甲州道中

平成15年3月29日(土)

7時20分 JR高尾駅前から国道20号線を歩き始める。日本橋から51キロの位置で、甲府まであと85キロである。
右脇の用水路を冷たそうな水が豊かに流れ下る。

両界橋を渡る。歩いてきた川原宿とこれから歩く駒木野宿(東京都八王子市裏高尾町)の境界である。下を南浅川の清流が流れる。JR第一浅川架道橋をくぐる。西浅川交差点で国道に分かれて右に曲がり、緩やかに上っていく。家々の庭に咲く白梅は今が盛り。
駒木野病院の先の鈴木家が「脇本陣」、K's GARDENあたりが「本陣跡」だろう。
すぐに「小仏関跡」がある。関所があったところを白梅、ピンクの梅が取り囲んでいる。石碑の前に二つの石が残っており、「手形石」に道中手形を並べて、もうひとつの「手付石」に手をついて役人の許しを待ったという。
関所の近くに関守を勤めた4家が住んでいた。関所の前がその一人である佐藤家と思われるが無人のようだ。

 坂を下る。高札場だったところに、「甲州街道念珠坂」と刻んだ石標と馬頭観音、徳本碑、青面金剛が立っている。
JA八王子の看板のうしろの畑あたりに一里塚があったと思われる。小仏川沿いの道となる。
淺川小学校上長房分校がある。東京にも分校があったと妻が驚く。
小仏川が近づき、道と川の間を用水路が走り、家並みは道の片側に続く。
京王バス蛇滝口停留所前に、川を背にして「旧蛇滝茶屋」がある。江戸後期には「ふじや新兵衛」という旅籠だった。この旅籠を利用した蛇滝信仰の講中の札が、軒にすきまなく貼られている。
 

右手に中央自動車道と建設中の橋脚が見える。左に入る道に「高尾山道」の道しるべがある。浅川老人ホームの庭に白梅が満開だ。中央自動車道が右を走り、左は小仏川。
猪の鼻を過ぎると摺差の集落である。
右上の自動車道が家々を見下ろしている。みつまた、水木、梅の花々が春を知らせている。ホーホケキョと鶯の声。スミレ、大根草。浅川国際マス釣場には、朝早いのにもう数人が糸を垂れている。左に高尾山に通じる日影沢林道の入口。「右小仏峠景信山」の道標。


家が無くなり川のせせらぎだけが一段と激しくなって山へ入るかなと思うと、ぐるりと廻った道はJRのガードをくぐって小仏宿(八王子市裏高尾町)の集落に出る。左に中央線が走り、川が流れ、右側に家並みが続く。道が上がっていく。道端の花ニラも一緒に上がっていく。

柏屋のご主人が、車に荷物を積み込んでいた手を休めて丁寧に教えてくれた。

かつて街道は川が流れているところにあり、JR中央線が走っているところを川が流れていたが、中央線を建設するときに、川の流れを変えた。そのとき今の街道部分まであった家も後ろに引っ込めた。
小仏から八王子の追分まで植えて、今も残っている数少ない桜がある。桜が満開になると近所のおばあさんがゴザを敷いて夜桜見物をしているが、その桜の前の家が、「三度屋」。甲府と江戸の間を月三度往来した飛脚の定宿だ。
街道沿いに大きな藁葺きの家が並んでいた。少し先、「明治天皇御小休所跡」と刻んだ石が庭にある家は問屋場だった。この宿場には本陣、脇本陣は無かった。

家並みが終わり小仏バス停。中央線はトンネルに入る。

寶珠寺の石段を上ると途中に高さ20メートルを越えるカゴノキが枝を伸ばしている。小さな山王神社の前に並ぶ常夜燈の左の基部に「甲府三度飛脚中」と刻んであるのが確認できる。

 傾斜がきつくなる。

景信山への細い道が右に上がっていく。
景信山の名は小田原北条氏の家臣である桜町中納言景信が甲斐武田氏に備える遠見場を設けたことに由来する。
なお小仏の地名については、峠に小さな地蔵があった、あるいは途中の谷で大日如来の小仏が見つけ出されたなどの説がある。

舗装路が山道になり、森の中に入っていく。

更にきつい登りとなる。

いきなり山が深くなる。かつてはこの道を武田信玄の軍勢も通って関東に入り、豊臣秀吉の軍勢も通って八王子を攻めたはずの道で、あるいは百年前、江戸を発った近藤勇の軍勢がここをのぼり、大砲を引きながら甲州へむかった。

              (司馬遼太郎著「街道をゆく」より)

ハイカーの姿を見かける。子供連れの若いグループが元気に追い抜いていく。

 標高548メートルの頂上には10人程度の先客がある。高尾山から廻ってくる人も多いようだ。
閉鎖中の茶屋が2軒あり、そのうちの1軒の脇に明治天皇小仏峠御小休所跡及御野点所の石碑が立っている。

 峠は武蔵と相模の国境である。
相模に向かって下る。相模湖駅まで5.5キロ。底沢バス停まで3.5キロ。

相模湖町が立てた旧甲州街道の標識がうれしい。
杉林のなか、折れた枝が散乱し落ち葉が厚く重なる細い道を降りていく。

山梨県側に下る人は少ないのか、我々の前後に人影は無い。ドンドン下る。
 
ようやく舗装路に出る。
左に折れる。美女谷温泉への道はすぐ右に折れるが、そのまま進む。底沢バス停まで1.7キロ。


中央線が右を走る。相模湖町の道しるべに救われながら下ると、やがて国道20号に出る。底沢橋のたもとに底沢バス停。かつての甲州道中は、国道に出る前にJRと中央自動車道をくぐって長久保集落の上から大久保沢川へ下り入山林道のうえから小原宿本陣裏に出てくるらしい。しかしJRをくぐる道は美女谷温泉への道と思われ、該当する道は見当たらない。国道を進む。
 国道脇に日本橋から63キロの表示。


小原宿(神奈川県津久井郡相模湖町)に入る。
この宿場は特殊な継立てをしており、甲府の方へはこの宿場から隣の与瀬宿を越えてその先の吉野宿まで、江戸の方は与瀬宿からここを越えて小仏宿まで継立てていた、


すぐに、「本陣」がある。豪壮な家構えで、屋根はカブト造り。立派な正門だが裏門を移築したもの。
本陣とはいえ参勤交代で使ったのは諏訪高島藩・伊那高遠藩・伊那飯田藩の3大名だけだった。従って平素は農業を営んでおり、養蚕に使われていた2階に上がると、農作業に使ったのを含め種々の道具が置かれている。

本陣の前の門構えのある家は、本陣・脇本陣だけでは足りない際の「ひかえ宿」だろうか。

 国道の左にある広場に下りる。キャッチボールをしている親子の間の中を割って広場を抜けて右折する。
国道を越えて、平野旅館の脇をぐんぐん上っていく。中丸三叉路から下り、右折する。右前方下にJR相模湖駅が見えるが、多分、ここから下に見える桂北小学校の前まで真っ直ぐに街道が下っていたのを、JRの線路がぶった切ったと思われる。従ってえんどう坂の途中で階段を使って右脇に降りる。細い坂道を下ると、桂北小学校前で国道20号にぶつかる。合流して右折する。



JR相模湖駅前の短いがアーケードのある商店街があり、このあたりが与瀬宿(相模湖町)である。商店街は終わるが、宿場の中心はその先の本陣があったあたりである。「本陣」だった坂本家には、道に面して明治天皇與瀬御小休所跡の大きな石碑が立っており、道から奥まったところにある門に旧本陣と刻んだ表札が付いている。

本陣の塀に沿って右に曲がり、与瀬神社の二の鳥居前を緩やかに上っていく。左下に相模湖の湖面が広がる。相模湖は相模川の治水と発電、灌漑用水等の必要から昭和22年に建設された。

国道に出て日本一まずい手打らーめんのらーめん関所を過ぎ、又国道から右に分かれて高台の道を進む。
中央自動車道をくぐる。
眺望が良く、かつての旅人も休息をしたと思われるところでおにぎりを頬張る。
相模湖が左右に広がる。その上に、雪がたっぷり残る南アルプスの嶺々が連なる。道端に庚申塔や地蔵菩薩や常夜燈。

 梅の香が漂う。横橋の集落。道が下って奈良本の集落。右上に浄光寺・・・・・あれっ、道を間違えた。下ってきた道をエイエイと一目散に BODY SHOP FAMILY AUTO まで戻る。ここを左にはいるのが正解だ。
中央自動車道を天奈良橋で越える。

切通しの道。スミレ、猩猩ばかま。観福寺の前を過ぎて民家の庭にカタクリの花。二十三夜塔。
「DO楽」工房がある。D.I.Yアドバイザーの山口さんに話を伺う。

ここは椚戸(くぐど)の集落。故郷に戻っての第二の人生で、工芸品を作ったり教えたりしている。東京から来る生徒もいる。
吉野宿の明治期の大火の際は、家の手前まで火が延びて来た。当時は大工をしていたが、焼けた本陣の5層建ての建物も造ったと聞いている。観福寺の前を通って来たの、寺の方へ曲がらずにまっすぐ進むのが街道だよ。


かまわずそのまま進むとすぐに国道に出る。ここから吉野宿(神奈川県津久井郡藤野町)が延びる。古い2階建ての土蔵が目に付く。これが明治29年の大火で唯一つ残った「本陣」の土蔵である。これに隣接して明治期に建てられた木造5階建ての本陣があり、明治天皇は2階で昼食をされたという。宿場の様子を知ろうと本陣の前にある藤野町郷土資料館・ふじやに入る。大火の前の宿場の町並みが模型になっている。

本陣の吉野家は鎌倉期に大和国・吉野から移ってこのあたりを開拓したそうだ。旅館が6軒、うち藤屋がこの郷土資料館である。木賃宿もある。遊郭が鮎川楼、栃木楼、中屋、福本楼、紅葉楼、源楼の6軒。揚屋、検疫所。馬方茶屋、蕎麦屋、寿司屋、饅頭屋、豆腐屋、精米屋。呉服屋、仕立屋、縫い物をする半物師、染物をする紺屋、機屋。床屋、髪結、按摩。大工、桶屋、建具屋、下駄屋、荒物屋、ランプ屋。鍛冶屋、馬鞍作り。筏師。農家。住んでいた人たちの多様な生業からもここが甲州道中でも有数の大変賑わっていた宿場だったことが分かる。

吉野小学校前信号の脇にある民家が「沢井屋」といわれていたそうだ。通り過ぎてまた戻ってようやくそれとわかった家だが、作家長谷川伸はここを舞台にした話を書いている。

お小夜    どうしてわたしを沢井屋へ、連れてきてくださいました。
             訳をご存じだったのではございませんか。

弥太郎    そ、そりゃあ沢井屋は,この土地で評判がいいからさ、
             血の継いだ間柄なんて、まるで俺あ知らなかった。                          
             
             お小夜ちゃん孝行しなよ。という柄のあっしでもねえが、
             こいつあ心底から、本当にいうのでござんすよ。

お小夜    え、え。(肯いて落涙する)

(長谷川伸作「関の弥太ッぺ」より)

 

沢井川に架かる吉野橋を渡る。かつては少し下流に架かっていた小猿橋を渡った。
橋を渡り、右へぐいと上がると一橋大学相模湖艇庫合宿所がある。しかしその先の道がなさそうなので国道に戻る。
すぐ中華福龍の前を国道と分かれて右へ行く道があり、上がっていく。藤野中学校の校庭の桜はまだつぼみの状態だ。国道に合流する。榎が現存している一里塚を見逃す。右にJR藤野駅。やがてJRの跨線橋を越えて中央自動車道の橋脚の下を進む道が続く。
しかし、帰宅後調べると、街道はJR跨線橋の手前から国道と分かれて左に進むようだ。甲州道中の神奈川県部分については正確な道案内が無かったので間違ってばかりだ。でもそれほど違ったところを歩いているのでもなく、また自動車道の建設などで現在ではその道がないところもあり、気にしないことにしよう。



 関野宿(津久井郡藤野町)は、車が行き交う国道に沿って短くその集落が残る。坂本家の庭の一画、細い松の下に「関野本陣跡」の案内板が立っている。増珠寺。

 国道をドンドン下り、名倉入口信号で国道から分かれて曲がりくねった道を更にドンドン下る。


相模と甲斐の国境に架かる「境沢橋」を渡る。
そのまま行くと桂川に架かる境川橋だが、逆に右に県道を上っていく。
なお相模川は甲斐では桂川と呼ぶ。

江戸期は境川橋から「乙女坂」の急坂を一気に上がったのだが、今はくねくねとした坂を上っていく。


「諏訪番所跡」がある。
案内板に、番所役宅は明治期に入って渋沢栄一所有となり東京・飛鳥山に移され、その後小泉策太郎所有になったとある。この小泉氏は政治家で子息が東宝の二枚目俳優だった小泉博である。小泉首相との血縁はないようだが、親子の関係はよく似ている。道を隔てて立っている枝ぶりがくねくねしている大きな桜が「夜泣き桜」なのだろうか。

 杉の大木が取り囲む諏訪神社の境内に、10人ほどの子供が楽しそうに遊んでいる。最近は子供たちが遊んでいる姿を見ることも少なくなっただけに、懐かしい光景に出会って思わず顔がほころぶ。
緩やかに上る。中央自動車道を諏訪橋で超える。
赤い鳥居の疱瘡神社の脇に「一里塚」がある。モミの木が植えられていた塚の上に今は真竹がたくさん伸びている。あたりの集落を塚場というのはこの一里塚に由来しているのだろう。

 
道の先に点滅する信号が見え、やがてその交差点に右斜めから国道20号が合流して、そこから上野原宿(山梨県北都留郡上野原町)が始まる。この町の真ん中を貫く道に車が殺到するかのように押し寄せている。商店が続く。「脇本陣」は6階建てのルートイン上野原のホテルに変身している。明誠高校入口を過ぎて本町になる。「本陣」の加藤家は東京電力上野原営業センター脇を右に入る。屋敷門の奥にある現在のすまいの門に旧本陣の表札が掛かっているが、住人は変わっている。

 17時15分  JR中央本線上野原駅  45113歩

中央本線上野原駅は、街道から左に桂川の河岸段丘を随分下ったところにあった。 

トップへ戻る