田川が揖斐川に流れ込む所にある。そこでは岩を噛む急流が続く揖斐川もようやくゆったりと流れ、船荷の積み下ろしも容易だったらしい。
しかし、今その地に行くのは簡単でない。大垣から近鉄養老線で美濃高田まで20分、駅前からタクシーに15分乗ってようやく着いた。人の良さそうな大垣タクシーの運転手は、土手の道をゆっくり走らせながら案内してくれる。

船附から歩く人を今まで乗せたことはない。珍しい。
右手は多芸輪中です。このあたりの様子は、牧田川の堤防の嵩上げ工事で昔とずいぶん変わり、堤防の上にあったいろいろな商店も下に移りました。
かつての湊はこの辺りではないのかなあ。

と言われて降りたところは、牧田川の堤防が延びているだけの景色である。地図を見ると牧田川の向こうに杭瀬川があり、その先に揖斐川があるらしいが、それら二つの川は見えない。
念のため、畑で働いている夫婦に聞いた。畑の隅に立派な冬瓜がぶらさがっている

ここに並ぶ家の後ろに昔、湊だった川がありました。牧田川の堤防に上ればその跡がわかりますよ。
しかし堤防は20年前に出来たもので江戸期とは関係ありません。

急いで堤防に上り、塩喰悪水樋管と表示された構築物のあたりから船附の集落側を見ると、草が大いに茂って流れは無いが、幅10メートル近い長いくぼ地が民家と白く塗られた未来運輸の建物の間に続き、確かに川だったことがわかる。
湊跡脇の小公園に小さな地蔵がある。「右 大垣 竹ケ鼻 左 養老 高田」と刻まれた道標でもある。

 10時  家と家との間の細い道を歩き始める。
すぐに名阪近鉄バス笠郷停留所に出る。川の跡はバス停先の藤井酒店の後ろまであるが、その先は国道258号に断ち切られている。

船附交差点脇に船附港址と書かれた石碑が立つ。
横に並ぶ船附湊址と書かれた小さな説明板の一部は次のとおり。

船附湊は中世末期から江戸末期までおよそ三百年間繁栄しました。
湊の跡は、牧田川の改修工事のためその姿を消しましたが、今も「港」という地名にその名残りをとどめています。

高い輪中堤防の上に道があり、左右の低いところに家がある。
しばらくすると火の見櫓があり、小さな秋葉神社の前を、おそらく江戸期と変わらない細い道が左に下りている。石畳が残り、屋根の低い家がところどころに残る。若葉屋、麻裏屋、松田屋の文字が見えるが開いている商店はない。かつての結納屋の店先に茶髪の兄ちゃんが3人座り込んでだべっているのに違和感を覚えるほど、時が止まったかのような空気が漂っている。

浄土真宗大谷派法覚寺。信長を悩ました一向一揆の伊勢長島は目と鼻の先で、このあたりの寺はことごとく浄土真宗である。目の前に高い堤防が現れる。さっき下りた堤防が湾曲しているらしい。堤防の下を、沿って左へ進む。八幡神社で数人の男性が秋祭りの跡かたづけをしている。左に黄金色の稲田が広がり、稲刈り機が一年に一度の大奮闘をしている。その先に養老の山並みが薄く見える。右は高い輪中堤防が続く。

 

栗笠湊(岐阜県養老郡養老町)

堤防下の小さな市神神社の裏に太神宮常夜燈がある。天保8年(1837)に造られたもので明治期までは栗笠湊に立っていた。小さな観音堂がある。おもかるさんと呼ぶらしい。
ここから栗笠の集落が始まる。家並みの裏手に、河川改修で高い堤防になっているが、かつて栗笠湊があり、それはさらに烏江湊と続いていた。
ところどころに残る二階の低い商家が、今は静かなこの集落に昔は多くの人々が出入りしていたことを示している。長い黒板塀の高橋家は何を商っていたのだろうか。福地神社に金比羅大権現も祀られているのは船運で生きたこの集落では至極当然である。


 集落のはずれ、須賀神社脇から金草川の堤防に上がる。右に曲がると烏江湊から牧田川に沿って高田に至る道だが、河川工事で昔のルートを辿ることは難しい。従って金草川の堤防の上の道を左に進んで高田に向かう。このルートは往時の街道がほぼ残っている。道の両側にたくさんのススキの穂が揺れる。赤とんぼが目の前を横切る。つかの間堤防に朱を点じた彼岸花が、もう剃刀のような葉を伸ばし始めている。左手下は遠くまで稲田が広がる。

 栗笠の道標がある。2メートルほどの高さで大正期に作られたものだ。
「九里半街道」の字が読める。その下は読みにくいが、上之郷へ六丁 下笠へ十貮丁 と刻まれているらしい。
上之郷へ下りずそのまま堤防を歩く。河川敷に草木が生い茂り、どこに金草川の流れがあるのかわからない。西岩道の集落を左下に見る。歩いている輪中堤防は家々の屋根よりも高い。

昔から、牧田川、揖斐川を擁するこのあたりの人々は水と闘ってきた。元文3年(1738)より50年ほどの間におよそ30回水害にあったという記録がある。水害から逃れ暮らしを守るために、輪中という堤防を築いた。
ここ多芸輪中の名前は延享元年(1744)に書かれた古文書に見えるそうだ。

輪中の稲田が大きな薄墨色の山容の養老山系の麓まで続くのが見え、ここが美濃国有数の穀倉地帯であることを実感させる。

スポーツプラザ養老の白いドームが右手の対岸に見える。車は時折通る程度で、気楽に歩ける堤防の道が続く。
広幡橋を右に見て広域農道をまたぐ。いつのまにかズボンの裾にオナモミのイガがくっついている。
口ケ島の集落が左に現れ、白い煙を上げる藤井ハウスの工場の手前で、右に降りて小橋を二つ渡る。我々に驚いて数羽の鴨が飛び立つ。今度は左に川が流れる桜並木の堤防を歩く。大きな自然石の馬頭観世音がある。但し大正期に作られたもの。

近鉄養老線美濃高田第4号踏切を渡る。右の方角に今朝降りた美濃高田駅がある。
県道96号を渡る。民家の前に立派な太神宮常夜燈が立っている。
嶋津屋醤油店に突き当たる前、下河原町の神楽獅子山の倉庫がある。毎年農繁期に入る前の5月に高田祭りがあり、その時に祭りを一層華やかにする曳山である。右折すると老人福祉センターにぶつかり左折する。

 高田中心商店街に出る。昭和29年高田町と養老村が合併した際に、観光地である養老の名が町名になったが、商店街の名前は、あくまで町の中心はここですよと言っているようで面白い。

流れている賑やかな歌は、相川七瀬の六本木心中だと娘が教えてくれる。地酒美濃菊の醸造元の玉泉堂酒造がある。かめや醤油店の甕とすの字の雅味ある看板にカメラを向ける。中町、西町と商店街が続くが、食堂はない。困った。

商店街を外れて右に入ると、産業文化会館の駐車場に道標がある。「すぐいせ 左大垣みち」 「左養老たきみち」「右大がき すぐ京関が原みち」

少し商店街に戻って、鮮魚あぶらじの左の細い道に入る。
右手に養老女子商高が見え、明日が運動会なのか、練習する元気な声が聞こえる。校訓は明るく、清く、美しく、そして「強く」だが、家庭クラブは15年以上、近鉄美濃高田駅の待合室に手作りの座布団を提供する「優しい」心の持ち主だ。
横の養老町総合体育館に入り込んで昼食、先ほどの商店街のヤマザキデイリーストアで買ったおにぎりを食べる。

 体育館の前を、きれいに整備された護岸の中を五日市川が細く流れている。
左は養老の山々が大きく迫っている。数羽のとんびが飛び回っている。
五日市の集落の中を緩やかに曲がる道が通じ、左脇の小さな水路を清らかな水が流れる。農家の庭先の柿が熟れた実の重さで枝がしなっている。
林覚寺、もちろん浄土真宗大谷派。
桜井で県道56号に合流。県道に歩道はなく、爆走するトラックの風圧に押されながら進む。牧田川の右岸堤防の上を進む。右向こうに名神高速道路が平行しており、疾走する車が見える。

岐阜製油の看板を見て県道と分かれ左に入っていく。
セキ冷蔵の工場に沿って右に回ると、稲を刈り取った後の株だけが残る田が広がっている。
道なりに左折すると沢田の集落である。
表札は日比姓が多いことを示している。大きな家が続く中で、地蔵堂に面する屋敷は、門や瓦に丸に並び矢の家紋が浮かび、その豪壮な造りがひときわ目立つ。ただし今は住んでいないようだ。

 

牧田宿(岐阜県養老郡上石津町)

県道に再び出て、広瀬橋を歩いて川幅の広い牧田川を渡る。
橋のたもとの公園を右に入り、素盞鳴神社の前を過ぎるとすぐ天野エンザイム養老工場がある。緩やかに曲がり緩やかに上がる。
地蔵堂、大神宮常夜燈、庄屋門。牧田郵便局。隣の牧田小学校の前に児童が卒業記念に作った陶板画が並んでいる。
金毘羅大権現の常夜燈の大きさに驚かされる。
中山酒店に突き当たって右折する。往時このあたりに旅籠が並んでいたらしいが、今その面影はない。
すぐ黒板塀の立派な家にぶつかる。道路で遊んでいた子供たちは郵便局だったと言っていたが、江戸期に問屋だった五井家だろう。

左折する。すぐ右を名神高速道路が走る。高速道路の向こうにある麦房神社へ通じる石段が見える。
緩やかに道は上がっていく。街道の雰囲気を感じさせる家並みである。やがて下る。木曽神社、馬頭観音。右上に養鶏場。

 

関ケ原宿(岐阜県不破郡関ケ原町)

国道365号に出る。丸に十の幟がゆれている。烏頭坂である。関が原合戦の時の島津豊久奮戦の地である。

島津隊はひたすらに南下し、反撃し、さらに南下した。ついに烏頭坂に至った。
すでに烏頭坂は、関ケ原の東南のはしといっていい。道を山中にとって西南へくだれば伊勢街道に出ることができるだろう。
が、東軍は島津隊にそれをゆるさなかった。島津隊は、ついにこの坂で窮した。

副将島津豊久は乱戦のなかで死を決意し、かねて用意してあった惟新入道の陣羽織を着し、馬頭をめぐらし、十三騎の武者をひきいて追撃軍に突入した。

                                          (司馬遼太郎作「関ケ原」より)

名神高速道路をくぐり、烏頭坂を上りきると関ケ原町である。地蔵堂の前にある「左 旧道」の表示に沿って国道から分かれる。合戦の際の本多忠勝陣地跡を過ぎ、そのまま細い道を進むと、国道21号に出る。


中山道・関ケ原宿に着いた。 16時   33198歩 

昔を偲ぶよすがも少し残っており、加えて往時と変わらない自然がいっぱいの街道だった。(了)



トップへ戻る