平成21年8月18日(火)

6時50分  総武本線成東駅から車で10分ほどの本須賀の向渡入口バス停をスタート。
バス停付近に街道筋の面影が残る。集落を抜けると、穂を垂れた水田が大きく広がり、頬を撫でる風が心地よい。道端の草むらでキリギリスがギーギーと残り少ない夏を惜しんでいる。

九十九里道は現在ほぼ県道122号になっているが、県道にまつわるように旧道が残っている。
井之内岡集落も県道から分かれた旧道沿いである。
地図によると、2キロほど右手の九十九里海岸沿いの集落は井之内納屋でなく井之内浜と呼び、北に関ノ下浜、宿ノ下浜、小松浜と続く。
「納屋」と「浜」の違いはイワシを加工した干鰯などの流通路に関係しているらしい。

「納屋」の付く地名が見られる九十九里南部の物資は、紀州出身の湯浅屋という神奈川・浦賀の問屋が主に集め、海運で運んだ。
一方、「浜」の付く北部地域では銚子・野尻の問屋が集め、利根水運で江戸へ送っている。
(千葉県広報協会発行「古街道を往く」より)

梅一輪酒造前から木戸川に出る。左手から御成新道が合流する。家康が九十九里での鷹狩のために造らせた、ひたすら真っ直ぐな道である。
川の前後には、県道の脇に細い旧道が残り、家並みも残る。もちろん旧道を忠実に辿る。

橋を渡ると山武市に入り、蓮沼だ。道際一杯に槙の高い生垣が続き、車を避けるのに苦労する。危ない!危ない! 
ここだけでなく 集落に入ると必ず、まるで巨大迷路のような高い槙垣に出くわす。
蓮沼二交差点に道標があった。

東 飯岡銚子道 西 東金千葉道 南 本村海岸道 北 松尾成田道
橋本某と建てた人の名前が刻んであり、新しいものと思われる。
なお、近くの人に尋ねると、飯岡銚子への道は、やはりジュンケンと呼ぶそうで、中道より知られた名前だ。
右に折れると海岸道であり、大きな蓮沼海浜公園に行ける。

西丘バス停に箭挿神社がある。道に背を向け浜を向いて鎮座している。

頼朝が九十九里浜に来たときに、六町を一里に数えて浜に矢を挿し、九十九本目で浜が尽きたという、よく知られた話がある。
そして九十九里浜の真ん中にあたる四十九本目の矢を挿したところに、この神社があるのだと。
しかし、鬱蒼とした社叢もなく、拍子抜けするほどの小社であり、蓮沼村指定文化財の標石だけが由緒ある神社であろうことを訴えている。
・・・尤も、頼朝は九十九里浜に来ていないのだが。

川面橋を渡ると横芝光町。左へ折れると横芝駅にたどりつく上堺交差点を直進する。
栗山川に架かる木戸大橋を渡る。サケが遡上するって本当かな、というほど川の水は濁っている。
この川は上総と下総の国境でもある。

「上総国」
この国の人は別して気質偏屈にして、その勤むるところ諸民ともに、常に山賊・夜討を本と覚えて、正道を知る人、百人に九十人これ無し。
「下総国」
風俗、上総に同じ。
(「人国記」より抜粋)
ここにこの一節を挿入した意味は特に無い・・・。

黄色く色づいた田んぼとセミしぐれに包まれた集落が交互に現れる。
夏の陽の直射が容赦なく皮膚を焦がし、脳みそまでふやけさす。風までも熱風になっている。
しかしコンビニが見当たらない。自販機も極めて少ない。
いざとなったら海に飛び込もうと、九十九里道を右にはずれ、1.5キロほど歩いて海岸沿いの県道30号に移る。

成田山御本尊御上陸之地なるものがあった。
平将門の乱を鎮める大坂から運ばれた不動明王がここ尾垂浜に上陸し、祈願したところ乱が収まったそうな。
その不動明王が成田山の本尊だなんて・・・知らなかった!

中山道を歩いているとき、赤坂宿付近の昼飯というところは、大坂の浜で拾い上げられた本尊を善光寺に運ぶ途中に昼食を摂ったことに因んだ地名だという話を聞いた。成田山も善光寺も本尊は大坂出身なのだ。

匝瑳市に入る。海岸に近づこうとするが、防風林が小山のように連なっていて、簡単ではない。
ようやく栢田浜に出たが、人の気配もなく、水際に水鳥が群れている。
隣の堀川浜海水浴場に行ったが、閉鎖されている??
閉鎖されたのはオープンしてまもない7月末で、海岸侵食が一挙に進んだのが閉鎖理由というのには驚いた。

千葉県広報協会発行「古街道を往く」によると、このあたりはもっとも九十九里の自然が残っているところとか。
人間が一番確かだと思って立っていた陸地を、寄せては返す荒波が削る。これが九十九里の本性か!

人影少ない海の家での昼食はカレーライス。

栢田十字路から九十九里道に戻る。高い槙垣の間をくねって進む。
匝瑳市は日本有数の植木の町で、特にイヌ槙が有名らしい。道沿いに業者が数多くあり、出荷前の枝振りの良い巨木がたくさん見られる。
八日市場へ通じる交差点を渡り、くねくね曲がる道を進んで集落を抜ける。
フォックスフェースを栽培している畑があった。まっ黄色に熟した実を見ていると、愉快になる。
軽樋川を渡る。熱い陽ざしのなかで、タバコの葉の穫り入れをしている老婦がいる。

新川を渡ると旭市
水田が広がる。大和芋の畑が広がる。矢指小学校がある。海岸は矢指ケ浦と呼び、矢指神社があるらしい。

左手前方に風力発電の風車が見え始め、やがて、まわりから水田が無くなると飯岡だ。
高い槇の生垣が続く。道端のあちこちに石仏がたたずむ。
矢挿川に架かる矢挿橋を渡る。九十九里に矢を挿したのは、源頼朝でなく源義家だという説もある。

この種の伝説は、別に珍しいものでなく、義家を主人公とせずとも、超人的な高僧や、他の武将をそれとしても語られうる話である。
しかし、卓抜した射技で、六町ごとに長い浜辺を刻みつつ、九十九里あることを指摘したのが義家だったと語る、おそらくは近世の、民衆の構想力もおもしろいが、義家に対する讃歎の心があふれている。
(和歌森太郎著「日本史の虚像と実像」より)

さらに、矢挿川の上流にある横根を基点にして矢を挿し始めたと述べているが、この細い流れがそんな由緒ある川とも思えない。

東西に長い飯岡の町を突き進む。
飯岡の助五郎と言っても、今の若い人は知らないだろう。
飯岡の町そのものを知る人も多くないだろう。

作家・山口瞳は、「巷説天保水滸伝」の冒頭で、飯岡の衰微の理由を、鉄道が通ることを拒否したこと、あるいは地形が侵食によって削り取られることをあげ、更に千葉の地形そのものにもあるという。
すなわち抜けてどこかに出られる感じがない、千葉では海に落っこちてしまうと言うのだ。
同感だ。突き当たるところに人は来ない。だから、いつまでも千葉から田舎っぽさは消えない。

どこが町の中心なのか判然としないので、どんどん歩いていくと東町に着いた。
町の端なので、ここをゴールにしてもいいのだが、飯岡漁港に出て、九十九里の北端である刑部岬を望むことにした。

17時5分    刑部岬下   60510歩

街道の両側には水田が広がり、時に太平洋の海鳴りが響く。高い槙垣の続く集落に、人々のゆったりした生活も垣間見えた。網元の家だろうか、大きな長屋門も残っていた。私が見た風景は、これから先も簡単に変わらないだろう。(了)


トップへ戻る