川越・児玉往還(藤岡まで)

 
平成14年9月8日(日)


8時10分   

 秩父鉄道小前田駅前から真っ直ぐ伸びる道が国道にぶつかる交差点を斜め右に、駅に戻るような方向に細い道を入る。左手に諏訪神社がある。すぐに駅前からの県道175号に合流し、秩父鉄道の踏切を渡る。

街道は北西の方向に進んでいる。西に連なる秩父の山々に雨上がりの雲が白く幾筋も上がっている。少しずつ青空がのぞいて、陽が射しだした。ダスキンちちぶ花園店の看板下に寛永2年(1849)の庚申塔など4基の石造物が並んでいる。
 

原宿(大里郡花園町武蔵野)

原宿交差点の一角に小さな石の道標が倒れたままになっているのは残念だ。
次の二股を右に進むと原宿の集落である。木々の中に、新しく建て替えられているが農家らしいゆったりとした家が続く。
八幡神社に鎌倉街道上道の案内版が立っている。ここから児玉に至る往還は「鎌倉街道上道」とほぼ重なるようだ。

家が途絶えると稲田が広がる。植木を育てている畑も多い。ここ花園町は町名どおり花や植木の栽培が盛んで、福寿草の生産は日本一だそうだ。

 寄居町用土に入る。「脇往還川越道用度邑」と刻まれた2メートル以上もある立派な道標が立っている。折れたらしく、越の字の真ん中で接いである。文化元年の大黒天の台座は少し埋まっており「右 深  左 八幡」しか読めない。深谷と八幡山を表示してあるらしい。他に享保17年(1732)の庚申塔、寛政12年(1800)の庚申塔。

 

JR八高線鎌倉街道踏切を越える。諏訪神社を過ぎ、往還を忠実に辿って右に入りすぐ左に折れてすぐ県道に戻る。
用土四区公会堂の前にある石造物を調べていると、近所の人であろう、公会堂内で作業していた数人が我々を物好きな二人だなあという表情で見ている。文化4年(1807)の大黒天、寛政12年(1800)の庚申塔、天保11年(1840)の八坂神社の石祠。

 美里町猪俣に入る。平安末期から鎌倉期にかけて、武蔵の国には武蔵七党と呼ばれる武士団があった。その一つ「猪俣党」の本拠地である。

「平家方の大剛と聞こえつる越中守守俊をば、武蔵の住人、猪俣小平六則綱が討ったるぞや。小平六が討ち取ったりっ」と誇らかに名乗った。
後に。
鎌倉殿への披露には、侍大将の“一の筆”に彼の功名が書かれたのであった。かれの勇名は揚がり、猪俣党は一時栄えた。

                                          (吉川英治作「新・平家物語」より)

かっての桑畑は野菜畑と水田に変わっている。秋の虫がチーチーとすだいている。杉並木の参道の普門寺がある。
県道が野中交差点から国道254号に変わる。地酒天仁を造っている横関酒造。

天神橋を渡り、ラーメン十八番を左斜めに入る。注連縄が張られた寛政12年(1800)の庚申塔にぶつかって右折しすぐに、欠けた庚申塔の前を左折する。緩やかに上る細い道だ。「雷電神社」の裏を過ぎ、浅間大神と刻んだ石碑が木々の間から覗く「浅間塚」の前から道は下っていく。民家の間を通り、二股を右折し、右手に走る国道254号を見ながら葱畑の中を進む。畑の中で道は二つに分かれる。分岐点に祀られた如意輪観音の右側の道が鎌倉街道、左側を進むのが往還である。

 
やがて町道に合流するが、そこにある庚申塔と天保14年(1843)の馬頭尊は大きい。

大仏の宿が始まる。しかし今までの他の宿場と同じで、それらしきものが残っているわけではない。
集落の中心で左に曲がるとすぐに朽ちかけたお堂があり、中に薬師如来が祀られている、というより置かれている状態にある。
この小さな仏像が宿の名にもなっている大仏である。

菓子から婦人服まで売っている、まさに万屋の大和屋を過ぎて道は緩やかに下る。
四辻を越えて、左の細い道に入る。この入口にたくさんの大きな石造物が並んでいる。享保17年(1732)、寛政4年(1792)、万延元年(1860)の庚申塔。天保5年(1834)の弁財天。
 

広木(埼玉県児玉郡美里町広木)

細い道の左は、摘み取ることもなく延び放題の桑畑。緩やかに下って、ゆきあたって左折する。広木の宿で、奈雲酒店以外は民家である。志戸川の手前に広木屋台の格納庫がある。

志戸川の細い流れに沿って10分も上ると、「さらし井の遺跡」に着く。説明板がある。

曝井は千数百年前から湧き出ていた井戸で、婦人たちが布をさらす共同作業場であり、また悩みを訴え愛を語る社交の場であった。
しかし昭和45年の河川改修工事で地下水脈を切断してしまったので、今は井戸が枯れてしまっている。


 
広木の宿に戻る。家並みが途絶えて、やがて国道254号と合流する。

エーザイ美里工場の前に「広木の一里塚」、といっても 榎は既に枯れて無く案内板がそれを伝えるだけである。
なお一里塚は鎌倉街道沿いに造られたようで、川越・児玉往還にはこれまでもまたこれからも無い。

 

児玉(児玉郡児玉町児玉)

鎌倉街道とともに左折する。すっかり晴れた空に、わた雲と、すじ雲が仲良く浮かんでいる。草むらでキリギリスが夏を惜しむかのように鳴いている。用水に架かる小橋を渡って右に曲がり小山川を渡る、のが本来の往還であるが、右に曲がるあたりは草が生い茂り、かつその先の川に橋もない。江戸期、川の水は伏流となり歩いて渡れたらしい。仕方が無いのでそのままドンドン歩いて、十二天橋で小山川を渡る。直進するとやがて児玉の本町に出る。

「龍體稲荷神社」があり社殿脇に寛政12年(1800)の庚申塔が、神社の斜め奥の法養寺の門前にも石仏、板碑や享保13年(1728)の庚申塔が並んでいる。鎌倉街道は神社の横を右に入り、児玉宿、八幡山宿を避けるように往還の右手を進む。往還はそのまま国道254号を行く。

右に「玉蓮寺」の参道が延びる。

文永8年(1271)日蓮は佐渡に配流になったとき鎌倉街道を通って佐渡に渡った。その時と3年後赦免を得て鎌倉に帰る時に、この地の豪族児玉時国が日蓮を泊めた館が玉蓮寺だという。境内に日蓮が足を洗った井戸がある。井戸を覗き込むと静謐な水が見えた。

武蔵七党のうち最有力集団がこの地で生まれた「児玉党」である。児玉時国もその一人であろう。

寺の横に八幡太郎義家が石清水八幡宮を勧請したという「八幡神社」がある。街道に面して高札場があり、その横の味処やまがたで昼食。暑さにバテ気味なのでうな重二丁!

 連雀町、仲町から中央通り商店街を進む。その中には、かって生糸・絹取引で繁盛した店もあるだろうが、日曜日のせいかシャッターを閉めた商店が多く、何を商っているのかさっぱりわからない。

 

八幡山(児玉郡児玉町八幡山)

右に駅前通り交差点を過ぎてしばらく進むと、真っ直ぐな道がわずかにクランク状に折れる。ここから八幡山鍛冶町に移る。江戸期は、ここで児玉村と八幡山町とに分かれていたが、今と同様一つの町のようであったらしい。宿場の役割も児玉村と八幡山町は月交代で勤めた。町名のとおり鍛冶職人が住んでいたが、今も残っているのかわからない。いくつかの家のたたずまいに往時の街道がかすかに残っている。SAVEONは名主を勤めた桜沢家だ。

 JR八高線のガードをくぐる。家がまばらになり、小さな北続ケ橋を渡ってすぐ、美容室エクセレントの手前を左折する。裏通りのような道が旧女堀川に沿って細く伸びている。かまわずドンドン進む。「雀の宮橋」を渡り、農免道路の高架をくぐる。街道は畦道となる。広々とした稲田が広がる。黄色を帯びたい稲穂の上を赤トンボが群れている。しかし畦は次第に細くなって進めない。土地改良事業で街道は消えている。

JR八高線沿いの道を行く。

「熊野神社」前の辻に万延元年(1860)の庚申塔が頭を欠けた姿で立っている。国道に出てまた左斜めに入ると蒟蒻畑が現れる。

あちこちに梨畑と直売所がある。ここ児玉郡神川町は梨の栽培が盛んで、今は豊水の最盛期、9月下旬には新高が出てくるそうだ。
元阿保の集落を進み、古びた公会堂前で左斜めに入る。毎年2月に雛市が行われる通りらしいが、その様子を想像できない、民家が並ぶごく普通の細い道である。火の見やぐらのあった小さなロータリーを左折する。旧家があり、往時の雰囲気を持った一画である。
右折して県道22号に出ると「安保氏館跡」の碑が一本の松の下にある。安保氏は武蔵七党のひとつ丹党に属する豪族である。近所の人に聞くと、本当の館跡は碑の前、県道を隔てて建っているサンラインコーポレーションのところだそうだ。県道を進む。

 
「阿保神社」を過ぎると家はまばらになり、真っ直ぐの道が神流川にぶつかる。かっては橋が架けられていたそうだが、土手の上に上がっても河川敷に鬱そうと生い茂る樹木しか見えず、川の水さえも確かめられない。土手も歩けない。江戸期、神流川を渡って、どの場所から藤岡の中心に向かったかを知らない。中山道本庄宿から延びる下仁田道は、神流川の土手下にある東京コンクリート工業の工場敷地に残る道につながっている。この道を歩くことにする。

 

藤岡(群馬県藤岡市)

神流川に架かる藤武橋を渡る。すぐに右の細い道に入る。やがて東京コンクリート工業からの道に出会い、農家の間を歩く。途中に蛇の神様が祀られ卵が供えてある。このあたりは青大将が多く、繭を食べるねずみ退治に使ったという。

国道254号に出て、JR八高線の藤岡街道踏切を渡る。T字路を右折する。このあたりの商店は近江商人が多いらしい。

四丁目十字路に着く。左手の角に大正4年に建てた高さ3メートルの「里程標」がある。
至東京二十五里以外は近隣の町村までの距離が彫られている。
大正期藤岡の中心だったこの地点を川越・児玉往還のゴールとする。     
17時5分  43303歩

ここから10分足らずで JR八高線 群馬藤岡駅に着く。


 川越・児玉往還は、道端に庚申塔をはじめたくさんの石造物があった。この街道を多くの人が利用したことを示している。とともに、荒川や利根川あるいはその支流の氾濫による水害、そして飢饉に頻繁にみまわれたこの街道沿いの人々の平穏を祈る気持ちを表わしているのであろう。 (了)

 トップへ戻る