甲州道中(裏街道)

            タイトルに似た街道に甲州裏街道がある。

青梅街道は大菩薩峠(明治11年からは柳沢峠)を越えて武州青梅(東京都青梅市)を経、内藤新宿で甲州街道に合する甲州裏街道であった。
(山梨県教育委員会発行「山梨県歴史の道調査報告書第四集 甲州街道」より)

 街道にも色々な裏があるものだ。

 

平成14年11月23日(土)

9時30分 塚平の一里塚の前を緩やかに下り始める。

標高950メートル。左手に風除林の松が伸びる。八ヶ岳からの風が激しいのだろう。
とちの木集落の入口に双体道祖神が並ぶ。道はひっそりとした集落を貫いて下っていく。
周りの山々は黄色に染まり、左手はその山の向こうに八ヶ岳が頂きに雪を載せて白く輝いている。その上に真っ青な空が広がる。
集落を抜けると、畑があり、林があり、さらに下ると瀬沢の集落である。往時、立場があったらしい。総出で野沢菜を取り入れている一家に右手に見える山の名を聞くと、

山の名前は知らないな、あの山は長野県ではなくて隣の山梨県にある山だから。(こんな回答ありですか?)

急な下り坂の途中の道標は「右山浦 左すわ道」と刻んでいる。「わ」の字が漢字の王を崩しているためカナカタのマと紛らわしい。諏訪神社の大きな常夜燈に誘われて、細い石段を上がって社殿に行くと、左右に大小の御柱が二本立っており、前に立派な土俵があった。

 立場川に架かっていた橋に通じた道跡が両岸に残るが、手前の三叉路を左に行き、黄緑色の瀬沢大橋を渡って国道20号に出る。すぐ国道から左に分かれ、机の集落に入る。左上に「神楽石」が見える。旅人は石の下から湧き出る水で喉を潤したというが、今清水は見えない。右下は国道が走る。矢の沢川のたもとに馬頭観音他のたくさんの石塔が並んでいる。
標高800メートル、一気に150メートル下った計算である。一旦国道に出るが、すぐに机バス停からまた左上の道を進む。

 平岡バス停で国道を横切って小川沿いに畑へ下り、すぐ左折して、真っ直ぐに伸びた農道を行くと、右に、明治13年、明治天皇が山梨・長野御巡幸の際にここで休憩したことを示す大きな石標が立っている。村人は玉座跡の白砂をお守りに持ち帰ったそうだ。

農道が通っている周辺の耕地を整理した際に国道寄りに移した平岡の「一里塚」を探す。火の見櫓の手前、葉が落ちて枯れたように見える樹の根元にある石碑でようやくそれと分かる。国道に合流する。通りかかった渡辺さんに親切に教えて戴く。

このあたりではこの神代が一番古い集落。鍛冶屋が数軒あり、農具を打っていた。この街道に面する家もそうだが、今は人もいない。この竹藪の向こうの家からアララギ派の歌人森山汀川が出た。(私は寡聞にしてその人を知らない。)街道はその先で国道から分かれて畑の中を進み、向こうに見える岩田屋建材の方に行くのが正解だ。

教えられたとおり進み、コンクリートプラントの脇でまた国道に戻る。

 

蔦木宿(長野県諏訪郡富士見町蔦木)

東京まで175キロの表示を見てすぐに、国道脇から右斜め前方に延びる背丈ほどの高さの細い堤防に上って進む。蔦木宿は釜無川沿いの低地にあったのでいくつかの堤防で守られており、今歩いている堤防は「藤川除」と呼ばれていた。すぐに堤防に沿って左側にある細い畦道が往時の街道である。地蔵菩薩などの石造物の前を通って、左にサイカチの大木を見て左に回りこんでいくと蔦木宿の「枡形」に出る。右折して国道に沿った家並みを進む。出桁造りの趣きを残した、あるいは連子格子の家があり、宿場であったことを感じさせる。

JA諏訪みどり蔦木店の横に明治天皇御膳水。

              白じらと並木のもとの石の樋が秋の水吐く蔦木宿かな  (与謝野晶子)

上蔦木信号の手前の上蔦木集落センターが「本陣跡」。表門が残っている。道端の小さな石碑が示す桔梗屋跡は何だろう。ここに問屋があったのかな。街道に平行して両側に裏道がある。裏道には用水路が流れ、土蔵が並び、車の行き来の激しい国道に面する表よりも昔ながらの雰囲気がある。同時に家々の現在の生活も垣間見れる。

十五社大明神の隣に三光寺への参道があり、寺の大伽藍が見える。すぐ先が枡形で左に入り右に折れる。国道を右下に道はどんどん上がっていく。家が途絶えると「応安の古碑」が立っている。丘を進み、川を渡って、真福寺の傍らを過ぎると下蔦木の集落である。「にらざきまでむしゅく(韮崎まで宿が無いの意)」の道標を探すが分からず、そのうちに道はどんどん下り、日蓮上人がその石の上に立って説法したという「高座石」のある敬冠院まで下って国道に出た。

 

ここを流れる釜無川が「信濃と甲斐の国境」である。

昼食をとった国道沿いの食堂の名前も国界。川に架かる昭和4年竣工の国界橋は、今は通る人もほとんどないようである。橋を渡ったのち、左を流れる川に沿って岸辺を下る。下流300メートルほどで国道20号に架かる新国界橋を左に見て国道を横切り、右は並行する国道との間に畑があり、左は川に沿って葦が茂る、真っ直ぐな道を進む。

 

教来石(きょうらいし)宿(山梨県北巨摩郡白州町下教来石

教来石とは元来キヨライシ(清ら石)の意で、国界を清める目的から、巨岩を依り代にして祭祀を行ったところだという。しかしこの本義が次第に忘れられて、経来石、教来石などの漢字が当てられ、・・・

(児玉幸多監修「甲州道中分間延絵図 第八巻 解説編」より)

山口集落の入口にある「山口の関所跡」は口留番所が置かれていたところ。口留番所は小規模な関所。甲州道中は江戸防衛のため軍事的な意義が大きく小仏関所を始め幾つかの口留番所が置かれていたようだ。集落の右手を走る国道沿いに山口素堂生誕の地の大きな石碑が置かれている。素堂は芭蕉と親交のあった俳人。もちろん有名な一句が刻まれている。   

目には青葉 山時鳥 初松魚  (素堂)

なおこの句は鎌倉にての前書きがあるので、ここで詠んだのではない。念のため。

国道に出たところに教敬寺の大きな石地蔵が目立つ。すぐにまた国道から分かれて「清流と緑のふるさと 白州 ここは上教来石」の標識に沿って左へ入る。緩やかに下り上る。右は山陰で暗く、左はこれから延々と続く七里岩の断崖に陽が当たって明るい。「七里岩」は、八ヶ岳の火山活動に伴う泥流および火砕流によって出来た台地が、河川の浸食などによりつくられた延々30キロに渡って釜無川の左岸に続く、高さ70〜80メートルの峻険な岩壁である。

 加久保沢橋を渡って下教来石に入る。諏訪神社を過ぎ、上がって国道20号に合流すると真っ直ぐに家並みが延びる教来石宿である。長屋門の残る「問屋跡」、屋敷内に明治天皇小休止所跡の石碑が見える。これ以外往時を偲ばせるものはほとんど無い。本陣は敷地いっぱいにススキの穂が揺れる空き地になっている。下教来石交差点を左折する。流川橋を渡る。左は七里岩、右は鳳凰三山、後ろに八ヶ岳。荒田の集落。右手に国道20号が平行する。鳥原の集落。養蚕が盛んだったのだろう、大振りな家が多い。白州町総合グラウンド。国道20号に合流。松原の地名どおり、まわりは松林。

サントリー白州製樽工場がある。今歩いているところから約1.5キロ後方の甲斐駒ケ岳の山麓にウイスキーを作る同社の白州蒸留所がある。加えて、街道歩きの際に飲む「南アルプスの天然水」を作る工場もある。
神宮川の河原は白州の名の通り石灰をまいたように白い。水は清冽である。右に曲がるとシャトレーゼ白州工場。国道と分かれて左折する。道の右脇の用水路を清水が豊かに流れている。右上の甲斐駒の頂上に太陽が沈みかけている。畑の中の長い道を急ぐ。
竹林スポーツ広場に、平安時代からこの辺りに一里にわたって続く「白須松原」があったことを示す碑がある。昭和10年代に無くなったらしいが松根油になったのだろう。

初めてブドウ畑が現れる。白須上の集落に来ると土蔵のある家が多い。とりわけ元名主である原家の門塀や土蔵は立派だ。長篠の合戦で戦死した武田軍の勇将馬場美濃守の墓がある「自元寺」。

 

台ケ原宿(山梨県北巨摩郡白州町台ケ原)

つるや旅館を過ぎて緩やかに曲がりながら下っていく。
「田中神社」は安産の神様。宇治茶を江戸へ運ぶお茶壷道中の一行が一泊する拝殿がある。権威ある連中がこの程度の粗末なところに泊まったのかといささか疑問。台ケ原郵便局の手前にある「台原家」の屋敷は元禄13年(1700)に建てられたという古い町屋だそうだ。信玄餅で有名な「金精軒」は江戸期には旅籠だったとのおかみさんの話。斜め前にある造り酒屋の北原家見学は4時半までよと教えてくれたので、あわてて店を出る。


「北原家」は信州高遠から移って造り酒屋を営み、幕末には諏訪高島藩の御用商人、明治期には北原銀行を営んでいたという豪商である。書院の欄間に掲げられた竹林の七賢人を見る。信州高遠藩主から居宅新築祝いにこの欄間を贈られ、これを機に酒銘を七賢としたと伝えられている。
この隣に北原家の御当主が経営する台眠というカフェがある。インテリアは洒落ており、ジャズを聴きながらエスプレッソを飲む、まさにうたい文句どおり粋なひとときである。なおテーブルに置かれた水は七賢の仕込み水である。

秋葉大権現の大きな石灯籠のある小池家に「本陣跡」。

 17時 つるや旅館に入る。 女将さんの話によると、明治期の始めに、近郷から街道に移って旅館を開業したとのこと。

本日は、万歩計が電池切れのため歩数は不明。

 

 

平成14年11月24日(日)

7時50分  本陣跡をスタート。台が原の家並みが続く。永楽屋は何を営んでいたのだろうか、大きな間口の屋敷だ。台ケ原下で国道に合流する。左に七里岩の断崖が続く。ぶどう棚は葉一枚もなく、白州りんごは取り入れされなかった実が根元に散らばっている。街路樹の花水木が赤い実をいっぱいつけている。南アルプスが厚い雲の上からわずかに雪をかぶった頂上付近をのぞかせている。
左手に釜無川を渡る花水坂橋があるが、直進して、釜無川に合流する直前の尾白川に架かる橋を渡る。武川村に入る。国道と分かれて左折してすぐ、道の左脇、一里塚跡を示す碑がある。甲府ヨリ七里ナノデ七里塚トモイウらしい。上三吹の集落のはずれで、七里岩を間近に見ようと左手の田の畦道に入る。目の前の七里岩は、岩壁というより土壁で、それを覆っている木々の葉は既に黄色から茶色に変わり、全体に荒涼とした丘が左右どこまでも続く。

国道に合流する。標識の矢印は右に入ると万休院の樹齢400年以上の舞鶴の松があることを示している。
大武川橋を渡る。橋の下を清冽な水が流れ、河原の砂は白い。

武川には同族的結合の強い武士集団がいた。これを「武川衆」と呼ぶ。

地図で見ると橋の右手、大武川の上流に柳沢という集落がある。この地を領し、武田勝頼に仕えた武川衆の一人である柳沢信俊は、家康の関東入国にともない武州に移る。信俊の墓は先日歩いた川越・児玉往還の今市宿の高蔵寺にひっそりとあった。この信俊の孫が将軍綱吉の側用人となり又甲府藩主となった柳沢吉保である。

右に行くと山高の実相寺であり、標識は大和武尊手植えの神代桜があることを示している。
JA梨北で国道と分かれて左に入ると、牧原の集落で、道の左脇を清水が勢いよく流れ、庭木の手入れが行き届いた大振りな家が続く。庭で交わす親子の会話が洩れ聞こえる。のどかな日曜日の朝がある。制服姿の二人の女性がたくさんのカレンダーを抱えて歩いてきた。美駒信用組合に働いており、ボーナスの勧誘をしている最中とのこと。休日なのに、その熱心さに頭が下がる。今、バッシングが激しい大銀行は苦境打開にもだえているが、地域に密着した小金融機関もまた生き残りのために行員みんなが必死なのだ。

国道に合流するところに武川村農産物直売センターがあり、村の安く新鮮な特産品を求めて車を乗りつける人が絶えない。
この建物の前から南アルプスの山々がよく見える。右端から甲斐駒ケ岳、仙水峠、栗沢山、アサヨ嶺、郷留沢、広河原峠、高嶺、そして鳳凰三山、今日は地蔵ケ岳だけが見えて、観音ケ岳、薬師ケ岳は雲の中である。

サントリー登美の丘ワイナリーの看板を見て国道と分かれる。
一里塚跡、甲府ヨリ六里ナノデ六里塚トモイウ。道際の用水路を水が激しく流れる。

黒澤川を跨いで宮脇の集落に入る。若夫婦が家の庭で農作業をしている。火の見櫓の先のよろずやの福井商店の奥さんに「諏訪神社」を尋ねると、右の方向に曲がって5分程度で行けるとのこと。そこで国道を渡ってやや上がると、神社は小高い斜面の中腹にあった。宮脇の地名の由来となった古社である。小さな社にお参りして、ふと南を見ると、雲がまといついた富士山が見える。山容が大きい。

 街道に戻る。小さくもない小武川を渡る。韮崎市に入る。国道を富士山に向かって進む。上円井交差点で左に上円井の集落に入る。ここには人馬の休息する立場があった。道の左右の細い水路を水が音を立てて流れ、落ち葉が物凄い速さで流されて行く。内藤家のひときわ目立つ長屋門から屋敷の中を覗くと明治天皇円野御小休所の碑が立っている。

 右へ妙浄寺に行く角のなまこ壁の屋敷の石原家、その裏の畑で農作業中のご主人に「徳島堰」の取水口を尋ねた。すると石原さんは、連れて行ってあげるよとスタスタと歩き始めた。
徳島堰は寛文5年(1665)、江戸深川の豪商・徳島兵左衛門により着工された釜無川から御勅使(みだい)川扇状地に及ぶ大規模な用水路である。
街道を左に入り釜無川に向かって7〜8分歩いて徳島堰の取水口に着いた。

水の乏しいこの地域に水を通した大事業を手がけた兵左衛門だが、彼の後半生は分からない。水利権を自由にしようと考えた藩が殺したらしい。妙浄寺は彼の夫人の墓がある寺だが墓を掘り出してみると空っぽだった。

小さい頃はここでよく水遊びをした。今は小学校の生徒がよく遠足で来る。昭和49年に金丸信議員の尽力により釜無川右岸土地改良事業で老朽化した徳島堰を含め用水路の整備が出来た。堰の横にある事業竣工記念の大きな碑に議員の名で徳衆潤と書いてあるが、正しくは徳潤衆だろう。(と議員に揮毫の原稿を渡した人を咎めた。石原さんは金丸議員の親戚だそうだ。) 

雪は年に一度ほど数十センチ積もる程度。でも旧制韮崎中学の校歌に「八ヶ岳おろしに この身を鍛え」とあるように、冬は寒いよ。

国道に合流するところにみどりや食堂。カレーライスは別にして、安くて美味いのだろう、満員だ。
穴山橋を渡って釜無川の左岸を進む。新府城跡への標識に沿って左に上がり、50メートル先で右へ下り、七里岩の下に続く細道を行く。落ち葉が道を隠す。七里岩に陽が当たる。国道が右下に見える。その上の南アルプスの山々に雲が厚く垂れ込めてきた。入戸野入口で国道に戻る。ヤマノーの前から国道と平行する農道を行く。

祖母石(うばいし)の集落の入口に水神鎮護のための九頭龍大神ほか石塔が数基立っている。釜無川の氾濫で水害に遭うことが多かった集落だ。とりわけ昭和34年は8月に台風7号が直撃し、追っかけて9月に台風15号が襲来し甚大な被害を蒙った。水田の脇に南無阿弥陀仏と書かれた自然石が立っている。赤色で塗られて「赤地蔵」と呼ばれているらしいが、黄土色にしか見えない。
地図によると左手の七里岩の上に新府城があるようだ。新府城は勝頼が築いた武田家最後の城である。

宮方家の「茅葺の門」が珍しい。庭木の剪定中の旧家の当主に声を掛ける。

茅を葺く人がいない。県・市に修復をお願いしても、修理して既に当初の姿ではないから文化財に認定できないので支援は無理との返事。しかし修理しないと朽ちていくし・・・。

昔から家に伝わったいろいろなものは昭和34年の水害で流された。門に続く塀には当時1メートルの高さまで押し寄せた泥の跡が残っている。この門はかろうじて残った。息子の代になんとかしろというのは無理で、今なんとかしなければ。頭が痛い。

ここにも行政の無策がある。街道を歩いていると似たような話がいっぱいある。行政はどうしてこんな小さな門ひとつ遺す知恵が湧かないのか。先人から受け継いだココロ・カタチを、ひとつ、またひとつと壊し、気がつくと周りは殺風景な、というより殺伐としたものになった。時代の流れだからどうしようもない、では済まされない。一度壊せば永久に戻らないのだ。行政が口を開けば唱える村おこし・町おこしだが、まず住んでいる人々が大切にされ、誇らしく語れる村・町にしないと、他の地域の人がそこに関心を持つはずが無い。

ついでに言うと、下諏訪からここまで途中にひとつも旧甲州道中の道しるべが無い。どうしてこの旧街道を粗略にするのか。車を運転している人には、多過ぎるほどの標識があるというのに。

 

韮崎宿(山梨県韮崎市)

高い七里岩の上に建つ東京エレクトロンの高い建物は目立ちすぎだ。事務所、駐車場、団地。国道との合流点に水難供養塔が立っている。一ツ谷、左斜めに水神、青坂入口。県道17号で韮崎市街へと入る。

豪商布屋に生まれたのが阪急電鉄を経営した小林一三。電車の利用者を増やすために大坂郊外の宝塚に歌劇団を創った。生家跡地は、にらさき文化村。
街道筋の商店は、軒並み斜めを向いている。斜交いに建てた家は街道沿いによく見かけるが、商店街にこんなにはっきりと残っているには珍しい。

本町交差点は韮崎追分で、左に中山道岩村田宿に通じる佐久往還が延びている。この追分にあった道標が、市民会館の前にある。それは佐久往還をJR韮崎駅の方向に行って、穴観音の脇を上がる坂道の途中にある。「右 信州さくの郡み・ 左 信州すわ上み・」。この坂からも富士山がよく見える。

16時15分 JR中央本線韮崎駅   35505歩

トップへ戻る