甲州道中

平成15年4月14日(月)

7時55分 勝沼町役場入口交差点をスタートし、国道411号を進む。

雲の多い空模様で、周囲の山々は稜線だけがぼんやりと見える。道の両側に観光ぶどう園が続く。等々力四ツ角を右に行くと塩山、雁坂トンネル。延命地蔵尊の右を、水沢家の脇を流れる用水路に沿って進むと「満福寺」がある。5本の塀筋がこの寺の高い格式を示している。

「杉之御坊」とも呼ばれるのは、親鸞が自分の説く法が拡がれば枝葉が生じるだろうと言って地に差した杉の箸に、芽が出てやがて大木になった故事に因んでいる。この杉は焼けて今は無い。また境内には馬蹄石があるというが、どうもそれらしきものが分からない。聖徳太子が甲斐の黒駒に乗って富士山や駒ケ岳に登り、その帰りにこの石の上に立つと蹄の跡が残ったと伝えられている。

 

山梨市に入る。園芸センター大陸前から国道は右に曲がるが、街道は直進し日川の堤に出る。満開の桃畑が現れる。
水天宮の石碑の先で右に堤を降りて国道に出ると、栗原宿(山梨県東山梨郡勝沼町)である。国道から分かれてESSOの看板の右を入ると、甲州道中がけなげに残っている。突き当たりの源屋ぶどう園は「源屋」という旅籠だった。左に曲がって国道を渡って荒井コンクリート工業の横を入る。すぐに右へ曲がるのだがその先に家があって進めない。中断した道はトヨタ山梨日川店の前で国道に合流する。

 

山梨交通バスの停留所名は、歌田、そして一丁田中。

桃畑があちこちにある。春霞のなかにピンク色の帯が漂う。

日川橋を渡る。江戸期はもう少し上流で渡ったらしい。
すぐ右に入って白山神社の前を過ぎ日川沿いに進む。


道の両側に満開の桃の花が続く。まさに桃源郷である。

 HOTEL ENZEL裏で笛吹川の堤に出る。対岸にホテル春日居や石和クレアールの高い建物が見える。
国道411号と合流し、笛吹橋を渡り、川沿いを進む。松並木は明治40年に笛吹川の氾濫のあと植えられたもの。

笛吹権三郎の像があり、権三郎通りを行く。長昌院の桜は散り始めで、前の用水路に花筏が浮かぶ。このあたりの道祖神は丸石を積み重ねたものが多い。


国道に合流すると石和宿(東八代郡石和町)に入る。ただし村の名は石和ではなく市部だったので宿場を貫く道は市部通りと名付けられている。
「遠妙寺」、日蓮が鵜飼の翁である平大納言時忠の亡霊を済度した旧跡である。でも時忠は能登に流されたはずだが?
道を拡げているのだろうか、商店が凸凹に建っている。「本陣跡」に土蔵だけが残る。明治天皇の御巡幸の直前に焼けたという。
石和八幡宮の境内は桜の花びらでピンク色に染まっている。

すぐの石和温泉駅入口交差点を左折すると、石和陣屋跡への標識がある。その先にある小作でかぼちゃほうとうを食べる。

 
交差点に戻り、また歩き出す。

甲運橋で第二平等川を渡る。もとはここを笛吹川が流れていたが、明治期の洪水で笛吹川は現在のように石和の東を流れるようになった。橋のたもとの「右 富士山大山」の道標の江戸道の部分に東京道の字が重ねて刻まれている。平等橋で平等川を渡る。この川には蛍が多く宇治の平等院に比する蛍の名所ということで平等川の名がある。

もう甲府市に入っている。ほぼ真っ直ぐな国道に車の行き来が激しい。川田、和戸、横根を過ぎる。かつては松並木があったという。土蔵、庄屋門、六地蔵。ロードサイド店が続く。

山崎の三差路は青梅往還・秩父往還との分岐点である。
この2つの街道は山梨市・小原西分まで道筋は同じで、そこから青梅往還は上下6里の大菩薩峠を越え、東京都・青梅から内藤新宿に至り、秩父往還は上下8里の雁坂峠を越えて秩父に達した。

またここは「仕置場」で、甲府駅4Kの表示板の下に題目碑が残る。

 
箱根駅伝で有名になった山梨学院大の校舎があり、校内ではクラブの新入生勧誘が行なわれている。あたりまえだが、このあたりには若者の姿が多い。
右手の木立の中に「酒折宮」がある。

日本武尊が東征の帰途、ここに寄り、「新治筑波を過ぎて幾夜か寝つる」と歌った。
それに続けて老人が「かがなべて夜には九夜日には十日を」が歌ったので、ここは連歌発祥の地とされている。

この神社から西へ北山野道と名付けた散歩コースがあり、その住宅街の中の道を行くと「甲斐善光寺」がある。

信玄は謙信との合戦が信濃善光寺周辺にまで及んだので、兵火から護るために永禄元年(1558) 本尊を甲府に移して創建したのが、この善光寺である。その後、本尊は信長により岐阜へ、本能寺の変の後は尾張へ、家康により遠江へ移り、その後甲府に戻ったが、秀吉の命により京都・方広寺に移った後、慶長3年(1598) 信濃善光寺に戻った。従って甲斐善光寺は前立仏を本尊とした。

現在、信濃善光寺と同じく7年に一度の御開帳が行なわれており、本堂の前に立てられた回向柱に本尊の指から繋がる糸が結び付けられている。山門から本堂まで御開帳の提灯がたくさん吊るされて、華やいだ雰囲気がある。観光バスから参拝客が降りてくる。本堂に上がり7年ぶりの御本尊を拝む。

 
参道から国道に戻り、身延線のガードをくぐり、鍵の手を曲がると「五丁下り」の通りである。すなわち城屋町、和田平町、下一条町、上一条町、ENEOSでもう一度鍵の手の金手町。和田平町に入った橋の右手にある塗り篭めの石川家は金物屋、糸繭問屋を営んだ「河内屋」。天尊躰寺。

14時50分 甲府柳町宿の札の辻である中央交差点に到着。 28280歩 

昨年11月に中山道下諏訪宿から甲府柳町宿まで歩いたので、これで甲州道中は完歩したことになる。
下諏訪から江戸までの距離は中山道と殆ど変わらない。しかし多くの旅人が中山道を選んだのは、甲州道中の峻険さを避けたのであろう。
甲斐の語源である峡をたどる江戸期の甲州道中が難儀の多い街道であったことを実感した街道歩きだった。


 甲府は甲府城の城下町で、柳町宿は城下町の一部である。
城の天主台に上がったのち、JR甲府駅の構内の売店で土産にルミエールのワインを求める。
なぜルミエールなのか、その理由は昨年11月16日の日経新聞に載っていた次の記事による。

「国産ワイン、実力上昇中  海外品評会で入賞相次ぐ」
山梨県一宮町の中堅ワイナリー「ルミエール」。全国的に無名のこのワイナリーの白ワイン「光」が今年、スロベニアで開かれた第48回リュブリアーナ国際ワインコンク−ルで、金賞を受賞した。光は日本固有の甲州種で作った純国産。

しかし、売店に、「光」は無く、売店の人もその銘柄を知らなかった。残念!   (了)


トップへ戻る