甲州道中

平成15年3月22日(土)

6時35分  京王線調布駅北口のPARCOの前をスタート。商店がすぐまばらになり、えのき駐車場の黄色い看板の下に「小島一里塚跡」の碑が立っている。説明によれば、塚の上の樹齢200年の榎は危険防止のため昭和40年ごろ伐られたと。残念。

 下石原1丁目に入ると下石原宿(東京都調布市)である。商店は少ない。常演寺。今まで真っ直ぐだった街道が右に曲がっていく。源正寺。上石原大通り商店街で上石原宿(東京都調布市)に入る。
「西光寺」に真新しい大きな近藤勇像がある。

新選組の近藤勇は上石原村の生まれ。慶応4年3月甲陽鎮撫隊を編成して甲府に向かう途中、西光寺で休息し村人から歓待を受けた。故郷に錦を飾ったものの、4月には江戸板橋で刑死。

中央自動車道をくぐる。高速道路の下は整備されて、あるはずの道正塚が見当たらない。
庭の広い農家が現れて上石原宿が終わる。

 農家の庭に紅梅やさんしゅうが彩りを添えて、いかにも春が来たという風景だが、残念ながら空はどんよりと曇って、寒かった昨日よりさらに寒い。右手にFC東京の本拠地である東京スタジアムが覗く。

大山街道と交差するところに薬師堂があり、「飛田の原の石薬師」が祀られ、境内に行人塚がある。秋葉大権現の石灯籠。

ライスピアの看板が掛かった柴田家は「立場茶屋」を営んでいた。この辺りからは府中市白糸台、大きな庭の家が続く。大きなマンションのライオンズガーデン武蔵野台は、名主で手広く商いをしていた粕谷家の屋敷があったところ。

車返団地入口交差点手前に、数基の馬頭観音が立つ観音院。その隣の神明神社、調布(てづくりぬの)を染めた染殿にゆかりがあるので「染殿神社」と呼ばれる。

西武多摩川線踏切を越える。多磨霊園南参道が右に延びる。
三叉路に染屋不動。重要文化財の阿弥陀如来はコンクリート造りの小祠に閉じ込められており、お姿を拝めない。武蔵府中郷土かるためぐりは「ゆたかな姿のあみださま」と詠う。

 白糸台から若松町に変わってすぐの旧家は吉野家、400年以上前の検地帳が伝えられているそうだ。八幡神社の手前にある関口商店を左に入ってほどなく、甲州道中に並行している品川街道を見つける。そこに大きな「甲州道中常久一里塚跡」の碑がある。今歩いている甲州道中の道筋は立川段丘の崖上に位置しているが、もとは低地を走っていたようである。

京王線府中東駅前の交差点は、むさし府中商工会議所会館の左脇を進む。京王線の踏切を越えると八幡宿、ただし宿場ではなく農村である。今は事務所、商店が混在している。国府八幡宮、鳥居の向こうに又鳥居が見える。府中郷土かるためぐりは「松を立てない正月飾り」、どういう意味だろう。

 

競馬場正門通りとの交差点を越えると府中宿(東京都府中市)である。府中宿は、本町、番場宿、新宿から成る。
大国魂神社の前の新宿に当たる地域は再開発によって往時の面影は全く無い。
なお大国魂神社の名になったのは明治期であり、それ以前は武蔵国の主要な六神社を集めて祀ってあるので六所宮と呼ばれた。
明治生命府中ビル脇に明治天皇行在所跡の案内があり、、脇本陣を勤め明治天皇も宿泊された「柏屋」があったことが記されている。皇后が泊まったのは、道を挟んで左手の奥にある「桑田家」で、当時の建物が残っているそうだ。塀から覗くヤマザクラは府中の名木百選に選ばれている。まだつぼみが膨らんできた程度。

そこから大国魂神社横にある「細馬」という細い通りに出る。朝廷に貢ぐ馬を試走させた道だという。先に進むと「京所道」に出て、四つ角に「神主猿渡家」がある。
大国魂神社は5月の「くらやみ祭」が有名だ。

今日でも残っている暗闇祭りは、いわば性開放の日であった。府中の大国魂神社や京都の県神社の暗闇祭りなどは、風紀を乱すという理由で、祭りの場を明るくすることになったが、本来は、わざわざ、文字どおり暗闇にして行なったものである。神のために性を捧げるという信仰が、神の象徴である人に性を開放するということに変わり、その日に子種をもらうことを、神の子をさずかると同じことに考えた。

                            (樋口清之著「梅干と日本刀」より)

神社境内から街道に戻る。馬場大門欅並木が延び、奉植したと伝えられる源義家の像が立っている。

 
街道を進む。
旅館「松本」は江戸中期から旅籠を営む。
「亀田屋」は江戸期からの老舗らしい店舗、まだ開店前で看板にある 府中名物鮎もなか は食べられない。

府中街道と交差する府中市役所前交差点が「札の辻」で、往時の姿でそのままの高札場がある。
その裏の弁柄で塗られた塀に囲まれた細長い空き地は大国魂神社の御旅所。
古い商家の中久本店の脇の細い道が川越街道らしい。高札場から先が番場宿だった。

 
左に延びる下河原緑道に沿って鹿島坂を下ると「坪の宮」。名前のとおり小さな神社だが、古代の武蔵国造が祀られているらしい。府中郷土かるためぐりが「いちばんはじめに武蔵の国府」。

「高安寺」の墓地の奥に「弁慶硯の井戸」がある。頼朝の怒りを解くために義経と弁慶が大般若経を書写した際に墨を摺る水を汲んだ井戸だ。この寺は俵藤太の館跡とも伝えられており、街道の左側の広い地域を占めている。従ってこのあたりは片町。
石橋供養塔、弁慶橋。棒屋の坂。京王線の踏切を越える。美好町。広い真っ直ぐな道が延びる。名主だった内藤家の冠木門のある屋敷。本宿町で国道と合流。交番横に秋葉大権現の常夜燈。熊野神社。

 
国立インター入口の先、HOTELシエレナの看板の下に「獅子宿」の石碑があり、200年ほど前から昭和期まで獅子舞の稽古場を勤めてきた佐藤家が道から少し入ったところにひっそりとある。

名主を勤めた本田家の薬医門。「あぶらや」の屋号を持つ家の塀際に常夜燈、周辺の家が毎夜交代で灯をともしたとの説明がある。

 車が押し合いへし合いしている三叉路、右に進むと国立・大学通りに通じる。
左の木立の中は「谷保天満宮」で、石段を少し下がったところに森厳な社殿がある。
菅原道真の三男三郎が父の像を鎮座して天暦元年(947)に社殿を造営した。

社務所で、「木造獅子狛犬」を見たいとお願いしたところ、昨日の新聞に載っていたのですが、今般重要文化財に認められて、5月まで国立博物館に展示されますとのお答え。

ところで、三郎が作った父道真の天神像は出来が良くなく垢抜けしていない。そこで泥臭い人を、谷保の天神をつづめてヤボテンと呼ぶようになり、野暮天と書くようになった。「せっかく神社の宝物が重要文化財になっためでたい時に、そんな話をするなんて貴男って野暮ね」
裏の弁天池ではこんこんと「常盤の清」水が湧いている。

 「天神坂」を下る。
永福寺。常夜燈。矢川駅入口。矢川は矢のように流れが速いので付けられた。橋のたもとに五智如来が祀られている。ここに移り住んだ越後の人が故郷でお参りしていた神様だそうだ。
青柳福祉センターの脇から青柳稲荷神社の参道が延びて、常夜燈、石橋供養塔、馬頭観音が車の排気ガスに咽ている。

 日野橋交差点でフォルクスワーゲン立川サービス工場の横を入る。この奥多摩街道と名づけられた道に入ると、これまでの喧騒が嘘のようにぷっつりと車が無くなる。
COMMUNITY STOREから左に桜並木を下る。立川市柴崎市民体育館の先で、新奥多摩街道を越えると、左側に錦町下水処理場があり、その塀際に「日野の渡し跡」の碑が立っている。碑文は、ここに江戸中期から大正期まで多摩川を往来する渡しがあったことを伝えている。
このあたりは鮎漁が盛んで、鮎の押し寿司を出す茶屋もあったという。

 新奥多摩街道に戻る。前方上方を多摩都市モノレールが静かに走っている。立日橋を渡る。渡って河川敷を見ると、日野渡船場跡と記されているらしい小さな木柱がぽつんと立っている。

右手に市民の森スポーツ公園が広がる。ここにはかつて農林省蚕糸試験所があり桑畑が広がっていたという。国道20号に突き当たる手前に「東の地蔵」が祀られている。交差点から右、国道沿いに日野宿(東京都日野市)が始まり、商店、事業所、民家が混在する町並みが延びる。

日野館という蕎麦屋に入り小海老天付せいろを注文する。ここが脇本陣の「下佐藤家」。今は駐車場になっている長屋門の一角を改造した天然理心流の道場で近藤勇、土方歳三、沖田総司ら、のちの新選組の連中が竹刀を振っていた。特に土方歳三は、叔母と姉がこの佐藤家に嫁いでいることもあって、よく出入りをしていた。歳三の実家は多摩川を少し下った日野市石田にあり、このあたりにいろいろな話を残しているが、次のこぼれ話もそのひとつ。

歳三が京都から隊士募集に帰った折か、甲州へ向かう折か時期は不明だが、古くからの姻戚の家をあわただしく訪れた際、その家ではちょうどおばあさんが「ぼたもち」を作っていた。「今、ぼたもちが出来るから食っていけ」とおばあさんは言ったが、「急ぐから」と言う歳三に、おばあさんは「ぼたもちの一つも食っていけないようで戦争に勝てるか」と叱り、歳三も仕方なくぼたもちの出来るのを待ち、それを食べてから出発したという。

(日野市ふるさと博物館編集資料より)

向かいの中央公民館の入口前に高札場・問屋場跡の碑があり、直ぐ先に本陣だった「上佐藤家」の屋敷がある。

かねこばしの碑。八坂神社には、天然理心流の門人が剣の上達を祈って奉納した額がある。奉納額には近藤勇らの名があるそうだが残念ながら非公開。

そのまま行くとJR日野駅であるが、街道は日野駅前東の曽我たばこ店を左に入る。宿場の西端である宝泉寺。上り坂となり、すこし上がると右に地蔵堂があり「西の地蔵」といわれる坂下地蔵が祀られている。地蔵堂の左脇を進むはずの街道は、その先のJR中央線の線路と市営の駐輪場で閉ざされている。
止むを得ず戻って宝泉寺の前から日野駅に向かい、JRのガードをくぐって左折して大坂上通りの急坂を上る。中央自動車道をくぐる。住宅、商店、都営アパート。日野大坂上で国道に合流した街道は台地の上を真っ直ぐに延びる。左手に日野自動車の本社・日野工場が延々と続く。

京王電鉄バス日野台停留所近くにあった一里塚は、バンボーネというパン屋が工場建設の為に壊したというが、今また、その工場を取り壊している最中で、今後は全くその所在が忘れ去られるだろう。

コニカの工場が現れて町名はさくら町となる。やがてJR八高線を跨ぐ。大和田坂上から長い下り坂で、坂下で八王子バイパスをくぐる。NISSAN BlueStageの先を左へ旧道らしい細い道に入る。街道だった名残りの地蔵が並んでいる。大和田橋のたもとで国道に戻る。

 淺川を渡る。直ぐに国道と分かれて右折し、北大通りを進み、更に市立第五中学の先を左斜めに入る。細い道を緩やかに上ると、やがて竹の花公園に一里塚跡の碑がある。公園の一画の少し高台の永福稲荷も公園の前の道が描く緩やかな曲線も、往時そのままであろう。三叉路を左折するとマンションが増える。
やがて国道にぶつかり右折すると、ここから横山宿(東京都八王子市)が始まる。

八王子警察署横山交番の脇に市守神社。左手にJR八王子駅が見える。アーケードのある商店街となる。横山町郵便局のあたりに、横山宿の本陣、脇本陣、問屋場があったが、明治30年の大火で消失し今は普通の商店が並ぶだけだ。
八日町交差点に高札場があり、横山宿と交替で伝馬役を勤めた八日市宿が、ここから八幡町交差点まであった。商店が続く。本郷横丁東交差点から右に秋川街道が延びる。再開発のビルやマンションが増える。

「追分」で直進するのが陣馬街道で、甲州街道は左斜めに折れる。ここから八王子千人同心の住まいがあった千人町である。千人同心の家屋敷でもあればと思ったが、普通の商店が続くだけである。道の両側に思いっきり背の高いイチョウ並木が延々と続く。昭和2年 多摩御陵が造られたときに記念に800本植えたものである。

 
長房団地信号で国道と分かれて右斜めに入る。「右高尾山道 左真覚寺道」の大きな道しるべが立っており、左折する。この2度曲がるところが横山宿を含む八王子の西の枡形で、やがて又国道に合流する。左へ真覚寺に通じる道がある。一里塚があった八王子市横山事務所の玄関前に、大木が枝を伸ばしている。てっきり一里塚だと思って近づいたが、そうではなくてオオツクバネガシという樫の木の説明だけがあった。多摩御陵へのイチョウ並木の参道が右に延びている。
その先で国道から右に分かれて、細い道に入る。道の左脇の用水路を綺麗な水が流れ、黒板塀に囲まれた屋敷がいくつかあって、静かな、まさに街道の雰囲気が漂う道である。

国道に合流して初沢川に架かる熊野橋を渡って緩やかに上がっていく。

 
17時20分 JR中央線高尾駅  47719歩

JR中央線の前身は甲武鉄道という。明治22年(1889)に開通した甲武鉄道は、はじめ調布、府中と甲州道中沿いに計画されたが、宿場の衰退や桑が枯れるという理由で反対運動が起こり、現在の路線となった。京王線が甲州道中沿いの新宿〜東八王子間を開通させるのは、約40年後の昭和元年(1926)である。


トップへ戻る