甲州道中(裏街道)

甲州道中は江戸から甲府までは三十八宿で、これを表街道と呼び、甲府から中山道下諏訪宿までは、甲府柳町・韮崎・台ヶ原・教来石・蔦木・金沢・上諏訪の七宿で、これを裏街道と呼んだ。
(長野県教育委員会発行「歴史の道調査報告書U甲州道中」による)

江戸から下諏訪宿までは210キロ、うち裏街道部分は70キロほどである。



 平成14年11月9日(土)

中山道下諏訪宿(長野県諏訪郡下諏訪町)

綿の湯の温かい湯が溢れ出る問屋場跡に、「甲州道中・中山道合流之地」の石碑が立っている。江戸からここまでの距離は、中山道で55里7丁、甲州道中を歩くと53里11丁。中山道のほうが2里弱長いが、いずれも5泊6日で歩いたそうだ。


9時30分。 甲州道中終点の碑があるが、今回は逆に、ここを出発地点として歩き始める。

早くからお客でにぎわう新鶴本店の前を過ぎるとすぐに甲州街道口番屋跡。鳥居を左に見て、諏訪下社秋宮に沿って、諏訪湖へと緩やかに下る細い道は、すぐに左に曲がって行く。民家、商店が混在して途切れない。
「承知橋」のかつての石橋が民家の石垣にはめ込まれている。橋の名前は武田信玄が「神のお告げ承知仕り候」と言ったことに由来するとの説明である。
富部の「一里塚」の石碑。横のドウダンツツジの葉が真っ赤に紅葉している。土蔵のある家が多い。キラキラ光る湖面を右下に見て、左は黄色に色付いた小高い山が迫る、その山麓の高台を延びる道は、やや上り、そして下る。車一台が通れる狭い道幅のまがりくねった道だが、車は多い。


昔ここから右の湖水をめがけて石を投げたという「石投場」。今は下を中央本線が走り、国道に面して諏訪湖博物館・赤彦記念館があり、その向こうがやっと湖である。
 高い壁のようなマンションのプチモンド諏訪レイクの手前から下り、高木地区に入り緩やかに上る。左の小道を入ると「島木赤彦の家」が遺されている。妻が雀のお宿のようだという藁葺き屋根の屋敷があり、赤彦が愛した胡桃の木は既に葉も落としている。

右手に明治初期までは鯉専門の料理屋だった家がある。明治期に建てられた建物の連子格子下の欄間に鯉の彫刻が施されている。庇に取り付けた大きいガス灯が目を惹く。家の前に置かれた台行燈には「宿 政屋」と書かれている。近所の人はユースホステルと言っていたが、今は営業をしていないようでひっそりとしている。 

家の手前の道を右に下り、すぐ左の小道に入っていくと「尾掛松」がある。

諏訪明神が大蛇になって下社の神を訪れたときに、この木に尾を掛け、「尾はどこにあるか」と聞かれて、「尾は(わ)高木の尾掛松」と答えたところから、大和(おわ)と高木の地名が起こったという。

残念ながら松は枯れた姿を残しているだけだ。
冷たい風が出てきた。落ち葉が道を舞い、走る。庭の松で雪吊りの作業をしている。葉を落とし沢山の実だけになった柿の木があちこちにある。大和地区に入るが、相変わらず高台を下り上りする道が続く。

 

上諏訪宿(長野県諏訪市)

信州らしく雀おどしの屋根が多い。家の脇に据え付けた白いタンクは温泉を引いてきたもの。但し使用料が月一万円ほどで、湯は風呂や洗いものに使い、飲めないそうだ。
左に「先宮神社」の木立がある。

昔からこの景勝の地に住んでいた祭神の高光姫命は、諏訪明神がこの地を所望したときに拒否したため、境内から出ないようにと神社の前の川に橋を架けることを禁じられた。

そのため、道の左を流れる幅50センチほどの小川は、神社の前だけ蓋がない。

 道はさらにくねって、湯の脇地区に入る。左手の小道を少し入ると「児玉石神社」で境内に大きな石がある、というか大きな岩の上に神社がある。

大石の上にへこみがあり、常に水を湛えており、晴雨による変化がない。この水でいぼを洗うと必ず直るという。

しかし石の上のへこみに水は無い。石の横の小さなくぼみに溜まった水でもご利益があるのだろうか。
湯の脇公民館の左斜めに、南無阿弥陀仏他のとてつもなく大きな石碑が数基立っている。上がっていくと「温泉寺」、高島藩主諏訪家の菩提寺である。

諏訪家は頼重が武田信玄に謀殺されて断絶したが、頼重の従弟にあたる頼忠が家康に仕えて再興し、その子の頼水が旧領高島藩初代藩主となった。諏訪湖畔の高島村にあった城は明治期に一旦取り壊され、昭和45年に再建された。

その城の方向には山が突き出しており、この高台からも見えない。
アケビの実がぶらさがっている木の脇に和泉式部のものと伝えられる墓がある。
本堂横のガラス張りの部屋の中に鐘が鎮座している。鐘の表面に引きずった跡が残る。

織田信長が武田勝頼を攻めたときに飯田の安養寺の鐘を陣鐘として略奪し、ここまで引きずってきて棄てたままになっていたのを、温泉寺創建のときに同寺の梵鐘とした。

境内を真っ赤に染めている紅葉を通して下に湖面が光る。

 諏訪1丁目に入り、民家の脇に片羽の「一里塚跡」。江戸まで52里。このあたりから先に馬場があったらしい。月ぎめ駐車場の横、片羽幼稚園の前に端正な姿の「吉田の松」。藩主が大阪城守備に行ったとき随行した藩士吉田某が持ち帰ったと伝えられている樹齢300年の黒松である。

茶房石の花で茄子のそぼろ煮の昼定食を食べる。
裏のスワプラザという商業ビルが建つところに藩主や藩士が入浴した「虫湯」があったらしい。
吉田の松の前を過ぎて、そのまま進むと、本町・裏中町・裏上町の裏通り。

諏訪市図書館脇に「手長神社」があり、240段の石段を上がってようやく社殿にたどり着く。大きな延命杉がある。

この杉の根元に立ちて、梢を仰ぎ三度深く息すれば、憂きを忘れ心気澄みて、千寿の歳延ぶと。 

街道は諏訪簡易裁判所の前を右折して横町と呼ばれた枡形から国道20号に出る。風が強くなり、雪がちらつく。虫湯跡の石碑が立つ八十二銀行上諏訪駅前支店に入り、もう一枚セーターを重ねる。支店の前の国道沿いの商店街を進む。
諏訪1・2丁目交差点の角が高札場だろう。
左に精進小路と呼ぶ細い道を入ると、諏訪イングリッシュアカデミーと同じビルに、かつて一般庶民が入浴した「精進湯」がある。今も公衆浴場で、朝7時から営業している。入浴料大人250円、子供110円。

前に諏訪中央駐車場があり、これが本陣跡と思われる。諏訪2丁目交差点を過ぎると舞姫酒造、麗人酒造と醸造元が並ぶ。二つ目の諏訪2丁目交差点は「曲ノ手」という枡形、車に乗っているとカーブ程度にしか感じないのかもしれないが、明らかに折れ曲がっている。

 右折して国道と別れて裏通りを行く。本金醸造元。「貞松院」に松平忠輝の墓。忠輝は家康の六男、大坂城を欲しいと言ったわがまま息子だ。杉の木立に囲まれた自然石の墓が生き様を示している。「正願寺」に俳人曽良の墓。
由緒のありそうな格子の家があり、大津屋の暖簾が懸かっている。通りかかったご婦人に伺うと、普通のおうちですよ、大津屋は普段呼んでいる屋号ですと、不思議なことはなにもありませんというような返事だった。角間川を木の下橋で渡る。風が強く木々の葉を散らす。国道20号の街道と合流する。

清酒真澄の蔵元である宮坂醸造がある。格子に酒林が掛かった店内に入ると、芳醇な匂いが身体全体を包んで酔わせてくれる。店員の応接も心地よい。

今年は残暑のあとにすぐ冬が来ましたが、お酒の出来には関係ありません。
11月下旬に新酒あらばしりが出ます。
 

左手に諏訪清陵高の天文観測用ドームが銀色に光る。湖でのボート競技に熱心な高校と思っていたら、長野県唯一のスーパーサイエンスハイスクールに指定されていた。がんばれ!
道脇に清水町の「大清水」が勢いよく出ている。ここから、宿場に入ってすぐのところにあった片羽の一里塚までは小荷駄馬に乗って通ることが禁じられていたそうだ。高島城下だからであろう。
堀内石材工業に沿って国道と分かれて左の市道に入る。市内循環のかりんちゃんバスの旧道細久保停留所でまた左に入る。右手を中央本線が走る。欠けた双体道祖神。「足長神社」の鳥居があり、長い石段が左上に延びる。
気がつくとこれまで右に見えていた湖がもう見えない。霧ケ峰入口。桑原城跡。諏訪大神の常夜燈が道のほぼ真ん中にある。道しるべは左 江戸みちと示している。右は諏訪大社上社への道らしい。

りんごがこれ以上は無理ですというほど沢山の真っ赤な実をつけている。負けじと柿の木も鈴なりだ。
左に少し上がって地蔵院の境内の樹齢約300年の桂の大木を見るが、残念ながら頭が切られている。

神戸の「一里塚」跡に石碑が立っている。江戸から51里。
諏訪頼重の供養塔がある頼重院の真新しい本堂が左上にある。その道脇に小さな建物があり、中から上気した顔をしたおじいさんが出てきた。近所の人たちが利用している温泉で、「神戸温泉」という。
小さな火燈(ひとぼし)公園がある。御柱の年の盆の15日に、公園の上の峰で松明を鳥居のように配する鳥居火を諏訪大社に奉納するという。

 道標がある。常夜燈の脇の大きな石と小さな石には「右 江戸道」と刻んである。
「右 東京 左 大門道」と刻んだ常夜燈は明治期のものらしい。大門道は、左の永明寺山の麓から、遠く大門峠を越えて中山道長久保宿に至る街道である。
古く薄汚れた道標と並んで立っているPOST OFFICEの白い標識に従う感じで右にやや下っていく。JR中央本線をくぐり、国道20号に出る。
国道を進むと左手につながる小道に播磨小路、塔所小路、鍛冶小路などの小さな石柱がたっている。特段意味のある細い道とは思えないが、なんだろう。

鳥居があり、「葛井神社」が左手すこし入ったところにある。小さな境内だが諏訪大社上社の末社なので社殿の周りに御柱が4本立っている。境内の小さな池は遠州サナギの池(佐鳴湖)につながっているらしい。またこの池の魚はみんな片目だという伝説がある。寒そうな漣が立っており魚もじっとしているのだろう、姿は見えない。雪がちらつく。

 上原陸橋で国道と分かれて左に入る。JR茅野駅を左に見て茅野市街を抜けて上川橋を渡る。振り返ると右に白い雪をかぶった蓼科山、その横に八ヶ岳の山々が続く。商店がまばらになって宮川交差点で国道20号に合流する。

このあたりは元禄期に当初の街道が廃され、旧道よりも50メートル右に新しく道が開かれた。当初の道を慶長道と呼び、新しい道は元禄道と呼ぶ。今歩いてきた道は元禄道で、ここは間の宿・茅野である。

 ところで慶長道の一里塚跡が残っているらしいので、探すことにする。

「歴史の道調査報告書U甲州道中」に次の記述がある。

茅野村新町入口の枡形を右に入ったところに一里塚があり、この道を慶長道といい、(中略) 道は宗湖寺の北側を木落とし下に出て御柱道に合し、左へ曲がって100mほどのところから右折して上川に架かる茅野橋を渡り、清水橋通りを駅前に出、・・・

まずは、JRの線路をくぐり、宮川学校下交差点からすぐの「木落とし」に行く。ここは諏訪大社上社本宮、前宮の8本の御柱を曳き落すところである。中山道沿いにある下社の木落としほど雄大ではなく、高さ40メートルほどの小坂で、しかもJRの線路際の窮屈な空間である。しかし木落としの上に立つと、まぎれもなく慶長道のなごりの道が木落としの下からJRの線路をくぐって右の上川の方向へ走っていることがわかる。

国道20号に戻って「一里塚跡」はたぶんこのあたりだろうと諏訪バス新田中停留所手前の細い道に入る。たまたま家の前におられた五味さんの奥さんに在りかを伺うと、なんとすぐ隣の同姓の五味さんの土蔵の脇、奥の原さんの庭先だと教えてくれる。電信柱に寄り添ってその一里塚があったことを示す昭和35年に立てた黒い石碑があった。「江戸日本橋より五十里」。奥さんのお話では、昔はここから木落としが見えたと言う。今はJRの線路が分断し、又民家が密集しているので正確にたどることはできないが、ようやく慶長道がつながった。

 

陽が山の稜線に近づいた。日没まであと30分。国道をさらに歩く。

坂室橋から木船峠へ道は上る。峠の上に只今の気温0度の表示がある。そういえばこのあたりは寒天づくりで有名だ。

江戸末期ごろ、茅野市域を中心に寒天業が発達した理由としては、原草のてんぐさ搬入が富士川の舟便により伊豆・安房方面から、また日本海からの搬入も、糸魚川・直江津などの問屋を通じて行われるようになったこと、(中略)冬期諏訪地方の気温が低く、冬の農家の余業として喜ばれ、人手も得やすかったなどがあげられる。  
(「茅野市史」より)
  

金沢宿に着くともう真っ暗。冬の日は短い。
17時40分 JR中央本線青柳駅  42856歩

  

平成14年11月16日(土)

JR茅野駅前から車に乗り金沢宿に向かう。先週は日が暮れたので終始国道を歩いたが、坂室橋から左に入り木船入口まで宮川に沿った街道を通る。車から降りて見るほどのものはなかった。

金沢宿(長野県茅野市金沢)

10時  国道20号沿いのセブンイレブン茅野金沢店の少し先のどうやら寒天工場らしき建物の脇を入る。
その裏の田んぼのあぜ道を斜めに、と言っても今は曲がりくねって枡形に入り、両側に畑といくつかの民家があるまっすぐな約400メートルの道を進む。ここに青柳宿があったらしい。宮川の氾濫があるので慶安4年(1651)この先の金沢に移すまでの宿場だったというが、宿場の痕跡のまったく無い農道である。畑では大根の取り入れの真っ最中だ。

国道20号を斜めに突っ切ると「権現の森」。杉やサワラの大木の下に金山権現の石祠を中心に庚申の石塔がたくさん並んでいる。タキザワ住設の左を入る細い道が枡形で、右に曲がって金沢大橋のたもとに出る。
橋を渡り宮川に沿ってすぐ左に曲がるとすぐ、「はりつけ場」がある。延宝6年(1678)本陣問屋の三郎左衛門が茅野村との山の入会権争いに奔走し問屋の仕事を怠ったとして磔になったところで、その後村人が建てた供養仏がある。今も大事にされているようできれいな菊の花が供えられている

街道に出ると金沢宿の下町。すぐ左の大きな家は「馬宿」。丸い穴の開いた馬繋ぎ石が道端に残っている。いくつかの軒の低い家が街道らしさを残している。理容ナカノの手前に旅籠だった「松坂屋」が庵看板を上げ、その先に茶屋だった「近江屋」の江戸後期の建物がある。連子格子や木鼻の彫刻がかつての繁栄をしのばせる。いくつか朽ちかけた家もある。

本陣は金沢交差点の角にあったが、明治中期に姿を消したとのことで、今は火の見櫓と民家があるだけだ。前の下問屋もごく普通の家に建て替えられている。宿場は交差点でくの字に曲がる。
泉長寺の門前のイチョウの大木の下にこの先の上町にあったという「おてつき石」がある。殿様往来のとき、宿役人はこの長さ1メートルの石に手をついて宿役人である趣を言上したという。

上町から国道はS字に曲がりゆっくり上がっていく。

 上町公会所から国道を離れ右に入ると、ドンドン上って行く。民家も畑も上がっていく。畑では一家総出で野沢菜の取り入れに忙しい。道端に双体道祖神。左に並行する国道を通る車の喧騒はほとんど聞こえない。
広い舗装路が延び、右手にEPSONの金沢精和荘の高い建物、広いグランド等の施設が続く。左手は民家が続くが、やがて視界が開けて両側が切り立った谷底を国道が走るのが見え、その向こうに黄色く色づいた山が続き、高くに白く輝く八ヶ岳が連なる。やがて遠くの山々だけでなく、歩いている道の両側にも、金色に輝く落葉杉が増える。人家がなくなる。

周りの落葉松を圧倒して、欅の大木が現れる。「御射山神戸(みさやまごうど)の一里塚」である。右手の欅の樹齢はおよそ300年、既に葉はほとんど落ちている。左手にあった榎は明治期に枯れ、今は欅が植えられているがこれも大きく育っており、若いだけにまだ葉が残っている。これほどスケールの大きな一里塚は他に見ない。

 坂を下りる。数十の馬頭観音が並んでいる。国道20号に出て、ENEOS神戸SSの脇を左に入り畦道を進む。畑の先の低い丘の裾にJR中央本線すずらんの里駅があり、その左、木々の間に御射山神社の鳥居が見える。御狩の神事が行われる神社はさらにそのずうと先らしい。

右手の畑の中に枡形の道は無く、仕方なく小川に突き当たって右に、さらに小橋のたもとを右に行くと火の見櫓の下で国道に戻る。左手に神戸八幡の社叢が見える。
国道に沿った御射山神戸の集落は建て替えられた家がほとんどだが、気をつけて見るといくつか軒の低い家もあり、その家並は間の宿を感じさせる。

集落のはずれ、右の方向にパノラマスキー場を示す標識があるところで、国道から離れて、右にヘアピンカーブの坂を上がっていく。右に稲刈りが終わった田んぼが続き、入笠山に上る裾野が広がる。左は工場があるようだが、道より一段高いところにありまったく気にならない。広い舗装路。車はほとんど通らない。青空が広がり、暑いくらいだ。

 

「原の茶屋」に着く。

とちの木村と御射山神戸村の間は3キロメートル余りの間人家がなく旅をするのに不便であったため、明和9年(1772)松目新田の(名取)与兵衛が向原に出て茶屋を始めた。その後ここを中心にして次第に人家が増えて周囲の村と紛争が起きたので、高島藩では40間(約72メートル)四方に築地を築かせ、その中では自由に茶屋を営むことを許した。
(児玉幸多監修「甲州道中分間延絵図 第八巻 解説編」より)

集落の入口にあたる筆塚や庚申塔があるところ、街道の右手にあるいは左手に土が盛り上がった部分が確かにある。しかもその先の雀おどしのある本棟造りの2軒に名取の表札が掛かる。

金毘羅常夜燈、明治天皇御膳水。歌人伊藤左千夫が設計した富士見公園、そこかしこに歌碑が立つ。静かな集落の間をまっすぐに延びていた街道は、人家が途絶えたところで、私有地に付き立ち入り禁止と書いた三菱マテリアル建材の看板にぶつかり、この先の街道は草地となって消えた。右へ回りこんでしばらく行くと県道に出て、左に曲がるとやがて、右手に延びる街道を見つける。塚平の「一里塚」がある。わずかに左の塚が残っている。  
13時50分  18978歩

 

今日の街道歩きはここで終わりとし、このあとJR富士見駅近くの長野県厚生連富士見高原病院に行く。この病院はかつての「富士見高原療養所」である。竹久夢二が女性遍歴の艶やか一生をさびしくひとりぽっちで閉じ、堀辰雄が婚約者の矢野綾子を献身的に看病したところである。

さっきより風がだいぶ強くなったと見える。それはあちこちの森から絶えず音を引きもいでいた。そしてときどきそれをサナトリウムの建物にぶっつけ、どこかの窓をばたばた鳴らしながら、一番最後に私達の窓を少しきしらせた。それに怯えでもしているかのように、彼女はいつまでも私の手をはなさないでいた。
(堀辰雄作「風立ちぬ」より)

その病院は八ヶ岳の長い裾野が尽きるところにあり、高原の清澄な空気が病棟を包んでいた。

14時40分   JR中央本線富士見駅   23908歩


トップへ戻る