甲州道中

江戸から下諏訪まで53里(208キロ)の行程である。
宿場は多いが交通量が少ないために、2宿以上での勤め分けや、下諏訪方向への上りや江戸への下りのみの片道継立を行なうところもあって、45宿32次の街道である。

 

昨年11月に下諏訪から甲府柳町までの7宿を歩いた。今回は江戸から甲府までの38宿を歩く。前回と逆に歩くのは、桜・桃・杏の花が咲き乱れる4月中旬に甲府盆地に入りたいと考えただけのことである。

平成15年3月21日(金)

7時10分 日本橋をスタート。

橋のたもとに植えられたソメイヨシノも、今日の寒さには震えているようで、開きかけたつぼみを又閉じている。
街灯に付けられた「江戸開府400東京」の旗が風に揺れる。東急百貨店跡に高いビルを建築中だ。日本橋交差点を右折。

呉服橋交差点角のみずほ信託銀行の前に「夢二、港町ゆかりの地」の碑がある。

大正3年「港屋絵草子店」を開店するが、間もなく店を訪れた、笠井彦乃と愛し合うようになる。
彦乃は港屋から近い日本橋本町の紙問屋の娘であったが、
夢二は当時二人にゆかりのある日本橋界隈をよくスケッチしていたようである。

(3月に営団地下鉄で見かけた「銀座線に点在する竹久夢二の跡」のポスターより) 

JRのガードをくぐり、街道は、大手町駅前交差点から斜め左に東京三菱新丸之内支店、旧興銀本店、東京銀行協会を結ぶ線を進んだようだ。永楽ビルのあたりに、浅野内匠頭も接待した勅使の宿舎であった「伝奏屋敷」があった。

和田倉門橋から左に堀沿いを歩く。左手に東京駅、建て直した丸ビル。日本郵船ビルは岡山藩池田家上屋敷、明治生命ビルは常火消屋敷があり、浮世絵師安藤広重はその長屋で生まれた。
東京會舘は鳥取藩池田家。女優松井須磨子が「カチューシャかわいや わかれのつらさ・・・・」と歌った帝国劇場。
日比谷交差点を右折。日比谷公園に「日比谷見附」の石垣が見える。
法務省、警視庁。このあたりは萩藩毛利家、米沢藩上杉家、広島藩浅野家の上屋敷が並んでいた。
外桜田門で国道1号線は左に分かれ、国道20号線の甲州道中は日比谷堀、桜田堀に沿って堀端を進む。国会議事堂。

憲政記念館の一角、首都高速道路のトンネル上に「井伊掃部頭邸跡」の表示があり、横の大きな井戸跡は名水「桜の井戸」だろうか。この彦根藩井伊家の上屋敷があったところには、改易になる迄加藤清正上屋敷があった。
桜田堀の土手下に名水「柳の井戸」があるはずだが、いくら目を凝らしても判らない。三宅坂、最高裁判所、国立劇場。
半蔵門は麹町御門とも言われ、門の前に高札場があった。またここは日本橋から一里の距離である。

左折して新宿大通りを進む。

 
麹町1丁目交差点を左に入ると直ぐに「太田姫稲荷神社」の小さな祠がある。

太田道灌は娘が天然痘になったとき、友人から京都・山城国の一口の里にある稲荷を祈るように言われて、祈願すると忽ち病気は平癒した。そこで長禄元年(1457)、道灌は江戸城内に伏見の一口稲荷を勧請した。その後家康の江戸入府、城改修に伴い、江戸城から神社を駿河台・淡路坂(一口坂 いもあらい坂)を経て当地に移した。一口をいもあらいと言うのは、天然痘が「いもかさ 又はへも」とも呼ばれたので、天然痘を洗い流して直す」からきたもの。

              (神社に表示のあった「太田姫稲荷神社」縁起より)

更に南へ入ると「平河天満宮」の銅鳥居が見える。鳥居の左右の台座に4体づつ獅子がのっかっている。社殿の前に、厳密に言うと右の獅子左の狛犬が威圧している。天龍石と言う力石が隅の方に置かれている。

街道に戻る。麹町4丁目交差点から右に延びる日本テレビ通りは江戸期の「善国寺通り」。
四谷に近く、右手のUFJ銀行の横を入ると「心法寺」、先般歩いた日光御成道の脇にあった見沼用水を、吉宗の命によって作り上げた井沢惣兵衛の墓がある。
寺を出たところにある CAFE de CRIE で朝食。スタッフは全員、前にある上智大学の学生アルバイトだそうだ。なお上智大学は尾張徳川家中屋敷の跡。

 
四ツ谷駅で右折し麹町口の前から、「四谷見附」の石垣を見て左折し、新四谷見附橋を渡る。
外堀通りを越え、雑多な商店が続く三栄通りの緩やかに上がる道を進み、LAWSONで左に曲がる。
「大横町」と呼ばれ明治、大正期に大いに繁盛した通りであるが、新宿の発展とともにさびれ。ニッポンレンタカー、紙・デザイン洋品サイトウ、餃子俵屋、江戸和竿佳作、インド、ネパール料理マサラ屋、江戸前纏寿し、十日町そば、志乃だ寿し、松井生花店、と並ぶ商店からは、かつての賑わいを想像することは無理である。

 新宿通りに出て左手、長崎ちゃんぽんの横を入るのが「西念寺横町」で、突き当たりに西念寺がある。住職に伊賀者・服部半蔵の墓を尋ねたら、武田勝頼と通じた嫌疑で切腹させられた家康の長男岡崎信康の供養塔も教えてくれた。

その先のMister Donut の脇を左に入るのが「天王横丁」で、文化放送の先、東福院坂が急に下るところに愛染院がある。墓地を探すと、内藤新宿を開設した高松喜六と盲目の国学者である塙保己一の墓がある。お彼岸で早朝からお参りする人が多く花が供えられて線香の匂いが漂う。

四谷2丁目交差点の右へ入る道は、美濃高須藩松平摂津守の屋敷があったので、「津の守坂通り」と呼ぶ。

左手の八百竹の横を入っていくと左門町で、田宮伊左衛門の妻お岩を祀った神社があったところに出る。健気な働き者のお岩を鶴屋南北が無茶苦茶に脚色したのが東海道四谷怪談。玉垣には中村歌右衛門、中村時蔵や岩田専太郎の名前が刻まれている。

四谷3丁目交差点角の消防博物館は「江戸の大火と火消展」を開催していた。
左に「笹寺」。徳川秀忠が立ち寄った際、境内に熊笹が生い茂っているのを見て笹寺と名づけたのだが、本名は長善寺。今笹は無い。
逆に右手、めしや丼を右に入る路地を「湯屋横丁」と呼ぶので、探してみたが銭湯は見当たらない。

 五差路になっている四谷4丁目交差点を、右斜めに進む。左の角の四谷区民センターの前に「玉川上水水番所跡・水道碑記・四谷大木戸跡碑」がある。

玉川上水はここまで素堀で流れて、ここから先は地下の石樋で四谷御門に送られた。番屋の敷地内の上水路には水門・芥留めのスクリーンと水位測定の板が2ケ所設けられていた。水位の測定には「歩み板」と称する固定した板が取り付けられ、板の下端と水面の間隔をみて、開きが大きければ流水量が減少したものとして、上流の分水が制限された。

              (伊藤好一解説「甲州道中分間延絵図第6巻解説篇」より)


ここから内藤新宿(新宿区新宿)に入る。
左手に立ち並ぶ事務所ビルのすきまから新宿御苑の緑が見える。広い御苑がすべて高遠藩内藤家の中屋敷だったというから驚きだ。
新宿交番脇を右に入ると「太宗寺」で、もちろんここの墓地にもお参りの人が多い。リュックを背負った我々の姿は場違いのようだ。内藤家の墓がある。

商店が増えてきて、人がドンドン増えてくる。春休みになって子供も多い。
「新宿の子供は早くせいが延び」の句がある。

甲州道中は参勤交代の少ない街道であるが、商品を輸送する農民・商人の道としては大いに使われ、馬と馬糞がかなり目立った。
子供が馬糞を踏むと早く背が伸びるといわれた。

伊勢丹のある新宿3丁目交差点が「追分」で、江戸期初めの寛永年間まではここに一里塚があったらしい。直進するのが青梅街道で甲州道中は左折する。妻の勧めで新宿4丁目交差点角の登亭でうな重を食べて元気をつける。

交差点先に遠州・天龍川の辺りから移ってきた「天龍寺」がある。境内にある「時の鐘」は、上野寛永寺、市谷八幡と並ぶ江戸三名鐘で、又追出しの鐘といわれ、内藤新宿で夜通し遊ぶ人々を追出す合図だった。「江戸の四口、各娼家あり、品川を第一とし、内藤新宿を第二とし、千住を三、板橋を四」と新宿の女郎はよく知られた存在だったようだ。

 
交差点に戻り、人でごった返すJR跨線橋上の新宿駅新南口を過ぎ、西新宿1丁目交差点を右手へ行くと西口広場、左に少し入ると「葵橋跡」の石柱がある。橋の名は紀州徳川家の庭に通じるところから来ている。

そそり立つ新宿パークタワーに向かって進んでいく。右手には新宿西口の高層ビルが林立している。
文化女子大の大きな校舎の前は玉川上水が流れていたようだ。大学の敷地が尽きるところに、天神社の小祠に覆いかぶさって、その形から「箒イチョウ」と呼ばれる大木がある。

新宿パークタワーは明治期梅の名所だったという。
明治神宮への西参道が右に延びる交差点の角に「正春寺」があり、お参りの人が背後の墓地に出入りしている。

徳川秀忠の乳母である初台の局が湯島に開基した寺を当地に移した。このお局さまの名が初台の地名の由来か?  初台の局の娘が家光の乳母となり、正春院と名乗ったのが、寺の名につながる。

首都高速4号新宿線が国道20号の上にのっかってくる。
山手通りを越えると、初台のオペラシティと新国立劇場。この建物の間が、かつては角筈村と幡ヶ谷村の境で路地があり、今は新宿区と渋谷区との境でガレニアと称する通路になっている。
本町歩道橋あたりから、国道の左脇に玉川上水旧水路緑道。

幡ヶ谷が近い。

源義家が後三年の役の後に上洛した際、この地にあった池に立ち寄って、軍旗である白旗を洗った。その旗が転じて幡ヶ谷になった。

幡ヶ谷歩道橋の手前、先端に九輪の付いた細長いビルのお堂の中に「子育地蔵」。このあたりは地蔵窪といわれた低地だった。中野通りとぶつかる笹塚交差点は、牛を使っての牛裂きの刑といわれる両足から股を引き裂く極刑を行った低地だったので、「牛窪」といわれたところ。地蔵と、道を供養して感謝の念を捧げる「道供養碑」がある。

笹塚駅前歩道橋先の右手、笹塚交番の脇に「笹塚跡」の案内板を見つける。

笹が生い茂った、一里塚だったかもしれない盛土があったそうで、その塚が地名になって残った。

その先、笹塚郵便局手前の路地を入ると庚申塔が大事に祀られている。
 環状7号線・大原交差点を越える。この辺りに立場があったという。今日歩いている街道には車や人が満ち、その両側は商店や事業所がぎっしりと並び、ときにはビルが高さを競う風景が続いている。明治維新、関東大震災や世界大戦、そして高度成長期、バブルの際の開発で変貌した東京では、かつての形跡を探すことは至難である。寺社や、ときおり立っている石碑に昔を偲ぶのが精一杯である。

S字に曲がる街道を玉川上水が斜めに貫くところに架けた橋が代田橋だという。昭和41年に玉川上水が暗渠になり、橋は今ない。明治大・和泉校舎とその横の築地本願寺和田堀廟所には、江戸期、焔硝蔵があった。



 笹塚から地上に現れた京王線が終始街道のすぐ左手を走っている。下高井戸駅入口から下高井戸宿(中野区下高井戸)が始まる。右手の宗源寺の境内に入る。

合併した本覚院の不動堂が移築されている。これが高台にあったので「高井堂」と呼ばれ、地名の起源となった。なお中山道分間延絵図はこの土地を高井土と記している。

新宿パークタワー前から国道の上に覆いかぶさっていた首都高速4号新宿線が、国道を離れて右に曲がっていく。その高速道路の下に「一里塚」があったとの案内板が立っているあたりで、下高井戸宿が終わる。しかし今は商店、マンション、事業所が途切れることなく続く。

 
上北沢4丁目交差点から上高井戸宿(中野区上高井戸)が始まり。環状8号線をくぐるあたりが宿場の中心である。すぐに国道と分かれて片側一車線の道に入っていく。商店の奥に木々の緑が覗く。生産地直売を謳ったキャベツや白菜が道端に並べられている。マンション。長泉寺。

継立では下高井戸宿と上高井戸宿が合宿で、月の前半は下高井宿、後半は上高井戸宿が勤めた。何れの宿場の本陣、問屋場とも、跡形もない。

かつて上高井戸と呼んだ京王線芦花公園駅からの道が交差するあたりが上高井戸宿のはずれである。
左右の道は農道跡らしく曲がりくねっている。商店がまばらになる。
大橋場の碑、庚申塔、地蔵尊。池亀家の前に内藤新宿を基点とした新一里塚。坂を下る。仙川に架かる大川橋。

Royal Hostで再会した国道20号を進む。
仙川駅東のセブンイレブンの店先にある「仙川一里塚跡」の碑には、土地の人はこのあたりを塚とよんでいると記されている。

「馬宿川口家」の石柱の後ろに、馬方や行商人を相手に旅籠を営んでいた旧家がある。ここから国道と分かれて右斜めに、「瀧坂」の名のとおり、雨が降ると路上を滝のように流れることを確信させる急坂を下る。道のまわりは車の置き場になっており、期待していた風情は残念ながら無い。すぐ国道に合流する。 

マンション、商店が並ぶつつじヶ丘駅入口の左手、鮮やかな朱塗りの山門をくぐって「金龍寺」の境内に入ると、頼朝が祈願した閻魔十王の石像があること、弁慶が写経したこと、家光が狩の途中に休憩したことなどを説明した案内板がそこかしこに立っている。

つつじヶ丘から「ブンタの坂」をグーンと下る。坂の途中に厳島神社参道の石柱がある。
並木の欅はまだ芽吹いていないのか、黒っぽい枝が空を覆う。
菊野台交番の脇、鉄塔の下に大きな庚申塔が立っている。
その先、PCDEPOTの横の駐車場に「妙円地蔵」が祀られ、かわいい花が供えられている。

柴崎駅入口交差点を右に延びる道に「佐須街道」の表示がある。深大寺へ通じる道である。
野川に架かる馬橋を渡る。

 調布警察署を過ぎると旧甲州街道入口の表示があり、国道は右に曲がって、甲州道中は直進して国領宿(東京都調布市)に入っていく。左右にマンションが多い。国領駅入口から道は大きく右に曲がっている。庚申塔。円福寺、開基は北条泰時の弟で北条氏滅亡の際に鎌倉から移ってきた。

らーめんせいごやの脇を右に入り、現在の甲州街道に出たところに国領神社がある。神社は車の排気に煤けているが、「千年藤」という元気な藤が境内の四方だけではなく、上にも元気よく立ち上がっている。延命、子産、商売繁盛の神木である。布田駅前交差点角の常性寺は、境内にある成田不動尊が目立って、一願地蔵堂の前の「小橋観音」は影が薄い。

 国領宿の先、下布田宿、上布田宿、下石原宿、上石原宿と続くが、これらをひっくるめて布田5宿と呼ぶ。普通1つの宿場が行う継立業務を5宿が6日交代で分担していた。家並みもなく、ちらほら家がある状態だったらしい。もちろん然るべき旅籠も無かった。従って宿場の痕跡を見つけるのは難しい。

尤も江戸末期、布田5宿に女郎を置くことが認められていっぺんに活気がで出たようだ。

いまもさして様子はかわらないが、年中、まぐさくさい街道風が舞いたっている宿場町である。当時、街道に板ぶき屋根をならべる旅籠には、一軒に二、三人は、おじゃれとよぶ遊女を置いていた。飯盛女である。ところがこの宿ではふしぎと色黒女ばかりが集まったから、「布田の黒よし」とよばれ、甲州街道を上下する旅の小商人などが、この宿でとまるのを楽しみにしていた。

              (司馬遼太郎作「燃えよ剣」より)

下布田宿(東京都調布市)に移る。街灯に付けた「CHOFU F.C.TOKYO」の旗が揺れる。宿場の名残りでマンションン、商店の奥行きが深い。蓮慶寺の葵の付いた現在の山門の横に、御朱印寺として許された赤門が保存されている。

調布駅が近づいて商店が増えて人が増えると上布田宿(東京都調布市)である。

 18時10分  京王線調布駅  45428歩

 トップへ戻る