川越・児玉往還(小前田まで)


平成14年8月31日(土)

東武東上線武蔵嵐山駅西口から歩いて10分、国道254号バイパスに面して県立歴史資料館が建ち、その右の雑木林の一画に畠山重忠が居を構えた「菅谷館跡」がある。

重忠はここから少し北に位置する荒川沿いの畠山庄(現在の埼玉県大里郡川本町畠山)に生まれ、宇治川や一の谷の合戦で有名を馳せ、勇猛果敢な鎌倉武士の典型とされる。二俣川(横浜市)で北条氏に謀殺された。

バイパスを挟んだ菅谷中学校脇には、大きな木々に覆われた小さな「稲荷山古墳」がある。古墳の上にお稲荷さんが祀られていたのでそう呼ぶ。6〜7世紀の古墳時代の円墳である。

「いざ鎌倉へ!」 坂東武者が鎌倉へ馳せ参じた鎌倉街道。

武蔵の国には上道(かみつみち)、中道、下道の3つの街道を中心に網の目のように走っている。そのうち上道は、鎌倉八幡宮流鏑馬道を起点に藤沢市、横浜市戸塚区・瀬谷区を境川沿いに北上し、町田市に入り多摩丘陵を越え、国分寺市・所沢市のある武蔵野台地から、ここ嵐山町・小川町・寄居町・児玉市を通って群馬県藤岡市に入り高崎市付近に出る。

その鎌倉街道上道が菅谷中学校脇に現れ、川越・児玉往還より山裾、すなわち往還の左手を小川町奈良梨・寄居町赤浜へと北上しながら、ところどころで二つの道は交差し合流する。

 駅に戻り東口から歩いて15分ほどのところに「鬼鎮(きじん)神社」がある。

畠山重忠が菅谷館を築造したとき東北の鬼門除けとして祀った。祀られているのは金棒を持っている鬼である。たくましい神様なので戦時中は武運長久を祈り、戦後は受験や賭け事で祈願する人々が多いらしい。

2月の節分には「福は内、鬼は内、悪魔そと」と言って豆をまく。

奉納された大小さまざまな金棒が社殿に立てかけられている。

 

10時 街道をスタート。

国道254号の嵐山駅入口周辺が菅谷宿の中心で、根岸医院の古風な屋敷が古くからの町並みを偲ばせる。しかし道幅いっぱいに走る大型車が多くて、落ち着いて歩けない。嵐山三差路で、国道は左に曲がり秩父に向かう。川越から重なっていた秩父巡礼の道がここで分かれる。

川越・児玉往還は真っ直ぐ進む県道296号に変わる。手作りパン屋ポプラから右斜めの住宅の間の細い道に入る。道に掲げられた「この先行き止まり」の表示どおり、すぐに東上線にぶつかり、その先の道は、民家の中に消えている。


志賀(埼玉県比企郡嵐山町志賀)

宿場の役割を、月の前半は菅谷村が後半は志賀村が請け負っていた。

 県道は東上線の踏切を渡り、左に曲がる。土曜日だが車が多い。ダンプが多い。
聖教新聞販売店脇を県道と分かれ右の細い道に入る。家は新しく建て替えられているが、街道を感じさせる、ゆるやかに曲がる道が縫っている。県道に戻るところに普通の民家に見える「志賀の菩薩堂」があり、その前にたくさんの石造物が並んでいる。享保20年(1735)の庚申供養塔、安永7年(1778)の庚申塔。

県道の両側に民家があり、畑があり、水田がある。
民家の前に文政10年(1827)の馬頭観音。左に小山が続く。右手の水田の稲はもう随分頭を垂れている。
野蒜だろうか、そこかしこに白い花が咲いている。

 嵐山町志賀から小川町中爪の集落に移る。
道路脇に万延元年(1860)の庚申塔、元文5年(1740)の庚申塔。夏草が生い茂り、県道の路肩を隠している。

 「中爪の宿」という集落がある。長屋門に今も大きな「安流丸」の看板を掲げた大塚家。戦前までは毒消しを扱っていた薬屋らしい。
左に曲がって「普光寺」に向かう。左右に畑が伸びやかに広がる。寺は地図を見て予想したよりも近かった。山門と茅輪をくぐる。

この寺には、このあたりの中爪村を治めていた旗本の高木正則が三代将軍家光に懇願してもらった徳川家康画像がある。上野寛永寺が公開を禁止していたが、今は年に一度開帳している。

と言ってもどんな家康が描かれているのか知らない。

街道に戻り、しばらくすると県道から右に入り、緩やかに左にカーブする。
左側は新しい家が続き、県道に合流する手前、右側の草が茂っているところがどうやら「はりつけ場」という刑場の跡らしい。

 8月末である。アブラゼミに代わってミンミンゼミが夏の終りの主役を演じている。空も高く、いわし雲が浮いている。
しかし蒸し暑い、汗が噴き出す。ひっきりなしに自販機で清涼飲料水を買って飲む。そして又汗が滴り落ちる。天気予報では最高気温32℃。

 

奈良梨(比企郡小川町奈良梨)

この地名の由来について考えると楽しい。

奈良は「ならす」で平らなところを意味し、梨は「ない」で、平らなところが無い土地という説がある。
小川町史編さん係は、地名を説明した書籍を紹介してくれた。

ナラナシという梨の木の所在によっておこったとみられる。ナラナシは奥山にあって、野生のもので食べられたものらしい。

                                          (内田康男著「小川町大字地名誌」より)

すると古文書にある「ならぬなし」とはどう繋がるのか?
昔奈良から梨を持ってきた人がいたのだろうとの妻の新説(珍説)まで飛び出す。当分結論は出そうにない。

 奈良梨は鎌倉街道上道の拠点であった。
戦国期には、平時に馬3匹、戦時に馬10匹を備え置く伝馬宿で、豊臣秀吉の命を受けた前田利家がこの地に進駐している。
 

奈良梨交差点から右斜めに「八和田神社」の参道が延びている。社殿横の大杉は水を呼ぶと言われ、余程の日照りが続いてもこのあたりは田植えの水に困らないと言い伝えられている。

交差点に戻り県道を行ってすぐ左に入り、緩やかに上る。奈良梨宿の通りである。道の両側に古くからの石垣がある切通しを過ぎると、木々に覆われた、ゆったりとした農家が続く。庭先に刈り取った胡麻を干している。
高さ3メートル近い大きな寛政5年(1793)の馬頭尊が下り坂の途中にある。

 坂を下りきり、県道に合流し、上がっていく。

旧奈良梨村から旧能増村の境、左手の杉木立の中に庚申塔があり、その間に「フセギ」がある。

フセギは塞ぎで、悪魔よけである。
稲藁でかたどった男根と女陰を部落の境に立てておくと、村の入口まできた悪魔はこれを見て面白がって引き返すのだそうだ。
しかし今ここにあるフセギは、細い竹におふだを付けるというまったく面白みの無い形で立っている。

 

左手奥に、高見城があった四津山が舟をひっくり返したような姿を見せている。

コンビニエンスショップヨシダが角の交差点を過ぎると県道は184号に変わる。道端にフセギがある。やがて県道をはずれて左に直進して、水田の畦を突き進む。雀を脅す爆音が足下ではじける。

 

今市(大里郡寄居町今市)

街道はやがて右の小高い丘に上っていくのだが、今は草木が生い茂って進めない。従って丘を回りこむ県道に出て、「地蔵堂」から坂の上に通じているらしい細い道を進むと、予想通り街道が現れ、庚申塔、馬頭尊、宝永5年(1708)の道祖神が並んでいる。

地蔵堂に戻り、今市宿の拡幅された真っ直ぐな通りを歩く。県道296号である。両側の家は農家であろう、敷地が広い。
左手に「高蔵寺」がある。

本堂裏に、徳川綱吉の側用人として有名な柳沢吉保の、祖父にあたる柳沢信俊の墓がある。
信俊はこの今市を治めていた。

 家並みが途切れる。
3体の庚申塔が並ぶ。真ん中のは元文元年(1763)の銘が読める。
ほどなく、新しい家の脇を県道と分かれて右に入る。
以前は桑畑だったらしいが、今は茂る草地の間に民家が建っている。
男衾小・中学校の裏を進む。この男衾(おぶすま)の地名の由来もわからない。男の寝具を作っていたところと説明する地名辞典があるが、どんな寝具だろう。

 

赤浜(大里郡寄居町赤浜)

県道296号に合流する。県道81号にぶつかり左折する。

杉の大木に覆われた「出雲乃伊波比神社」の境内に入ると涼しくほっとする。道はゆっくり上っていく。赤浜の宿である。両側の家々は木々の緑の中に埋もれている。

右の道に入る。両脇の家並みは「横丁」と呼ばれる。と言っても大きな農家が続いている。その中の大久保家に「大納言椿」があるはずと、往ったり来たりするがわからないので、シェパードを連れて散歩中の人に聞く。

その木ならすぐ先を曲がったところにあります。
毎年2月に紅い花を咲かせますよ。ごく普通の椿の花です。
畑の中に八重桜と並んでいます。
庭を通って行って構いませんよ。
・・・私の家ですから・・・。

(えっ?)

家の裏の大きな畑の中に探している椿があり、子供が木登りできるように縄梯子がつけられて、根元に大納言と書かれた小祠がある。

徳川家光の弟、大納言忠長が甲府から高崎に送られるとき、この家に泊まった。翌朝この椿を見て、明日は自分もこの花のような運命になると、一粒の涙を流したという。

 「地光坂」というなだらかな坂道がどんどん下っていく。荒川に出る。江戸期は「赤浜の渡し」があり大いに賑わった。川原で親子が遊んでいる。

 

小前田(大里郡花園町小前田)

花園橋を渡る。宝篋印塔を見て左折して、荒川の河岸段丘の縁に延びる道の左下にたくさんの板碑が並んでいる。四辻を右折する。国道140号バイパスをくぐり、大洋社印刷花園工場の右脇から小前田の宿に入る。まもなく国道140号に出る。ゆったりとした家並みが続く。

 17時55分 秩父鉄道 小前田駅   46281歩  

トップへ戻る