神戸・西国街道まわり道

「現在では国道2号線や国道43号線などに街道は姿を変え、戦災や震災などの被害により周辺の街並みも大きく変わってしまいましたが、・・・西国街道の周辺(まわり)には、昔の雰囲気をしのばせる神社や仏閣、そして道標が残っています。」

神戸市のまちづくり支援室が平成13年に発行した「神戸・西国街道まわり道」に記された神戸市東灘区深江から垂水区舞子までの道筋と主な見どころを辿る。



平成21年9月11日(金)

7時 阪神電車深江駅に降り立つ。

西国街道は芦屋・打出で本街道と浜街道に別れる。
本街道は主として西国大名の参勤交代に使われ、浜街道は村と村をつなぎ、庶民の道として賑わったという。
深江は浜街道沿いにある。

駅の浜側を東西に延びている西国・浜街道を西に進む。
一本南に国道43号線が並行し、その上に阪神高速道路が延びる。阪神大震災の際、高速道路が倒れたのはこの深江あたり。

(主な見どころ) 
六甲山を越えて魚を有馬に運んだ魚(とと)屋道の碑、
大日霊女神社、踊り松地蔵、踊り松の碑、浜街道・なごりの松、八坂神社。

但し、本庄小学校運動場際の浜街道・なごりの松は、明治の頃に植えられたものらしい。むしろ、本庄小・中学校の五輪と呼ぶ塔のある校舎が見どころである。

竹本交差点から国道の南に出て、魚崎郷御影郷の酒蔵の間を進む。さらに、阪神御影駅の北に延びる本街道沿いに残る往時の面影も辿る。

(主な見どころ)
魚崎八幡宮、阪神電車高架下の沢の井、松並木の一本が残る御影中学校前、一里塚橋、
外国人との摩擦を回避するために建設された西国街道の迂回路である徳川道の起点、西国橋。

石屋川沿いの御影公会堂は必見である。戦災、震災にも耐え、六甲を背に立つ姿は美しい。但し、地下食堂はあと2時間ほど待たないと開かないので、名物のオムライスはあきらめるしかない。

御影公会堂がこっちへ歩いてきたみたいに近くみえ、酒蔵も兵隊のいたバラックも、さらに消防署松林すべて失せて阪神電車の土手がすぐそこ、国道に電車三台つながって往生しとるし、上り坂のまま焼跡は六甲山の麓まで続くようにみえ、その果ては煙にかすむ、
(野坂昭如著「火垂るの墓」より)
目の前の石屋川堤の景色はめっぽう明るく、堤に立つ火垂るの墓の碑が余計に切ない。

石屋川の堤から下り、阪神電車の南側、新在家に出て、西郷を進み、都賀川を渡る。
新しく出来た街であるHAT神戸にも立ち寄る。

(主な見どころ) 
処女塚古墳、東明八幡神社、若宮神社、船寺神社、西求女塚古墳、
「珠藻刈る敏馬を過ぎて夏草の野島の埼に舟近づきぬ 柿本人麻呂」の敏馬神社。

新在家の小泉製麻がショッピングモールに、脇浜の川鉄、神鋼がビル街に化けているのには唖然。震災の影響は計り知れない。

春日野道から本街道をまっすぐ西に進み、三宮の繁華街に至る。

(主な見どころ) 
北野坂入口にある北向地蔵、生田神社、三宮神社。

三宮で本街道と浜街道は合流するが、阪神間を並行していた阪急・阪神・JRも一緒になる。
かつては「待たずに乗れる阪神電車」「いつでもすわれる阪急電車」と張り合い、阪神・阪急それぞれにヒイキがついていたのだが、統合された今はどうだろう?

いくたロードを下ると朝日会館にぶつかる。このあたりに坂本竜馬などのいた海軍操練所の書生寮があった。

元町の商店街に進み、ユーハイム本店でフロッケンザーネトルテを注文。

神戸の子供は大正時代からクリスマスとハロウィンとイースターを知っていた。
ユーハイムとフロインド・リーブは早くから神戸に店を持った。ユーハイムのビスケット、フロインド・リーブのチョコレートは、ともに人気を呼んだ。これも昭和以前。
生田筋にはドン・バルと呼ぶパン屋が焼きたてのパンを用意した。
(淀川長治著「ノスタルジア神戸」より)

母は大変なハイカラ趣味だった。
大正時代の神戸で唯一の舶来食料品を売っていた元町の明治屋の上得意であり、私も幼少の頃、母に連れられて明治屋へ行くのがたのしみだったが、あの店へ入るとぷんと良い匂いがした。舶来食料品特有の香りであったが、大正初年にはアンズのほしたのも、プラムもマカロニも珍しかったのだ。
(「あまから」昭和37年6月号津村秀夫文「料理のうまい女房」より)

元町を抜け、JRの北側の花隈に出て西進し、神戸駅前を過ぎる。

(主な見どころ) 
花隈城跡、モダン寺、光圀の「嗚呼忠臣楠子之墓」がある湊川神社、新開地西国街道ビル前の道標。

JRのガードをくぐると、見どころの多い兵庫津だ。

(主な見どころ) 
湊口惣門跡の碑、湊八幡神社の迷子のしるべ石、七宮神社、
高田屋嘉兵衛が奉納した一対の石灯籠がある鎮守稲荷神社、竹尾稲荷神社、
岡方惣会所跡の碑、札場の辻の南に来迎寺。

竹尾稲荷神社の説明では、神社の前に高田屋嘉兵衛の住まいがあったという。
司馬遼太郎は「菜の花の沖」で「西出町の表通りに日向屋という大きな油屋があり、ここまでくるとおふさのにおいがした。日向屋の裏の長屋に、嘉兵衛とおふさの世帯がある。」と書いているが、神社の前の家と同じかどうか知らない。

江戸期の宿場は南仲町の札場の辻から北へ神明町、北逆瀬川町、東柳原町、西柳原町と延びていたが、まわり道は神明町から西へ向う。

(主な見どころ) 
神明神社、平清盛の遺骨が法華堂に収めたと伝えられる能福寺、一遍上人廟のある真光寺、
兵庫住吉神社、琵琶塚、清盛塚、大輪田橋、楠正成の首改めを行った大石のある阿弥陀寺、
兵庫運河に架かる清盛橋、清盛が後白河上皇を閉じ込めていたと伝えられている薬仙寺、和田神社、三石神社。

西に向っていたまわり道はJR和田岬駅で北に転じて、地下鉄海岸線に沿って延びる。
ホームズスタジアム神戸前を過ぎる。御崎公園駅の東に浜山小学校がある。

私は兵庫区は浜山尋常小学校へ転入した。田舎者だというコンプレックスもあって、教室ではむっつりと目立たぬ存在だったし、元気よく遊ぶ友だちを遠くから一人でながめている、そんな頼りのない少年であった。腕白な級友に小突かれてもど突かれても、ただじっと耐えていた。
(田岡一雄著「山口三代目 田岡一雄自伝」より)

16時40分    神戸地下鉄駒ヶ林駅   47168歩


トップへ戻る