甲州道中

平成15年4月13日(日)

春に三日の晴れなしというが、その晴れ間の二日間に笹子峠を越えて一気に甲府まで行く予定である。

8時20分 JR中央線初狩駅から国道20号に出る。

宮川に架かる橋から左手の遠くの山の間に真っ白な富士山が見えた。「宮川橋の一目富士」として旅人に評判だったが、まさに橋の上からの一瞬である。

道はゆるやかに上り続ける。
歩道橋の右脇にある芭蕉の句碑を過ぎるあたりから、中初狩宿(大月市初狩町)が延びる。勿論建て替えが進んでいるが、出桁造りの家に宿場の雰囲気が残る。その外れ近くに「本陣」の小林家がある。この宿場は下初狩宿との合宿(ごうしゅく)で、月の1日から15日までの継立を担当した。

唐沢橋を渡ると地蔵、廿三夜塔。横にある讀誦塔、至音塔とは何だろう。
家が途絶えると、視界の左端をJR中央線が、右端を中央自動車道が走っている。
道路表示が日本橋から102キロの地点であることを教えてくれる。
笹子川に架かる船石橋を渡る。土手に植わった10本ほどの桜が満開だ。

JRが天神山のトンネルに入る手前を、右にその天神山に上がっていく急坂がある。ほぼ上り切ると中央自動車道にぶつかり、自動車道をくぐるが、その先は道が無い。自動車道が天神峠を越える街道を壊したようだ。


 国道に戻ってJR高架橋の下を進み、やがて国道と分かれて満開の桜の脇を右に入る。
白野宿(大月市笹子町白野)である。ひっそりと家並みが上がっていく。右上を自動車道が走る。火の見櫓の下の廿三夜塔が祀られているところが一里塚の跡だという。前の笹子公民館白野分館は統一地方選・県会議員選挙の投票所だ。

宝林寺の参道から出て来た、これから投票に行く二人のご婦人に伺うと、偶然にも「本陣」をしていた今泉さんだった。

往時はすぐ先の、今は色とりどりのチューリップや野菜が植わっている一画と隣接する家にまたがって屋敷がありました。その後事情があり、又水害にも遭って寺の近くに引っ越しました。脇本陣の天野さんは手前の角の建て替えた家です。
 

国道に合流し、大鹿川橋を渡り、原集落の入口で右折し、今は坂とは言えない穏やかな「立石坂」を進む。
JR乙大鹿沢ガードをくぐり、左に折れる。この坂の名になった「立石」がJRの線路際に立っている。昔岩殿山に住む鬼が何かに驚いて放り投げて突き刺さった石の杖らしい。
JRの線路に沿って上がっていく。
家々は建て替えられているが、道の右側に流れる用水路はおそらく昔どおりだろう。

「親鸞上人念仏塚」「毒蛇済度旧蹟」の碑がある。

昔 百姓の娘が旅の僧に恋をしたが叶えられず、葦ケ池に投身して毒蛇になって人々を苦しめた。そこへ偶々通りがかった親鸞が64884個の小石に南無阿弥陀仏を書き池に投じて、ようやく毒蛇が成仏したという言い伝えがある。

稲村神社を過ぎ、街道はやがてJRの線路で行き止まりとなり、少し戻って笹子駅の表示が付いたカーブミラーを折れ、JRの吉久保ガードをくぐる。さきほどの念仏塚の言い伝えに出てきた葦ケ池の石碑がある。
国道に出て右折する。笹子電話交換局の施設のところに右後ろから合流する道が、先ほど中断した街道だろう。
道路上の温度計は只今の気温19℃を示している。しかし周りの山々は赤茶けた冬景色のままで、木々の芽吹きもまだ先のようだ。


今は通行不能の古いほうの笹子川橋を渡ると阿弥陀海道宿(大月市笹子町阿弥陀海)である。宿場の名前になった阿弥陀堂や本陣、脇本陣は、笹子川橋のあたりにあったと考えられるが、表示もなくどこなのか分からない。

宿の両側は家並のほか田畑で、裏は山林であった。用水は笹子川から引き取り流末は同川へ落ち、飲水には川水を用いていた。
農業のほかに旅籠屋や茶店を営む者があったが、農間の仕事として男は秣を刈ったり駄賃稼ぎに従事し、女は絹や紬を織り出していた。

              (飯田文弥解説「甲州道中分間延絵図第5巻解説篇」より)

笹一酒造には、酒蔵見学の人々が朝早くから観光バスで来ている。


笹子餅を売る店がある。JRのガードをくぐり笹子駅を左に見て進む。
上がっていく道の両側の家並みは黒野田宿(大月市笹子町黒野田)である。
火の見櫓の下に、座布団のようなものを被った珍妙な笠懸地蔵がいる。
明治13年の明治天皇の御巡幸の際に行在所となった「本陣」の天野家は、その誇りを立派な門構えに見せ、鬼瓦には本陣の本の字が焼かれている。本陣の後ろに徳川秀忠の宿所だった御殿屋敷があるというが、JRの線路の向こうでもあり、確認しなかった。

隣の天野家は、今は普通の民家だが、かつては「扇屋」という旅籠で安藤広重の宿泊を断ったことで有名らしい。

なお 白野宿、阿弥陀海道宿、黒野田宿は合宿で、人馬の継立は、1ケ月のうち1日から15日までを黒野田宿、16日から22日までは阿弥陀海道宿、23日から月末までを白野宿が勤めた。

 

国道を上り続けて追分に来た。ここは御坂越えの分岐点であり、笹子峠の登り口である。ファミリーマートでDAKARAを補給する。

11時20分  右にカーブする国道と分かれて左の細い道に入り、中橋を渡る。
富士急・新田下バス停で右折して新田沢沿いに上がるのが旧道だったらしいが、そんな道があるとも知らず、新田の集落の中をどんどん上がっていく。寒いところなのだろう、雪柳が咲き始めたばかりだ。

田んぼの周りに猪よけの柵が張り巡らしてある。

              以前は、稲穂が実る秋にでてきたものだが、最近はよく出てくるよ。
             猿は去年は出てこなかったな。

峠を越えて甲斐大和の方へ行くのかと話しかけてきた中年男性は猪の被害に顔をしかめる。
舗装された県道は杉の木立の中を上り、次第に山の中に入っていく。

12時 笹子峠自然遊歩道の入口に着く。
ここで県道から分かれて旧街道となる。
遊歩道と名づけられているので、整備されているのかと思ったら、そうではなくて岩だらけの道や落ち葉が積み重なった道に、枯れ枝が散乱し倒木が行く手をふさいでいることもしばしばである。
倒木をまたいだりあるいは避けて沢を渡ったりで、江戸期の旅人もかくならんと思われる。
周りに人影は全く無くて二人だけの奮闘が続く。

笹子川の流れが右から左に変わり、やがて石垣に囲まれた広い一画に出る。
「中茶屋立場」である。
明治天皇御野立所跡の石碑が立っている、

六月十九日。午前七時、笹子駅 行在所御発輦。是日。陰雲濛々朝雨霏々たり。御道筋は笹子駅より駒飼駅に至る二里二町余の間、笹子嶺の峻坂難路なり。御板輿に召させて御出門。数町にして追分を過ぐ、渓路栄回両山の樹木深々として水声を葉底に聞く。上がること十三町許にして屋宇三四あり、中茶屋と云ふ。七時五十分、此に駐蹕。縣管備ふる所の富士氷を、銀盆に盛りて、供御す。

              (山梨県編纂「明治天皇御巡幸紀」より)

 
大きな杉が現われ、その圧倒する大きさからその杉が「矢立の杉」であることにすぐ気がついた。

幹周り 9メートル 樹高 26.5メートル。幹の中はそのほとんどが空洞であるが、樹の勢いは衰えていない。戦場に向かう武士がこの杉に矢を射って武運を祈ったというが、源頼朝が富士の巻狩りで射た矢がこの樹に立ったという言い伝えもある。

 

県道に出て上がり続ける。
しかし山の中を走り、峠を越えるこの道はまだ冬期閉鎖中で、4月末迄は車も人も通行禁止らしい。山の木々は春が来たことを知らぬげに固いつぼみのままだ。舗装路のいたるところに落石、倒木があるので、不安を覚えるが進むしかない。妻が遅れ始める。九十九折の道が上がり続ける。


 12時40分 笹子隧道に到着。

このトンネル入口の右手を上がるとすぐに峠があったらしい。
しかし雁ケ腹摺山の表示しかなかったので本当に峠に行けるのか心配になり、今となれば少し残念だが峠へは行かなかった。
隧道も通行禁止だが、懐中電燈の光を頼りに真っ黒なトンネルを抜ける。

 甲州街道峠道の標識がある。右へ上がると峠なので少し上がってみるがなかなか着きそうにないので止めて、左下の急斜面の道を下りる。朝から歩き続けて初めての下りだ。
標識があり、なんとなく整備されているので迷うことはない。ドンドン下る。
落ちた枝を踏み、倒木に身を屈め、沢を渡り、沢沿いに下る。

旧道を40分ほども下ると県道に出る。笹子沢川とともに下る。「桃の木茶屋跡」が落葉松林の中にある。

スモモの白い花が見えた。家が見え中央自動車道が見える。天狗橋を渡る。ようやく上り下り2里半、約10キロの笹子峠の山道が終わる。



駒飼宿(山梨県東山梨郡大和村)は坂が下る途中にある。脇本陣は空き地。
「本陣」も明治天皇小休所跡の碑が立っているだけだ。

幕末甲府城へ向かった近藤勇がここに兵糧を預けたが、柏尾の戦いで官軍に敗れ、そのまま逃走したので大儲けしたという話が伝えられる。

(山梨県教育委員会発行「歴史の道調査報告書第4集 甲州街道」より)

甲州駒飼宿周辺案内図が立っている。それによると甲州街道は今降りてきた県道とは違って笹子沢川の右岸を下って天狗橋を渡ったところに出てくる。また宿場の家々に皆屋号がある。やまと村営バス日影停留所脇の道を下ると、叶屋、藤屋、柏屋、大黒屋、吉野屋、油屋、竹屋、若松屋、井筒屋、甘酒屋、穀屋が連なる。
切妻の屋根の中央部に二階が突き出た、多分この地方独特の家もある。

 
笹子沢川に沿った、次の鶴瀬宿に繋がる整備した小道を古道と名付けている。古道橋を渡る。スモモの花が咲き、鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいる。
中央自動車道をくぐり、日川大和橋西詰で国道20号に突き当たる。街道は真っ直ぐENEOSを突き抜けて左に弧状に進み100メートルほどで立会橋のあたりに出てくるのだが、今は家が建て込んでおり辿れない。



国道を右折して立会橋から国道の左に並行する道の両側に鶴瀬宿(東山梨郡大和村)があった。人馬の継立は駒飼宿との合宿だ。
平安期の絵師巨勢金岡が岩壁に描いた地蔵尊があったことを示す碑がある。その横の佐藤家は「鶴瀬関所」の番人で、さらに横の塩野家が「本陣」である。といっても往時を偲ぶものは全くない。

このあたりから2里余り北に天目山があり、勝頼滅亡の田野の景徳院は1里ほどのところにある。
国道を横切って左に湾曲してすぐ国道に合流する。八久保沢集落センター脇を沢沿いに上がって沢を渡って農道を行くのが街道であるが、沢を渡れそうもないので、そのまま国道を行く。

やがて農道から真竜寺を通ってくる街道が右から国道に合流する。


 「血洗沢」、「鞍懸」と、勝頼が落ちていく道筋らしい言い伝えの場所がある。
左に日川の河岸段丘が落ち込み、笹子トンネルを出た自動車道が対岸を一目散に勝沼に向かっている。

 観音隧道の入口脇からトンネルの左手を通ってトンネル出口で国道を渡って、国道の下にもぐる。勝頼が里人に託した「武田不動尊」を断崖の下に見る。右上の国道と左下の日川に挟まれて横吹集落がひっそりと細長く続く。

国道に戻る。柏尾橋の周辺は、明治元年、板垣退助率いる官軍が近藤勇の率いる甲陽鎮撫隊を打ち破ったところ。
「大善寺」は行基の開創が伝えられる程の古刹。本堂は修理中で寄棟造檜皮葺の大屋根を見ることは出来ない。境内の桜は満開。勝沼の街が下に一望できる。
寺の前の国道から一段低い左脇の道が街道。

 
柏尾で勝沼大橋を渡らずに右の勝沼市街へ進む。「国見坂」。ぶどう棚が現れ、観光ぶどう園が続く。
甲斐は古くから葡萄の産地であり、さらに、りんご、柿、栗、ざくろ、梨、桃、銀杏の「甲斐八珍果」を産する国としても広く知られていた。
勝沼宿(東山梨郡勝沼町)の脇本陣は空き地となっており、本陣は広い敷地に「槍掛けの松」と蔵だけが残る。江戸後期と明治前期の2軒分の商家が残る「仲松屋」の萩原家は質屋で財を成した。
勝沼小学校前から「ようあん坂」が下る。日蓮上人を呼び止めたので用有坂と名付けたとも、医者の要安先生の住まいがあったからだとか。

 
16時50分  民宿展望園  41560歩

民宿の広い敷地一杯にぶどう棚が広がり、棚の先は日川へ落ちていく。日川はニッカワと呼び、勝頼滅亡のときの合戦で死者が多く「河水血ヲ流ス事三日止マズ」から三日川(ミツカワ)と名付けられたことに由来すると民宿の奥さんから教わった。


トップへ戻る