川越・児玉往還 

川越街道を歩いてきた旅人は、児玉を経て上州・藤岡に通じる川越・児玉往還で更に北に向かう。
川越・児玉往還は中山道のほぼ西側に並行するバイパスで、大名等の大きな行列は中山道を通ったが、将軍の代替わりごとに派遣される巡見使や諸役人はこの街道を通っている。
   途中、鎌倉街道と一致する部分もあり、鎌倉期から戦国期には街道沿いでしばしば合戦が行われ、 畠山重忠、新田義貞、前田利家らがこの街道を駆け抜けた。

近年、川越・児玉往還と呼ばれるこの街道を、江戸期の道標、古文書は中山道脇往還川越道あるいは西上州筋横往還、江戸道、八幡山道などと記している。

川越・児玉往還十次15里半(61キロ)を3日間で歩いた。
川越市から坂戸市・東松山市・小川町・嵐山町・寄居町・花園町・美里町・児玉町・神川町と埼玉県の真ん中を貫き、群馬県藤岡市に至る道筋である。

 

川越・児玉往還(菅谷まで)

 
平成14年8月16日(土)

川越(埼玉県川越市)

名刹「喜多院」から、その裏にある静かなたたずまいの西小仙波町の一画に遊郭の名残りを見、ときおり蔵造りの家がある町並みを歩いて、川越街道の終着点であり、今回の街道歩きのスタート地点でもある川越市役所前に向かう。




 8時10分  市役所前の大手門跡を出発。

高札場があった「札の辻」の左手に見える蔵造りの町並みは、朝早いのでまだ眠っている。
その先、左手に江戸時代末期に出来たという「菓子屋横町」があり、せんべい、あめ、たいやき、カルメ焼など十数軒の菓子屋が観光客目当てに小奇麗な店を構えている。

 新河岸川に架かる高沢橋を渡った石原町は川越城下の出入り口で、旅籠が多かったという。
旧家がある。鋸製造の中屋がある。「鋏・包丁 砥ぎ1000円より」の貼り紙がある。

車の往来が激しい。石原町北の五差路を越えると、道が狭くなり、からだを横にしても車に触れるほどである。
水田が現れる。

寺山橋を渡ると町工場が多い。

 
入間川の土手にぶつかる直前を左に入ると「八咫神社」がある。はずだが、実際はすぐにわからず、近くのひばり幼稚園の人に教えてもらってようやく見つけた。真新しい小さなやしろである。この神社は毎年7月14日に行われる夏祭り「まんぐり」で知られているらしい。境内に祭りに使った、竹に麦藁を巻きつけたボンテンが置いてある。

平塚橋の土手の下に「観音御堂」が見える。

大水の際に狭山から流れてきた観音様を村人が手厚く祀った。
そのため狭山から迎えに来ても、帰りたくない観音様は動かなかったという。

 入間川を平塚橋で渡り、少し下流の渡し場のあったあたりから平塚の集落に入る。
途中に出会う細い道が昔は川の堤防だったらしい。県道256号に出ると水田が広がる。

小畦川に架かる「刺(とげ)橋」を渡る。

昔、富士山をつくったり、筑波山をつくったり、山をつくるのが得意の「でえだらぼう」という大男の神様がいた。でえだらぼうが小畦川の近くまで来たとき足の裏に刺がささり、抜いた刺を川に突き刺した。暴れ川で橋を架けるのに苦労していた村人は、川の真ん中に突然打たれた杭で、立派な橋を作ることが出来た。この刺の杭はどんな大水にも流されることはなかった。

 右手の畑のそばの馬頭尊は磨耗が激しく、建てた年代はわからない。
下小阪の集落で左斜めの小道に入る。
「北向き不動尊」がある。道に背を向け、しかも木の陰の小屋の中にあるので、一度は気付かず通り過ぎる。

昔、この不動尊のところで、旅人がよく馬から落ちた。どうもおかしいと、それまで南を向いていた不動尊を道に背を向けて、北向きにすると何事も起らなくなった。 

県道に戻る。三光建設の手前にある天明3年(1783)の馬頭観音は、周りの開発の中で少し左に傾きながらも頑張って立っている。大谷川を渡り、すぐ右に入り水田の中をしばらく進み、又県道に戻る。
観音堂バス停の前の広場では、たくさんの人々が下広谷の集落の盆踊りの準備に余念がない。近くにあるはずの「大山灯籠」について尋ねると、近くの諏訪神社に移したとのこと。

 

塚越(坂戸市塚越)

県道を進んで塚越の宿に着く。と言っても、街道を大名が通っていないので宿場に本陣・脇本陣は無い。農家の間に散髪屋、酒屋、クリーニング屋、昼食をとったラーメン屋がある程度である。小さな蔵造りの「八坂神社」が道沿いに取り残されている。

変形四つ辻を右に行くとすぐ、「義家塚」がある。少しだけ地面から盛り上がり、その上の楠の大木でセミがしきりに鳴いている。石の小祠が祀られており塚越神社ともいう。

900年以上前、八幡太郎義家が奥州征伐に行く途中、近くの川が氾濫して渡れず、この塚に腰を下ろして一夜を明かして水の引くのを待ったという。塚越の地名の由来だそうだ。 

すぐ近くにあるらしい「大宮住吉神社」がなかなか見つからず、あたりを探し回る。周りに道を訪ねる人もいない。
ようやく現れた郵便配達をしている若い女性に聞いて、もう少し先にあることがわかる。
塚の前の道をしばらく進むと、杉の木立の中に新しく建て替えられた本殿があった。本殿の前のイチイはとてつもなく大きい。ここには室町期以前からの神楽が伝わっているそうだが、古びた神楽殿がつっかえ棒をしてもらって辛うじて立っている。

神社の前も道を更に進むと戦国期創建の「西光寺」がある。裏の墓地に「金子稲荷観音」という小さなお堂がある。
本尊は白狐に乗った十一面観音。

塚越の金子というところにいたおばあさんの夢の中に現れた白狐が、「私を神様として祀ってください。安産の霊験を授けます。」といった。おばあさんは神様のお告げであると、白狐を使者にした観音菩薩のお堂をつくり、厚く信仰した。

 変形四つ辻に戻り、左の県道を行く。谷治川に架かる橋は「鬼橋」で、鬼が担いだ大石が橋げたになったというが、橋らしいものはなく、県道の下を用水路がくぐっているとしか見えない。

 

石井(坂戸市石井)

石井下宿に入るとすぐ、宗福寺、その入口に庚申塔、馬頭尊、供養塔が並ぶ。石井上宿まで普通の民家が続き自転車販売店が目立つだけで、宿場の面影はない。宿場の役割を月の前半を石井村が後半を塚越村が勤めた。
このあたりは古代から勝呂郷の中心であったと考えられ、勝呂の姓を名乗る人も多い。さきほどの大宮住吉神社の神職もそうである。

県道の右手、遠くまで水田が広がる。けなげに残っている旧道に高さ2メートルほどの「〆松地蔵」が水田を背に立っている。名前はここに注連縄を掛けた松があったことに由来する。

兄弟喧嘩をして、ここに投げ飛ばされた弟の地蔵が泣いていた。そこへ大日様という偉い仏様がやってきて、「寺にいる兄さん地蔵には死んだ人を守ってもらおう、おまえはここで旅人や村の人を守りなさい。」と慰めた。弟地蔵はいつもにこにこして道にたたずみ、村人に慕われたという。

やがて右斜めに入ると、島田の集落である。
越辺川の土手まで並ぶ家の中に旧家がある。越辺川にあった「島田の渡し」で渡し賃を取って屋号ドテノタナといわれた中島家だろうか。
土手下に庚申塔や水神宮などの石造物が並ぶ。川には、木橋が架けられて、時代劇の撮影に使えそうな雰囲気がある。

 

高坂(東松山市高坂)

橋を渡ると東松山市宮鼻。土手を下りると水田の中に真っ直ぐな道が伸びている。
九十九川の細い流れを渡ると、大黒部の集落で、緩やかな坂道にゆったりした家が続く。
道端の小屋の中に享保4年(1719)の念仏供養塔と元文5年(1740)の庚申塔がある。

高坂宿は古くからの宿場らしいが、今は農家がほとんどで、往時を偲ぶよすがは全くない。

 
今、東松山市は毎年行われる日本スリーデーマーチに参加した人に記憶されるところになった。毎年11月 8万人を越える人が、この周辺の比企丘陵を歩くそうだ。

東武東上線・高坂駅が左手に見える。塚田商店脇の道標は、右に入る「八王子道」を示している。
マンションシャイニー吉野の手前を左折して国道407号を渡る。東武線の踏切を越えてすぐ、右斜めに下り、二股は、供養塔に刻まれた「左 ちちぶ 小かわ」に沿って左へ進む。

水田の中の道が続く。わらじが似合う昔ながらの道である。
その道が尽きるところに「悪戸(あくと)の石造物」がある。明和2年(1765)の馬頭尊、宝永4年(1707)の阿弥陀、天保4年(1833)の馬頭尊。
ひときわ大きい灯籠に婦人がみかんを一つ供えて祈っている。

昨日・一昨日と雨乞いをしたら、おかげさまで雨が降ったので、お礼に参っているところです。

と言われてよく見ると、灯篭の正面に雨降山と刻まれている。

一旦県道に合流するが、また右に分かれ、関越自動車道をくぐると都幾川の土手に出る。ここに「天神河原の渡し」があった。当然今は無いので、一瞬うろたえるが、自動車道と平行する唐子橋に歩道を見つけてほっとする。

渡って街道を探す。道ばたに文久3年(1863)の馬頭尊を見つけて街道を確信する。山田屋食料品店脇から県道に出る。
街道は、途中何ケ所か左にそれる部分があるが、殆ど県道344号と重なっている。下唐子歩道橋手前の民家の塀の窪みで、安永の馬頭尊が車の排気ガスに咽んでいる。
県道は、下唐子、上唐子の地区の真ん中を突っ切っている。唐子の地名は、ここに朝鮮からの渡来人が移住したことを伝えている。家はまばらになり、工場が現れる。丸木美術館への小道がある。上唐子東交差点で国道254号となる。陽が落ちてゆく。家路を急ぐ車が数珠繋ぎだ。国道254号バイパスが左に分かれる。

 

菅谷(埼玉県比企郡嵐山町菅谷)

嵐山(らんざん)は昔からの地名ではない。昭和42年の町制施行の際に嵐山町にした。

昭和の始めに、この地を訪れた本多静六博士がここを流れる槻川の渓谷を見て、「京都・嵐山に似ている」と言ったことに由来するという。本多博士は日比谷公園をはじめ多くの公園を造り、造林学、造園学に功績のあった東京帝大教授。

以前は菅谷村といい、昔このあたりの山野には広く菅が自生していた。

 

18時20分 東武東上線 武蔵嵐山駅   56482歩

 トップへ戻る