落語「黄金餅」で金兵衛が歩いた道

わァわァいいながら 下谷の山崎町を出まして あれから 上野の山下へ出て 三枚橋から上野広小路へ出まして 御成街道から五軒町へ出まして その頃堀さまと鳥居さまというお屋敷の前を真っ直ぐに 筋違御門から大通りへ出まして 神田の須田町へ出まして 新石町から鍛冶町へ出まして 今川橋から本白銀町へ出まして 石町から室町へ出まして 日本橋を渡りまして 通り4丁目から中橋へ出まして 南伝馬町から京橋を渡ってまっつぐに 新橋を右に切れまして土橋から久保町へ出て 新し橋の通りをまっすぐに愛宕下へ出まして 天徳寺を抜けまして 神谷町から飯倉六丁目へ出まして 坂を上がって飯倉片町 その頃おかめ団子という団子屋の前をまっすぐに 麻布の永坂をおりまして 十番へ出まして 大黒坂を上がって一本松から麻布絶江釜無村の木蓮寺へ来たときには 随分皆くたびれた。・・・ 私もくたびれてる。
(特選落語名人会 古今亭志ん生「黄金餅」より)

 

平成21年7月12日(日)

9時20分 東上野をスタート。今日は落語につながる話を拾いながら歩きたい。

黄金餅の主人公である金兵衛が住んでいた長屋のあった下谷山崎町は、下谷車坂と幡随院に挟まれたところというが、現在そんな地名も寺も無い。東京メトロの車両基地とバイク街のある東上野4丁目あたりのようだ。
(追記 幡随院があったところに、現在上野学園大学がある。先日、ヴァン・クライバーン国際コンクールで優勝した辻井伸行君は同大学の3年生である。)

すぐ上野駅前に出て、ガードをくぐると、上野山下だ。

見世物や土弓場ができて、上野広小路と共に盛り場となって、けころと呼ばれる売春女の巣窟だったそうで、今もピンク専門映画館があることに妙に納得。

山下から三枚橋を渡って広小路へ進むはずだが、橋がない。

不忍池から忍川が流れ出て、そこに架かっていたのが三橋。
今は暗渠になって川も橋もないが、「あんみつ みはし」のお店に名が残っている。
三枚橋もあるにはあったのだが、アブアブと亀井堂の間の通りがガードにぶつかるところなので、今回の道筋ではあるまい。

池之端の仲町通りに寄り道。

立ち並ぶ風俗店に用があるわけでなく、落語なめるのオチに登場する気付け薬の宝丹が、通りの中ほどにある守田治兵衛商店で今も売られているのだ。残念ながら開店前だったが。



戻って、鈴本演芸場前に来ると、演芸場に次々と人が入っていく。
10時から早朝寄席があるという。しかも木戸銭たったの500円。入らない手は無い。

 柳家三之助          かんしゃく
            鈴々舎風車          締め込み
            三遊亭時松          お化け長屋
            三遊亭歌太郎       夢の酒  

二つ目クラスの勉強会らしいが、新作あり古典ありで1時間半、結構笑えた。
 

広小路の松坂屋前から直角に道を辿ると、右側は西黒門町。

黒門町の師匠といわれた八代目桂文楽の住まいがあったところ。
晩年、師匠が「もう一度勉強し直してまいります。」と高座を降りたときに演じていたのは大仏餅。先ほど通った上野山下にあった河内屋金兵衛の茶会仲間の名前を、師匠は思い出せなかった。

うさぎやの前に出た。大正の創業時から続く喜作最中を買って、ほおばると、上品な甘さが口の中に広がる。妻は有名などら焼きもご所望。
すぐ先の三洋電機のビル際に日本最初の喫茶店跡の案内がある。

しかし、日本の喫茶店のルーツは、もっと古く、室町期、東寺南大門前に現れた一服一銭と称する茶屋。又、喫茶店が珈琲を提供する店としても、なぜ上野だ? 本邦最初は長崎、神戸、横浜あたりにあるのでは、・・・但し、落語に関係ない話なのでこれでおしまい。先を急ぐ。

今は中央通りと名を変えた広小路から筋違御門外へまっすぐ延びる御成街道を進むと、メトロ末広町駅出入り口の手前の江戸開府400年の案内板が、このあたりが五軒町であることを教えてくれる。

町名の由来は五つの大名屋敷が並んでいたから。すなわち上総久留里藩黒田家、安房勝山藩酒井家、下野黒羽藩大関家、 播磨林田藩建部家、信濃上田藩松平家。
あれっ、落語にある堀さまと鳥居さまがない?



道を一本跨ぐと、若者が溢れる喧騒の秋葉原だ。
人ごみを抜けて右手の神田明神下に行くと、料亭神田川。

「前に廻って鰻に聞いとくれ」のサゲが有名な素人鰻に登場する鰻割き職人が、

あの、金と申すとあの「神田川」の金かァ?
ではあすこで働いてんの金か。
そォすァ、そ・・・・、あァ、あいつ酒のうえが わりいぞォ
(名人名演落語全集・八代目桂文楽「素人鰻」より)

筋違御門は跡を示す案内板しかないので、まっすぐ万世橋を渡って、ようやくオタクたちの群れを抜ける。

須田町交差点で、旧中山道に出る。
通りの西側の多町に青物市場があった。そこの問屋から、みかんひとつを千両で買った話が千両みかんだ。

若旦那、どうかまァそのねェ、みかんをお上んなさってくださァい、へえ、ええ。千両のみかんですからね、大事に、食べてくださいよ。皮をむいてますね。その皮ァ五両ぐらいにつくゥ・・・ああ、スジを取ってますね、そのスジィ二両ぐらいにつくゥ・・・いよいよ食べますか・・・十袋あんですねェそりゃァ・・・一袋百両だ・・・
(五代目古今亭志ん生全集「千両みかん」より)
交差点にある果物店万惣は幕末創業の老舗だが、この話と結び付けてはかわいそう。

新石町、鍋町から鍛治町に来ると、JR神田駅。

三方一両損で意地を張り合う大工と左官が住んでいたのがJR神田駅周辺。
駅の東側の神田堅大工町に住んでいたのが大工の吉五郎、西側の神田白壁町には左官の金太郎が住んでいた。

神田駅東口のガードをくぐる。
神田と日本橋の境を流れていた龍閑川に架かっていたのが今川橋。
郷土の伏見を出て江戸に来た左甚五郎が訪れた普請場はこのあたりにあったと、三井の大黒の冒頭にある。

あァ江戸というところは大工がまずいところだ、仕事ができないところだ、むこうのほうにいるあいつは仕事ができないと思ったら、股引きのあいだから汚い褌がぶらさがっている、職人というものはあんな装をして仕事が本当にできるものか、
(名人名演落語全集・五代目金原亭馬生「三井の大黒」より)

新白銀町、本石町、十軒店から室町に移ると、そこは三井村。
三井タワーの前、東レビルがあったあたりは現在再開発中だが、かつて浮世小路があり、百川の舞台である料亭百川楼があった。

日本橋の浮世小路というと、いまの三越の前をはいりますと、左側に「にんべん」という鰹節屋さんがありますが、あの横にまわりますと、名倉屋という古い旅館がございまして、福徳稲荷という以前はお稲荷さまがありましたが、いまはどうなっておりますかよく存じませんが・・・そのへんがもと百川といううちがあったということをうかがっておりますが、
(名人名演落語全集・六代目三遊亭円生「百川」より)
噺に出てくる福徳稲荷は、工事現場の裏の福徳茶屋に避難している。



日本橋を渡り、通町を進む。コレドビルが周辺の風景を変えてしまった。
東京駅八重洲口を右に見て中橋交差点を渡る。
かつて南伝馬町は職人が多かったところだが、今は京橋のビジネス街。

京橋から銀座に来ると通り一杯に人が広がる。なぜか銀座の歩行者天国は気分を高揚させる。
4丁目に程近い有楽町マリオンは、大岡越前守が大いに活躍した南町奉行所跡。大岡裁きの落語はいくつもあるが、そのひとつが小間物屋政談

こんないい女を私の女房にできるのも、みんなあなたのおかげでございます。
お奉行さまは名奉行と伺っておりますが実にえらい名奉行、超特急の名奉行でいらっしゃいます。このご恩は生涯背負いきれません。
(古典落語の巨匠たち・六代目三遊亭円生「小間物屋政談」より)

立田野で、白玉あんみつを食べて、疲れを取り、身体を冷ます。
8丁目から御門通りに入ると、金春通りが右に延びる。金春屋敷跡は花街だった。

姉弟のことォ誉めるってえとみっともないけども、あたしの姉さんッてえのァ本当にいい女だ、新橋ィ金春の板新道でェ、あたしの姉さんは紀伊国屋の小春ってえ、芸者でずいぶん、売ったもんですよ、
(五代目古今亭志ん生全集「汐留の蜆売り」より)

土橋で外堀通りに出て、右に折れてガードをくぐる。
西新橋1丁目交差点で左に折れて新し橋の通りをまっすぐに進む。日曜日なのでビジネスマンの姿は全く無く、大小のビルが続くだけの味気ない街になっている。

このあたり森ビルが多いが、多分10森ビルが近江水口藩加藤越中守の上屋敷跡、その中間部屋で開かれていた賭場を藪加藤といった。
猫定では博奕打の定吉が藪加藤で遊んでいる間に、女房と間夫が定吉を殺す企てをする。

寄り道して、愛宕山に登ってNHK放送記念館を見学。

死神を演じた六代目三遊亭円生は、女房に追い出された男に同情した死神が教えてくれた呪文を「アジャラカモクレン チョウタツチョウ JOAK」と言ったとか言わないとか。

愛宕山を廻り込むと、天徳寺と関わりがあるのだろうか、いくつもの寺が並ぶ通りになる。そのひとつには杉田玄白の墓がある。 突き当たりに天徳寺、横に立つ超高層マンションのせいか境内は暗い。寺の周りは木造家屋が密集しており、取り残されたようなありさまは少し痛々しい。


神谷町に出て、飯倉交差点から榎坂を上がる。
飯倉片町交差点のあたりに人気のおかめ団子があったらしい。

美人の娘が帳場にいて世辞をいう。だから、ついそこへ腰掛けて、団子の一つも食べるようになる。帰りに土産を買ってーーてんでとても流行ったもんです。
(五代目古今亭志ん生全集「おかめ団子」)

交差点の先を左に折れて細い道を進み、永坂を下る。下りきると一の橋。
二の橋まで足を延ばすと、そこは麻布古川町で小言幸兵衛が住んでいた。

しかし、どうしてこんな郊外の長屋が落語の舞台なのだ?と思って調べたら、明治の二代目古今亭今輔は、牛込・水道町の長屋の話にしていた。これならわかりやすい。

麻布十番の大通りは通り一杯の人出だ。
浪花家総本家で鯛焼きを買おうとしたら、1時間待たないと駄目とのこと。鯛焼きひとつのためにだ。これはもう落語の世界ではないか。
パティオ通りから大黒坂、そして一本松坂を上る。
仙台坂上から閑静な屋敷の間の道をくねりながら下ると、絶江坂に出た。左右に寺は多いが、どれが木蓮寺か、わからない。

16時20分      絶江坂       20922歩  

ところで、そもそも黄金餅はどのような噺なのか?
なぜ金兵衛が下谷から麻布まで歩いたのか?
それについて申し上げます。あっそう、・・・時間がまいりました、今日はここまでと致します。(了)


トップへ戻る