九十九里道

太平洋の大海原が、果てしなく広がる九十九里浜。
浜は年々隆起を続け、海岸線に沿ってつくられた道も、いつのまにか海から遠のく。百年に一本の割合で新たな道がつくられてきた。いま最も海岸に近い県道飯岡・一宮線は、明治時代につくられたもの。
その二キロほど内陸に入った平野部に、浜に並行して弧を描く道がある。これが江戸時代の延宝から元禄期の間(1673〜1703)に整えられた「九十九里道」。地元では、今「中道」と呼ぶ。
(千葉県広報協会制作「古街道を往く」より)

平成21年7月20日(月)

JR外房線・上総一宮駅前から伊南房州通往還を茂原の方向に歩いて10分ほどにある宮原交差点が九十九里道の起点で、ここで往還から北へ分かれる。
7時10分 一宮町・宮原交差点から県道23号線を進む。
昨日までの猛暑と違って、空は雲一杯で風がさわさわと渡って涼しい。
外房線宮原踏切を渡ると、長生村に移る。
道は大きく右に左に蛇行し、青々とした水田が左右に広がる。
黒い斑点のある赤いオニユリがあちこちに咲いている。

草むらでキリギリスがギィー チョン ギィー チョンと鳴く。

このあたりには200年ほど前の文政年間からキリギリスやスズムシを捕らえて売る大勢の虫取り業者がいた。
明治43年頃の東京での虫の値段は、スズムシ6〜7銭、キリギリス25銭。
当時の銭湯代が大人3銭、子供2銭だから、虫の値段は高かった。
一宮駅の一つ手前の八積駅近くに大正12年に建立した大きな虫供養塚があるという。

本興寺に元禄大津波の供養塔がある。

200年前の元禄16年、九十九里沿岸を襲った津波の被害は大きく、この辺りの、当時一ツ松村では384人も亡くなった。
この先、白子町でも、街道沿いに被害者300余人を埋葬した場所があり、供養碑が立っていた。
今は海岸がここから2キロほど先になったが、遮蔽物がないので、津波がひとたび来れば被害はそれほど変わらないのではないか、なんていうと行政に叱られるかな。

寺の前は一松神社で、蟻地獄がいそうな、広い砂地の境内がある。

まわりの家は太平洋からの強い風を防ぐため高い槙の生垣を張り巡らしている。槙の葉の間から薄蒼色の小さな実が覗く。
ところどころにある畑では、落花生が葉の下に小さな黄色い花をつけている。

なんで「驚」という地名なんだと驚き入っているうちに、長生村から白子町に入る。
道は北上し続ける。白子中学前の道には、白子青春街道という千葉県熱血知事が喜びそうな名前が付いている。
南白亀川を渡って観音堂の集落の裏手に地元の鎮守である白子神社がある。

観音堂の集落を過ぎて剃金に来た。地元の人に聞くと、

この辺では九十九里道を「中道」とは呼ばず、巡検史が歩いた道ということで「ジュンケン」と呼んでいる。県道に準じる道と勘違いしている人もいる。

ところで、そのジュンケン沿いは人家が少なく、また海岸から離れていることもあって、回りの景色も変化に乏しい。そこで、しばらく街道を東にはずれることにした。

2キロほど歩いてやってきたのが海岸に近い剃金納屋。地図を見ると、「納屋」の名が付く集落が海沿いに続いている。海から離れた九十九里道沿いの網元が、網などの漁具を納めたところだという。

九十九里浜といえばイワシ漁。
戦国時代末期に紀州の漁師が伝えた地曳網による漁法は、南白亀川沿いの白子町剃金、牛込から九十九里町へ続く一帯が中心地だった。

しかし目の前の風景は漁村のそれではない。農村である。
聞けば、今では、網元は剃金の北の牛込と、南白亀川の南側の古所に二軒あるだけで、しかも地曳網でなく巻網で取っているらしい。
せめていわし料理を食べたいと、地元の人に教えてもらった南白亀川のたもとにある浜清丸というお店に行く。
いわしの刺身、てんぷら、蒲焼、つみれ汁のいわしづくし。九十九里を代表するいわし漁、そのど真ん中でささやかに いわし三昧ができて満足。

牛込納屋、浜宿納屋の集落を貫いている道をくねくねと歩き、やがて道幅の広いまっすぐな県道30号を進む。
あちこちに天日干しの台がある。働いている人に聞くと煮干しを作っているとのこと。

真亀川を渡ると九十九里町の真亀納屋だ。

私は昭和九年五月から十二月末まで、毎週一度づつ九十九里浜の真亀納屋といふ小さな部落に東京から通った。頭を悪くしてゐた妻を其処に住む親類の寓居にあづけて置いたので、その妻を見舞ふために通ったのである。
真亀といふ部落は、海水浴場としても知られてゐる鰯の漁場 千葉県山武郡片貝村の南方一里足らずの浜辺に添った寂しい漁村である。
(高村幸太郎著「智恵子抄」より)

国民宿舎サンライズ九十九里の横、海水浴場に面して智恵子抄詩碑が立っている。しかし詩碑に関心を寄せる若者はひとりもいない。風が強くて海は遊泳禁止なので途方に暮れている態だ。

2キロほど西にある九十九里道に戻る。
不動堂を過ぎ、貝殻道の面影がある法久の集落に入り込むが、白い貝殻は気をつけてみないと分からないほどしかない。
妙智会教団なる宗教団体の広い敷地の横を入ると、小関の集落で、伊能忠敬出生の地が小公園になっている。

伊能忠敬は網元だった小関家に生まれ、11歳までここで過し、後に佐原の伊能家の養子に行く。そして56歳で測量を始め、17年間全国を歩きまわるのだ。一方、私は最近くたびれてきたし、妻は暑いという理由だけで今日も歩かない。彼を突き動かしたものはなんだったろう。

小関といえば、いまひとつ幕末に騒ぎがあった。

三河出身の浪人に率いられた真忠組なる200名ほどの集団が、尊王攘夷を旗印に蜂起し、佐倉藩他の幕府軍にあっけなく鎮圧される事件があった舞台である。
こんな人家まばらな田舎でどうしてそんな事件が起きたのかと疑問に思うが、世直しを唱え近郷の豪農、商家に米・金銭を出させてもいるから、貧しい漁師が多かったからか。作田川の河口に真忠組志士の鎮魂碑があるそうだ。

作田川を渡る手前、右へ片貝漁港への道が延びる。

片貝は紀州加太の漁民が進出してきた新開地という意味で加太開、それが転じて片貝となった。
紀州の漁民が残した地名は勝浦、白浜だけでない。

川を渡ると山武市成東だ。

16時20分     本須賀      42256歩

すぐに、ちばフラワーバスが来て20分ほどで総武本線成東駅に着き、さらにすぐ千葉行きに乗れたのはラッキーだった。終わり良ければ全て良し。

 トップへ戻る