甲州道中

平成15年4月6日(日)

7時40分 富士急バス本町1丁目停留所前の東電事務所を出発。すぐの本町歩道橋で左の細い道に入る。
人懐っこい笑顔の中年男性から話しかけられた。

街道を歩いているの。
それではここを行くと二又がありそこを右に行って国道を越えて下ると鶴川宿があり宿を抜けると左に曲がって・・・・・・・・・・・・・・・・(詳しく道案内をしてくれる)。前に見える山は扇山、街道はあの山の裾を通っている。
今日は途中で富士山が綺麗に見えるよ。じゃ、お気をつけて。

右に用水路が流れ、道は右に左に曲がり、まさに街道そのもの。緩やかに下る。
原自治会館の先を教えられたとおり右に曲がって下りる。鶴川入口歩道橋で国道20号を渡り、下に見えている鶴川宿に向かって県道30号を一気に下る。国道は左上の高い橋脚の上を走っている。

 鶴川橋を渡る。
かつては「鶴川の渡し」といわれ、冬春は板橋が架けられ、夏秋は徒歩で渡った。人足が横暴で、甲府の亀屋座に行く途中の市川海老蔵が百両ゆすられたと伝えられている。


鶴川を渡ると鶴川宿(山梨県北都留郡上野原町)である。真っ直ぐ延びた道に民家が並ぶ。
宿場の真ん中を過ぎたところで、山城屋のご主人につかまった。

昭和30年代に道を拡げた。道を拡げる以前、鶴川橋は今ある橋より少しだけ上流にあった。
橋のたもとの今一本ある欅の大木も昔は3本あり、あそこは一里塚だったと言われている。
うちの前にもイチョウの木があるが、たいていの家の前には木が植わっていて、その木に馬をつないだ。
コザワ屋の前にあった「馬つなぎ石」は鶴川神社にある。石段を上がっていくと社殿の横の数十センチの自然石、そう、あれがそうだよ。

今も名前を屋号で呼ぶこともある。
石田屋、藤井屋、中屋、問屋場の柏屋、澤田屋、えびす屋、本陣は若松屋、村田屋。

宿場は大正10年の火事で焼失し、従って古い家は残っていないが、家並みに宿場の雰囲気は少し感じられる。本陣の加藤家も母屋は建て替えられているが広い敷地に2つの蔵があり、盛時が偲ばれる。

 
宿場のはずれで県道と分かれて、左に急坂を上がる。ユスラ梅が白い可憐な花を一杯つけている。桜はまだ二分咲きにもなっていない。周りの山には雪が残っている。上がり続ける。上着を一枚脱ぐ。
やがて中央自動車道にぶつかり、平行する側道を右に進む。

自動車道を鳶ケ崎橋で越え、大椚方向に進む。水野建具店の前に一里塚の説明板が立っているが、字はかすんでいる。左手に上野原リサーチ&テクノパークの建物が見える。

大椚の集落。廿三夜塔。つつじが紫の花をつけ、庭の片隅にカタクリの可憐な花が二つ三つ。もうこいのぼりが上がっている。尾根沿いの道だ。廿三夜塔。紅いボケの花。
中央自動車道に沿った道となる。地図で見ると左はオリムピックCCが広がっている様子。
戦国期の長峰砦跡があるが、その史跡の真ん中を中央自動車道が通っています との説明がされている。しかも甲州道中も自動車道が踏みにじっており、今歩いている自動車道の横の道は街道とは全く関係が無いらしい。
今日歩いている道は殆ど上りの坂道で、鶴川宿は海抜230メートル、大椚の集落で340メートル、このあたりは370メートル。
左前方の山なみの上に真っ白な富士山の頭が覗いている。

 
新栗原橋で自動車道を越え、扇山に向かって切通しの道を下ると、野田尻宿(北都留郡上野原町)である。左手上は自動車道談合坂SA(下り)。道端にも畑にも家々の屋根にもうっすらと雪が残っており、陽射しに解けて水になって屋根から音を立てて流れ落ちている。明治19年の大火あるいは最近の建替により江戸期の面影を残す家はない。甲東警察官駐在所の手前に明治天皇御小休所址の碑が立っており、石碑の後ろは空き地になっている。

鎮守の森の犬嶋神社。鍵の手を左折して上がる。
西光寺の門前に「お玉ケ井」の碑がある。宿場の案内板にこの井戸の言い伝えが記されている。旅籠の恵比寿屋で働く美しい女中、実は竜が、長峰の池の主である竜神との念願の恋を実らせたお礼にと、水不足で悩む野尻宿の一角に、澄んだ水をこんこんと湧き出させた・・・と。 

寺の右脇に旧道があるようだが、雪が残る道でもあり遠慮して、寺の前の道を進む。自動車道をトンネルでくぐるとすぐ三叉路で、平和中学校に沿って右折する。広い舗装路が上がっていく。左に甲斐の山々が連なり、その後ろに富士山が少し見えている。正面には扇山。右から合流する旧甲州街道は、寺の脇からの旧道だろう。江戸から20里の「萩野一里塚跡」。塚の上に松が植わっていたらしいが今は雑木ばかり。

自動車道を背に下荻野の集落。矢坪橋を渡って自動車道を越える。廻国供養塔の下に紅い椿の花が散らばっている。左下に談合坂SA(上り)が見える。「矢坪坂」の山の斜面に付けられた細い道を右に上がっていく。道端に雪が残る。すももは白い花をたくさん咲かせているが、桃の花はまだつぼみを膨らませた程度だ。
武甕槌神社の横、大きな犬が今にも檻を飛び出しそうなので大声で飼い主に助けを求める。街道を歩いていて、これまでも犬に吠えられて怖い思いをすることはしばしばあった。怪しげな恰好をしているわけでもないのにと、そのたびに犬を睨み返している。

 杉林を出る。庚申塔。このあたりの急坂が「座頭ころばし」の難所だ。岩壁の斜面を進む。
竹林。雪が積もったところがあり、しかも誰の足跡もついていない。座頭でなくても転びそうになる。

ようやく新田の集落に出る。雪かきをしている人もいる。右上に庚申塔。
左の山日YBSの高いテレビ塔の向こうの富士山を見ていると、山から出てきたおばさんが話しかけてきた。

富士山が近いでしょう。7月1日の山開きに大勢の人が登るとその人達の持つ懐中電灯が点々と見える。又たくさんの人が叫ぶヤッホーの声が聞こえる。 (えっ?)
本当よ。それほど近いのよ。以前は今ほど樹が茂っていなかったので富士山がもっとよく見えたよ。

葛飾北斎の「富嶽三十六景 甲州犬目峠」が描く風景はこのあたりだろうか。旅人と馬子が緑に覆われた斜面をのんびり登っていく。雪をいただく富士が春霞のなかに青々とそびえている。奇抜な構図が多い富嶽三十六景のなかでは、穏やかな絵である。

 
安達野集落から除雪された坂を上っていくと犬目宿(北都留郡上野原町)である。ここは昭和45年の大火で宿場の大半が焼けた。
尾根沿いの街道の両側の家々に春の陽射しが降り注ぎ、雪が解けて道を濡らす。
平屋の民家の前に「義民犬目の兵助の生家」の案内がある。兵助は天保の大飢饉のあった天保7年(1836)に甲斐一国に拡がる甲州一揆を指導した人物。大塩平八郎の乱の一年前だ。

その先2階建ての上條家の前に明治天皇御小休所址の石碑が立っている。本陣だった。
宿はずれで道は右に曲がって宝勝寺の前を過ぎる。

 

富士山が今日何度目かの真っ白な姿を現す。

県道30号は、白馬不動尊の赤い鳥居を過ぎ、「君恋坂」を上がる。
右へ君恋温泉に上がる道がある。道幅一杯に雪解け水が流れ落ちる中を少し上がっていくと、温泉のあるあたりは雪景色である。そして真っ白な富士山が・・・・・素晴らしい眺めである。妻が感嘆の声を上げる。

 右下に下りる道が旧道だが、通行禁止の柵止めがあり、くぐって行こうとしてもこの雪では一歩も進めまい。県道に戻る。
「恋塚」と呼ぶ円い一里塚は雪を被ってアイスクリームのようだ。

山神社の前から県道と分かれて右の恋塚集落に入る。立場だったところで、大きな家は馬宿だった。その先の道は雪が積もっており、踏みしめた雪の下に石畳がある。

 県道に出る。下る。
山谷の石仏群。

「三夜坂」を下る。
富士山を前に見ながら下る。
雪解け水も道を下る。
ドンドン下る。


 梅の香が甘い。畑の中に馬頭尊。坂下橋。中野神社前。中野集落。
家から顔を出したおばあさんが、山から下りてきた我々を見てご苦労さまと声を掛けてくれる。

              今頃降る雪は珍しくも無いが、今年は大変寒く、よく降った。


 中央自動車道の高い橋脚の下を過ぎてなお下り続ける。
国道20号に合流すると、国道沿いに右へ下鳥沢宿(大月市富浜町)が延びる。民家が続き、理容店、薬屋、新聞販売店などの商店が混じる。左手の家の向こうをJR中央線の線路が走っている。

下鳥沢宿と、隣接する上鳥沢宿との町並みは続いており、両宿場の間に一里塚があった。鳥沢小学校の大きな欅があるところである。なお二つの宿場は毎日人馬継立をしたのではなくて、月の前半は上鳥沢宿が後半は下鳥沢宿と、2宿で1宿分の機能を果たす合宿である。

 
上鳥沢宿(大月市富浜町)に入ってすぐ浜田屋で昼食を摂る。
頼んだカツ丼が来る間、店に置いてある山梨日日新聞を見ると、

一面に大きく「米 首都中心部に侵攻  フセイン政権崩壊危機」とある。
社会面は「昨日、4月に入ってからは7年振りの雪が降り、大月12センチ、小淵沢9.5センチの積雪があった」ことを報じている。

 右に鳥沢駅が見える。広い道幅だが、昔から広かったらしい。奥行きの長い家が続く。旧家が2軒並んでいる。その1軒の叶屋の2階軒下に「甲府商人定宿・世話方」の看板が掛かっているはずだが無く、近所の人に聞いても、あれっ いつのまにかありませんね?と一緒に首をかしげる始末。
富士急バス上鳥沢桜屋商店前停留所傍の井上家の一画に、明治天皇駐蹕地碑が立っている。
明治天皇は明治13年山梨・三重・京都を行幸されており、この街道のあちこちに聖蹟がある。

六月十八日。午前七時、上野原駅 行在所御発輦。是朝、群壑雲を起こし密陰雨を滴す。御板輿に召させて御出門。西すること十町余にして鶴川あり。新道を開き、長五十六間の橋を架す。橋を渡り鶴川駅にて、宸憩あらせられ鶴坂を登る。路甚だ険ならず。同八時三十分、野田尻駅御小休所富田宅に駐蹕。夫より十王坂を越ゆ、路稍や峻急にして山側を横過す。旧道に座頭転 矢壷坂の険あり。御巡幸に際し新路を開き通輦に易からしむ。同九時四十分、犬目駅御小休所上條宅に駐蹕。三夜坂を越え、同十一時三十分、鳥澤駅御昼 行在所井上宅到着御。

              (山梨県編纂「明治大帝御巡幸紀」より抜粋)

 

三栄工業の看板の脇を右に入り、沢に下りて、ぐるっと廻って上がっていく。横吹団地の下から下って国道に戻る。左手はどーんと一気に落ち込んで、底を桂川が流れている。小向の集落の前田商店で国道に分かれて右の細い道に入る。「この先行き止まり」の表示を委細かまわず進む。突き当たって民家の間の小道を降りる。斜面に雪が積もって道は隠れており窪みに恐る恐る足を運ぶ。国道に出る、本来は国道を渡って桂川の手前まで降りてUターンしてくるのだが、雪が道を隠している。あきらめて宮谷橋を渡り国道を進む。

 
新猿橋の手前を右に入ると、猿橋宿(大月市猿橋町)で、すぐ左手に名橋「猿橋」がある。
岩国の錦帯橋・木曽の桟橋とともに日本三奇橋である。観光客が橋の周りを散策している。
橋を渡って新猿橋西交差点で国道に出て右に折れる。左手にJR中央線が走り、山が迫る。右を流れる桂川との間の細い部分に家が続き、国道が延びる。
阿弥陀寺で左に折れるが、このあたりに一里塚があったらしい。殿上橋の手前で国道と分かれて右に入る。

右下の東京電力新駒橋寮の前に半分消えかかった案内板がある。近づいて見ると、「東京送電水力発祥の地」とある。この独身寮の横の駒橋発電所のことだ。明治40年(1907)この発電所から東京に始めて水力電気が送られたそうだ。今もゴーゴーと発電機がうなっている。


導水管の脇から上がり、JR第五甲州街道踏切を越えると国道に戻るが、すぐ国道と分かれて右に緩やかに上がっていく。駒橋宿(大月市駒橋)である。本陣、脇本陣がなく旅籠も少ない静かな宿場だったが、今も国道から外れて取り残されたような家並みだ。厄王大権現の紅い幟がわびしさを募らせる。国道に合流する。
右手の小山は岩殿山。信長に敗れて、この山城に落ちのびようとした武田勝頼は、城主小山田信茂の心変わりの為に天目山に向かった。
道は弧を描いてJRの線路に近づく。

 
大月郵便局のあたりからが大月宿(大月市)。民家と商店が混在する細い通りで「さつき通り商店街」といい、JR中央線の左を並行している。駅裏の商店街の趣きが長く続く。大月2丁目信号で国道に合流する。
今時珍しい地味な建物の大月市役所の先、滝口商店の前に明治天皇召換所址の石碑がひっそりと立っている。ここが脇本陣である。前の鈴木家が問屋場・本陣なのだろうか。

大月橋東詰が「左 ふじミち」との大月追分だ。今は直進して桂川にかかる大月橋を渡るが、かつてはT字路で右に折れ、権兵衛坂を下って川岸へ降り、今の大月橋よりも下流の笹子川の合流点に近いところで橋を渡ったという。大月橋を渡り、新大月橋を渡る旧道に降りると、右手の方向からかつての道筋と思われる小道が合流する。

 
国道に合流するとやがて、JRの線路と国道に挟まれて、きみだの馬さしの看板の下に「花咲の一里塚跡」がある。庚申塔を覆う桜の老木にもようやく春が来て一つ二つと花が咲き出した。
このあたりから下花咲宿(大月市花咲)が始まり、星野家あたりで終わる。「星野家」は名主・問屋・本陣を勤めた豪農で、幕末期に建て直された屋敷が開放されている。ちょうど旧暦の雛祭りの時期なので当家に伝わる内裏雛18組が展示されている。

花咲駅では星野喜兵衛方に御小休、此辺では主上の御通輦に家々で神酒や餅を供へた。又花咲学校の前に仮機織場を設けて此辺の少女が三十人程にて揃の着物に赤の襷をかけて郡内縞と甲斐絹とを織る様を天覧に供へた。大帝には之を賞でられ工女一同に金参円を御下賜になった。

              (前田直平編「明治十三年夏明治大帝御巡幸謹記」より)

花咲は上質の白絹を産出することで知られていた。 

大月インター入口を過ぎ、笹子川に架かる西方寺橋の前の鈴木家の軒下の壁に「ふ志や」の屋号が見える。その隣が上花咲宿(大月市花咲)の本陣だった井上家と思われるが建て替えられておりはっきりしない。この宿場も上花咲宿との合宿で、人馬の継立は月の前半が上花咲宿、後半は下花咲宿が勤めた。緩やかに道が上がっていく。民家の間に事業所が混じる。宿場のはずれに村内安全の廿三夜塔。このあたりにあった桜の大木から花咲の地名になったらしい。

 
中央自動車道をくぐる。左のJR中央線の線路の向こうに街道があるようだがはっきりしない。右は笹子川。国道を進む。真木橋で笹子川を渡り、ゆるやかに上がっていく。
源氏橋を渡って甲州採石初狩鉱業所とJRの線路に挟まれた道を歩く。丸山の一里塚が見当たらない。どうも街道ではないようだ。鉱業所の中を突切って、JR第七甲州街道踏切を渡る。
立ち話をしている主婦が「お昼ならいるづら。」「ではその頃行くだよ」と甲州弁でたのしそうだ。

 
国道20号に合流する。下初狩宿(大月市初狩町)がゆるやかに上がる坂道に延びる。本陣の奥脇家の門前に「山本周五郎生誕の地」の大きな石碑が立っている。明治40年寒場沢からの山津波で奥脇家は敷地内にあった長屋もろとも倒壊している。石碑は、周五郎が当地出身であるので、一家の面倒をよく見た奥脇家が立てたもので、正確に言うと周五郎はその長屋で生まれた。

 

17時45分  JR中央線初狩駅  40847


トップへ戻る